有料老人ホームへの介護士転職のメリット・デメリット

有料老人ホームへの介護士転職のメリット・デメリット

有料老人ホームには、目的に合わせた様々な形があり、主な仕事としては身の回りの世話や入居者の心に寄り添うことが挙げられます。経験や知識が求められない反面、給与もそれに見合った額となるでしょう。

転職する際には、下記のポイントを押さえ、重要視したい点と妥協できる点の許容範囲を確認しておくとよいでしょう。

 

1.有料老人ホームとは

有料老人ホームとは

有料老人ホームとは高齢者の方に住まいを提供し、同時に日常生活の支援を提供する施設です。提供するサービスの中には食事・家事補助・健康管理や生活相談等様々なものがあります。高齢者向けとして、主に60歳や65歳以上からと制限を設けて受け入れている施設が基本です。

有料老人ホームにはさまざまな形がある

自立から要介護の方まで様々な方が利用されますが、有料老人ホームでは介護スタッフ常駐の義務はありません。その為、介護を提供するために近隣の介護事業者と提携して運営している施設等もあります。

または、入居者の方が自身で訪問介護サービス等外部の介護サービスを受けて暮らしている施設もあります。介護付き有料老人ホームと区別するために住宅型有料老人ホームと呼ばれることがあります。

 

2.有料老人ホームで働く介護士・介護職の仕事内容

有料老人ホームで働く介護士・介護職の仕事内容

住宅型有料老人ホーム(介護型有料老人ホームと区別してこう呼びます。)では、介護士の常駐の義務はありません。その為、介護に関わる重要な事柄は外部に委託されているホームが多く、訪問介護を受けている入居者の方もいます。入居者の方は基本的には自身で食事や入浴・排泄を出来る方達ですので、住宅型有料老人ホームで仕事の中心となるのは入居者の方々の生活のサポートです。

身の回りの世話や心の寄り添いが主な仕事

身の回りのお世話や心に寄り添っていく事が介護士の大きな仕事になります。排泄や入浴等の身体介護の業務は殆どありませんが、高齢者の方々の生活の支えになっていくには知識や対応力は求められる事が多いです。その為資格保有を必ずの条件と提示はされることは少ないのですが、介護士経験の方が多く勤務されています。

目的に合わせた幅広い職務

具体的な仕事内容は運営会社の方針や入居者の方の数と働くスタッフの比率などでも変わってきます。生活補助よりも健康維持の為のプールやフィットネス・生活を充実させるための趣味設備としての施設等を重視しているホームもありますので、そういった所では健康管理のマネジメント等といった仕事が重視されます。

逆に住宅型の中でも実際は介護の必要な方が多数入居されていて、より多くの介護知識を求められる所もあります。仕事内容は固定化されませんが、介護士という一定の枠の中で勤務する職場よりも従事する事が幅広い為、接する高齢者の方達一人一人に合わせてゆっくりと寄り添っていける場所となります。

 

3.有料老人ホームの介護士・介護職の平均年収と平均給与

有料老人ホームの介護士・介護職の平均年収と平均給与

介護職の平均年収は平成24年厚生労働省調べ「賃金構造基本統計調査」では平均年収が274~294万円となっています。平均月収は20~22万程度です。平成24年度の全国平均年休は408万円ですので、それと比べると基本給はさほど良くないのが現状ではないでしょうか。

しかし、資格手当や残業手当が付く職種ですのでその分での大幅アップは狙えます。経験とスキルで向上していける職種となります。更に、全国平均年収の男性502万円平均という数字に対して女性268万円をいう数字をみると、男女で雇用の差のない介護職は女性にかなり有利な職種です。

経験や知識が求められない反面給与も見合った額

介護職にもたくさんの職場がありますが、その中でも住宅型有料老人ホーム(介護型有料老人ホームと区別してこう呼びます。)では民間の企業が運営しています。有料老人ホームは入居者の方からお金を貰っての運営ですので、利益の算出の仕方もその事業所によって大きく幅がでてきます。運営会社や老人ホームのあり方で人件費にかける費用への見解が違ってきます。

そのことを踏まえると住宅型有料老人ホームは要介護者の入居数は少ないので、介護職への経験や知識に対する人件費は重要視されることは少なく、それに見合った給与設定をされている事が多いのが現状です。

 

4.有料老人ホームへの介護士・介護職の転職メリット

有料老人ホームへの介護士・介護職の転職メリット

住宅型有料老人ホームの特徴をとらえてくると分かりやすいのですが、ここでの仕事は介護士・介護職としての仕事内容に縛られたものより、高齢者の方に寄り添っていく介護という事が重要視されてきます。そのため、向き合っていく高齢者の方達にここからここまでを介護するという割り切った付き合い方ではなく、その方が何を望んでいるかを汲み取っての踏み込んだ介護が出来るのです。

一人一人と向き合う余裕がある

高齢者の方一人一人に合わせて出来ることを対峙する入居者の方や運営している会社と自分自身とで考えて実践していける自由があるのが、住宅型有料老人ホームのメリットとなります。手の届かない方への力添えをすること、高齢者の方達へ尊敬の意を持って接していけること等自身の仕事への意欲をよりよいものへと高めていけます。

入居者の今後の目標を考え、サポートするやりがいがある

また、入居されている高齢者の方も要介護者の方が少ないので、介護される事を目的とされている方はなく、自身のこれからの余生となる人生を前向きに考えてる方が多いのが住宅型老人ホームの特徴です。その方達と今後の健康の為・自身の為に何を充実させていくかを一緒に考え、サポートしていくという職場ですので、豊かな老後を共に目指していくという喜びが得られる職場であります。

経験や知識が求められることは少ない

また介護職という呼び方での雇用とはなりますが、経験や知識を求められることはそれほど多くはありません。ブランクのある方や初めて勤める方も安心して介護の仕事に携わっていける職場です。

 

5.有料老人ホームへの介護士・介護職の転職デメリット

有料老人ホームへの介護士・介護職の転職デメリット

住宅型有料老人ホームは民間の企業が運営している会社となります。入居されている高齢者の方達は自身の負担でそのホームへの入居料を支払っています。その為、入居者の方はこちらがお金を支払っている側であるという意識が強くあります。

入居者の要望が大きい

他の老人ホームと比べても支払う金額が高いのが現状ですので、それに伴って対峙する入居者の方達の要望も大きく強いものになります。我儘な要望が出てくることも少なくありません。お客様意識の強い方に労働者として雇われるという構図に思えてしまうことも少なくないでしょう。

介護を提供していきたいのに介護を拒まれる方も多数いらっしゃいます。入居者の方の介護への意識が提供する側ともずれが激しいのが現状です。

介護や看護の知識を学ぶのは難しい

また、介護を目的とした施設ではありませんので介護職という仕事内容を深く掘り下げての仕事にはなりません。その為この職場で介護に携わりながら、介護職への経験と知識を深めていくというメリットは付いてきません。

介護や看護独特の知識を得たり活用したりすることは少ないので、自身の思い描いていた仕事内容とは変わった方向性になってしまうこともあります。

利益追及と介護へのひたむきな気持ちのバランスが難しい

最大の要因としては民間企業が運営している会社ですので、利益追求ということが最大の目的となってきます。運営する会社の方針にもよりますが、いかに入居者の方へ利益あるものを提供していくかを重要視していかなければなりません。そういった利益を見据えて働いていかなければならない事は高齢者の介護をひたむきに思う気持ちとはかけ離れてしまいます。

 

6.有料老人ホームへの転職注意点

有料老人ホームへの転職注意点

住宅型有料老人ホームに転職する場合には、働くメリットとデメリットを比較していく事が大事です。他の介護へ携わる職場よりは高齢者の方に深く関われますが、介護職としてのスキルアップは出来ません。時間に余裕がある所は多いですが給与面では優遇はされません。介護士の仕事の枠にとらわれることなく、仕事を出来ますが介護とはかけ離れた雑務が付いてくることもあります。

どちらを自分が重要視して働いていきたいのかを良く考えていく事が転職への第一歩です。

重要視したい条件と我慢できるものの範囲を見極める

そして、重要視して行きたい事柄と働くにあたり我慢していける事柄との許容範囲もしっかりと見極めて行きましょう。何を望んでその職種へつきたいのか、自分自身の何を提供して給与を獲得したいのか良く検討して下さい

ホームは民間企業運営ですので、その職場職場によって重要視されている事柄が変わってきます。特に住宅型老人ホームは比較的元気な方向けの施設ですので、平均的な生活環境を提供していくホームや健康や人生の余暇に対してより良いものを提供して行こうとするホームなど違いがあります。

求人の募集要項だけでない部分も確認する

また、これから介護の必要となる高齢者の方へ介護への安心感の提供を重視しているホーム等もありますし、実際には介護の必要な方が外部から介護を受けている所などその経営体制は様々です。求人の応募要項だけではなく、そのホームが利用者の方へ発信しているメッセージを見てみるのも重要であります。しっかりと見極めてそのホームを選んだとしても働く側の状態は実際に勤めてみないと分からないことも多々あります。

共に働く人との協力が大切

どの職種・職場でも人間関係は最大の悩み所になりますが、住宅型老人ホームでは介護士・看護士の境目が難しいのが現状ですので共に働いていく方達との協力が大事になります。それこそ中に入っていかないとどういった状態なのかは分かりませんが、自分の譲れるもの譲れないものをしっかりと見極めてその職種・職場へ転職する事が大事です。

 

介護職求人転職サイト口コミランキング



介護職の転職サイトを利用する場合は必ず3社程度複数登録をして、求人の質や担当者(コンサルタント)の質などを自分でチェックしましょう。自分のライフスタイルと企業の福利厚生と教育制度も欠かさずチェックしてください。




ランキングをもっと見る



関連ページ

介護職の転職面接の成功ポイントとよくある質問とは?

介護職の転職面接の成功ポイントとよくある質問とは?

介護職を辞めて新たな職場へ転職する方、新たに介護職の職場へ挑戦する方など沢山いらっしゃると思いま […]

続きを見る
特別養護老人ホームに求められる人材と向き不向きとは?

特別養護老人ホームに求められる人材と向き不向きとは?

介護職に転職と言っても、働く場所は様々です。転職先を決める際、まずはどんな働き方で介護に携わって […]

続きを見る
介護職の転職で魅力的な履歴書の書き方とは?

介護職の転職で魅力的な履歴書の書き方とは?

高齢者社会の影響で、近年介護職の求人は増え続けています。ですが介護職は「給与が安い」・「重労働」 […]

続きを見る
未経験でケアマネージャーに転職するメリットデメリットとは?仕事内容・注意点

未経験でケアマネージャーに転職するメリットデメリットとは?仕事内容・注意点

高齢化とともに介護職への需要が高まる日本では、これまで一般の会社員として働いてきた人が、介護職や […]

続きを見る
介護士の平均年収と転職の注意点について

介護士の平均年収と転職の注意点について

高齢化が進み、人手不足に悩む介護業界は、求人数が多いことが特徴です。しかし、介護の現場はさまざま […]

続きを見る
グループホームへの介護士・介護職の転職について

グループホームへの介護士・介護職の転職について

このページでは、介護士・介護職がグループホームへ転職する際に知っておきたい3つのポイントについて […]

続きを見る
介護未経験者が資格を取得して転職するメリット・デメリット

介護未経験者が資格を取得して転職するメリット・デメリット

初めて介護業界に転職する時のパターンは2通りあります。1つ目は「未経験だが介護系の資格を持ってい […]

続きを見る
グループホームへの介護士・介護職の転職メリット・デメリット

グループホームへの介護士・介護職の転職メリット・デメリット

このページでは、グループホームへの介護士・介護職の転職のメリットとデメリットについて説明していき […]

続きを見る
介護士への転職理由 3つのパターン

介護士への転職理由 3つのパターン

異業種から介護職への転職を目指す人の数は、近年ますます増えています。高齢化社会の到来で、老人介護 […]

続きを見る
軽費老人ホームへの介護士の転職メリット・デメリット

軽費老人ホームへの介護士の転職メリット・デメリット

このページでは、軽費老人ホームへの介護士・介護職の転職のメリットとデメリットについて説明していき […]

続きを見る
訪問介護(ホームヘルプ)の介護士転職で知りたい5つのポイント訪問介護(ホームヘルプ)の介護士転職で知りたい5つのポイント
介護付き有料老人ホームへの介護士の転職メリット・デメリット介護付き有料老人ホームへの介護士の転職メリット・デメリット

介護職・介護士ブログ新着一覧

介護転職サイト最新口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト