介護職は働きやすい!?介護業界に転職するのをオススメする理由6選

介護職は働きやすい!?介護業界に転職するのをオススメする理由6選

介護というとどんなイメージを思い浮かべますか。一般的に介護の仕事は、残念ながら汚い・辛い・給与が低いなどマイナスなイメージが世の中に定着してしまっているようです。でもそれはあくまで一般的なイメージであり、実際に介護の現場で働く人の声はプラスな意見であることが多いです。

介護業界へ転職を検討しているけれど、マイナスなイメージがあるため悩んでいる方!介護職への転職をオススメする理由をご紹介します。このページを読み終わったとき、世界が変わるかもしれません。

1.介護業界は圧倒的に就職しやすい

就職しやすい 介護職

介護職はマイナスなイメージのため、ただでさえ人が集まりにくいです。それなのに現在日本は高齢者の割合が高く、介護を必要とする高齢者がたくさんいます。このような理由から介護業界は深刻な人員不足に陥っています。

 

介護職では資格が必要ない

介護業界に転職する際、あなたが何の資格も持っていない場合でも働くことができます。介護は専門職ですので、資格が必要だと思われがちですが無資格でもOKです。

ですが、もしあなたが介護業界でずっと働きたいと考えているのであれば給与面からも資格を取得したほうが良いかもしれません。大丈夫です、働きながらでも資格は取得できます。ですので初めは無資格で介護業界に飛び込むのもアリでしょう。

 

介護職では学歴は関係ない

介護職に学歴は関係ない場合が多いです。中卒でも大卒でも関係ありません。やる気と人の役に立つ仕事がしたいという思いがあれば大丈夫です。

給与決定に関しても学歴は関係なく、その人が持つ資格であったり技術で給与を決める完全力主義業界ですので、学歴に自信がない方でも飛び込みやすい業界といえます。

 

2.同業種であれば転職しやすい

転職しやすい 介護

介護の仕事はやりがいがあるけれど、スタッフ間の人間関係が良くなかったりどうしても合わない利用者がいるなど人間関係に悩む人は多いです。介護士を必要としている施設はたくさんあるため、介護経験者や資格を持っている人は歓迎されます。

 

自分にあった施設を見つけられる

介護士の受け口の広さから介護職から介護職への転職をするのは簡単であるため、人間関係などでストレスがあるのに同じ職場にずっとしがみつかなくては生きていけない…、といった状況になりづらく、嫌になれば簡単に職場を変えることができます。

人間関係ばかりは入職してみないと自分に合うかどうか分かりません。転職をすることで自分に合った素敵な職場が見つけられるかもしれません。

 

同僚から転職先を紹介してもらえる

介護士の転職率は高く、みんな1つの施設でずっと働くというよりは、いくつかの施設を経ている場合が多いです。その同僚が前の職場の人と仲が良かった場合、前の職場や知り合いがいる職場を紹介してくれる場合があります。

知り合いの紹介となると信頼性も高いので、面倒な就職活動をせずにきっと今より好条件で転職することができる可能性があります。

 

3.介護職はプライベートを充実させてくれる

プライベート 充実

介護士は、休みがほとんどないとかサービス残業は当たり前とか言われていますが、全ての施設がそのような労働環境ではありません。きちんとした休日が設定されている施設を選べば、プライベートの時間もしっかりとることができます。

 

介護士は月に9~10日休みがある

ブラックな施設で働かない限り、基本的に介護士が1ヶ月に貰える休みは9~10日あります。シフト制であることが多いので土日祝が必ず休みというわけではありませんが、平均して週休2日以上休むことができます

月9~10日という休日日数は、一般的な企業と変わらないもしくは多いのではないでしょうか。介護職は休みがないなんていうのは世間の勝手なイメージであり間違いです。

 

夜勤明けは2連休と同じ感覚

介護職は24時間体制の場合が多く、夜勤を避けて通ることができません。夜勤と聞くと、しんどい・辛いなどのイメージがあるかもしれませんが、夜に働くのが辛くなければ夜勤は最高です。

夜勤の翌日は休みになる場合が多いです。なので夜勤が朝9時くらいに終わってからは、その日と翌々日の朝の出勤時間まではフリーということになります。なぜか2連休のような気分になり、ウキウキします。

 

施設により残業がないまたは少ない

介護職は残業が多いイメージが先行していますが、これに関しては本当に施設によりけりです。特に訪問介護などは時間制のためきっちり定時に帰れることが多いです。また、他の施設でも自主的に残業をしなければ定時に帰れます。

家庭がある人の場合は、転職活動時の面接の際にきちんとこの時間までに帰らなければいけない、などと申しておけば残業を強いられることはないでしょう。残業が多いかどうか予めチェックしておくことをオススメします。

 

4.施設により待遇が良い

待遇が良い 介護士

介護業界は人手不足です。施設は人材の確保にとても苦戦しているため、待遇を良くすることで他の施設と差をつけることがあります。また人手不足ではなく、うまく施設運営をして利益をあげているため待遇をよくしている施設もあります。

 

資格取得に協力してくれる

介護の資格には介護福祉士など様々な資格があります。施設によっては介護資格の取得に協力してくれる場合があります。例えば施設が資格取得のための学校を運営していたりする場合、特別料金で授業を受けさせてくれるといったことがあります。

例えば雇用している介護士が介護福祉士の資格を取った場合、本来医師や看護師しかできない医療行為(痰の処理など)を介護福祉士に任せることができるようになります。資格保持者が多くいることで利用者の家族の信頼を得ることもできますし、コスト面からも雇用者が資格を取る事は双方にとってメリットがあります。

 

福利厚生が充実している

介護士の給与が低いことは事実ですが、給与を上げることができない分福利厚生を充実させて人材を確保する方針の施設があります。特に地方の施設に多いのが住居に関する福利厚生です。

ウチの施設で勤めると、自治体の公営住宅に住めるよ、といった福利厚生を実施している施設が多く存在します。住居費が少なくて済むことは、実質の給与アップと考えてよいでしょう。給与だけにとらわらず、福利厚生がどうなっているのかも確かめてから転職しましょう。

 

希望により事務に異動できる

多くの施設が介護士に事務的な業務をお願いしています。ですので介護事務のみの業務をする職種を募集する施設は少ないです。もし介護事務を雇っていたとしても、その数は施設につきせいぜい1人といったところです。

まずは介護士として入職し事務的な業務に関わった上、体力的にしんどくなってきた時期に事務業務がしたい、といえば施設側事情を理解してくれて異動させてくれることがあります。スムーズに異動させてもらうためには介護事務の資格をとっておいたほうが良いでしょう。

 

5.給与が安定している

安定 介護士

介護士の給与は平均より確かに低いですが安定しています。決して贅沢な生活はできないけれど、普通には生きていけます。人それぞれどのような生活を送りたいかにより意見は様々ですが、安定は生きていくにあたりとても大切なことです。

 

将来職を失う心配がない

現在日本は少子化が進んでおり、これからますます子どもが少なくなると予想されます。そのような超高齢化社会では介護する人材が必要不可欠です。また、2025年には高齢者の人口が3,600万人に達し、介護が必要な高齢者に対し介護士は100万人不足すると予想されます。

こういった理由から、これからもずっと介護士は社会に求め続けられます。その時スキルがある人は重宝されるので、みんなより一足先に介護業界に足を踏み入れることは賢い選択です。

 

施設によりボーナスもでる

介護士の年収は年齢やスキルにもよりますが、だいたい300万円前後でしょう。管理する側になればもっと高収入です。もしあなたが実家で暮らしていた場合、300万円あったら充分生活していけます。結婚していた場合も共働きでしたら300万円という収入は大きな収入となります。

 

6.介護の経験が役に立つ

介護 将来 役立つ

介護士として働いたことは、プライベートで役に立ちます。介護業界に転職した人の中には、身内の介護を経験して介護職に興味が湧いた、などの理由で介護士になる人もいます。仕事をプライベートで役立たせることができるのはメリットです。

 

将来両親の介護ができる

今は両親共に元気だけれど、人間は年老いていくにつれ思うように体が動かなくなってくるものです。もし将来両親の介護が必要になった時、あなたが仕事で培った介護技術が必ず役に立つでしょう。他人に両親の面倒をみてもらうよりも、自分がお世話をしてあげた方が自分も両親も安心です。

 

自己流と学習した技術には大きな差がある

自己流での身体介護は間違った技術であることが多いです。例えば体を移乗する際など、介護素人は力任せに移乗してしまいがちのため腰痛になるリスクが高いです。また食事介助に関しても、間違った介助方法だと最悪の場合窒息などをおこしてしまう可能性があります。

仕事で介助方法をしっかり学んでいると、最適な介助ができます。自信のない介助はミスを引き起こしがちですが、介護士として働いていると自信をもって介助ができるため、取り返しの付かない事態になることがとても少ないです。

 

まとめ

マイナスのイメージを持っている人が多い介護士ですが、介護職に転職することはこんなにもメリットがあることをご理解いただけたでしょうか。たしかに介護職は人により合う合わないがはっきり分かれる仕事です。

もし介護の仕事内容が自分に合っているのであれば一生の仕事にするのも人生の選択肢としてはありだと思います。マイナスな意見ばかりに目を奪われずに介護職の良いところにもしっかり目を向けてみましょう

介護職求人転職サイト口コミランキング



介護職の転職サイトを利用する場合は必ず3社程度複数登録をして、求人の質や担当者(コンサルタント)の質などを自分でチェックしましょう。自分のライフスタイルと企業の福利厚生と教育制度も欠かさずチェックしてください。




ランキングをもっと見る



関連ページ

特別養護老人ホームに求められる人材と向き不向きとは?

特別養護老人ホームに求められる人材と向き不向きとは?

介護職に転職と言っても、働く場所は様々です。転職先を決める際、まずはどんな働き方で介護に携わって […]

続きを見る
軽費老人ホームへの介護士・介護職の転職について

軽費老人ホームへの介護士・介護職の転職について

このページでは、介護士・介護職が軽費老人ホームへ転職する際に知っておきたい3つのポイントについて […]

続きを見る
特別養護老人ホームへの介護士・介護職の転職について

特別養護老人ホームへの介護士・介護職の転職について

このページでは、介護士・介護職が特別養護老人ホームへ転職する際に知っておきたい3つのポイントにつ […]

続きを見る
訪問介護(ホームヘルプ)の介護士転職で知りたい5つのポイント

訪問介護(ホームヘルプ)の介護士転職で知りたい5つのポイント

訪問看護(ホームヘルプ)で働く介護士・介護職への転職では、規則的な勤務時間になるためプライベート […]

続きを見る
デイサービスへの介護士の転職メリット・デメリット

デイサービスへの介護士の転職メリット・デメリット

このページでは、デイサービスへの介護士・介護職の転職のメリットとデメリットについて説明していきま […]

続きを見る
介護職専用の転職サイトを使う際のポイント4つ

介護職専用の転職サイトを使う際のポイント4つ

介護職専用の転職サイトにおける注意点を確認した後、サイトを利用するメリット・デメリットについて説 […]

続きを見る
介護老人保健施設への介護士の転職メリット・デメリット

介護老人保健施設への介護士の転職メリット・デメリット

このページでは、介護老人保健施設への介護士・介護職の転職のメリットとデメリットについて説明してい […]

続きを見る
ショートステイへの介護士・介護職の転職について

ショートステイへの介護士・介護職の転職について

このページでは、介護士・介護職がショートステイへ転職する際に知っておきたい3つのポイントについて […]

続きを見る
サービス付き高齢者向け住宅への介護士・介護職の転職について

サービス付き高齢者向け住宅への介護士・介護職の転職について

このページでは、介護士・介護職がサービス付き高齢者向け住宅へ転職する際に知っておきたい3つのポイ […]

続きを見る
サービス付き高齢者向け住宅への介護士転職メリット・デメリット

サービス付き高齢者向け住宅への介護士転職メリット・デメリット

このページでは、サービス付き高齢者向け住宅の介護士・介護職の転職のメリットとデメリットについて説 […]

続きを見る
未経験で介護職に転職する際、新人介護士の心構えと注意点未経験で介護職に転職する際、新人介護士の心構えと注意点
未経験で介護職へ転職!一人前になるまでの平均期間と流れとは?未経験で介護職へ転職!一人前になるまでの平均期間と流れとは?

介護職・介護士ブログ新着一覧

介護転職サイト最新口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト