転職サイトは何で選びますか?3つの転職サイトの選び方

転職サイトは何で選びますか?3つの転職サイトの選び方

転職の大原則である、「在職中に転職先を決める」を守りながら転職活動を進めるためには、時間に縛られずに求人を選考できる、転職サイトの活用は欠かせません。

「転職サイトは何で選びますか?」と語りかけるTVCMが記憶に残る今日この頃ですが、実際には実に多くの転職サイトが存在しており、自分にとってどの転職サイトが最適なのか探すのに一苦労、という方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな転職サイトの中から、あなたに合った最良の転職サイトを見つける方法を紹介します。

 

まずは転職サイトのメリットを把握しよう

転職サイトのメリット

転職サイトは、あなたが能動的に転職活動を行うことを前提に、設計されています。転職サイトの求人情報を確認・選考し、あなた自身が応募・転職に必要な資料の提出・面接の日程調整などを行います。

その流れは一般的な独自応募と、全く変わりがありません。転職サイトのメリットは以下の通りです。

  • 気軽に転職先を調べることが出来る
  • 履歴書やエントリーシートなどがある程度使いまわせる
  • 転職マーケットの情報収集に役立つ
  • 自分の市場価値も確認できる
  • 第三者のコンサルタントの意見を聞ける

上記のようなことが転職サイトを利用するメリットといえます。詳しく確認していきましょう。

 

手軽さ・気軽さがメリットとなる

転職サイト活用の大きなメリットの一つは“手軽さ・気軽さ”です。「気持ちが固まっていないけど、どんな企業があるのか確認しておきたい」「毎日寝る前の1時間、腰を据えて転職を考える」など、例え転職に対して温度差があっても、空き時間を対策や準備に当てることもできます。

また、企業へ提出する履歴書などの書類をサイトに保存しておけば、何度でも使いまわしができます。提出書類を何枚も書く手間がいらないのも、大きな魅力です。

 

転職マーケットの情報収集にも役立つ

通常なかなか認識しにくい転職マーケットのリサーチも可能なので、この点は大きなメリットだといえます。

現在、転職マーケットにネガティブな要因はなく、求人数は高水準で推移する非常に良い状態ですが、自分の経験キャリアや年齢などの要因によっては厳しい場合があります。

例えば35歳以上は35歳未満に比べ転職求人が少なく、独立系・フランチャイズオーナーの仕事が多くなる傾向があります。こういったことも、転職サイトでリサーチをしていないと知る術がありません。

転職を行うかおこなわないかも含め、転職マーケットを知ることは自身のキャリアプラン形成に大きな影響を与えるので、転職サイトを活用してそのあたりを見極める方も多いのです。

それでは、ここからは転職サイトの3つの選び方をお伝えします。

 

1.転職サイトは支援コンテンツで選ぶ

コンテンツで選ぶ

転職サイトにおける支援コンテンツとは、自己分析用のツールや年収診断などの各種診断サービス、履歴書・職務経歴書などの提出資料作成支援・添削、面接に代表される転職活動の注意点・ポイントの紹介など、転職活動に有利になる内容を集めた、情報提供型のコンテンツのことを指します。

その中でも提出書類作成支援は、転職サイト選定の大きなポイントになると言っても過言ではありません。

特に職務経歴書は、新卒の就職活動では提出の必要がなかったものなので、書き方を知らないまま転職活動を開始して、初めてその存在を知った。という方も少なくありません。

 

企業は職務経歴書を見てから履歴書を確認する?

企業の採用担当者の中には、「職務経歴書を最初に見て、あたりを付けてから履歴書を確認する」という方も多く、職務経歴書は非常に重要な書類なのです。

そのような職務経歴書ですが、「こう書かなくてはいけない」というルールもなく特定のフォーマットもない、転職者の自由に任せた資料で、転職者の中にはどう書いてよいか分からないまま、我流で作成してしまう方も少なくありません

転職サイトには書き方のポイントをはじめ、職種別の職務経歴書の見本を見られるサイトもあります。転職サイトを活用して、見やすく伝わりやすい書類にバージョンアップさせて行くことは必要不可欠なのです。

 

2.転職サイトは豊富な求人量で選ぶ

豊富な情報量

求人量が転職サイト選びで重要な指標である点は、今も昔も変わりません。当然、大手は信頼がありますので、多くの企業が掲載を決め、掲載量が増えてさらに信頼が増すといった好循環があります。

また、近年の転職マーケットでは、キャリアや経験済みのスキルが、業界や業種の壁を越える。いわば、ボーダレス化の傾向にあると言われています。

 

未経験な業界でも企業からオファーが来る可能性がある

例えば「マーケティングスキルを駆使してECサイトを作るプロジェクトに携わった」というキャリアの持ち主には、通販サイト運営はもちろんのこと、WEBディレクター・WEBマーケッター・採用広報担当・異業種ECのリーダーなど、複数の職種カテゴリの募集人材像に該当する可能性があります。

求人情報が豊富な転職サイトに登録しておくと、自分が経験したことの無い業界でも、実は流用できるキャリア・スキルを考慮して、企業側からアプローチがある可能性が高まります

 

3.転職サイトはスカウト機能で選ぶ

スカウト機能

転職サイトには、自ら企業に応募するという方法の他に、企業の方からあなたを探してアプローチするシステムを構築しているところも、少なくありません。企業からのアプローチは採用の確率を上げるばかりか、転職サイトに掲載した履歴書や職務経歴書などの精度を測る、バロメーターとしても活用できます。

 

スカウト機能でないものもスカウト機能と呼んでいる場合がある

転職サイトでは、企業からのアプローチをスカウトやオファーと呼んでいますが、転職サイトのスカウトやオファーは、「こんな企業が募集していますよ。」という企業紹介のようなもので、本来のスカウトやオファーが持つ言葉の意味とは違う場合があります

なかにはスカウトだと喜んで企業に応募したものの、独自応募と変わらず1次からの採用面接だった。という場合もありますので、あまり過度に期待せず企業オファーや企業スカウトに向きあう必要があるでしょう。

 

採用に積極的な企業はスカウトメールを大量に送る場合も

ただ大手ではない、ベンチャー企業が開設した転職サイトだと、利用者が少ないことも手伝って、採用に積極的な企業がスカウトメールを送るケースが、多々見られます。

企業側も採用を成功させたいため、モチヴェーションが高い場合が多く、そういった転職サイトの利用は、転職を有利に進める可能性があるでしょう。

 

複数サイトの活用で納得できる転職を

ここまで転職サイトの選び方をご紹介しましたが、本格的に活動する場合は、複数の転職サイトを活用することをおすすめします。転職活動中には、たくさん情報が集まるので、当初の考えが変わることは往々にしてあります。

なるべく様々な角度から情報を得ることが、自分が納得できる転職につながりますので、いくつかのサイトから情報を得るようにしましょう。

求人検索型の転職サイトの口コミランキング




(コンサルタントがつく「転職エージェント型はこちら」へ)


転職サイト口コミを利用者様から頂いてランキングしています。求人の質やサービスの内容が違うので、複数登録して見比べ比較 することが転職成功への鉄則です。




関連ページ

未経験OKの求人に応募する際のポイントと注意点

未経験OKの求人に応募する際のポイントと注意点

求人情報の募集要項に「未経験OK」と記載がある求人がありますが、未経験という言葉には大きく分けて […]

続きを見る
転職エージェントとハローワークを使い分けよう

転職エージェントとハローワークを使い分けよう

転職サービスを受けられる機関には2種類あります。1つは民間企業が運営する転職エージェント、もう1 […]

続きを見る
正社員の転職を成功させるために求人媒体を上手に使い分けよう

正社員の転職を成功させるために求人媒体を上手に使い分けよう

転職活動を行うに当たって、必須の情報、それが求人情報です。一言で求人情報といっても、昨今ではハロ […]

続きを見る
転職エージェントに複数登録するべき3つの理由

転職エージェントに複数登録するべき3つの理由

転職エージェントへの登録は、1社に絞る必要はありません。できるだけ、複数社に登録して活動するのが […]

続きを見る
自分で転職求人を探すメリット・デメリット

自分で転職求人を探すメリット・デメリット

転職求人サイトやハローワークで職探しをするにあたっては、それぞれメリット・デメリットが存在します […]

続きを見る
大手転職サイトを活用する際のメリット・デメリット・注意点

大手転職サイトを活用する際のメリット・デメリット・注意点

転職をする際、便利なのが転職サイトを活用することです。実際に多くの人が転職サイトを活用して転職を […]

続きを見る
転職エージェントを選ぶときのポイント4つ

転職エージェントを選ぶときのポイント4つ

いざ転職エージェントに登録しようと思っても、数ある会社の中からどこを選べばいいか迷ってしまいます […]

続きを見る
転職希望者が知っておきたい転職エージェントとの付き合い方

転職希望者が知っておきたい転職エージェントとの付き合い方

転職エージェントを利用した転職は全体の22%にのぼり、ハローワーク、求人サイトに続いて第三位とな […]

続きを見る
ハローワーク(職業安定所)で転職求人を探すメリット・デメリット

ハローワーク(職業安定所)で転職求人を探すメリット・デメリット

ハローワークで求人情報を探そうとする場合、注意しなければいけない点があります。それは提示されてい […]

続きを見る
求人誌やチラシで転職求人を探すメリット・デメリット

求人誌やチラシで転職求人を探すメリット・デメリット

転職求人を探す場合、まだまだ紙媒体も有効な手段として使われています。転職に関する情報誌は毎週発行 […]

続きを見る
転職エージェントを選ぶときのポイント4つ転職エージェントを選ぶときのポイント4つ
正社員転職の内定・採用につながる求人の3つの見つけ方正社員転職の内定・採用につながる求人の3つの見つけ方

転職サイト最新の口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト