正社員転職の内定・採用につながる求人の3つの見つけ方

正社員転職の内定・採用につながる求人の3つの見つけ方

転職活動を開始してから、実際に内定をもらえるまで、そう時間がかからない方がいらっしゃる一方で、「何社応募しても、なかなか内定がもらえない」といった悩みを抱える方も多くいらっしゃるように思います。

あまりに不採用が続いてしまうと、自信がなくなり、自己評価が低くなり能力以上に自分を低く見せてしまう、なんてことにもなりかねません。これでは良い転職先は遠のいていくばかりです。

転職活動中にぜひ心にとめておきたい、採用につながる求人情報の見分け方についてご解説いたします。

1.内定につながりやすい求人、つながりにくい求人

内定につながりやすい、つながりにくい

転職活動を開始したものの、内定につながりにくい、書類選考すら通過しないといった悩みを抱えている方も多く見かけます。その理由は様々ですが、書類上はあまり問題無いように見えるのに、書類選考すら通過できないという場合、応募者のスキルと企業の求めるスキルとがマッチしていない、ということが考えられます。

中途採用、経験者採用の場合、採用側には「○○といったことが出来る人がほしい」「○○のスキルをもった人を採用したい」といったように明確なニーズがあります。企業のニーズに合致していない場合、普通に選考を通過するのは難しくなります。

つまり、内定につながりやすい求人とは求人側のスキルと採用側のスキルが合致している求人、逆に内定につながりにくい求人とは、スキルが合致していない求人ということが出来ます。

 

2.内定につながりやすい応募のタイミングとは?

内定に繋がりやすい求人の応募のタイミング

条件が良い求人というのは誰にとっても良い条件です。よりよい条件の企業に就職したいというのは誰しもが思うことですので、このような求人に対しては応募者が殺到し、倍率が上がる傾向にあります。

 

応募のスピードが重要

そのような求人で内定を得るために大切なのはスピード感です。選考は書類等のそろっている順番に始められますし、採用人数は決まっていますから、内定者が出た時点で採用活動は終了してしまいます。

このような場合、採用情報が出た直後であればあるほど、人事担当者の目に触れ、二次選考や面接へ進める可能性が上がります。求人票を発見したら、即時に書類を送付できるようにしましょう。

 

掲載日からわかる内定につながりやすい求人

求人情報を見ていると「必須スキル」と「あるとよいスキル」書かれている場合が多くあります。条件や職務内容が魅力的であっても、「必須スキル」に満たないために応募を見送った経験がある方も多いのではないでしょうか。

求人情報を眺めていると、いつまでも同じ会社の同じ職に求人が出続けている場合があります。長期間求人情報を出し続けているということは、採用活動が難航しているということです。

採用活動が難航する理由には2パターンあります。

一つは腰を据えて採用活動を行なっている場合。これは、企業側で希望する条件が高く、採用活動に多少時間がかかってもよいと考えている時です。

そして2パターン目は、企業サイドとしては即時採用に積極的であるが、なかなか募集者が集まらない場合です。勤務地が交通の便が悪い場所にあったり、募集の条件が厳しかったり、勤務条件が悪かったりしてなかなか思うように採用活動ができていない場合がこれにあたります。

前者の場合、応募しても必須条件に満たなければ基本的に不採用の連絡がくるでしょう。しかし一方で、後者の場合は、必須条件を満たしていなくても、書類選考通過の連絡が来る可能性があります。スキル不足で応募をあきらめる前に掲載日を確認してみましょう。

体感ですが、掲載開始日からおおむね一か月以上経過している求人については、必須スキルが不足していても、選考対象としていただける可能性があります。

 

3.求人表から採用につなげられる情報を読み取ろう!

求人票から情報を読み取ろう

転職活動において、書類選考を通過するため、そして最終的に内定を得るためには、企業側のニーズをとらえて、それに即した履歴書・職務経歴書を作成することがとても大切です。

 

しっかりと企業分析をすることが重要

求人票に記載されている必須スキルと自分のスキルが合致しているにもかかわらず、やる気やポテンシャルをアピールすること、逆にスキルが合致していないのにもかかわらずスキルや能力をアピールしても、なかなか採用にはつながりません。

採用側のニーズに合わせた書類作成のためには、企業分析と自己分析が重要です。企業分析として、求人票をきちんと読み込むことはもちろんですが、ウェブページなどで公開されている経営理念や経営方針、採用方針や求める人材を細かく確認してみてくださいね。

 

まとめ

まとめ

いかがでしたか。今回ご紹介したように、求人内容によって、内定につながりやすい応募のタイミングや書類の書き方があります。

内定を得るためには企業のニーズをきちんととらえる必要がありますから、求人票や企業のウェブページなどはきちんと確認するようにしてください。書類の書き方や応募の仕方に迷ったら、転職エージェントや相談員なども上手に利用して、よりよい転職先を見つけてくださいね。

求人検索型の転職サイトの口コミランキング




(コンサルタントがつく「転職エージェント型はこちら」へ)


転職サイト口コミを利用者様から頂いてランキングしています。求人の質やサービスの内容が違うので、複数登録して見比べ比較 することが転職成功への鉄則です。




関連ページ

自分で転職求人を探すメリット・デメリット

自分で転職求人を探すメリット・デメリット

転職求人サイトやハローワークで職探しをするにあたっては、それぞれメリット・デメリットが存在します […]

続きを見る
未経験OKの求人に応募する際のポイントと注意点

未経験OKの求人に応募する際のポイントと注意点

求人情報の募集要項に「未経験OK」と記載がある求人がありますが、未経験という言葉には大きく分けて […]

続きを見る
転職エージェントとハローワークを使い分けよう

転職エージェントとハローワークを使い分けよう

転職サービスを受けられる機関には2種類あります。1つは民間企業が運営する転職エージェント、もう1 […]

続きを見る
転職エージェントを選ぶときのポイント4つ

転職エージェントを選ぶときのポイント4つ

いざ転職エージェントに登録しようと思っても、数ある会社の中からどこを選べばいいか迷ってしまいます […]

続きを見る
働きながら転職活動をする際の注意点

働きながら転職活動をする際の注意点

転職活動のタイミングは、働きながら転職活動をする場合と退職後に転職活動をする場合の2パターンがあ […]

続きを見る
求人誌やチラシで転職求人を探すメリット・デメリット

求人誌やチラシで転職求人を探すメリット・デメリット

転職求人を探す場合、まだまだ紙媒体も有効な手段として使われています。転職に関する情報誌は毎週発行 […]

続きを見る
転職サイトと転職エージェントの違い

転職サイトと転職エージェントの違い

正社員(総合職や一般職)、派遣、業種専門の転職サイトなど、転職求人サイトにも種類があり、大まかに […]

続きを見る
大手転職サイトを活用する際のメリット・デメリット・注意点

大手転職サイトを活用する際のメリット・デメリット・注意点

転職をする際、便利なのが転職サイトを活用することです。実際に多くの人が転職サイトを活用して転職を […]

続きを見る
働きながら転職活動をするメリット・デメリット

働きながら転職活動をするメリット・デメリット

現在勤めている会社を辞めずに働きながら転職活動を始めた場合、多くの人は時間が十分に確保できないま […]

続きを見る
転職エージェントを利用する際に知っておくべきポイント

転職エージェントを利用する際に知っておくべきポイント

転職エージェントを使用しての転職が、ハローワークや転職サイトを通じての転職に次いで多くなっていま […]

続きを見る
転職サイトは何で選びますか?3つの転職サイトの選び方転職サイトは何で選びますか?3つの転職サイトの選び方
転職エージェントに複数登録するべき3つの理由転職エージェントに複数登録するべき3つの理由

転職サイト最新の口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト