企業は転職者を即戦力として見ているか

企業は転職者を即戦力として見ているか

欧米では、どんなレベルの社員でも、とにかく即戦力になる人材を積極的に雇用する傾向にある場合が多いようですが、日本企業においては終身雇用に代表されるように、できるだけ柔軟性がある人材を確保して、その企業のカラーに染めていくという企業文化が多く見られていました。

しかし、転職者に対しては、それまでの経験や知識、実力をどこまで生かせるかという即戦力が最重要視されていたため、そうした実力や経験、専門的な知識を持っているかどうかが転職に成功するかの鍵にもなっていたわけです。

しかしここにきて、転職者に求められる「即戦力」という神話が崩れかけているようです。その理由の一つに、転職活動を行う人の希望や趣向の偏りがあげられます。

1. 企業は転職者を即戦力として見ているか

転職者を即戦力として見ているのか
近年では20代の転職から50代の転職まで、年代や役職を問わずに転職がより一般的となり、多くの人が転職に対してポジティブな感情を持っています。企業側も、新卒者の採用を少し押さえて転職者向けの枠を確保したりして、転職者を積極的に採用しようという傾向となっています。

 

ポテンシャル採用が取り入れられる可能性がある

転職というと、以前ではそれまで培った技術や経験を次の職場でより生かすためにステップアップ的な転職をするというのが一般的でしたが、近年では「やりたいことが見つかったから」という理由で転職を希望する人が増えていて、前職とは全く関係ない業種からでも、趣味や嗜好で専門的な知識を持つ人材の転職希望者が多くなっているようです。

採用する企業側にしてみると、専門的な知識は趣味のレベルで持っていたとしても、実績がなければ企業側が求める人材とはマッチできず、転職者としての資格を満たしていないということになってしまいます。

しかし、自分の好きな業種で好きなことをして働くことは、労働者にとってはこの上のない幸せを感じることができますし、好きだからやる気を出して自分から意欲的に働くというモチベーションのアップにもつながるため、企業側にとっても決してマイナスになるとは限らないのです。

これからの企業に求められることは、新卒者だけでなく転職者に対しても、本人の嗜好ややる気を高く評価したうえで採用するかどうかを決めることが重要なのかもしれません。

終身雇用がまかり通っていた日本では、「この会社に入社出来たからもう大丈夫」と向上心をなくしてしまう社員も少なくありませんでしたが、これからの時代は、入社・転職しても向上心を失うことなく前向きに働き続けることができる社員のポテンシャルを評価して採用するという雇用方法も取り入れられていくのかもしれません。

 

フリーランスという働き方が注目されている

即戦力となる人材を企業が探す場合には、フリーランスという働き方も注目されています。フリーランスは契約ごとに職場が変わるため、常に自分自身を切磋琢磨し続けなければ生き残ることができない厳しい世界です。

そのため、企業の中にはこうしたフリーランスを抱え込むことによって企業の効率化を図ることも重要となっていて、同じ職場で働く人たちにも正社員からフリーランスまで多種多様な雇用形態の人材がコラボすることになるのかもしれません。

2. 企業が考える転職者で即戦力の人材とは

転職者で即戦力の人材とは
近年では業務の分業化がどんどん進み、転職活動をする場合にも、狭い範囲でもより専門的な知識や技術を持っている人材が求められています。

例えば、メディア業界への転職においては、10年ぐらい前までは「広告」に関する仕事なのか「クリエイティブ」なエリアに関する仕事なのか、という大きなくくりとなっていましたが、現在ではそこに「WEB」という新しい分野が誕生しています。

 

必要な分野の知識や技術を持っている人

WEBの中でもコピーライターやコンテンツ作成を行う人材、またアートディレクターやプランナー等様々な職務に分担されていて、転職を希望する場合には、自分がどの分野においてどのぐらいの技術や知識を持っているかが評価されることになるのです。

企業にとっては、転職者は即戦力になってもらいたいわけで、そのためには企業が必要としている分野に関してピンポイントで専門的な知識や技術を持っている人を選びたいと考えるものです。

 

未経験者でも採用する動きが強まってる

転職者の中には、自分がやりたいことを見つけたという理由で未経験の業種へ転職を希望する人が増えています。趣味や嗜好とマッチするエリアなので、専門的な知識などは多く持っているのですが、実績がまったくないため、企業が欲しがる人材としてはミスマッチになってしまうわけです。

しかし、趣味と実用を兼ねて働くことができる人材は、職務においても常に前向きで探求心が強かったりして職場環境にとってはプラスになることも多く、企業の中ではこうした未経験者でも積極的に採用する動きが強まっています。

 

まとめ

企業にとって即戦力となる人材というのは、企業にニーズがある専門分野において知識や技術を持ち合わせている人材が適任となります。しかし、経験だけにとらわれず、やる気やモチベーションという点も評価することによって、多種多様な人材を企業文化に取り入れることができ、長期的な企業成長にもつながっていくのではないでしょうか。

関連ページ

有名企業かどうかは重視しない!?2016年の20代は転職先を「人」で選ぶ!

有名企業かどうかは重視しない!?2016年の20代は転職先を「人」で選ぶ!

2016年10月31日、株式会社ビズリーチ(東京都渋谷区)が20代向け転職サイト「キャリアトレッ […]

続きを見る
女性の転職で人気の業界ベスト3とその転職注意点

女性の転職で人気の業界ベスト3とその転職注意点

女性は転職活動をしていくに当たっては、男性と比べて色々な冒険をしやすい傾向にあると言われています […]

続きを見る
厚生労働省が29製品の新薬を医薬品として承認

厚生労働省が29製品の新薬を医薬品として承認

厚生労働省は2016年9月28日に新薬29製品を承認したと発表しました。29製品の中には抗がん剤で […]

続きを見る
障害者施設への看護師転職のメリット・デメリット

障害者施設への看護師転職のメリット・デメリット

このページでは、障害者施設への看護師転職のメリット・デメリットについて説明していきます。 下記の […]

続きを見る
転職でブラック調剤薬局を見抜き見分ける20の方法

転職でブラック調剤薬局を見抜き見分ける20の方法

薬剤師が転職を考える上でブラック調剤薬局に進んで転職する方はいないと思います。もし、ブラック調剤 […]

続きを見る
ブランク薬剤師復職のための勉強法

ブランク薬剤師復職のための勉強法

転職を考える薬剤師の中には、結婚や出産、育児などが落ち着いてから復職を考えている方など様々な理由 […]

続きを見る
営業職が面接で合格するために必要なスキルとノウハウ

営業職が面接で合格するために必要なスキルとノウハウ

営業職の転職において、面接は自己アピールの重要な場です。面接で合格するには、今まで培ってきたスキ […]

続きを見る
働きながら転職活動をする際の注意点

働きながら転職活動をする際の注意点

転職活動のタイミングは、働きながら転職活動をする場合と退職後に転職活動をする場合の2パターンがあ […]

続きを見る
ホームページで見分けるブラック企業のポイント

ホームページで見分けるブラック企業のポイント

「え!?ホームページでブラック企業が分かるの?」 と思われる方も多いかもしれませんが、ホームペー […]

続きを見る
認可外保育園の保育士転職で知っておきたい6つのポイント

認可外保育園の保育士転職で知っておきたい6つのポイント

このページでは、認可外保育園の保育士転職で知っておきたい6つのポイントについて説明します。 下記 […]

続きを見る
フリーランスへの転職のメリット・デメリットフリーランスへの転職のメリット・デメリット
正社員転職での内定後から退職、就業開始までの流れ正社員転職での内定後から退職、就業開始までの流れ

転職サイト最新の口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト