転職面接直前で気を付ける8のポイント

転職面接直前で気を付ける8のポイント

転職面接を控えたあなた。正直面接なんて久しぶりでどうしていいか忘れてしまった。ただ明日は第一志望の転職先の面接だ。という方に是非見ていただきたい面接のポイントをご紹介します。転職成功に向けて是非頑張ってみてください。

結論からお伝えすると、面接でなんでも馬鹿正直に話してしまうのは絶対NGなので気を付けましょう。

1.出足から色々と自分から話さない

出足から色々と自分から話さない

  • 自己紹介が異様に長い
  • 質問されたら理由から話すなど

行きたい会社ならなおさらですが、聞きたいことがあるものです。質問していないのに話す方も多く注意が必要です。面接のスケジュールは面接官は考えています。

面接時の話し方としては、結論から先に伝え、その後理由を伝えると聞きやすいです。だらだらと理由を話す人は注意しましょう。

話の冒頭に否定の「いや・・・」などを付けて話す人も注意してください。基本は「はい。」です。

 

2.何のための面接か理解しておく

理解しておく

転職面接時は様々な面接があります。たとえば以下のような形です。

  • 仕事のイメージを合わせるための面接
  • その人のキャリアや仕事ができるか確認する面接
  • 雰囲気や人柄を確認する面接
  • 給与の交渉をする面接

その人が持っている資格や職種によって様々ですが、何のための面接なのかポイントを理解しておきましょう。

例を上げると、事務員の場合は仕事のイメージがあっているのかとスキルのチェックになるケースが多いです。営業の転職であれば人柄や雰囲気を確認し、仕事ができそうかを受け答えで判断されます。

このように、何のための面接かを理解しておけば、注意すべきポイントが決まってきます。

 

3.前に勤めていた会社の愚痴はいわない

愚痴はいわない

残業が多かった、風通しが悪い社内だった、上司ができなくて嫌だった。様々な前に勤めていた会社の愚痴はあると思います。自分の意思通りになる会社なんて一生探して見つかるかどうかです。

面接官も自社の社内のことをよくわかっているので、うちも同じかも。この人を採用したら、また転職するのではないかと、不安を与えてしまいます。

前職の会社はなるべくほめる

前職の会社のことはなるべく面接時に褒めておきましょう。自分のキャリアアップ、キャリアステップ、またやりたいことが貴社であることを伝え、そのための退職であることを説明しておきましょう。

 

4.ネガティブな話は控える

ネガティブな話は控える

元気な人とマイナスオーラを身にまとった人とどっちと食事を食べたいですか。元気すぎるのも考え物ですが、面接時はネガティブのことをいうのはNGです。

例えば、「どうせ自分なんか」などの自己否定はやめましょう。

他人(面接官)はあなたのことを知るために面接しています。あなたが自分の否定をしてしまうと、それが面接官にとっての「あなた」になるのです。

なるべくネガティブなことは避けることを心がけましょう。(たとえ事業に失敗して職を探していても、前向きな気持ちで取り組みましょう)

 

5.弱みを見せない、話さない

話さない

自分の弱みは必ずあるはずです。むしろ分かっている人の方が仕事ができるといえます。しかし、面接時には自分の弱みを見せることはNGです。

家庭の問題や前職での仕事での問題、性格的な問題があったとしても、弱みは見せない方が良いです。

質問で短所や弱みを聞かれたら

短所や弱みというのは長所と強みと背中合わせです。例えば以下になります。

  • 短所:しつこい性格である → 長所:ねばり強い性格である
  • 短所:細かい仕事が苦手だ → 長所:仕事の全体を把握するのが得意だ

など、短所は長所なはずです。だからこそ、短所を聞かれたら「仕事をねばり強く行うため、皆にしつこいといわれたことがあります。それが私の短所だと感じます。」と答るイメージで弱みを出さない努力が必要です。

 

6.職探しが難航していても余裕を見せる

ネガティブな話

  • 焦りは禁物、余裕を見せる
  • 聞かれても焦らない。優雅に答える

色々と転職面接を受けてなかなか決まらない。そんな焦りは面接でも出てしまいます。その焦りは非常に逆効果となります。

少し深呼吸をしながら余裕を持った対応をすることが大事です。

長期の休みを取っていた、一生懸命働いていたつもりなので、少しの期間休んでいました。などと伝えましょう。

 

7.自信過剰者は抑える努力をする

自信過剰者は注意

  • その仕事なら、すぐに仕事できると思う
  • 1人ですべて今までも困難を解決していた

など、自信過剰者特融の発言は面接官は嫌いです。とても小さなベンチャー企業であれば話は少し変わりますが、そうでない場合は注意しましょう。

自身は言葉に出さなくても十分に自信家の場合は体から出ています。なるべく謙虚に話すように心がけましょう。

 

8.給与・制度・残業の話は自分からしない

自分からしない

あまり会社としても言いたくないことですが、給与・制度・残業の話を聞かれるのは面接官にとってその人の印象を悪くする傾向があります。

例えば、前職での年収などを聞かれた場合に、年収だけ答えておけば良いものを、「前職は○○万円程度だったため、生活が少し苦しかった」など余計なことをいうとさらに印象は悪くなります。

企業としては、詳細を伝える必要があるので、気になったとしても、最後の質問の一番後に聞いた方が無難です。

 

面接対策は転職エージェントへ



転職サイト口コミを利用者様から頂いてランキングしています。求人の質やサービスの内容が違うので、複数登録して見比べ比較 することが転職成功への鉄則です。



転職エージェントをもっと見る



関連ページ

転職面接に備えて準備・確認・意識しておきたいこと

転職面接に備えて準備・確認・意識しておきたいこと

転職面接に応募するために準備をしている方や、転職面接に対して不安を感じている人も多くいるのではない […]

続きを見る
正社員が転職の面接で心得ておきたい3つのポイント

正社員が転職の面接で心得ておきたい3つのポイント

就職活動の第一関門は書類選考です。書類選考が応募者を落として、採用候補者を減らすための選考である […]

続きを見る
面接で必ずされる質問と回答例|面接官に好かれる面接の必勝法は?

面接で必ずされる質問と回答例|面接官に好かれる面接の必勝法は?

このページでは、転職活動の際に面接で必ずされる質問と回答例について説明していきます。 下記のポイ […]

続きを見る
転職者が面接の途中で合否を見抜く方法

転職者が面接の途中で合否を見抜く方法

順調に転職活動を進めるためには、面接官が自分を不採用と判断した際のサインを知る必要があります。 […]

続きを見る
転職活動の際の服装と被服費を抑えるポイント

転職活動の際の服装と被服費を抑えるポイント

勤務地は現在の住居から通えるところ、スーツは現在も仕事で使っているから転職活動をしてもそうはお金 […]

続きを見る
一般事務職への転職面接でよく聞かれる質問と回答例

一般事務職への転職面接でよく聞かれる質問と回答例

営業経験者、販売経験者、サービス業経験者…どのような職種の人でも転職の際に候補に挙げられることが […]

続きを見る
転職での面接時の服装について(男性編)

転職での面接時の服装について(男性編)

メラビアンの法則によると、人の第一印象は見た目で55%決まるといわれています。さわやかな印象を与 […]

続きを見る
転職面接で聞かれる事ランキングベスト10

転職面接で聞かれる事ランキングベスト10

転職面接になると久しぶりの面接の方も多いのではないでしょうか。このページでは転職面接で聞かれる事 […]

続きを見る
転職での面接時の服装について(女性編) 

転職での面接時の服装について(女性編) 

書類選考を通過後に行われるのが採用面接です。面接の回数は企業や職種によっても様々ですが、募集して […]

続きを見る
転職面接で必ず聞かれる5つの質問とベストな回答

転職面接で必ず聞かれる5つの質問とベストな回答

転職で採用のカギを握るのが、面接です。面接でよく聞かれる質問について、事前にどのように回答するか […]

続きを見る
転職面接で聞かれる事ランキングベスト10転職面接で聞かれる事ランキングベスト10
転職面接で必ず聞かれる5つの質問とベストな回答転職面接で必ず聞かれる5つの質問とベストな回答

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト