未経験で介護職へ転職!一人前になるまでの平均期間と流れとは?

未経験で介護職へ転職!一人前になるまでの平均期間と流れとは?

未経験で介護業界へ転職…。介護職に興味はあるけど、この年齢で未経験じゃ難しいかな…、などと自身の経験がないがゆえに悩んでいませんか。介護の仕事は人の命を預かるものですから、もちろんミスがあってはいけません。ですので充分な知識・技術・経験などが必要です。

それでは介護士として一人前になるまでにどれくらいの期間が必要なの、と疑問を持っている介護業界へ転職を考えている人に向けて、介護未経験者が一人前になるまでの流れと平均的な期間をご紹介いたします。

 

1.介護職未経験者の試用期間について

介護 試用期間

介護に限らず、ほとんどの企業が試用期間を設けています。期間に関して、今のところ法律上の定めはありません。試用期間中はそこで働く人と同じ業務をしてもらい、本採用契約をするかどうかを判断します。

 

介護職の平均試用期間は1ヶ月~3ヶ月

施設によって様々ですが、一般的には1ヶ月~3ヶ月に試用期間を設定している施設が多いです。施設にとって試用期間とは、あなたが本当に介護に向いているか・うちの施設に向いているかどうかを見極める期間です。

ですが試用期間は企業だけじゃなく、あなたも企業を見極める期間となります。特に未経験だと実際に働いてみなければ自分が介護職に合っているかどうか分からないでしょうからこの期間に見定めましょう。

 

合わないのに働くことはトラブルの元

もし試用期間内にこの施設は自分とは合わないな、と感じたら正直に上司や採用担当者に伝えることが重要です。言いづらいからと言って試用期間を終え正式な契約をしてしまうと、あなただけでなく施設側にとっても負担になり、トラブルに発展してしまうことがあります。

 

2.介護未経験者の研修期間について

介護士 研修期間

 

教育制度が整っている施設ですと、きちんと研修期間が設けられている場合が多いです。試用期間と研修期間は混同されがちですが、研修期間とは実際の業務は行わずにこれから業務をしっかり行うにあたり研修を受ける期間のことです。

 

未経験者は研修期間がある施設を選ぼう

未経験ですとさすがに施設で働く先輩が仕事を教えてくれると思いますが、忙しいなどの理由からしっかりとした研修を受けれないことが多いです。またそのような施設は自己流の技術も多いため、間違った技術の可能性もあります。

介護職未経験者にとってはきちんとした研修期間があるかないかで今後の仕事の覚えやすさや技術習得の速さが違ってくるでしょう。未経験の場合は研修制度が整っている施設に入職するべきです。

 

今後に活かせる研修の受け方

せっかく施設が研修を容易してくれたのですから、その恩恵を100%受けるべきです。研修を充分に取り込むためには以下のポイントを押さえておきましょう。

  • 分からないことはどんどん質問する
  • 些細なことでもしっかりメモ
  • 学んだことはきちんと復習
  • 指導者に対して積極的に学びたいという気持ちをアピールする

特に未経験の場合は研修中にしっかり学習しないと、いざ実務をするとなった時大変な思いをするのは自分です。研修で学ぶことは今後の介護人生において必ず役に立つので適当に受けてはいけません。

 

3.介護未経験者が業務や技術を理解するまでの期間とは

介護士 理解 期間

施設によって業務内容が違ってきますし、個人によっても理解の速度や技術習得の期間は違ってきます。ここでは介護未経験者が、業務の理解や基本的な技術が理解するまでの一般的な期間をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

 

超基本的な業務の理解は3ヶ月

介護士は基本的な知識を持ち合わせた上で介助を行うのが望ましいです。逆に根本的な基礎が分かっていないと、業務の表面的なことしか分からず後々苦労することになります。

介助方法にはきちんとした手順や方法があり、それには全て意味があります。なぜこの介助の際はこのような手順を踏むのか、など基本的な業務の理解には平均3ヶ月くらいかかるでしょう。

 

利用者の基本的なADLやQOLの理解は5ヶ月

超基本的な業務ができるようになったら、次は基本の業務と用者の基本的なADL・QOLを理解することが必要です。ADLとQOLの意味は以下の通りです。

  • ADL(Activity of daily life)…日常生活動作(食事・排泄・移動・入浴などの基本的な動作)
  • QOL(quality of life)…生活の質(満足して毎日を送れているかどうか)

このようなことを理解できるようになるのには平均5ヶ月くらいかかります。

 

時間別業務についての理解は6ヶ月

24時間利用者の介助をしなければいけない施設では、早番・日勤・遅番・夜勤の4交代シフトを採用している施設が多いです。もちろんそれぞれの時間帯によりするべき業務に違いがでてきます。また、利用者によっては昼の様子と夜の様子が全く違う人もいるので、そこらへんも熟知しなければなりません。

自分の入るシフトにより施設での動き方も変わってきます。そういった時間別の業務を理解するのには平均6ヶ月くらいかかります。

 

業務・技術の熟知と臨機応変に動けるまでは1年

6ヶ月で基本的なことは理解できますが、業務全般・技術を熟知し、それに乗っ取って臨機応変に行動できるまでには様々な経験が必要ですので平均1年ほどかかります。未経験の人が介護士になる際、1年あれば満足いく仕事をこなせるということを覚えておきましょう。

 

 4.未経験者は3・6ヶ月目でヘコたれる人が多い

介護士 節目 辞めたい

介護未経験者が基本的な業務や技術を習得するのにかかる期間は最低1年必要だとお話ししましたが、未経験者は3ヶ月と6ヶ月の節目の時期に心がくじけてしまって退職してしまうケースが多いです。なぜ辞めたいと思ってしまうのでしょうか。よく見られる理由をご紹介いたします。

 

介護に向いていないと感じてしまう

3ヶ月目はだんだん仕事に慣れてきたせいか緊張感がなくなってしまい、仕事に対する熱意が失われてしまうパターンが多いです。また、3ヶ月一生懸命頑張ってやっと超基本的な業務などを覚えることができた、と言った状態なので、本当に自分はやっていけるのか、と感じる人が多いです。

また、6ヶ月かけてやっと業務全般と利用者のADLなどを熟知しますが、ここで燃え尽きてしまい、自分はこれからずっと介護の仕事に携わっていけるのかな、と急に不安になったりします。また、理想の介護と実際の介護のギャップに悩む人もいるようです。

 

乗り切れば新たな目標が見えてくる

魔の3ヶ月・6ヶ月を乗り切ればその後も続く人が多く、資格取得に3年かかる「介護福祉士」を目指してみようかな、などの目標を持つ人が多いです。どうしても節目の時期は精神的に弱くなりがちなので辞めたい等と思ってしまいますが、入職したからには最低1年は頑張ってみましょう。

 

5.入職から夜勤を任されるまでの期間

夜勤 期間 介護士

24時間体制の施設ですと、当然のことながら夜勤シフトが存在します。ですが未経験で急に夜勤を任されることはないでしょう。夜勤はしたくない、と思う人もいると思いますが、実際には給与的に夜勤をしないと厳しいです。夜勤が開始すると給与が増えます

 

未経験者が夜勤に入れるのは平均3ヶ月~6ヶ月

平均は3ヶ月~6ヶ月ですが、施設によって1ヶ月や1年のところもあります。では、未経験者が夜勤に入るにあたっての判断材料は一体何なのでしょうか。考えられる判断材料をご紹介します。

  • あなたの人柄や日ごろの仕事ぶり
  • 夜勤が1人体制か2人体制かどうか
  • 夜勤可能なスタッフの人数の関係

一番大きい判断材料ははやり、どれほど業務と技術の理解ができているかでしょう。夜勤は1人もしくはスタッフが少ないため、臨機応変に対応できる能力と知識がないと任せられません

早く夜勤に入りたい人はしっかり勉強することと、以上の他の判断材料を参考にしてみてください。どうしても、といった場合には直接上司に相談するのも良いでしょう。

 

夜勤シフトに入ると給与が上がる

夜勤は割増賃金が適用されるため、夜勤に入れば入るほど給与が多くなります。介護士は給与が低い場合が多いですから、給与を多く貰いたい人は積極的に夜勤に入るそうです。一般的に、月に5回夜勤に入ることで日勤しか入っていない場合と比べ3万~4万円ほど給与が上がります

 

夜勤でも仮眠はとれる!

夜勤シフトはだいたい17時~翌日9時くらいに設定されています。拘束時間は長いですが、平均して2時間ほど仮眠もできます。また、何もなければ穏やかな時間を過ごすことができます。

 

6.入職から新人に指導できるようになるまでの期間

任される 期間 新人教育

ずっと介護士として働いていると、ゆくゆくは新人の教育を任されることになります。未経験からの転職で、新人に仕事を教えることを任されるようになるまでの期間は以下の通りです。

 

新人指導できるのは入職から3年後

新しく施設に入ってきた新人に、きちんとした介護の知識と技術を教えるためには最低でも「介護職員初任者研修(旧:ヘルパー2級)」を取得、なおかつ実務経験が3年以上ないと教えるべきではないでしょう。正しい介護業務を教えるためにも、この基準をクリアした上で指導にあたりましょう。

 

介護職員初任者研修を取得するには

介護職員初任者研修を取得するためには、講義を130時間研修を受けた上で筆記試験に合格する必要があります。詰めて勉強すれば最短1ヶ月で取得可能です。

 

まとめ

介護職未経験者が一人前になるまでの平均的な期間と流れをご紹介しましたが、いかがでしたか。一人前になるには最低1年は必要だとご紹介しましたが、どう感じたでしょうか。介護は体力が必要ですし、知識も必要なため勉強もたくさんしなければいけません。

初めは慣れないことばかりで失敗も多く、投げ出したい衝動に駆られるかもしれませんが、介護は続けていくことでやりがいを発見できる職業です。もしあなたが介護業界に転職したら、最低1年はヘコたれずに頑張ってみましょう。きっと新しい自分に出会えるでしょう。

介護職求人転職サイト口コミランキング



介護職の転職サイトを利用する場合は必ず3社程度複数登録をして、求人の質や担当者(コンサルタント)の質などを自分でチェックしましょう。自分のライフスタイルと企業の福利厚生と教育制度も欠かさずチェックしてください。




ランキングをもっと見る



関連ページ

作業療法士の転職注意点と平均年収・給与について

作業療法士の転職注意点と平均年収・給与について

このページでは、作業療法士の転職注意点と平均年収・平均給与について説明します。 作業療法士に転職 […]

続きを見る
介護士への転職理由 3つのパターン

介護士への転職理由 3つのパターン

異業種から介護職への転職を目指す人の数は、近年ますます増えています。高齢化社会の到来で、老人介護 […]

続きを見る
ショートステイへの介護士・介護職の転職について

ショートステイへの介護士・介護職の転職について

このページでは、介護士・介護職がショートステイへ転職する際に知っておきたい3つのポイントについて […]

続きを見る
デイサービスへの介護士・介護職の転職について

デイサービスへの介護士・介護職の転職について

このページでは、介護士・介護職がデイサービスへ転職する際に知っておきたい3つのポイントについて説 […]

続きを見る
介護福祉士の転職注意点と平均年収・給与について

介護福祉士の転職注意点と平均年収・給与について

介護福祉士の転職注意点と平均年収・平均給与について見ていきます。 自分の希望の介護と職場の方向性 […]

続きを見る
特別養護老人ホームへの介護士・介護職の転職について

特別養護老人ホームへの介護士・介護職の転職について

このページでは、介護士・介護職が特別養護老人ホームへ転職する際に知っておきたい3つのポイントにつ […]

続きを見る
健康型有料老人ホームへの介護士・介護職の転職について

健康型有料老人ホームへの介護士・介護職の転職について

このページでは、介護士・介護職が健康型有料老人ホームへ転職する際に知っておきたい3つのポイントに […]

続きを見る
有料老人ホームへの介護士転職のメリット・デメリット

有料老人ホームへの介護士転職のメリット・デメリット

有料老人ホームには、目的に合わせた様々な形があり、主な仕事としては身の回りの世話や入居者の心に寄 […]

続きを見る
軽費老人ホームへの介護士の転職メリット・デメリット

軽費老人ホームへの介護士の転職メリット・デメリット

このページでは、軽費老人ホームへの介護士・介護職の転職のメリットとデメリットについて説明していき […]

続きを見る
男性が未経験で介護職に転職する際の注意点とは?

男性が未経験で介護職に転職する際の注意点とは?

少子高齢化社会である日本では、介護職員は必要不可欠な人財であると言えます。実際に介護職の転職は注 […]

続きを見る
介護職は働きやすい!?介護業界に転職するのをオススメする理由6選介護職は働きやすい!?介護業界に転職するのをオススメする理由6選
介護未経験者が転職する際に初めての職場に選ぶべき施設介護未経験者が転職する際に初めての職場に選ぶべき施設

介護職・介護士ブログ新着一覧

介護転職サイト最新口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト