面接で必ずされる質問と回答例|面接官に好かれる面接の必勝法は?

面接で必ずされる質問と回答例|面接官に好かれる面接の必勝法は?

このページでは、転職活動の際に面接で必ずされる質問と回答例について説明していきます。

下記のポイントを押さえ、面接を成功させましょう。

 

1. 面接官に好感をもたれるためのポイント

医師が面接官に好感を持たれるポイント

転職において、避けて通れないのが面接です
どのような素晴らしい応募書類を制作したとして、面接で失敗すればこれまでの努力は水の泡となり、再就職の道は閉ざされるかもしれません。

そこで面接に勝ち抜くための、いくつかの必勝法を述べていきます。

下記のポイントを意識して面接に臨みましょう。

1. 事前準備を怠りなく

面接においては、限られた時間を有効に使わなければなりません。

そのためには必ず質問される「志望動機」や「退職理由」など、あらかじめ答えを用意しておくことが大切です。
そして、転職先の企業が、どのような人材を望んでいるか、あらかじめ下調べをしておきましょう

2. 服装のマナーに気を付ける事

当然のことです、面接官に好印象を持たれるような、清潔感のある服装で行くことが大事と言えましょう。
あまりカジュアル的な服装はふさわしくないでしょう。

身だしなみを良くすることは、第一印象も良く、好感が持てる、好感が持てないは、面接の合否にかなり影響することは間違いないでしょう。

3. 言葉のマナーに気を付ける

面接官への受け答えは、どのような場合でも謙虚で、かつ気持ちがこもっていることが大切です。

特に敬語の使い方は重要と言えましょう。
相手の行動や状態につける「尊敬語」自らの行動や状態につける「謙譲語」丁寧な言い回しの「丁寧語」です。
この3つを話の流れの中で、うまく使うようにすると、相手に与える印象は強いものになりましょう。

4. 態度のマナー

面接の際には、相手の目をまっすぐに見て、自信を持って答えることが肝心です。
視線をそらしながら話すのは、やる気を疑われることになりましょう。
面接官が複数の場合は、交代で質問して来るので、質問してくる人の目を見ながら答えるのがベターです。

態度で気を付けたいのは、尊大な態度や卑屈な態度は慎んだ方が良いでしょう、
どの面接官も、転職者の人柄を判断する時「誠実さ」と「謙虚さ」を重視します。

面接官の言葉が聞き取れなかった場合は、臆することなく質問をし、繰り返してもらいましょう
「もう一度お願いします」とか「今のご質問はどういう意味なのでしょうか?」などでも結構です。
ただし、その前の言葉として「恐れ入りますが」の一言を付け加えることを忘れないことが肝心です。

5. 面接での話し方のポイント

相手の言葉をよく聞くことが何よりも大切です。
面接官とコミュニケーションを取ろうと思ったら、まず聞くことが第一歩と言えましょう。
そうすることで、質問の目的が理解でき、回答も明快なものになるはずです。

話すときは、長々と説明をしないで、先ず結論から先に話します
そうすると簡潔に、的を絞った応え方になるでしょう。
だらだらと、まとまりのない話では、面接官の興味は半減するでしょう。

 

2. 面接官が評価するポイント

面接官が評価するポイント

転職者の採用試験は、新卒者と大きく違って、筆記試験はありません。
大半が面接試験のみで合否が決まると言ってよいでしょう。

面接での一番重要なことは、面接官に好感を持たれることです。
好感をもたれれば、内定に一歩も二歩も近づくことになりましょう。

評価されるポイントは下記の通りです。

  • ビジョンを語れる人
  • 一生懸命に意見を伝えようとしている人
  • 自分の言葉で話そうとしている人
  • 自信を持って応対している人
  • ミスしてもあわてない人
  • 話の組み立てがしっかりしている人
  • 敬語をきちんと使える人
  • 意地悪な質問にも対応できる人

面接官は質問しながらこうした判断を下しているようです。
上記のポイントを把握していれば、面接をクリアすることは難しくないものと思ってください。

熱意を持って真摯に面接官の質問に応えれば、おのずと道は開けるものです。

 

3. 面接で必ずされる質問と回答のポイント

面接で必ずされる質問と回答のポイント

面接となると、緊張するのは当然のことで、仕方のないことです。
それを克服するには、面接に臨む前に、イメージトレーニングをするのも良いでしょう。

また、自分なりの面接想定問答集を作るのも一つの方法です。
これを作っておけば、面接官の質問にスムーズに答えられるようになるでしょう。

それではよく質問される項目とその回答ポイントを挙げてみましょう。

1. 志望動機に関する質問の回答ポイント

面接官は常に明確な志望動機を期待しています。
したがって、志望動機が単なる条件面では、面接官の興味は半減するでしょう。

また「御社の仕事が是非やりたい」との熱意だけでは、面接官の心を動かすことは出来ません。

どのような仕事で、どのような貢献ができるかを、具体的にアピールすることが重要です。
やりたい仕事や、持っているスキル、実績、転職先の企業の戦略とどうリンクするのか具体的な例を挙げて説明することが大切です。

また自分がこの企業のどこに興味を持ち、共鳴し、どのような活動ができるかを「志望動機」と絡めながら説明すると非常に効果的です。

2. 職業を選んだ理由の回答ポイント

キャリアのある転職者の場合は、身に付けたスキルや、実績を披露し、仕事への適性をアピールするのが効果的です。

面接官はこの質問によって、仕事に対する適正と熱意をチェックするでしょう。
前向きに取り組む転職者の姿勢を高く評価されます。

3. 誇れる実績を一つ挙げて説明する際のポイント

自分の実績を紹介する時、最も自信のある実績を一つ選んで、アピールします。

こうした質問の場合、思いつく限り並べて、幅広い活躍ぶりをアピールする手法もありますが、あれもこれもでは、印象が薄くなりがちですので、的を絞って自信のある実績を一つ披露しましょう
誇れる実績については、新しい実績が有利になります。

4. 前職の退職理由の回答ポイント

転職する場合、必ずされる質問です。

これはすぐ辞めるような人材かどうかを、チェックする重要な質問ですので、答えは慎重に言葉を選んで回答しましょう。
前職をトラブルで辞めた場合は、大きなマイナスポイントになりますので、そのことを正直に言う必要はありません。
円満退社で押し通すことです。

面接官は説明不足や納得いかない場合は、さらに質問をしてきます。

誰でも理解でき、納得できる回答を、あらかじめ用意しておく必要があります。
ここでは、前向きな転職であることを、具体的な例を挙げて説明しましょう
「ステップアップのための転職」などが、そのよい例と言えましょう。

5. 仕事での信条の回答ポイント

ここで面接官が知りたいのは、あくまで転職者の「信条」つまり本音ということです。

普段どのような気持ちで仕事に取り組んでいるのか、本音を聞きたいのです。
これには具体例を挙げて説明すると、理解してもらえるでしょう。

あまり一般的な信条では、むしろマイナスの印象を受けることもありますので、注意が肝心です。

6. あなたの性格を一言で説明する際のポイント

これは、職場に合うか、仕事に合うかなどをチェックするための質問です。

面接官は、その答えから自分をしっかり理解しているか、つまり自己分析がしっかりできているかで、仕事への適応力も高く、信頼できる人物と評価され、内定がぐっと近づくでしょう。

ここで長所と短所を聞く場合があります。いくつもある長所の中から、一つに絞って簡単に説明しましょう。
短所の場合、言い放しにしないで、短所を補う努力をしていることをアピールするとよいでしょう。

7. 特技や趣味の回答ポイント

先ず特技や趣味は、必ず質問されるでしょう。
英語、パソコンなど仕事で役立つ技能を答えるのが一般的と言えましょう。

仕事に支障が出るほどの多趣味は困りますが、ある程度の趣味はリフレッシュする意味で有効です。

面接官は、仕事も遊びも積極的という人物は、いろいろな人と交流出来、いざという時に役に立つと判断します
ここでは、日常生活でも、積極的に過ごすタイプであることを、アピールした方が良いでしょう。

8. 入社後に希望する仕事の回答ポイント

ここでは、自分が希望する仕事を積極的に訴えましょう。
わがままでない範囲で、自己主張しても良いケースです。
「このような仕事がしたい」という気持ちを、面接官に理解してもらえば、入社した後有利になります。
この点は曖昧にせず、積極的にアピールしましょう。

このアピールが、採用する側の思惑通りであれば、採用にもっと近づくことになりましょう。

面接対策は転職エージェントへ



転職サイト口コミを利用者様から頂いてランキングしています。求人の質やサービスの内容が違うので、複数登録して見比べ比較 することが転職成功への鉄則です。



転職エージェントをもっと見る



関連ページ

一般事務職への転職面接でよく聞かれる質問と回答例

一般事務職への転職面接でよく聞かれる質問と回答例

営業経験者、販売経験者、サービス業経験者…どのような職種の人でも転職の際に候補に挙げられることが […]

続きを見る
転職での面接時の服装について(男性編)

転職での面接時の服装について(男性編)

メラビアンの法則によると、人の第一印象は見た目で55%決まるといわれています。さわやかな印象を与 […]

続きを見る
転職面接に備えて準備・確認・意識しておきたいこと

転職面接に備えて準備・確認・意識しておきたいこと

転職面接に応募するために準備をしている方や、転職面接に対して不安を感じている人も多くいるのではない […]

続きを見る
転職面接直前で気を付ける8のポイント

転職面接直前で気を付ける8のポイント

転職面接を控えたあなた。正直面接なんて久しぶりでどうしていいか忘れてしまった。ただ明日は第一志望 […]

続きを見る
転職回数が多い方の注意点と応募書類作成のポイント

転職回数が多い方の注意点と応募書類作成のポイント

転職や非正規雇用が増大するにしたがって、転職回数の多い方も増えてきているのではないでしょうか。 転 […]

続きを見る
転職時の選考書類(添え状・送り方)3つの注意点

転職時の選考書類(添え状・送り方)3つの注意点

メールや求人総合サイト、エージェントを通じての応募が増えてきたとはいえ、履歴書や職務経歴書の郵送で […]

続きを見る
転職活動の際の服装と被服費を抑えるポイント

転職活動の際の服装と被服費を抑えるポイント

勤務地は現在の住居から通えるところ、スーツは現在も仕事で使っているから転職活動をしてもそうはお金 […]

続きを見る
転職での面接時の服装について(女性編) 

転職での面接時の服装について(女性編) 

書類選考を通過後に行われるのが採用面接です。面接の回数は企業や職種によっても様々ですが、募集して […]

続きを見る
転職面接で必ず聞かれる5つの質問とベストな回答

転職面接で必ず聞かれる5つの質問とベストな回答

転職で採用のカギを握るのが、面接です。面接でよく聞かれる質問について、事前にどのように回答するか […]

続きを見る
正社員の転職面接で成功するために気を付けたい3つのポイント

正社員の転職面接で成功するために気を付けたい3つのポイント

転職の際、避けては通れないのが面接。そんな面接を成功させるためには、気を付けなければならないこと […]

続きを見る
転職面接で必ず聞かれる5つの質問とベストな回答転職面接で必ず聞かれる5つの質問とベストな回答
転職時の選考書類(添え状・送り方)3つの注意点転職時の選考書類(添え状・送り方)3つの注意点

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト