転職で未経験可求人へ応募する前に知っておきたい3つのこと

転職で未経験可求人へ応募する前に知っておきたい3つのこと

第二新卒や正規雇用の経験がない若い方、年配の方でもキャリアチェンジを望む方など、未経験可の求人への応募を検討されている方も多いのではないでしょうか。

このページでは、未経験可の意味と気を付けなければならないポイントについてまとめました。

1. 企業が未経験可の求人を出す意図

求人を出す意図

第二新卒や正規雇用の経験がない方、またキャリアチェンジを考えていらっしゃる方を中心に、未経験可の求人への応募を考えている方も多いのではないでしょうか。

別名で「経験者採用」とも呼ばれることからも明らかなように、中途採用では即戦力となる経験者を募集する企業が一般的です。わざわざ未経験者を募集する企業側の意図はなんなのでしょうか。

 

コストが安価だから

一つは、経験者を雇用するよりもコストが安価であるということです。経験者であれば経験に応じた待遇での雇用となりますが、未経験者であれば、経験に応じた加算を考えなくてよい分だけ安い給与、悪い待遇でも雇用ができます。管理職やリーダークラスを募集する場合には経験者が望ましいですが、簡単なルーチンワークや体力仕事でとりあえずの人数が必要な場合、業務が簡単で経験がなくても戦力になりえる場合などで、人的コストを抑えたい場合に未経験者可として求人を出すのです。

この他にも、業務の内容によって、経験の有無以外のスキル、体力ですとか精神力が求められる場合があります。

 

柔軟性のある人物を求めている

また、二つ目として、業務に対して固定概念の無い、柔軟性のある人材を求めている場合です。これは第二新卒の求人にも共通していえることです。このような場合は、未経験可とはいえ、キャリアチェンジを希望する高年齢層よりは、若年層の雇用を希望している場合が多いでしょう。

 

とりあえず雇用したい

三つ目としては、待遇や知名度の面から、思うように採用活動ができず、未経験の人材であってもとりあえず雇用したい、という企業側の切なる希望がある場合です。給与や待遇はもちろんですが、知名度の低い中小企業や通勤に自動車が必須であるなど、企業側が採用に関して不利な条件を抱えている場合がこれにあたります。

 

2. 「未経験可」な求人に応募する前に

応募する前に

では、応募者側が、未経験可の求人に応募する前に考えなければならないことは何でしょうか。

 

待遇面に気を付けよう

キャリアチェンジを希望される方に特に気にしていただきたいのが待遇面です。生活水準を落とすというのは、自分で思っている以上に大変でストレスがかかります。

ご家族がいらっしゃる場合、そのストレスを受けるのは自分だけではありません。未経験で採用された転職直後に所得水準が下がってしまったり、待遇が悪化してしまうことは仕方が無いとしても、5年後、10年後にきちんとステップアップができるのか、新しい業界で働いていけるのか、さらにはご家族の理解がきちんと得られるのかをよく検討したうえで、転職活動を行なってほしいと思います。

 

自分の体力を考慮しよう

もうひとつ、意識して頂きたいのが「体力は衰える」ということです。若い頃に経験したこと、長時間勤務や夜勤なども年齢を重ねるごとに負担が大きく、難しくなるのが一般的です。夜勤や長時間勤務のある仕事へ応募する場合は、かつて経験があるからと油断するのではなく、今後も勤務可能なのか、よく考えてくださいね。

 

若いうちにスキルを身に着けておこう

20代の方で未経験可の求人に応募される場合は、その仕事できちんと将来のビジョンを描けるのかを考えてみてください。20代のうちは体力的に余裕があり、思考や学習能力にも柔軟性のある時期です。この時期に見に付けたことが、30代、40代と社会人生活を送っていくうえでの貴重な財産になりますから、20代を無駄に過ごさないということは非常に大切なことなのです。

正社員でああってもルーチンな体力仕事でスキルが身につかないような仕事は避けるべきです。体力仕事であっても、年齢を重ねて体力が衰えたり体を壊した際に、今度はスキルで戦えるような、技能・技術を取得できるような仕事が望ましいといえます。

 

3. 未経験として働くということ

未経験として働くということ

未経験者として働くということは、一番下っ端の立場から再スタートするということです。自分より年の若い方の部下として働くことや指導されることもあるでしょう。中途採用者が現在の職に不満がある場合、つい前職での待遇や仕事と比べてしまいがちです。過去の経験と比較して不満を感じるのではなく、よい経験は取り入れて今の仕事に生かしていく、真摯な姿勢と実行力が大切です。

また、独立や開業という明確な将来像がある場合は、日々の業務に忙殺されるのではなく目標にむかって進んでいく、という意志の強さが必要となってきます。

 

まとめ

まとめ

「未経験可」の求人に飛びつくのではなく、5年後10年後の将来像をしっかり持って、転職活動を行なうことが大切です。未経験者として低い給与で雇用されても数年勤務すれば経験者となり、次は経験者として転職することができます。正規雇用未経験の方は、未経験可求人をうまく利用して、次につなげていってくださいね。

エージェント型転職サイト口コミランキング




転職サイト口コミを利用者様から頂いてランキングしています。求人の質やサービスの内容が違うので、複数登録して見比べ比較 することが転職成功への鉄則です。






転職エージェント最新口コミ



関連ページ

「書類選考で不採用」の裏側に隠された意外な理由とは

「書類選考で不採用」の裏側に隠された意外な理由とは

転職活動の第一歩は書類選考です。書類選考で不採用となる理由は大きく二つあります。 一つ目が記載内 […]

続きを見る
無職期間を乗り切り再就職するための方法と注意点

無職期間を乗り切り再就職するための方法と注意点

前職が激務だった場合や、やむを得ない理由で退職した方の中には、離職後に就職活動を開始するという方 […]

続きを見る
就職活動を成功させるためにストーリーを持って書類を作成しよう

就職活動を成功させるためにストーリーを持って書類を作成しよう

求職活動時に必ずといっていいほど行なわれる書類選考。この際に提出するのが履歴書と職務経歴書です。 […]

続きを見る
医療・介護職へ転職する際に知っておきたいポイント

医療・介護職へ転職する際に知っておきたいポイント

一言で医療職といっても、医師や看護師、作業療法士や放射線技師、介護士など様々な職種があります。医 […]

続きを見る
キャリアアップ転職をポジティブな理由にするための2つのポイント

キャリアアップ転職をポジティブな理由にするための2つのポイント

採用面接で必ず聞かれる質問の一つが転職理由です。転職理由では「あまりネガティブなことを言ってはい […]

続きを見る
怖すぎる!転職する前に知っておきたい「怖い転職失敗談」

怖すぎる!転職する前に知っておきたい「怖い転職失敗談」

せっかく転職するのですから、できるだけ良い会社に入社したいと誰しもが思うものです。 一方で、転職 […]

続きを見る
公務員への転職で心得ておくべき注意点

公務員への転職で心得ておくべき注意点

安定した職業として人気の公務員。景気の動向が悪くなればなるほど公務員の人気は高まるといわれていま […]

続きを見る
出戻り転職について心得ておきたい3つのポイント

出戻り転職について心得ておきたい3つのポイント

せっかく転職しても、業務内容や待遇面で不満を感じて「前職に戻りたい」と考える方もいらっしゃるよう […]

続きを見る
転職エージェントの「コンサルタント」と「営業担当」の違い

転職エージェントの「コンサルタント」と「営業担当」の違い

転職エージェントにも、さまざまな職種の社員がいます。登録時にまず出会うのは、いわゆる「コンサルタ […]

続きを見る
転居を伴う転職について心得ておきたい3つのポイント

転居を伴う転職について心得ておきたい3つのポイント

転職活動を行う際、何を重要視して応募していますか?業務内容、収入、勤務地、転勤の有無など、重視す […]

続きを見る
正社員の転職で給料をアップさせる方法正社員の転職で給料をアップさせる方法
工場で正社員として雇用されるために知っておきたいポイント工場で正社員として雇用されるために知っておきたいポイント

転職サイト最新の口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト