検索エントリー型転職サイト評判・口コミ

転職サイト型

当サイトでご紹介する「検索型転職サイト」とは、転職エージェントや担当などがつかない転職サイトになります。登録後、自分で検索をしながら面接を受けたい企業をピックアップし、履歴書やエントリーシートを提出する方法です。

転職エージェントを仲介せず、企業とやり取りができる点がメリットです。コンサルタント型を希望する場合は「転職エージェント型」を確認してください。

転職サイト利用のポイント!

  • 転職サイトによって求人情報が大きく違います
  • 求人探しは2社~3社程度登録しながら探すのがおすすめ
  • なるべく自分の希望条件は絞り込んで探していこう!

転職サイト口コミランキング

検索型転職サイトのみを利用者の口コミを元にランキングしています。自分に合った転職サイトを見つけてください。

 

口コミガイドライン 違反を通報する

【口コミの注意】 これらの口コミは、利用された方の主観的なご意見・ご感想であり求人サイトの価値を客観的に評価するものではありません。あくまでも意思決定の選択の1つの参考としてご活用ください。

 

求人検索型・エントリー型の転職サイトについて

一般の転職サイトには、自分自身で転職する求人を探し、応募する求人検索型・エントリー型の転職サイトと、専任の担当者がつくエージェント型の2つのパターンが存在します。

エージェント型を希望する方は「転職エージェント比較口コミランキング」も確認してみてください。自分自身で転職する求人を探すし、応募する求人検索型・エントリー型について説明していきます。

 

求人検索型・エントリー型の転職サイトのメリット

求人検索型・エントリー型の転職サイトを利用するメリットはエージェント型に比べ比較するといくつかあり、以下の通りです。

  • エージェント型より転職サイト数が多い
  • 地方の転職や求人数が少ないエリアも網羅している可能性が高い
  • スカウト機能をうまく使えば、企業から声がかかるケースもある
  • 求人検索型の応募の場合、エージェント型の応募より内定率は高い


求人検索型の転職サイトの一番のメリットは、エージェント型に比べて内定率が高くなる傾向があります。なぜかと言うと、求人検索型の場合は企業は掲載するのに固定費を払います。

ただ、エージェント型の場合は企業側のコストは成功報酬となり、内定時に年収の数十パーセント企業に支払うケースがほとんどだからです。そのため、求人検索型の転職サイトの方が低コストで企業側が運営できるため、内定率も高くなるというわけです。

 

メリット:自分のペースで転職活動ができる

誰にも干渉されずに、自分のペースで転職活動ができるのは検索型・エントリー型の転職サイトならではのメリットです。

  • サイトの画像
  • 企業の直接のホームページ
  • インターネット上での企業の評価

最近は携帯電話さえあれば、いつでもどこでも自分だけで興味のある企業の情報を調べることができます。転職活動にいつから本腰を入れて取り組むのか、どこで終わりにするのかなども踏まえて、自分の計画に合わせて転職活動をできるのは魅力的です。

 

メリット:多くの求人情報が手に入る

登録する検索型・エントリー型の転職サイトや希望条件にもよりますが、かなりの数の求人情報が手に入るのもメリットです。まだ自己分析が定まらずぼんやりした転職先の条件しかなくても、さまざまな企業の理念や将来のビジョン・仕事内容などを調べることで自分の希望が明確になることも期待できます。

 

メリット:自己分析ツールなどの各種サービスが充実している

今ではほとんどの検索型・エントリー型の転職サイトで利用できるサービスに自己分析ツールや自己分析シートなどのサービスが備わっています。例えば職務経歴遺書・履歴書診断や年収診断など、初回は無料で利用ができる検索型・エントリー型の転職サイトが多くあります。

 

メリット:スカウト機能を利用すると企業からのオファーが来る

このスカウト機能も検索型・エントリー型の転職サイトによっては、会員登録しただけで企業からのスカウト情報が届くサイトもあります。スカウト機能を使うと、今の自分の経験やスキルがどんな転職先の種類があるのか指標として確認することもできるのです。

 

面倒な点が多いデメリットについて

  • 自分でPRポイントを考える必要がある
  • 応募を行う会社毎に履歴書を書く必要がある
    (エージェントより多い)
  • 自分の力のみで内定を勝ち取る必要がある
  • 面接の日程調整や配属希望の交渉などを自分で行う


求人検索型・エントリー型の転職サイトはエージェント型に比べると上記のような点がデメリットになります。担当者に決められるのは嫌だと考える方が求人検索型の転職サイトを利用する場合が多いです。

自分の力で転職を勝ち取る自信がない方や、転職が初めての方はエージェント型の転職サイトをお勧めします。

また、求人検索型の転職サイトにおいて面接を受けているのにもかかわらず転職が決まらないケースの場合は、通常求人検索型の転職サイトを運営している転職会社はエージェント型の転職サイトも合わせて運用しているケースが多く、エージェント型への移行を進められるケースがあります。

 

デメリット:求人情報が多すぎて転職先を選びきることができないことも

求人情報が多いのに越したことはありませんが、多すぎると絞りきれないという問題があります。ひとつひとつの気になる企業は自分の力で情報収集しなければならないため、かなりの根気と熱意が必要になります。

 

デメリット:書類選考や面接に落ちた理由を知ることができない

転職エージェントを利用すると書類選考や面接に落ちた理由などもフィードバックしてもらえて、次の機会につなげることができます。検索型・エントリー型の転職サイトの場合はそういった受からなかった理由は知ることができないため、暗中模索しながらの転職活動になると言えます。

 

検索型・エントリー型の転職サイトを利用する注意点

自分のペースで多くの求人情報から興味のある企業を探し出すことができる検索型・エントリー型の転職サイトですが、非公開求人などは自分では探せない点は注意が必要です。そのため複数の検索型・エントリー型の転職サイトで興味ある職種を探しても偏った企業しか検索できないこともあります。

 

転職サイトによってはスカウト機能がない

検索型・エントリー型の転職サイトのほとんどに自分の情報に興味を持った企業からスカウトのオファーが届くスカウト機能ですが、転職サイトによってはその機能がないところもあります。

 

企業からのスカウトが届いても内定するとは限らない

スカウト機能を利用するといろいろな企業からオファーが届きます。ですが、スカウトのオファーが届いたからと言って内定が濃厚だということではありません。スカウトオファーは、書類選考はパスにするので実際に面接をしてみませんか、というニュアンスでとらえましょう。

 

検索型・エントリー型の転職サイトを利用するポイント

スカウト機能がある検索型・エントリー型の転職サイトは前述したように転職サイトごとで求人情報が異なってきます。より良い転職活動をするためにも、転職サイトの登録は2~3社ほど登録することがポイントです。

 

スカウト機能を利用する場合自分の情報入力を怠らない

スカウト機能がある検索型・エントリー型の転職サイトへの登録時に職務経歴や転職希望条件をしっかりと入力しておくと、自分の情報に興味を持った企業からオファーが来ます。この時、非公開の企業からもオファーが来る可能性もあるので、面倒くさがらずにしっかり入力することが大事になります。

 

希望条件はなるべく絞り込んで探す

スカウト機能がある検索型・エントリー型の転職サイトの求人検索機能はかなり詳細に条件を絞り込むことができます。希望条件を絞り込むことで、興味のある企業の情報も集めやすくなりスムーズな転職活動に繋がります。

 

転職サイトお役立ち最新ブログ

 

転職サイト最新口コミ

転職サイト最新の口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト