求人募集要項のみでブラック企業を見抜く!?ポイント6つ紹介

求人募集要項のみでブラック企業を見抜く!?ポイント6つ紹介

転職を考えた時、今では携帯ひとつで自分の希望に近い会社を探すことができます。そんな時に不安になるのが、働く会社がブラック企業ではないか、ということです。

だからと言ってネットでブラック企業の条件を検索しても、何もかもが当てはまるような気がしたり、求人サイトの内容だけでは判断はでき兼ねたりします。では、求人募集の内容だけで、ブラック企業を見抜くポイントを紹介します。

内容 見るポイント
1.求人募集掲載頻度 ・4週間以上の掲載はブラック企業可能性大
2.給与水準 ・時給が1,800円はブラック企業可能性あり
・給与月35万円以上はブラック企業可能性あり
3.募集条件 ・未経験歓迎
・PCは文字が打てればOK
・年齢・学歴不問
・茶髪・ピアスOK 等
上記ブラック企業可能性あり
4.仕事内容 ・曖昧な表現はブラック企業の可能性あり
5.求人募集写真 ・笑顔の社員の集合写真
・社内旅行中の社員
上記はブラック企業可能性あり
6.勤務曜日・時間 ・休み応相談可能はブラック企業注意

上記の募集要項が特にブラック企業かどうか判断する箇所となります。以下で詳しく説明していますので確認してきましょう。

 

1.求人を掲載する頻度が多い企業はブラック企業が多い

多くの人がいろいろな求人サイトで職探しをしていると思います。ひとえに求人サイトと言っても、大手の有名な求人サイトだったり、あまり耳慣れしていない求人サイトだったりとあります。その中で「この企業は違う求人サイトで何度か見たな」という場面に出会ったことのある人は多くいると思います。

そういった会社はブラック企業である可能性が高いです。

 

求人掲載の期間は大体4週間

例えば大手求人サイトのリクナビNEXTやマイナビなどは2~4週間で求人掲載が締め切られることが多いです。他にen転職サイトなどもありますが、掲載期間はリクナビなどと同じような期間となっています。

 

なぜブラック企業は求人掲載期間が長いのか

良く目にする、ずっと求人募集している会社ですが、その理由を挙げるとすると

  • 会社の人気がなく、応募してくる人がいない
  • 会社の離職率が高く労働者が会社に定着しない

この2つから考えられるのは、そういった会社は仕事量も多く、労働環境が悪いのかもしれない、ということです。人気のある職業や、それなりに応募者がいる会社であれば、求人掲載を頻繁に、長期間する必要はありません。

 

2.ブラック企業の募集内容に書かれる給与は高い

これは実際の私の体験談なのですが、求人募集の給与欄に「未経験でもアルバイト時給1800円・正社員であれば月35万以上」と書かれていました。アルバイトとして入社したのですが、最初の契約確認時に「最初の試用期間1ヶ月間の時給は1400円でお願いします。」とのこと。

これは募集要項にも記載がなく、「最初はみなさんこの契約でお願いしていますから」なんていう当たり前な態度で説明されました。仕事内容もかなりハードだったのを覚えています。

 

つまり、時給が高い場合は何かを疑う必要がある

時給が高い場合は何かしらのデメリットが伴うものです。例えば以下の通りです。

  • 仕事がハードである
  • 残業時間も込みとなっている
  • 試用期間が異様に長い(2ヶ月以上等)

など、様々なデメリットが存在し、ブラック企業に当たる確率も上がります。給与も良くて楽な仕事なんてめったにありませんね。

 

3.ブラック企業の求人条件は簡単に入社できそうな雰囲気がある

これも離職率が高いからこその理由になります。たとえば「未経験歓迎」「PCは文字が打てればOK」「年齢・学歴不問」「茶髪・ピアスOK」などの緩い募集の条件の会社もブラック企業の可能性は高いです。あくまでも入口を広くしておかないと、人が入ってこないため、応募者した社員の要望も受けるから、こちらの仕事もこなしてもらおうという姿勢が伺えます。
他にも特有のキャッチコピーがあります。詳しくは以下で紹介しています。

 

4.ブラック企業の募集要項の仕事内容は曖昧に書かれている

求人サイトの業務条件に「事務・入力」と入力し検索したと仮定します。良くある例として、検索結果には当然関連する企業が一覧で出てきますが、その中でブラックかもしれない企業の特徴には「基本的に事務作業が多いですが、受付などもお願いすることもあります」など仕事内容が曖昧に記載されている場合が多いです。

 

仕事詳細のおいしそうな内容にはきをつけよう

仕事内容を見て、「我が社の仕事はこんなに簡単」と書かれているのであればブラック企業を疑ってください。仕事は楽も簡単もありません。何事にも言えますが、おいしそうな話程、騙されてしまうのはよくあることです。

 

5.求人募集の写真でブラック企業か判断できる

一概に求人の写真でブラック企業を判断できるとは言い切れませんが、仕事詳細の内容もそこそこに「社員みんなこんなに仲が良い」など複数人が映っている社員の笑顔の写真だけや、仕事に関係のない「社内旅行中の写真」を掲載している会社は注意が必要です。

求人というのは会社の仕事の内容をきちんと記載して、その条件に好意をもって応募する、というのが本来の形です。写真も会社の印象としてもちろん大事ですが、それは参考程度で十分です。この内容について更に詳しくは「求人募集掲載の写真で分かるブラック企業の見極め方」を確認してください。

 

6.ブラック企業の求人にありがちな勤務曜日・時間

求職時にこの勤務曜日と時間を重視する人は多いです。正社員であれば業種によって異なりますが、土・日・祝日の休みがほとんどです。

しかし、掲載されている求人の中には「休み応相談可能」のように書かれていたのに、実際働いてから休み申請をしたら休みは取れなかった、減給をされてしまった、休んだ分の仕事がたまって月の残業時間が増えたなどの経験をされた方もいます。

 

仕事はチーム制のシフトとある場合も注意

週休2日制でシフトはチームでまわしていきます、といった記載の仕方をする会社も多々あります。この場合も注意してください。なぜなら、シフト制とあっても、休みの曜日が固定されていたりします。

どうしても休まなければならないとしても、よっぽどの理由でないと後々肩身の狭い思いをしてしまうかもしれません。

 

業務時間できちんと帰れないことがある

これは私の経験からお話をします。当時アパレルの新卒で会社に入社し、最初の契約条件に労働時間は基本8時間労働、別途残業ありと書かれていました。正社員として働くのだから残業は少しくらいあるのだろうと覚悟はしていましたが、毎日毎日3時間は当たり前で先輩の手前、自分だけ早く帰宅することもできず心身ともに疲れてしまった覚えがあります。

別途残業はどのくらいあるのか、大体の時間を記載している会社の方が信用はできますよね。

 

まとめ

ここで紹介したことが当てはまるから、ブラック企業というわけではありません。あくまで、ブラック企業の求人広告にありがちな特徴になります。最近ではネットに「ブラック企業リスト一覧」というページもまとめられています。けれど忘れてはいけないのが、たとえ評判が悪くても、そこで働くことに楽しみや生きがいなどを感じている人もいるのです。

ブラック企業かを文章だけで見極めるのは難しいですが、求人募集に応募した後の面接で、労働条件に対する疑問や自分の希望を確認・伝えることが大事になります。

 

求人検索型の転職サイトの口コミランキング




(コンサルタントがつく「転職エージェント型はこちら」へ)


転職サイト口コミを利用者様から頂いてランキングしています。求人の質やサービスの内容が違うので、複数登録して見比べ比較 することが転職成功への鉄則です。




関連ページ

労働時間と給与から考えたブラック企業の判断基準とは

労働時間と給与から考えたブラック企業の判断基準とは

もともとブラック企業という言葉は本来「暴力団」などと呼ばれる反社会の意志を持つ人たちと関わりのあ […]

続きを見る
ブラック企業に入社した場合の対処法

ブラック企業に入社した場合の対処法

やっと就職ができたと喜んでいたら、その企業がブラック企業だったという最悪ケースがあります。 甘い […]

続きを見る
ホームページで見分けるブラック企業のポイント

ホームページで見分けるブラック企業のポイント

「え!?ホームページでブラック企業が分かるの?」 と思われる方も多いかもしれませんが、ホームペー […]

続きを見る
ブラック企業をキャッチコピーで見抜く!求人募集要項の特徴

ブラック企業をキャッチコピーで見抜く!求人募集要項の特徴

ブラック企業が求人の募集要項を出した時に、いくつか決める内容があります。それは以下の通りです。 […]

続きを見る
求人募集掲載の写真で分かるブラック企業の見極め方

求人募集掲載の写真で分かるブラック企業の見極め方

転職や求人を探している際に、「求人募集掲載の写真」をよく目にしないでしょうか? 実は、企業の求人 […]

続きを見る
ブラック企業の面接の特徴は?ブラック企業を見極めろ

ブラック企業の面接の特徴は?ブラック企業を見極めろ

ブラック企業と呼ばれる会社は、一般の常識とかけ離れた労働環境になっているので、面接でもある程度の […]

続きを見る
退職時のブラック企業の止め方の対処法はこれだ!

退職時のブラック企業の止め方の対処法はこれだ!

ブラック企業の従業員が退職をするとき、すんなりと辞めさせてもらえないケースが多く、退職をするだけ […]

続きを見る
ブラック企業の面接の特徴は?ブラック企業を見極めろブラック企業の面接の特徴は?ブラック企業を見極めろ
求人募集掲載の写真で分かるブラック企業の見極め方求人募集掲載の写真で分かるブラック企業の見極め方

転職サイト最新の口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト