就職活動を成功させるためにストーリーを持って書類を作成しよう

就職活動を成功させるためにストーリーを持って書類を作成しよう

求職活動時に必ずといっていいほど行なわれる書類選考。この際に提出するのが履歴書と職務経歴書です。学歴や職歴を記載する他、志望動機、退職理由・転職理由、自己PRといった内容についても記載が求められます。

一方で、書類の内容に矛盾がある方が多く見受けられます。一貫性のない人物ではないか、信頼がおけない人物ではないかとの疑惑をもたせてしまいます。

このようなことを避けるためにも、応募書類の作成や面接の際の受け答えにはスジの通ったストーリーを持つことが大切です。採用担当者にストーリーを感じさせる、書類作成のポイントについてご紹介いたします。

1.転職ストーリーの大切さ

転職ストーリーの大切さ

応募の書類を拝見させていただいていると、内容に矛盾がある方がいらっしゃいます。転職理由を「キャリアアップのため」としていながら、それまでのキャリアと無関係の業種や未経験の業種に応募している方。また「緻密で几帳面な性格です」と自己PRをしていながら、誤字脱字が多い方などが該当します。みなさんも心当たりはありませんか?

 

応募書類の矛盾は疑念を抱かせてしまう

応募書類に矛盾があると一貫性のない人物とみられてしまうだけでなく、内容や発言に偽りがあるのではないかとの疑念を抱かせてしまいます。このような場合、スキルや能力が十分でも、書類選考や面接に通過して内定まで辿りつくのは難しくなります。

では、矛盾のない書類を作成するのにはどのような項目、どのようなポイントに気を付ける必要があるのでしょうか。

 

全体のストーリーを予め明確にしておこう

大切なのは全体としてのストーリーを明確にしておくこと、行動と結果、そしてその後の目標設定に一貫性をもつ、ということです。キャリアアップのため、より専門的な職への転職を希望する。介護や子育てのために残業時間の少ない職場への転職を希望している。このようなはなしの運びであれば、読み手としては「なるほどな」と納得しやすくなります。

 

2.志望動機、退職理由・転職理由、自己PR

志望動機、退職理由・転職理由、自己PR

では、ストーリーはどこでアピールするのでしょうか。

書類選考の際に提出が求められる書類に履歴書と職務経歴書があります。履歴書は市販されているものを使用しますから、多少の差はあっても記載内容はほぼ決まっています。職務経歴書についても、自由形式であっても記載する内容はほとんど決まっていますし、場合によっては指定フォーマットへの記入を求められる場合もあります。

採用担当者は応募書類から何を読み取り、採用の可否を判断するのでしょうか。

 

採用担当者が応募書類から読み取っていること

実は、書類に記載された様々な項目のどこから、なにを判断するのかというのもほぼ決まっています。たとえば履歴書に必ず記載する職歴には、転職回数や勤続年数が記載されていますから、定着性の良し悪しを判断する一助になります。また学歴や資格、技能・経験からはスキルや基礎学などを読み取ります。

志望動機、退職理由・転職理由、自己PRの三項目からは何を判断するのかわかりますか?実はこの三項目は、その項目名のとおりに自社への入社の意欲や熱意、定着性をみるだけでなく、三項目を総合的にみることで、応募者が一貫性のある人物か、信頼できる人物かを判断をする材料にするのです。経験者採用の場合、スキルや経験の面では合致している応募者が多数集まるのが普通ですから、この三項目は応募者の間で差が出やすい、採用可否の判断に非常に重要な項目といえます。

 

三項目は詳しく具体的に書こう

一方で、応募者の立場から考えると、書類作成、とくにこの三項目については手間や時間がかかります。志望動機については採用試験を受ける相手企業ごとに作成していても、退職理由・転職理由や自己PRについては共通として使いまわしている方、また、採用担当者へのアピールとして、スキルや経験の欄を大きくとり、この三項目については少ない文字数で済ませている方も多いのではないでしょうか。

実際に採用担当者が書類選考の際、不足や不満を感じ、もっと詳しく書いてほしいと思うことが多いのがこの三項目だといわれています。

 

 

3.三つの項目をまとめて考えよう!

三つの項目をまとめて考えよう!

とはいえ、志望動機、退職理由・転職理由、自己PRの三項目についてはどのようにして作成すればいいのでしょうか。

作成者側とすれば、それぞれタイトルが分かれていることから、三つの項目をばらばらに考えがちです。しかし、限られた文字数の中で、それぞれを個別の項目として扱ってしまうと、内容的には浅くならざるを得ません。また、個別に考えていくとどうしても矛盾が生まれやすくなります。

 

最初に一つの文章を作成し項目ごとに分割しよう

そこで、おすすめなのは三項目を別々に作成するのではなく、まずは三項目をすべて盛り込んだ文章を作成し、履歴書や職務経歴書に書く際に分割して文字数を調整する方法です。

最初に一つの文章として作成することで、ストーリーをきちんとして矛盾をせるだけでなく、内容の重複を避けられますので、読み手に不信感や不足感を与えることのない書類作りが可能となります。

 

まとめ

まとめ

いかがでしたか。イメージは掴めたでしょうか?ストーリーを明確にしておくことは書類選考だけでなく、書類選考の後に行われる面接の対策としても有効ですので、ぜひ実行してみてくださいね。

求人検索型の転職サイトの口コミランキング




(コンサルタントがつく「転職エージェント型はこちら」へ)


転職サイト口コミを利用者様から頂いてランキングしています。求人の質やサービスの内容が違うので、複数登録して見比べ比較 することが転職成功への鉄則です。




関連ページ

出戻り転職について心得ておきたい3つのポイント

出戻り転職について心得ておきたい3つのポイント

せっかく転職しても、業務内容や待遇面で不満を感じて「前職に戻りたい」と考える方もいらっしゃるよう […]

続きを見る
正社員転職で年収アップをする5つの方法

正社員転職で年収アップをする5つの方法

転職経験者なら身に覚えがあるかもしれませんが、前職の退職理由を聞かれて足元を見られた結果、希望年 […]

続きを見る
正社員転職で書類選考を通過するための3つのポイント

正社員転職で書類選考を通過するための3つのポイント

転職活動をする上で避けては通れないのが書類選考です。避けては通れないとはいえ、書類を準備し、発送 […]

続きを見る
正社員の転職で給料をアップさせる方法

正社員の転職で給料をアップさせる方法

以前は35歳転職限界説、という言葉があるほど、35歳以上での転職は難しいとされてきました。しかし […]

続きを見る
セールスエンジニアへ転職する際に知っておくべき3つのポイント

セールスエンジニアへ転職する際に知っておくべき3つのポイント

エンジニアとして働いている方の中には、単純なプログラミングばかりで仕事に面白みを感じなくなったと […]

続きを見る
ビジネスマナー研修についての3つのポイント

ビジネスマナー研修についての3つのポイント

正社員を経験せずに非正規雇用で働いてきた方、企業規模の小さな会社で働いてきた方などには、十分な教 […]

続きを見る
転職活動者がキャリアプランについて心得る3つのポイント

転職活動者がキャリアプランについて心得る3つのポイント

転職活動中のみなさんは、転職先が見つかって再就職した後のことについて考えていますか?転職活動中は […]

続きを見る
転職時の所得税・住民税・社会保険・年金の注意点

転職時の所得税・住民税・社会保険・年金の注意点

転職を考えるときに確認しなければいけないのが、税金・保険・年金についての手続きです。このページで […]

続きを見る
正社員の転職時に再確認しておきたいビジネスマナー

正社員の転職時に再確認しておきたいビジネスマナー

社会人として最低限守るべきマナー、それがビジネスマナーです。ビジネスマナーについてきちんと知らな […]

続きを見る
独立・開業を視野に入れた転職についての心得

独立・開業を視野に入れた転職についての心得

転職、というとどうしてもほかの企業への再就職をイメージしがちですが、そればかりではありません。た […]

続きを見る
正社員の転職時に再確認しておきたいビジネスマナー正社員の転職時に再確認しておきたいビジネスマナー
採用担当者の立場で考え正社員転職を成功させよう採用担当者の立場で考え正社員転職を成功させよう

転職サイト最新の口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト