セールスエンジニアへ転職する際に知っておくべき3つのポイント

セールスエンジニアへ転職する際に知っておくべき3つのポイント

エンジニアとして働いている方の中には、単純なプログラミングばかりで仕事に面白みを感じなくなったという人や、技術に対して給料に満足できないという人も少なくないでしょう。実際、現場でプログラミングだけを行う仕事は、年齢を重ねるごとにきつくなってくるとも言われています。それは、IT技術が多様に進化し続けるからです。

では、エンジニアとしてのキャリアチェンジにはどのようなものがあるのでしょう?今回はその中の1つ、「セールスエンジニア」という職種についてご紹介していきたいと思います。

 

1. セールスエンジニアの仕事内容

セールスエンジニアの仕事内容

「セールスエンジニア」という名前だけを聞くと、セールス(営業)なのかエンジニア(技術者)なのか、どっちなのか?と思われることでしょう。実は、両方正解なのです。

 

営業であり、技術者でもある

かつては、クライアントへのシステム提案や要件のヒアリングについては、営業担当者やコンサルタントという職種の人が中心となって行っていました。しかし、クライアントの窓口担当者は、システムについては全くの素人であることがほとんど。営業担当者やコンサルタントも自社製品についての知識は持っているものの、細部に至る専門家レベルの技術や知識は持っていません。

このように、よくわかっていない者同士で打ち合わせして受注してきた案件が、いざ開発の段階になると実現が難しいことが発覚する…という事がありました。やはりクライアントとの商談時にも技術者は同行した方がいい、しかし、技術者は開発業務で手がいっぱい…。そこで登場したのが、「セールスエンジニア」という職種です。

クライアントに提案する製品の特徴や仕様、実際にシステムを使用した時の使い方イメージやどのような利用法があるかなどを、担当者にもわかりやすく、かつ技術者からの視点で説明します。クライアントにも製品のことをしっかりと理解してもらった上で受注することが、セールスエンジニアに与えられたミッションです。

 

エンジニアとの違いは?

開発を担当するエンジニアとの大きな違いは、クライアントに近い立場で仕事ができるという所でしょう。開発担当、まして二次受けや三次受けの仕事を担当しているエンジニアは開発の一部だけを請け負っているので、仕事のやりがいを見失ってしまうことも。

一方セールスエンジニアは、クライアントと近い立場で仕事をすることになるので、常に全体像を見ながら仕事に取り組むことができます。購入後のサポートや、導入後のフォロー、トラブルの対応なども担当します。自分で提案した製品を使い、満足していただいている姿を直接見ることができるのは、何よりのやりがいに繋がるでしょう。エンジニアとしてこれまで培ってきた技術力を十分に活かしながら、新しいステップへ進みたいという方にはうってつけの仕事です。

 

営業との違い

クライアント先に出向き製品を提案するという点では、営業職やコンサルタントと似ている仕事だと言えます。外出や出張も多くなるでしょう。しかし、営業との決定的な違いは、セールスエンジニアの使命は「売り込み」ではなく、専門的な知識を活かしてクライアントにシステムについてわかりやすく説明し、十分に理解・納得した上で発注してもらう事である、という点です。

言うまでもなく、高い技術が必要とされる仕事ですから、多くのセールスエンジニアは技術者やヘルプデスクなどの経験があります。営業職とは似ているようで異なる部分も多いため、営業職からセールスエンジニアに転職、という例はあまりありません。

 

必要なスキル

先ほどお話したように、高い技術力はもちろん必要です。しかしそれ以上に大切なのが専門的な情報を丁寧に噛み砕き、素人にもわかりやすく説明できるコミュニケーションスキルです。専門性が高い人にとって、専門用語をできるだけ使わず、一般の人にわかりやすく説明することは案外難しいものです。しかし、セールスエンジニアに求められているのは、高い技術とともにこのコミュニケーションスキル。

逆にこのスキルを磨いていけば、他の会社や業界で活躍できる可能性も広がります。同時に営業スキルが身につけられるので、今後のキャリアの選択肢が大きく広がる可能性もありますね。

 

 

2. セールスエンジニアの平均年収

セールスエンジニアの平均年収

セールスエンジニアの年収は、同年代の他の職種と比較するとやや高い傾向にあります。特に他の営業系と比べると高い水準にあり、平均すると20代で約400万円、30代で500万円、40代で600万円程度です。全体の平均年収は約650万円というデータも出ています。

 

年収差が少なく、チャレンジしやすい

一般的に、エンジニアの年収は個人差が非常に大きいと言われています。それは企業よるところもあれば、個人の能力によるところもあります。フリーのエンジニアなら年収1000万円以上稼いでいる人も、きっと少なくないでしょう。

セールスエンジニアは、エンジニアと比べるとこのように飛びぬけて稼ぐことができる職種ではないかもしれません。しかし、年収にバラつきが少ないことが1つの特徴です。冒頭で述べたように、年齢とともに現場のエンジニアとして働くことは難しいと感じる人が多い中で、セールスエンジニアはそうではありません。ある程度安定した収入で、長く活躍することができる職種だと言えます。

また、チャレンジしやすいことも大きな特徴です。エンジニアとしての経験があれば、営業未経験者でも採用している企業も多いです。

 

 

3.セールスエンジニアに転職する際の注意点

転職する際の注意点

さまざまな可能性に期待できるセールスエンジニアですが、実際に転職する際に気をつけておくべき事について確認しておきましょう。

 

営業職は、しんどい仕事

営業という仕事は、しんどい仕事です。その証拠に、もともと営業職をしていた人でも転職時には営業職以外を選ぶ人が多いです。理由はさまざまですが、常にお客さまありきの仕事なので、人間関係によるストレスはもちろん、売上目標に追われるストレスもあるのでしょう。

セールスエンジニアは営業とは少し違いますが、もちろん苦情やクレームを受ける場面も出てきますので、同じようなストレスを感じることは避けられません。開発担当のエンジニアなら、相手は機械ですが、セールスエンジニアの相手は人間です。クライアントと近い立場で仕事ができることはやりがいにもなりますが、一方でこういったストレスを感じやすい職種であるということを忘れてはいけません、

 

高いコミュニケーション能力が求められる

開発を担当するエンジニアなら、その技術力の高さは大いに武器になります。

しかしセールスエンジニアの場合は、それと同じぐらいコミュニケーション力が求められています。コミュニケーション力といっても、一方的に話すことしかできないコミュニケーションは、セールスエンジニアとしては失格です。クライアントの意向を正しく聞き取る力、それを踏まえて適切な提案をする力、そしてわかりやすい言葉を選び、理解してもらえるように話をする力など、バランスのとれたコミュニケーション力が必要です。面接では、このような能力をアピールしてください。

 

転職は早めがいい

セールスエンジニアはエンジニア経験者ならチャレンジしやすい職種だと述べましたが、出来るだけ若いうちのチャレンジをおすすめします。採用企業からすると、年齢が上がれば上がるほど技術面では不安が出てきます。

また、エンジニア一筋の40代~50代の方は、言ってしまえば20年間以上コンピュータを相手にし続けてきたわけですから、コミュニケーション力について不安視されてしまっても仕方がありません。一緒に仕事を担当する営業も最近は20代・30代の若い方が多いですから、セールスエンジニアへの転職を考えている人は、出来るだけ早い方が良いと言えるでしょう。

 

まとめ

まとめ

エンジニアのキャリアチェンジとして、セールスエンジニアについてご紹介してきました。その技術は活かせる仕事ですが、「セールス」の要素が入ることでエンジニアとは全く異なる職種です。また、高いコミュニケーションスキルを必要とされるので、向き・不向きも大きく分かれる仕事でしょう。

しかし、エンジニアとしての将来を考えるにあたって、チャレンジしてみる価値のある職種だと思います。セールスエンジニアの市場価値は、非常に高いです。迷っている人は、まずはどのような企業でどのような求人があるのか、調べてみてはいかがでしょうか。

求人検索型の転職サイトの口コミランキング




(コンサルタントがつく「転職エージェント型はこちら」へ)


転職サイト口コミを利用者様から頂いてランキングしています。求人の質やサービスの内容が違うので、複数登録して見比べ比較 することが転職成功への鉄則です。




関連ページ

採用担当者の立場で考え正社員転職を成功させよう

採用担当者の立場で考え正社員転職を成功させよう

転職活動中はどうしても応募者側の立場で物事を見がちです。しかし、採用試験では、ちょっとした気遣い […]

続きを見る
良い転職コンサルタントの見極め方

良い転職コンサルタントの見極め方

転職するには、エージェントに登録するのが一番です。 しかし、どれだけ大手のエージェントに登録して […]

続きを見る
転職を成功させるために「やむを得ない退職理由」を準備しよう

転職を成功させるために「やむを得ない退職理由」を準備しよう

転職活動で必ずされる質問の一つが退職理由です。採用担当者、特に人事担当者としては、応募者の定着性 […]

続きを見る
Iターン・Uターン転職について知っておくべきポイント

Iターン・Uターン転職について知っておくべきポイント

事情や理由は様々ですが、Iターン転職、Uターン転職を希望される方が多くいらっしゃいます。また都心 […]

続きを見る
正社員の転職でのストレスを乗り切るために知っておきたいポイント

正社員の転職でのストレスを乗り切るために知っておきたいポイント

転職活動で必ずされる質問の一つが退職理由です。採用担当者、特に人事担当者としては、応募者の定着性 […]

続きを見る
正社員転職で年収アップをする5つの方法

正社員転職で年収アップをする5つの方法

転職経験者なら身に覚えがあるかもしれませんが、前職の退職理由を聞かれて足元を見られた結果、希望年 […]

続きを見る
正社員の転職活動にかかる「物品」「期間」「お金」とは?

正社員の転職活動にかかる「物品」「期間」「お金」とは?

転職にあたっては様々なコストが生じます。書類選考に応募するための履歴書や封筒、面接に行くためのス […]

続きを見る
正社員の転職時に再確認しておきたいビジネスマナー

正社員の転職時に再確認しておきたいビジネスマナー

社会人として最低限守るべきマナー、それがビジネスマナーです。ビジネスマナーについてきちんと知らな […]

続きを見る
転職後の中途採用者向け研修について

転職後の中途採用者向け研修について

転職活動が功をなし、在職中の会社での退職手続きが完了すると、次はいよいよ再就職です。ある程度の規 […]

続きを見る
転職エージェントとの面談で聞かれる事とは

転職エージェントとの面談で聞かれる事とは

転職エージェントに登録すると、まずはコンサルタントとの面談が行われます。はじめて登録する人にとっ […]

続きを見る
転職後の中途採用者向け研修について転職後の中途採用者向け研修について
転職者の入社初日のタイムスケジュールと注意点転職者の入社初日のタイムスケジュールと注意点

転職サイト最新の口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト