未経験OKの求人に応募する際のポイントと注意点

未経験OKの求人に応募する際のポイントと注意点

求人情報の募集要項に「未経験OK」と記載がある求人がありますが、未経験という言葉には大きく分けて3つの定義が存在します。

  • 社会人(正社員)未経験者
  • 職種未経験者
  • 業界未経験者

未経験OKと言っても求人を出している企業により意図は様々です。ですので応募する際は、企業の未経験OKの裏に隠された意図を正しく理解する必要があります。

このように、未経験OKの求人に応募する際にはいくつか気をつけたいポイントがあります。それをご紹介しますので、転職をする際にはぜひ参考にしてください。

1.社会人未経験者OKの求人に応募する場合

社会人 未経験 応募

社会人未経験者とは、アルバイトやパート歴は職歴に含めず社会人として一度も企業に勤めたことがない人・職種、業界ともに全く異なる世界で働いていた人のことを指します。

社会人未経験者OKの企業に応募する場合のポイントは以下の通りです。

  • 人柄や一般常識といった人物像をアピールする
  • 仕事に対する興味・意欲・熱意をアピールする
  • 会社にいかに利益を与えれるかをアピールする

アピールできる職歴がない分、自分の仕事に対する価値観や意欲をアピールすることが大切になってきます。

 

企業が社会人未経験者を採用する意図を知る

社会人未経験者を採用後、必ず教育が必要になり会社に費用的な負担がかかるにも関わらず未経験を採用する企業の意図は以下の場合が多いです。

  • 前職のカラーに染まっていない人を採用したい
  • 新卒採用枠の補填
  • 将来への期待
  • 若手や第二新卒を積極的に採用したい
  • 業界が特殊なため経験者がいない

このような事情で社会人未経験者を採用したい、と思っている企業が多いです。自分が受けたい企業がどれに当てはまっているのか理解したほうが合格する可能性が高いでしょう。

 

積極的な学びの姿勢が大切

はっきり言って、企業は学びの姿勢や意欲がない人は採用したくありません。未経験者は即戦力にはなりませんが、将来的に会社に貢献してもらうことを見越して採用を行っています。

積極的に学ぶ姿勢を見せて、「この人は将来伸びそうだな」と思ってもらうようにしましょう。

 

長い目で見たビジネスビジョンが必要

企業はせっかく採用したあなたに、長く働いて欲しいと感じています。そのために1からビジネスマナーや仕事を教えるのです。企業は、すぐに辞められることを1番嫌がります。

ですので、長い目で見たビジネスビジョンを語り、ずっと応募先の会社に貢献していきたいというアピールが必要になります。

 

2.職種未経験者OKの求人に応募する場合

職種 未経験者 応募

職種未経験者とは、同じ業界に転職するものの今までは営業として働いていたのに転職先では経理で働く、といった人のことを指します。業界が同じなので知識や市場などはある程度把握していますが、働く部門が変わるので、未経験という扱いになります。

職種未経験者OKの求人に応募する場合のポイントは以下の通りです。

  • 前職で得たスキルや経験をアピールする
  • 会社の制度や理念に柔軟に対応できることをアピールする
  • 前職での実績をアピールする
  • 経験を活かしどのようにして会社に貢献できるかアピールする

職種未経験といえども、企業はある程度のスキルを求めています。応募する際は、前職での経験や失敗から学んだ経験などをアピールして、業界の事情をどれだけ知っているかアピールすることが大切になってきます。

 

企業が職種未経験者を採用する意図を知る

一般的なビジネスマナーはあるものの、職種未経験の人を企業が未経験を採用する企業の意図は以下の場合が多いです。

  • 同じ業界なので入社後のギャップが生まれづらい
  • ある程度の知識があるため、仕事を理解するのが早い
  • 共通の認識・言語を認識してもらうことができる
  • 前職で得た知識を活かして活躍してほしい

同じ業界での転職は全くの素人ではないため、企業にとって教育する手間を省くことができ、仕事の流れが分かっているので少しの時間で戦力になってくれることを期待しています。

ですので企業の希望に沿うような知識をもつ人材である必要があります。

 

業界の知識や経験・スキルは必要不可欠

業界の知識や経験・スキルをアピールがあることは、職種が違うとは言えども「この人はうちの会社にすぐ馴染んでくれるのではいか」と思ってもらうことができます。その業界での経験が長ければ長いほど応募先の企業はあなたを欲しがるでしょう。

応募の際は、今までの経験を活かし新たな職種でどのような活躍ができるかどうかなどを具体的に話すとイメージが膨らみ好印象です。

 

企業に馴染む柔軟性を持つことが大事

同じ業界だからこそ、前の職場と比べてしまうことがあります。会社にとって改善したほうが良いところは意見を言っても良いですが、やはり会社の経営方針がありますのでそれに従ったほうが良いです。

転職したのですから前の会社のことはひとまず忘れて、まずは新しい会社に1日も早く馴染もうとする心が大切です。

 

3.業界未経験者OKの求人に応募する場合

業界 未経験者 応募

業界未経験者とは、今まで全く違う業界で正社員として働いていた人を指します。例えば、金融系の営業として働いていた人が製薬会社の営業として働く、といった状態です。

業界未経験者OKの求人に応募する場合のポイントは以下の通りです。

  • 前職で得た知識・スキルをアピールする
  • 違う業界に転職しようと思った理由を詳しく説明できるようにする
  • 前職での実績をアピールする
  • 業界の事情を1から学ぶ意欲をアピールする

同じ職種なので、ある程度の仕事方法は分かっていると思います。ですが業界が違うので、入社してから新たに学ばなければいけないことは多いでしょう。

 

前職での実績は合否に大きく関わる

同じ職種での応募なので、前職での実績は大きく合否に関わると思ってよいでしょう。実績があればあるほど、即戦力になるとみなされます。未経験OKと言っても、企業はやはり即戦力になる人材を採用したいと思っていることを忘れないでください。

 

応募先の業界に興味を持った理由を具体的に言えるようにする

企業は、なぜ他業種に転職しようと思ったか気になっています。他業種に転職というのは、新たに覚えることが多く大変だと感じるからです。それでも他業種に転職を決めた理由を具体的にアピールすればするほど、あなたの熱意が伝わるでしょう。

抽象的な言葉ではなく、あくまで具体的に説明することが大切です。

 

4.未経験OKの求人に応募する際の注意点5つ

求人 応募 注意点

上記でご紹介した、未経験という言葉の裏に隠された企業の意図は理解できたでしょうか。その意図を理解した上で応募しようとした人、ちょっと待ってください!応募するにあたっての注意点があります。

  • 資格が必要な場合がある
  • ブラック企業の可能性がある
  • 給与面での待遇が悪い場合がある
  • 簡単な仕事しか任されない場合がある
  • 教育制度が整っているか確認する

このような注意点も把握した上で応募してください。転職成功の秘訣は情報収集です。

 

資格欄を見逃さない

募集要項の未経験OKという文字に飛びついて応募しようとしないでください。求人をよく見てみると、資格欄に必要な資格が記載されている可能性があります。

よくあるのが「自動車免許(AT限定可)」の資格です。自動車免許を必要資格とする企業は案外多いです。自動車免許をもっていない人は特に注意して確認する必要があります。

 

常に求人を出している企業には注意

未経験OKと指定すれば、条件を出している求人と比べてもちろん応募してくる人数は多くなります。それなのにも関わらず、ずっと求人を出していたり頻繁に求人を出しているのは、人の入れ替わりが激しく人手不足の可能性が高いです。

もし当てはまるのであればブラック企業の可能性が高いので、よくその企業を調べてから応募したほうが良いでしょう。

 

給与や待遇をしっかり確認する

未経験の転職が決まった場合、スキルがないので高い給与を貰うことは諦めたほうがよいでしょう。若ければ給与が安くても問題ないかもしれませんが、ある程度の年齢で養うべき人がいた場合、安い給与だと経済的に苦しくなります。

自分のライフスタイルをきちんと考慮することが大切です。また、給与以外にも福利厚生などの待遇も働く上では大事ですので、しっかり確認しましょう。家賃補助や家族手当なども立派な収入となります。

 

仕事内容にやりがいを感じられない可能性がある

未経験でもOKという企業は、あまりスキルを必要としない仕事を任せるために人を採用している、という場合があります。仕事にやりがいを感じずらい単純作業でもいいという方は問題ありませんが、仕事にやりがいを求める場合はそれが原因で離職に至るケースがあります。

応募する前に仕事内容の確認をきっちりすることと、内容に不明点があるのであれば直接聞いてみるのもひとつの手です。

 

スキルアップしたい人は教育制度に着目する

未経験OKの求人はたくさんありますが、給与・待遇面や転職のしやすさなどを考慮したら、やはりスキルを身につけておいて損はないでしょう。ビジネスマナーなどはどこの企業に行っても必要ですし、絶対に身に着けておかなければいけない知識です。

ですので、スキルアップを望むのであれば教育制度が整っている企業に転職することをオススメします。

 

まとめ

未経験OKには企業の様々な意図が隠れており、それを理解することが転職成功への近道ということがお分かりいただけたでしょうか。そこを理解していないとアピールすべきポイントがずれ、採用される可能性が低くなります。

また、未経験者の採用基準はその人の人物像が大きく影響してきます。スキルで判断できない分、性格で判断するしかないのです。面接でアピールすることも大事ですが、まずは面接をしてもらえるような素敵な履歴書を作成することが重要です。

求人検索型の転職サイトの口コミランキング




(コンサルタントがつく「転職エージェント型はこちら」へ)


転職サイト口コミを利用者様から頂いてランキングしています。求人の質やサービスの内容が違うので、複数登録して見比べ比較 することが転職成功への鉄則です。




関連ページ

働きながら転職活動をする際の注意点

働きながら転職活動をする際の注意点

転職活動のタイミングは、働きながら転職活動をする場合と退職後に転職活動をする場合の2パターンがあ […]

続きを見る
転職エージェントを選ぶときのポイント4つ

転職エージェントを選ぶときのポイント4つ

いざ転職エージェントに登録しようと思っても、数ある会社の中からどこを選べばいいか迷ってしまいます […]

続きを見る
転職エージェントを利用する際に知っておくべきポイント

転職エージェントを利用する際に知っておくべきポイント

転職エージェントを使用しての転職が、ハローワークや転職サイトを通じての転職に次いで多くなっていま […]

続きを見る
転職サイトと転職エージェントの違い

転職サイトと転職エージェントの違い

正社員(総合職や一般職)、派遣、業種専門の転職サイトなど、転職求人サイトにも種類があり、大まかに […]

続きを見る
求人誌やチラシで転職求人を探すメリット・デメリット

求人誌やチラシで転職求人を探すメリット・デメリット

転職求人を探す場合、まだまだ紙媒体も有効な手段として使われています。転職に関する情報誌は毎週発行 […]

続きを見る
大手転職サイトを活用する際のメリット・デメリット・注意点

大手転職サイトを活用する際のメリット・デメリット・注意点

転職をする際、便利なのが転職サイトを活用することです。実際に多くの人が転職サイトを活用して転職を […]

続きを見る
自分で転職求人を探すメリット・デメリット

自分で転職求人を探すメリット・デメリット

転職求人サイトやハローワークで職探しをするにあたっては、それぞれメリット・デメリットが存在します […]

続きを見る
検索型転職サイト・エージェント型転職サイトの転職サービス有効活用法

検索型転職サイト・エージェント型転職サイトの転職サービス有効活用法

一昔前には転職は難しいものだと感じる方多く、またひとつの会社に勤めたら長く務めることが良いことだ […]

続きを見る
正社員の転職を成功させるために求人媒体を上手に使い分けよう

正社員の転職を成功させるために求人媒体を上手に使い分けよう

転職活動を行うに当たって、必須の情報、それが求人情報です。一言で求人情報といっても、昨今ではハロ […]

続きを見る
転職サイトは何で選びますか?3つの転職サイトの選び方

転職サイトは何で選びますか?3つの転職サイトの選び方

転職の大原則である、「在職中に転職先を決める」を守りながら転職活動を進めるためには、時間に縛られ […]

続きを見る
転職と引っ越しのタイミングとは!新生活を失敗させないポイント5つ転職と引っ越しのタイミングとは!新生活を失敗させないポイント5つ
働きながら転職活動をする際の注意点働きながら転職活動をする際の注意点

転職サイト最新の口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト