オフィスワーク事務に転職!仕事内容・必要スキル・休日や給与事情まで

オフィスワーク事務に転職!仕事内容・必要スキル・休日や給与事情まで

一般事務と言っても、企業によって担当する業務が異なるため定義するのは非常に困難です。一般的には、ファイリング・来客応対・電話対応・物品発注・会議資料の作成・福利厚生などを主に行います。重要な仕事を担っており、企業を支える存在でもあります。

では、一体どのような仕事をしていてどんな魅力があるのでしょうか。確認していきましょう。

 

1.一般事務職の仕事内容とは

一般事務職の仕事内容とは

一般的なオフジスワークの事務職の仕事内容とはどのようなものがあるのでしょうか。分かっているようで詳しくはよく知らないという方も多いのではないでしょうか。それでは、詳しく見ていきましょう。

 

具体的な仕事内容について

一般事務での具体的な仕事内容について箇条書きにしてあげてみました。思っていたよりも仕事の種類は沢山あると思った方もいらっしゃるかもしれません。

  • 電話・メール応対
  • 来客対応
  • ファイリング
  • 郵便物の仕分け
  • 社内文書作成(報告書・議事録等)
  • 見積書・請求書作成
  • 発送業務
  • データ集計
  • データ入力・チェック
  • 勤怠管理
  • 備品管理
  • 伝票処理・整理
  • 経費清算管理
  • 各部署打ち合わせ調整
  • 受発注・出荷対応

一般事務は、民間企業や官公庁や団体などの中で資料や契約書などの書類作成のほかに、電話・来客応対、データ集計などの必要な事務作業を行うのが一般事務の仕事です。企業や部署によっては、海外とのやりとりも行います。どの仕事も単純作業のように思われますが、実は企業の重要な部分を担っており、一般事務の仕事は企業運営にはかかせない縁の下の力持ちのような存在ともいえます。

 

サポートした相手からの感謝の言葉がやりがいに繋がる

仕事をした際に、「ありがとう」「助かったよ」など、サポートした相手から感謝されたことが直接やりがいに繋がる仕事です。そのため、ホスピタリティがある人にはとても向いている仕事と言えます。最近では、直接雇用の他にも、人材派遣会社の派遣スタッフ、また契約社員として企業へ派遣されるケースも格段に増えています。そのため、未経験の方でもチャレンジしやすい業種とも言えます。

 

 

2.必要なスキルや資格と身に付くスキルとは

必要なスキルや資格と身に付くスキルとは

一般事務を目指す場合、必要なスキルや資格は必要なのでしょうか。入職を考えている人にとっては非常に重要ですよね。一緒に確認していきましょう。

 

特に資格などは必要ない

一般事務を目指す場合、特に資格などは必要ありません。ですが、多くの会社でパソコンを使用するため、事務作業で使うパソコンソフト(エクセル・ワードなど)の基本操作は最低限必要になってきます。務める部署によっても求められる能力は異なり、簿記や英会話などの能力が求められることもあります。

 

必須ではないが活かせる資格・スキル

一般事務の仕事をするにあたって必要なスキルはありませんが、どんな資格を持っていると仕事で活かすことができるのでしょうか。確認しましょう。

  • Word(文書作成等)
  • Excel(四則演算や基礎関数等)
  • Power Point(プレゼンテーション資料の作成)
  • 簿記検定
  • 秘書検定
  • アクセス使用経験
  • タッチタイピング、データ入力スキル(正確性・スピード)

などの資格や、基本操作能力を持っているととても役に立ちます。同時に生かせる経験を見ていきましょう。

  • 来客や電話対応のためのビジネスマナー
  • ホスピタリティ
  • 事務処理能力やその正確性
  • メールでのやり取りの経験
  • 接客業の経験

といった経験で培ってきたスキルも仕事に活用することができます。そして、スキルや資格を持っていると仕事の中でも業務の幅を広げることができます。

 

働く中で身に付くスキルとは

業務の中でパソコンを使用することが比較的多くなってきますので、技術面でのスキルアップを望めます。ではどんなものがあるのでしょうか。

  • Excel,Wordの基本操作
  • Excel関数、Power  Point、アクセスなどの応用
  • 事務処理能力
  • ビジネススキル

このように主にパソコンの技術面でのスキルを伸ばすことができます。そしてそれに加え、事務処理能力やビジネススキルが身に付きます。身に付くスキルは入職する会社の風土にも大きく左右されます。ベンチャー企業の場合は、一般職として入職したとしても必要なスキルや知識を身につけることで専門事務などにステップアップすることも可能です。

 

コミュニケーション能力も磨ける

パソコンに向かい合う時間が多いイメージもありますが、事務の仕事は様々な人とコミュニケーションを取る機会が沢山あります。そのため、自分自身のコミュニケーション能力も同時に磨くことができます。

一般事務として働く中でも、自分自身のスキルを磨きたいという場合は与えられた仕事をただこなしていくだけではなく、「今自分にできる事とは何か」「もっとこうしたら業務がスピーディになるのではないか」ということを常に考えながら能動的に働く事が自分のスキルをアップするコツです。

 

 

3.一般事務職に向いている人とは

一般事務職に向いている人とは

一般的なオフィワーク事務職で働く人に向いている人とは一体どのような人なのでしょうか。

 

一般事務職に向いている人の特徴

一般事務のお仕事では、会社や部署の経理全般を担ったり、誰かのサポートを行ったりすることが多いため「人のために働きたい」「誰かのサポートや手助けをしたい」というようなホスピタリティのある方が非常に向いている仕事といえます。

  • 細かい作業が得意でテキパキ処理ができる人
  • 他人とのコミュニケーションが好きな人
  • パソコンの一般的な操作ができる人

事務の仕事は、上司から言われた仕事をもくもくと行うだけという印象をもたれる人は多いと思います。しかし、実際は来客対応も行うため、お客様とのコミュニケーションや、常に先回りして気遣いするなどといったスキルも必要になってきます。

また、書類作成や数字の計算なども行うためミスが許されない作業も多くあります。そのため、コツコツと慎重に丁寧に仕事ができるという力も必要です。

 

未経験からでも挑戦ができる

一般事務の仕事は、約割の人が未経験から一般事務職を行っています。そのため、未経験からでも挑戦することは可能です。業務でパソコンを扱うため、メールやインターネットが使えることはもちろんWord,Excelなどで表の作成やグラフ作成のスキルを身に着けておくことが必要です。そのため、未経験の場合でも少しは勉強しておく事にしましょう。

そして、日頃から周りの人に対する気配りや配慮をかかさねいようにしましょう。相手の立場にたって考えられる力が役に立つと思います。

 

 

4.一般事務の休日や残業について

一般事務の休日や残業について

一般事務の仕事はしっかり定時に帰れるのでしょうか。勤務時間など細かい所も確認していきましょう。

 

一般事務の勤務時間について

一般事務の勤務時間は、雇用形態や勤務先によって異なります。ですが、民間企業で働く場合は大抵、9:00~18:00の間の7.5時間~8時間程度のことがほとんどです。基本的には会社内での事務作業なので、夜勤やシフト制などにはなりません。

そのため、決められた勤務時間内で仕事を終え、帰宅するという流れになります。勤務時間が固定で安定しているため、自分の時間ももてますし予定もくみやすいです。

 

一般事務職の休日・残業について

一般事務職の休日は、多くの職場において土日休みが採用されています。そして、祝日も休みの週休2日制が基本です。平日に仕事をきちんとこなしていれば、休日に仕事がはいることはほとんどありません。

残業に関しては、勤務先によって大きく異なります。正社員であれば仕事が溜まっている日は残る必要がありますが、一般事務の場合でも遅くまで残って仕事をするしなくてはならない事もあります。面接の際に企業に確認しておきましょう。

 

 

5.給与はいくら?転職して年収アップできるの?

一般事務の給与や年収について

一般事務で働くと給与や年収はどのくらいもらえるのでしょうか。雇用形態も様々なため年収も変わってくるのでしょうか。確認していきましょう。

 

一般事務の平均年収や雇用形態

一般事務の平均年収は、250万円~350万円となっています。一般事務職の雇用形態には、正社員の他にも派遣社員、契約社員、パート・アルバイトなどといった様々な種類があります。しかし、高い専門性を求められるような仕事ではないため、どの雇用形態でも比較的給料や年収に違いはないようです。

 

経験を積むと給料が上がる

経験を積むにつれて給与は少しずつあがってきます。20代であれば年収200万円台の人は多いですが、40代を超えてくると年収300万円台にまで伸びる人もいるようです。そのほかには、勤務先の地域や、ボーナスの有無、残業手当などによって変化します。

 

給料アップを望む方法

一般事務に仕事は、他の業種と比較すると給与水準は決して高くはありません。そのため、年収500万円以上得られる人はかぎられているようです。そして、一般事務のお仕事は業務範囲は広いにもかかわらず、仕事の結果が見えにくいため給料を上げてもらいにくい仕事でもあります。

 

スキル面で他の人と差をつける

給料アップを望むには、他の人とスキルの面で差をつける必要があります。具体的には、簿記のスキルを活かして経理の仕事まで兼務できることをアピールしたり自分の仕事の幅を増やせると給料アップのチャンスになります。

 

まとめ

一般オフィスワークの事務についてみてきましたが、一般事務のお仕事は多岐にわたります。自分がどういった仕事をするのかを明確に理解するには色々な会社を調べてみるといいでしょう。一般事務の求人はハローワークや転職サイトで検索することができますので参考にしてみて下さい。転職をしたことによって、年収をアップした人は7割程度、現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

そのため、転職を考えている人には前向きな姿勢で取り組んで頂きたいと思います。一般オフィスワーク事務職への転職を希望される人は是非参考にしてみてください。

関連ページ

一般事務職で働く女性のリアルな仕事の悩みとストレス解消法とは?

一般事務職で働く女性のリアルな仕事の悩みとストレス解消法とは?

女性に人気の高い一般事務のお仕事ですが、女性が多い職場だけに、人間関係に悩んだり、座りっぱなしの […]

続きを見る
経理職へ未経験で転職を成功させるために知っておくべき5つのポイント

経理職へ未経験で転職を成功させるために知っておくべき5つのポイント

経理の仕事がしたいと思って転職活動をする人が増えてきています。経理の仕事というのはどうしてそれ程 […]

続きを見る
専門的な事務職への転職について知っておきたい3つのポイント

専門的な事務職への転職について知っておきたい3つのポイント

事務職といっても様々な職があります。庶務や営業事務のように未経験者でもはじめやすく、求人も多い一 […]

続きを見る
未経験から総務職・庶務職へ転職するために知っておきたいポイント

未経験から総務職・庶務職へ転職するために知っておきたいポイント

総務職や庶務職はどの企業にもかならず一つはあるポジションです。一方でその言葉からは業務のイメージ […]

続きを見る
経理・事務の平均年収と転職注意点について

経理・事務の平均年収と転職注意点について

オフィスワークの代表である経理や事務職。人気の高い職種ですが、転職の際には経理職と事務職に求めら […]

続きを見る
女性が事務職へ転職するメリット・デメリットと給与事情

女性が事務職へ転職するメリット・デメリットと給与事情

女性の場合は特に転職活動をする際に、事務・経理の仕事をしたいと考えることがあります。何故なら事務 […]

続きを見る
初めて事務職に転職する場合に求められるスキルとは

初めて事務職に転職する場合に求められるスキルとは

希望の職種について尋ねると、「事務職を希望している」という方がたくさんいます。事務職の有効求人倍 […]

続きを見る
男性が事務職へ転職するメリット・デメリットと給与事情

男性が事務職へ転職するメリット・デメリットと給与事情

事務職は女性の職種だ、というイメージがありますが、事務職でバリバリ働く男性は多数存在します。事務 […]

続きを見る
一般事務職への転職で採用されやすい人の特徴

一般事務職への転職で採用されやすい人の特徴

一般事務の仕事は、特に女性には非常に人気があります。そのため専門的な知識を必要としない企業や未経 […]

続きを見る
男性が事務職へ転職するメリット・デメリットと給与事情男性が事務職へ転職するメリット・デメリットと給与事情

転職ブログ新着一覧

転職サイト最新の口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト