ブラック企業に入社した場合の対処法

ブラック企業に入社した場合の対処法

やっと就職ができたと喜んでいたら、その企業がブラック企業だったという最悪ケースがあります。

甘い言葉で求人を募集し、いざ採用したら従業員を使い捨てにする企業が跡を絶ちません。ブラック企業に就職してしまったら、即座に行動を起こすことが大切です。

  • 新規学卒社員で3年以内の離職率が3割以上ある
  • 過労死・過労自殺を出している会社だ
  • 短期間で出世という名目で管理職になることを求める
  • 残業代が固定されている、または出ない
  • 求人広告や説明会の情報がころころ変更になる

1つでも当てはまればあなたの会社もブラックかもしれません。是非確認していきましょう。

ブラック企業度をチェック

チェックする

チェック内容 詳細
雇用契約書はあったか ブラック企業はない場合が多い
就業規則はあるか 社員10人以上は義務付けがある
就業規則は明確か ひな形をそのまま利用している企業も多い
法律を守らない行為 税金、労務等
社会保険加入があるか ブラック企業は未加入も多い
労働時間が適正かどうか ・1日に8時間、1週間に40時間以内
・6時間を超える場合は45分以上の休憩
・8時間を超える場合は1時間以上の休憩
精神的な被害はないか パワハラ、セクハラ等
暴力的な行為はないか 殴る、蹴る等

自分の会社がブラック企業かどうかを、今一度確かめましょう。

雇用契約書をかわさない会社(雇用契約書を交わす場合は、その内容が事前の説明と違っていないかどうかをよく確認してから、契約書に押印してください。)、10人以上の従業員がいるのに就業規則がない、あるいは就業規則があっても不明確な内容の会社はブラック企業の可能性があります。

とにかく法律を守らない企業は、ブラック企業ですから要注意です。

労働違反をするケースも多い

例えば社会保険に入っていない、法律で決められた以上の時間外労働や休日労働をさせる会社は法律違反です。このほか詐欺などの犯罪行為に手を染めている企業は言うまでもありません。

精神的な被害をこうむるブラック企業

ブラック企業のなかには従業員を精神的に追い詰めておとなしくさせ、不当労働でも文句を言えないように仕向ける会社もあります。ノルマが達成できないと罵声を浴びせる、体罰を行うなどの社内暴力、セクハラやパワハラが平然と行われている会社はブラック企業です。

また経営者が公私の区別をつけないで、自分の用事を社員にいいつける、社長の私物を会社の経費で落とす、会社で販売している商品や社長の書いた本を社員に無理やり買わせるといった企業もブラックだと考えてください。

 

ブラック企業に入社した場合の対処法

対処方法

このようなブラック企業からは、一日も早く縁を切りましょう。

そのためには一人で悩まずに、誰かに相談することが大切です。厚生労働省の総合労働相談コーナーでは、労働条件や職場でのいじめなど労働問題のあらやる相談に応じています。専門の相談員が面談や電話で相談を受け付けています。

このほか、労働問題を得意とする弁護士やNPO法人に相談するのもおすすめです。たとえ雇用契約書や就業規則がない会社でも、法律違反があれば法律があなたを守ってくれます。法律にくわしい人に相談しましょう。

ブラック企業の相談窓口一覧

ブラック企業電話相談窓口

サイト名 運営企業
ブラック企業対策プロジェクト 任意団体
東京都労働相談情報センター 東京都
日本労働弁護団 日本労働弁護団
首都圏青年ユニオン 青年ユニオン
労働相談ホットライン 全労連
総合労働相談コーナー 厚生労働省

特に職場での脅しや暴力がある、退職届を受け取ってくれないといった会社の場合は、一人で解決するのが難しい場合が多いものです。迷わずに行政機関や、専門家を頼ってください。

そのためにも、客観的な証拠となるように、毎日の出勤時間と退社時間や、何月何日に会社の誰々からどのような暴言を受けたかなど、日々の就業状況を記録しておきましょう。

転職サイトランキング

転職サイト型


※転職サイト型とはエージェントがつかず、自分で検索し企業に応募を行う転職サイトのことを指します。
(コンサルタントがつく「転職エージェント型はこちら」へ)


転職サイト口コミを利用者様から頂いてランキングしています。求人の質やサービスの内容が違うので、複数登録して見比べ比較 することが転職成功への鉄則です。





関連ページ

労働時間と給与から考えたブラック企業の判断基準とは

労働時間と給与から考えたブラック企業の判断基準とは

もともとブラック企業という言葉は本来「暴力団」などと呼ばれる反社会の意志を持つ人たちと関わりのあ […]

続きを見る
求人募集掲載の写真で分かるブラック企業の見極め方

求人募集掲載の写真で分かるブラック企業の見極め方

転職や求人を探している際に、「求人募集掲載の写真」をよく目にしないでしょうか? 実は、企業の求人 […]

続きを見る
退職時のブラック企業の止め方の対処法はこれだ!

退職時のブラック企業の止め方の対処法はこれだ!

ブラック企業の従業員が退職をするとき、すんなりと辞めさせてもらえないケースが多く、退職をするだけ […]

続きを見る
ホームページで見分けるブラック企業のポイント

ホームページで見分けるブラック企業のポイント

「え!?ホームページでブラック企業が分かるの?」 と思われる方も多いかもしれませんが、ホームペー […]

続きを見る
求人募集要項のみでブラック企業を見抜く!?ポイント6つ紹介

求人募集要項のみでブラック企業を見抜く!?ポイント6つ紹介

転職を考えた時、今では携帯ひとつで自分の希望に近い会社を探すことができます。そんな時に不安になる […]

続きを見る
ブラック企業の面接の特徴は?ブラック企業を見極めろ

ブラック企業の面接の特徴は?ブラック企業を見極めろ

ブラック企業と呼ばれる会社は、一般の常識とかけ離れた労働環境になっているので、面接でもある程度の […]

続きを見る
ブラック企業をキャッチコピーで見抜く!求人募集要項の特徴

ブラック企業をキャッチコピーで見抜く!求人募集要項の特徴

ブラック企業が求人の募集要項を出した時に、いくつか決める内容があります。それは以下の通りです。 […]

続きを見る
ホームページで見分けるブラック企業のポイントホームページで見分けるブラック企業のポイント
ブラック企業の面接の特徴は?ブラック企業を見極めろブラック企業の面接の特徴は?ブラック企業を見極めろ

転職サイト最新の口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト