介護士のスキルアップ資格!介護福祉士資格の取得方法とは?

介護士のスキルアップ資格!介護福祉士資格の取得方法とは?

介護福祉士という資格は国家資格です。資格を持っていると、利用者やそのご家族からの信用度が高くなりますし、ずっとこのまま介護で生きていこうと考えているのであれば、資格をとっておいた方が何かしら有利です。資格の有無によって働ける場所も変わってきますので、資格取得後に転職を考えている人も多いのではないでしょうか。

このページでは、今無資格で介護の仕事をしている介護士が、介護福祉士の資格取得を目指すための役に立つ情報をご紹介いたします。

 

1.介護福祉士の試験を受けるには

介護福祉士 受験資格

介護福祉士の仕事は、専門的な知識と技術をもった上で、身体や精神に障害をもつ方の身体介護や生活の援助をする仕事です。資格を持っていることで待遇が変わることがあります。より良い条件で介護福祉士になるためには受験が必須です。介護福祉士の試験を受けるための情報を確認しましょう。

 

介護福祉士の受験資格を満たすことが条件

介護福祉士の受験資格は、「介護の実務経験が3年(1,095日)以上かつ従事日数540日以上+実務者研修」を両方満たした人に与えられます。従事期間は休職などの期間も含まれますが、従事日数に関しては、1日の勤務時間は問いませんが有給や研修などにより実際に介護の実務をこなさなかった日数は含まれません。

受験申し込み時に上記条件を満たしていなくても、試験実施年度の3月31日までに条件を満たす見込みの方は受験が可能です。介護福祉士の試験は年に1度しかないため、満たす見込みである方は是非受験しましょう。

 

実務者研修とは

実務者研修とは、の高い介護を提供するための知識と技術の習得を目的とした研修です。平成28年度より、実務経験3年に加えて実務者研修が必須になりました。実務経験期間を満たしていても、実務者研修を受けたことがない人は研修を終えるのに6ヶ月の時間を要します。介護福祉士の受験を考えている人は早めに行動しておきましょう。

また、ハローワークでは実務者研修を無料で受講することができます(無料は授業料のみで、テキスト代約15,000円~30,000円は実費負担)。ですが、希望すれば誰でも無料で受講できるわけではありません。募集者の中から面接を行い、その中から受講者を選定します。

 

介護福祉士試験の試験日

介護福祉士の試験は毎年1月下旬に筆記試験があり、筆記試験を合格した人にのみ3月上旬に実技試験があります。合格発表は毎年3月下旬になります。ちなみに筆記試験の当日のスケジュールは午前と午後に分けて行われ、トータルで4時間程の試験時間です。

 

介護福祉士試験の申し込み方法

受験に必要な書類を公式のホームページまたはハガキで請求します。届いた資料を確認し、不備なく記入・書類の準備ができたら必ず受付期間内に郵送にて提出します。なお、受付期間は毎年8月上旬から9月上旬の1ヶ月間です。1ヶ月しか申し込み期間がないので早めに申し込みをしておいた方が良いです。

また、請求した書類の中には受験手数料(13,140円)の振込用紙が用意されているのでこちらも早めに振込を完了させましょう。

 

2.介護福祉士試験の難易度について

難易度 試験

介護福祉士試験の受験者数は毎年13万人~15万人ほどいます。試験を受けるにあたり、気になるのが試験の難易度ですよね。介護福祉士試験は筆記と実技の2つの試験項目があります。それぞれの難易度と、合格率などを確認しておきましょう。

 

介護福祉士の合格点と合格率は?

筆記試験・実技試験共に、合格基準は問題の総得点の約60%を基準としています。必ず60%以上というわけではなく、その年の問題の難易度で多少前後します。

また、合格率は平成22年の48.3%が最低で、平成23年度は63.9%と、その後26年度まで60%以上の合格率でしたが、平成27年度の試験では57.9%に落ちています。ですが半数以上が合格しているので特段難しいという訳ではないでしょう。

 

筆記試験について

筆記試験では項目が10科目あり、全てにおいて得点をとる必要があります。その10科目とは何の項目なのかをご紹介します。

  • 人間の尊厳と自立、介護の基本
  • 人間関係とコミュニケーション、コミュニケーション技術
  • 社会の理解
  • 生活支援技術
  • 介護過程
  • 発達と老化の理解
  • 認知症の理解
  • 障害の理解
  • こころとからだのしくみ
  • 総合問題

書店などに過去問がたくさんあるので、1発合格するためにも試験問題をしっかり把握しておきましょう。なお、120点満点で配点は1問1点となっています。

 

実技試験について

筆記試験に合格した人にのみ、実技試験を受けることができます。待合室で課題を渡されますので、その課題に沿った介護を頭の中でシュミレーションします。制限時間は5分です。実技試験を受けるにあたってのポイントをご紹介します。

  • 清潔感のある身なりで試験会場に行く
  • 事前に声掛けやトーク練習をしておく
  • 笑顔を忘れない
  • 身体介護の動作を完璧に把握しておく
  • 必ず丁寧な言葉遣いをする

利用者を気遣う言動や、親しみやすい表情・身なりをすることは必須です。職場では自然にできているかもしれませんが、試験官に採点されていると思うと緊張であがってしまう可能性があります。せっかく筆記試験をパスしたのですから、実技試験もパスできるように何度もシミュレーションをして試験に臨みましょう

 

実務者研修修了者は実技試験免除

実務者研修修了者は実技試験が免除となり、筆記試験の合格のみで介護福祉士資格を取得できます。ただし、免除といっても実務者研修で同様の試験を受けているので、誰しもが必ず通らなければいけない道です。

3.働きながら資格取得を目指そう

働きながら 資格取得

介護現場は重労働ですので、働きながら資格取得のために頑張ることは容易ではありません。ですが、1日でも早く資格を取得するためには働きながら資格取得を目指すことがベターです。ここでは介護現場で働きながら資格を取得する方法をご紹介いたします。

 

通信教育を利用する資格取得方法

直接スクールに足を運ぶのが難しい方や、自分の好きな時間に勉強したい、という方は通信教育をオススメします。自宅に教材が届くので、必要な添削課題を提出して合格を目指します。通信教育を行っている企業では、様々なプランを展開していますが、1番のオススメは実務者研修がついているコースです。

通信教育で注意してほしいことは、明日やろう明日やろう、と思うことです。少しでも空き時間ができたら勉強をするという固い意志がないと、いつの間にか時間だけがすぎて資格取得の熱意が冷めてしまう場合があります。通信教育を選ぶのであれば、勉強するという固い意志をもつことです。

 

スクールで授業をうける資格取得方法

各都道府県に、介護福祉士の資格取得のためのスクールが点在しています。入校者は10代~50代と様々で、働きながら受講している人が多いです。働きながらですと、必然的に夜間講義を開催しているスクール通うことになります。現在交代制の施設で働いている方は、受講日は遅番や夜勤はできないのでスケジュール調整をしっかりしましょう。

働きながら足を運んで受講するのはとても大変ですが、講師に直接教えてもらうことができ、分からないことはその場で聞けるので理解しやすいところがメリットです。ただし、働きながらですと、急な残業が入ったりして授業に出席することができない日がでてくる可能性があるので、振り替えはできるのか、その際費用が発生するのか、予約はとりやすいのかなどを入校前に確認しておくことが大切です。

 

費用の確認を忘れずに

受けたい講義や通信教育を行っている企業により、価格が大きく違います。また時期によりキャンペーンなど行っていることがありますので、すぐに受講先を決めずに比較して吟味しましょう。また、通信教育とスクールでは費用がまったく違うので、自分の性格やライフスタイルに合った方での受講を選択しましょう。

 

まとめ

介護 資格

無資格で介護の仕事をするよりも、資格があったほうが給与やその他の待遇が違います。介護の世界に入った時は資格どうこう等考えていなかったかもしれませんが、働いているうちに資格が欲しいと感じる人も多いのではないでしょうか。ですが、介護福祉士の資格を取得したくても、実務者研修を受けていない介護士は資格取得までに最低でも6ヶ月はかかります。

また、試験は1年に1回なので試験に落ちてしまったり、受験資格を満たしていなかったりするとプラスで1年時間がかかってしまいます。介護福祉士の資格を取得することで、仕事の選択肢が確実に増えます。より良い労働条件で楽しく働くために、頑張って資格取得を目指しましょう。

介護職求人転職サイト口コミランキング



介護職の転職サイトを利用する場合は必ず3社程度複数登録をして、求人の質や担当者(コンサルタント)の質などを自分でチェックしましょう。自分のライフスタイルと企業の福利厚生と教育制度も欠かさずチェックしてください。




ランキングをもっと見る



関連ページ

介護職は働きやすい!?介護業界に転職するのをオススメする理由6選

介護職は働きやすい!?介護業界に転職するのをオススメする理由6選

介護というとどんなイメージを思い浮かべますか。一般的に介護の仕事は、残念ながら汚い・辛い・給与が […]

続きを見る
男性が未経験で介護職に転職する際の注意点とは?

男性が未経験で介護職に転職する際の注意点とは?

少子高齢化社会である日本では、介護職員は必要不可欠な人財であると言えます。実際に介護職の転職は注 […]

続きを見る
介護未経験者が転職する際に初めての職場に選ぶべき施設

介護未経験者が転職する際に初めての職場に選ぶべき施設

介護業界はとても離職率が高いです。その理由は、介護の仕事は辛いからです。せっかく介護に興味を持っ […]

続きを見る
女性が未経験で介護職に転職する際に知っておきたい4つのこと

女性が未経験で介護職に転職する際に知っておきたい4つのこと

未経験の女性でも介護のお仕事を始めることができるのか、不安に思う人はいると思います。結論から言う […]

続きを見る
作業療法士の転職注意点と平均年収・給与について

作業療法士の転職注意点と平均年収・給与について

このページでは、作業療法士の転職注意点と平均年収・平均給与について説明します。 作業療法士に転職 […]

続きを見る
介護福祉士アルバイトの仕事内容・平均給与・メリットデメリット

介護福祉士アルバイトの仕事内容・平均給与・メリットデメリット

日本は高齢化社会となり介護人材の人手不足が深刻な問題になっています。特に介護の資格である「介護福 […]

続きを見る
未経験で介護職へ転職!一人前になるまでの平均期間と流れとは?

未経験で介護職へ転職!一人前になるまでの平均期間と流れとは?

未経験で介護業界へ転職…。介護職に興味はあるけど、この年齢で未経験じゃ難しいかな…、などと自身の […]

続きを見る
ケアマネージャーの転職注意点と平均年収・給与について

ケアマネージャーの転職注意点と平均年収・給与について

このページでは、ケアマネージャーの転職注意点と平均年収・平均給与について説明します。 ケアマネー […]

続きを見る
ホームヘルパーの転職注意点と平均年収・平均給与

ホームヘルパーの転職注意点と平均年収・平均給与

このページでは、ホームヘルパーの転職注意点と平均年収・平均給与について説明します。 ホームヘルパー […]

続きを見る
介護老人保健施設への介護士・介護職の転職について

介護老人保健施設への介護士・介護職の転職について

このページでは、介護士・介護職が介護老人保健施設へ転職する際に知っておきたい3つのポイントについ […]

続きを見る
介護職未経験者が転職する際の志望動機のポイントを業種別でご紹介介護職未経験者が転職する際の志望動機のポイントを業種別でご紹介
介護職に転職した際の給与はどのように決まるの?給与がアップにつながる要素・資格・職場介護職に転職した際の給与はどのように決まるの?給与がアップにつながる要素・資格・職場

介護職・介護士ブログ新着一覧

介護転職サイト最新口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト