働きながら転職活動をする際の注意点

働きながら転職活動をする際の注意点

転職活動のタイミングは、働きながら転職活動をする場合と退職後に転職活動をする場合の2パターンがあります。経済面での不安がない働きながらでの転職活動をする人が多いです。

ですが働きながらでの転職活動は忙しくなる他、多方面に気を使わなければ、転職できたとしても後味の悪い転職活動になってしまう可能性があります。

今回は、「働きながら転職活動をする際の注意点」をご紹介するので、ぜひ参考になさってください。

 

 

1.マナーに乗っ取った退職申し出をする

退職 マナー

法律的には退社希望日の14日前までに会社に辞める意思を告げれば良いことになっていますが、実際のところ、部下が突然2週間後に辞めると言ってきたら会社にとってはとても迷惑でしょう。

もしあなたが会社でお世話になったのならば、会社の事情もきちんと考慮して円満退職を心がけるべきです。お互い気持ちよくお別れできるように、退職の申し出のタイミングなど注意することはたくさんあります。

 

最初に伝えるべきは直属の上司

退職しようと決めたのであれば、引継ぎにかかるであろう期間や会社の状況などを考慮して、正しいタイミングで退職の申し出をするべきです。前提として、最初に退職することを伝えるのは直属の上司です。

間違っても上司に伝える前に同僚などに退職の意思を伝えるのは辞めましょう。上司はいい気分がしないのでトラブルの元になります。

 

転職先の会社名は伝えない

転職先の会社が既に決まっている場合、上司に退職することを伝える時にトラブルを避けるためには転職先の会社名を伝えないようにしたほうがベターです。もし聞かれたら業種のみを言うようにして、曖昧な答えで返しましょう。

ですが、無事退職したあとであれば、前の職場の同僚と飲む際などに言っても問題ないでしょう。

 

退職日と入社日のスケジュール管理をしっかりする

転職活動で面接をしたときに、必ず「いつから出社できますか?」という質問をされると思います。その時、今勤めている会社の都合を勝手に決めて入社日を答えてしまうのはトラブルの元です。

会社の状況を把握し、余裕を持った日程で入社日を転職希望先に伝えましょう。1度言った入社可能日をずらすことは転職先の企業にとってとても迷惑となり、初めから印象が悪くなってしまいます。

 

 

2.仕事はきちんとこなすこと

仕事 きちんとこなす

近いうちに会社を退社するからと言って、今あなたが任されている仕事をないがしろにしていい訳ではありません。転職活動はプライベートなことであり、会社には全く関係ないのです。

責任感のない態度は周りに迷惑をかけるだけでなく、あなた自身の評価も落としてしまいます。

 

将来退職前の評価が不利に動く可能性がある

自分の仕事をないがしろにして就職活動にばかり力をいれてはいけません。退職前のそのような責任感のない態度は、将来あなたの評価を転職希望先などに聞かれた場合、不利になる可能性があります。

逆に退職することが決まっていても、最後までしっかり仕事をしている姿は高評価を得ることができます。

 

引継ぎは余裕をもって済ませることが大切

退職する際、自分の受け持っている仕事を引き継ぐことはかなり重要です。特に、自分の他に同じ仕事をしている人がいない場合、必ず余裕を持って引き継ぎを行い、後継者に全てを引き継げているかどうか見極める期間を定める時間の余裕が必要です。

もし完璧に引き継げていないと、自分が退職した後に同僚達に迷惑をかける可能性があります。転職活動で忙しいとは思いますが、できるだけ手厚い引継ぎをすることを心がけましょう。

 

仕事中に転職活動をしない

働きながら転職活動をする人によくありがちなのが、業務時間中に転職活動をしてしまうことです。会社のパソコンを使って求人情報を検索したり、外出するということにして面接に行ってしまうなどです。

会社はあなたにお給料を払っているのですから業務中に仕事をしないのはモラル的にどうかと思いますし、もしそれがバレたら困るのは自分自身でしょう。トラブルにならないためにも業務時間中はしっかり職務を全うしましょう。

 

 

3.嘘をつかないようにすること

嘘 つかない

転職活動での面接の日程は、どうしても平日の場合が多いので会社を休む必要があります。転職活動をしていることを隠そうと、下手に嘘をつくとばれた時に一瞬で今まで築き上げた信頼が壊れてしまいます。

ビジネスで嘘をつくということは、2度と信頼関係を構築できなくなる可能性があるので危険です。

 

休む際は「私用」を使って曖昧にしよう

嘘をつくのは避けたほうが良いと説明しましたが、それでは面接のため会社に休みを申請する際、どのような言い方をしたら良いのでしょうか。答えは「私用のためお休みをください。」です。

ほとんどの常識のある社会人は「私用のため」と言われると、特にそれ以上は聞いてきません。嘘をつかずに休みをもらうには、この言い方がベターでしょう。

 

転職希望先にも嘘をつかないこと

転職希望先から指定された面接日が、どうしても現職の仕事の予定をずらせない場合は、正直にその旨を話しましょう。働きながら転職活動をしていることは全く悪いことではありませんし、低評価にもなりません。

下手に嘘をついたり、ダブルブッキングになってしまう方が転職活動に支障をきたします。

 

 

4.転職活動期間を定めてダラダラ長引かせないこと

期間 決める

退職後に転職活動を始めた場合だと経済的な面から焦ってガツガツ転職活動に力を入れることができますが、働きながらの場合は収入がなくならないことからダラダラ転職活動を続けてしまう場合があります。

ダラダラ転職活動を続けるのは時間と労力の無駄ですし、自分が何がしたいか分からなくなり結局希望の転職先が見つからないことが多いです。働きながら転職活動を行う場合は、期間を定めて集中力を途切れさせないことが大切です。

 

転職活動の長期化は疲れるだけ

就職活動では、求人情報の検索・応募書類の作成・面接などの労力が必要になります。また、コストもかかるので長期にわたってダラダラ就職活動を続けることはオススメできません。

期間を定めることでメリハリがつきますし、スムーズに転職活動がはこぶことが多いです。長く就職活動を続ける=良い就職先が見つかるとは限らないことを心得ておきましょう。

 

転職サイトのエージェントを利用するのがオススメ

効率的に転職先を決めるためには、転職サイトのエージェントを利用して転職活動を手伝ってもらうことがオススメです。エージェントは、自分の希望に合った求人情報を探してくれる他、面接の日程調整や応募書類や面接のアドバイスを提供してくれます。

時間のない社会人の転職活動において、エージェントの存在はとても心強いでしょう。自分に合うエージェントを探すためには複数の転職サイトに登録するのがオススメです。

 

 

5.自分の意思を転職先に合わせないこと

意思 合わせない

早く転職先を決めたいという焦りからか、自分の転職にあたっての希望を突き通さずにいつの間にか転職先に出された条件に自分が合わせている、ということがあります。転職活動において、自分の希望に忠実であることはとても重要です。

自分の意思を曲げて転職先が決まっても、時が経つうちに職場に対して不満が生まれるでしょう。そしてまた転職をする、ということになっては職歴に傷がつくだけで本末転倒になってしまいます。

 

転職する際は必ず自己分析が必要

働きながらの転職活動は時間の余裕がなく、自己分析をする時間がなかなか取りづらいですが、自己分析をして自分の譲れない希望条件をいくつか挙げることが大切です。この作業を忙しいからといって怠ってしまうと、転職が失敗におわる可能性があります。

自己分析をした譲れない条件と譲れる条件を紙に書き出し、もし企業から何かの条件を突きつけられた際に、すぐに返事はせず一度落ち着いて紙を見てから返事をしましょう。希望の条件と合っていなければ断る勇気も必要です。

 

こんな人は特に自己分析が必要!

自分の性格を既にしっかり把握している人は自己分析は必要ないでしょう。ですが以下のような人は転職にあたって自己分析が必要です。

  • 仕事だけが自分の人生ではない、と考える人
  • プライベートが充実している人生を送りたい人
  • 今の仕事が自分に合っておらず将来が不安な人

あてはまる人はしっかり自己分析して、自分の求める条件に合った転職先を見つけましょう。

 

企業に選ばれるのではなく選ぶつもりで転職活動する

受動的な人は、自分は企業から選んでもらうという考えになりがちです。ですが転職活動においては、自分が企業を選ぶといった考えをもったほうが良い企業に就職できる可能性が高いです。

条件が合わなかったり納得のいかない業務内容であればそこに無理矢理転職しなくて良いのです。ある程度の妥協は必要ですが、必要以上に企業に自分を合わせていく必要はありません

 

まとめ

働きながら転職活動をするのはとても大変です。ですので1日でも早く転職先を見つけたほうが気持ちに余裕も生まれますし、体力・経済面でも助かる部分が多いです。また、退職する職場への最大限の配慮は必要不可欠なので忘れないようにしましょう。

スムーズな転職のために、ここで紹介したポイントを押さえていただき、良い企業にめぐり合えることを祈っています。

転職エージェント人気ランキング


転職サイト口コミを利用者様から頂いてランキングしています。求人の質やサービスの内容が違うので、複数登録して見比べ比較 することが転職成功への鉄則です。




関連ページ

転職サイトは何で選びますか?3つの転職サイトの選び方

転職サイトは何で選びますか?3つの転職サイトの選び方

転職の大原則である、「在職中に転職先を決める」を守りながら転職活動を進めるためには、時間に縛られ […]

続きを見る
転職サイトと転職エージェントの違い

転職サイトと転職エージェントの違い

正社員(総合職や一般職)、派遣、業種専門の転職サイトなど、転職求人サイトにも種類があり、大まかに […]

続きを見る
転職エージェントを利用する際に知っておくべきポイント

転職エージェントを利用する際に知っておくべきポイント

転職エージェントを使用しての転職が、ハローワークや転職サイトを通じての転職に次いで多くなっていま […]

続きを見る
転職エージェントとハローワークを使い分けよう

転職エージェントとハローワークを使い分けよう

転職サービスを受けられる機関には2種類あります。1つは民間企業が運営する転職エージェント、もう1 […]

続きを見る
転職エージェントを選ぶときのポイント4つ

転職エージェントを選ぶときのポイント4つ

いざ転職エージェントに登録しようと思っても、数ある会社の中からどこを選べばいいか迷ってしまいます […]

続きを見る
求人誌やチラシで転職求人を探すメリット・デメリット

求人誌やチラシで転職求人を探すメリット・デメリット

転職求人を探す場合、まだまだ紙媒体も有効な手段として使われています。転職に関する情報誌は毎週発行 […]

続きを見る
自分で転職求人を探すメリット・デメリット

自分で転職求人を探すメリット・デメリット

転職求人サイトやハローワークで職探しをするにあたっては、それぞれメリット・デメリットが存在します […]

続きを見る
正社員転職の内定・採用につながる求人の3つの見つけ方

正社員転職の内定・採用につながる求人の3つの見つけ方

転職活動を開始してから、実際に内定をもらえるまで、そう時間がかからない方がいらっしゃる一方で、「 […]

続きを見る
正社員の転職を成功させるために求人媒体を上手に使い分けよう

正社員の転職を成功させるために求人媒体を上手に使い分けよう

転職活動を行うに当たって、必須の情報、それが求人情報です。一言で求人情報といっても、昨今ではハロ […]

続きを見る
働きながら転職活動をするメリット・デメリット

働きながら転職活動をするメリット・デメリット

現在勤めている会社を辞めずに働きながら転職活動を始めた場合、多くの人は時間が十分に確保できないま […]

続きを見る
未経験OKの求人に応募する際のポイントと注意点未経験OKの求人に応募する際のポイントと注意点
大手転職サイトを活用する際のメリット・デメリット・注意点大手転職サイトを活用する際のメリット・デメリット・注意点

転職サイト最新の口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト