正社員転職で書類選考を通過するための3つのポイント

正社員転職で書類選考を通過するための3つのポイント

転職活動をする上で避けては通れないのが書類選考です。避けては通れないとはいえ、書類を準備し、発送するのはなかなか手間がかかるものです。

複数の企業に並行的に応募をしていると、ついつい使い回しをしたり、力を抜きたくなってしまうかもしれません。しかし、面接が実施されるのは、書類選考を通過した方だけですから書類選考は転職活動の第一関門と言えます。

書類選考の際、採用担当者はいったいどんなことを気にしているのでしょうか。書類選考を通過するためのポイントについてご紹介いたします。

1.なぜ書類選考を行うのか?

なぜ書類選考を行うのか?

転職活動を行う上で避けては通れないのが書類選考です。履歴書と職務経歴書を基本として、エントリーシートのようなものの提出を求める企業もあります。書類選考で応募者の人となりやスキルを詳しく知ることはできませんし、採用可否を決めるのは不可能です。実際、書類や経歴よりも面接での印象を重視して採用の可否を決める場合が多いようです。

ではなぜ、書類選考を実施するのでしょうか。

 

面接可能な人数に絞り込むため

ひとつは、面接する人数を絞るためです。中途採用の場合、担当部署の管理職による面接と、役員面接の二回の面接で採用が決定することが多いのですが、事業規模や部下の数に関わらず役員はいわずもがなですが、管理職クラスは多忙を極めているのが普通です。

その多忙な役員・管理職のスケジュールを抑えて面接を実施するのですから、面接できる人数はある程度決まっています。つまり、応募者を面接可能な人数に絞り込む必要があるのです。

 

求人条件を満たしているか確認するため

また、求人条件から大きく外れた応募、というものが存在する場合があります。資格職を募集している場合、資格のない方は不採用となります。こうした選別をかけるのも書類選考なのです。

つまり、面接が採用する人を決めるために行う選考だとすると、書類選考は不採用にする人を決める選考なのです。あまりに書類選考時点での不採用が続いている方は、応募書類の作成に問題があると言えます。

 

2.書類選考で、採用担当者はなにを見るのか?

採用担当者はなにを見るのか

では、採用担当者は書類選考で一体なにをみるのでしょうか?

 

書類送付、書類作成が丁寧かどうか

一つは書類送付、書類作成そのものが丁寧になされているかです。文字が丁寧に書かれているかや誤字脱字がないか、書類が綺麗な状態で送付されているかなどがこれにあたります。

書類についてはもちろん読んで内容を確認しますから、読みやすいレイアウト、文字サイズを心がけましょう。読みにくい職務経歴書を作る方は「読みやすい書類が作れない人」とイコールです。同様に履歴書に誤字脱字がある方は「誤字脱字があっても気にしない、あるいは気付けない人」と評価されると思ってください。

 

応募者の気持ちや熱意

履歴書の大部分を占める経歴はスキルや経験を見るための参考としては眺めますが、それほど重要視しないという場合が多いようです。

大切なのは、退職理由や自己PR、志望動機といった応募者の「気持ち」や「熱意」を表現する部分がきちんと筋道を持って書かれているかです。採用担当者が、書類選考でもっときちんと書いてほしいと感じているのが退職理由や志望動機といった部分だと言われています。

 

「落とす理由のない」書類作りが重要

書類選考を通過するためには、落とされない書類作り、書類送付が重要なポイントとなります。つまり、「落とす理由のない書類」を作成すればいいのです。しかし、応募者の立場にたつと、経歴やスキルとは異なり複数の企業に使い回すことが難しく、作成に時間がかかってしまうのがこれら、退職理由や志望動機といった項目なのではないでしょうか。

採用側の立場では定着性の良い方が好まれます。これらの項目で定着性や意欲もアピールできるといいですね。

 

3.書類選考を通過するために必要なことは?

必要なことは?

以上をふまえて、書類選考を通過できる書類のポイントについて、まとめました。

(1)書類作り、書類送付はできるだけ丁寧に!
(2)読みやすいレイアウトを心がける
(3)退職理由や志望動機についてはきちんと練って作成する

キャリアやスキルが十分である場合、また未経験者や若手採用でポテンシャルが重視される場合、複数名の募集がある場合などは、これら3つのポイントを守るだけでも書類選考を通過できる可能性が上がるかもしれませんよ。

 

まとめ

まとめ

いかがでしたか。採用担当者も人ですし、採用活動に割ける時間も限られている中で、複数の応募書類の審査をしなければなりません。どうしても読みずらい書類や誤字脱字が多い書類は後回しになりますし、状況によっては読まずに不採用とされることもありえます。

内容はもちろん、レイアウトや文章のまとめ方、文字の丁寧さや誤字脱字といったことまで応募書類の全てが選考の対象となることを意識して、丁寧な書類作成を心がけてくださいね。基本的な書類作成のポイントを抑えて書類選考を通過して、面接で存分にアピールしましょう。

求人検索型の転職サイトの口コミランキング




(コンサルタントがつく「転職エージェント型はこちら」へ)


転職サイト口コミを利用者様から頂いてランキングしています。求人の質やサービスの内容が違うので、複数登録して見比べ比較 することが転職成功への鉄則です。




関連ページ

正社員の転職活動にかかる「物品」「期間」「お金」とは?

正社員の転職活動にかかる「物品」「期間」「お金」とは?

転職にあたっては様々なコストが生じます。書類選考に応募するための履歴書や封筒、面接に行くためのス […]

続きを見る
未経験可の正社員求人に応募する時の3つの注意点

未経験可の正社員求人に応募する時の3つの注意点

大きなキャリアチェンジを考えている方にとって、志望したい企業の求人募集に「未経験可」と記載があっ […]

続きを見る
採用担当者の立場で考え正社員転職を成功させよう

採用担当者の立場で考え正社員転職を成功させよう

転職活動中はどうしても応募者側の立場で物事を見がちです。しかし、採用試験では、ちょっとした気遣い […]

続きを見る
正社員の転職で給料をアップさせる方法

正社員の転職で給料をアップさせる方法

以前は35歳転職限界説、という言葉があるほど、35歳以上での転職は難しいとされてきました。しかし […]

続きを見る
公務員への転職で心得ておくべき注意点

公務員への転職で心得ておくべき注意点

安定した職業として人気の公務員。景気の動向が悪くなればなるほど公務員の人気は高まるといわれていま […]

続きを見る
転居を伴う転職について心得ておきたい3つのポイント

転居を伴う転職について心得ておきたい3つのポイント

転職活動を行う際、何を重要視して応募していますか?業務内容、収入、勤務地、転勤の有無など、重視す […]

続きを見る
正社員転職を成功させるための「自己分析」のメソッド

正社員転職を成功させるための「自己分析」のメソッド

転職に当たっては、応募している企業、採用担当者に自分を売り込んでいく必要があります。この時にキー […]

続きを見る
良い転職コンサルタントの見極め方

良い転職コンサルタントの見極め方

転職するには、エージェントに登録するのが一番です。 しかし、どれだけ大手のエージェントに登録して […]

続きを見る
正社員の転職活動開始から内定までの流れ

正社員の転職活動開始から内定までの流れ

漠然と「仕事を辞めたい」「転職したい」と思っていても、具体的にどうすればよいのかイメージがわかず […]

続きを見る
セールスエンジニアへ転職する際に知っておくべき3つのポイント

セールスエンジニアへ転職する際に知っておくべき3つのポイント

エンジニアとして働いている方の中には、単純なプログラミングばかりで仕事に面白みを感じなくなったと […]

続きを見る
正社員が転職を決意するときの理由とは正社員が転職を決意するときの理由とは
正社員の転職活動開始から内定までの流れ正社員の転職活動開始から内定までの流れ

転職サイト最新の口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト