保育士転職

保育士転職ブログ

保育士の転職に必要な情報やノウハウを掲載しているブログです。転職を考えている保育士の方は必見です。

30代の保育士が転職をする際に心得ておくべきポイントと注意点

「転職したい」と思っても、スキルなど人と違った何かを持っていなければ年齢を重ねるにつれて転職するのが難しくなってくるものです。

ですが、30代になって転職したいと考えるのは珍しいことではありません。30代の保育士が転職するにあたって心得ておくべきポイントは以下の通りです。

  • 保育園は体力がある若い保育士を採用したがる傾向がある
  • 今のライフスタイルが崩れる可能性がある
  • 他業種への転職は厳しい傾向にある

このように、30代の保育士の転職は難しい問題が多いですが不可能ではありません。転職を希望する30代保育士が良い転職先に出会えるよう、ポイントをご紹介します。

目次
1. 同業種へ転職する場合のポイント
2. 同業種へ転職する場合の注意点
3. 30代保育士が異業種へ転職する場合のポイント
4. 30代保育士が異業種へ転職する場合の注意点

続きを読む

20代の保育士が転職をする際に心得ておくべきポイントと注意点

保育士の転職・離職率は高く、20代で転職をする保育士はとても多いです。今転職を考えている保育士は、勤めている保育園に何かしらの不満があるのだと思います。

せっかく転職したのに根本的な問題が解決されなければ、転職をした意味がありません。20代保育士の転職を成功させるためのポイントと注意点を、同業種と異業種に分けてご紹介します。

30代になると保育士の転職は一気に難しくなるので20代のうちに転職をしておいたほうが良いでしょう。

よければこちらも合わせてご覧ください。→「30代の保育士が転職をする際に心得ておくべきポイントと注意点」

目次
1. 20代保育士が同業種へ転職する場合のポイント
2. 20代保育士が同業種へ転職する場合の注意点
3. 20代保育士が異業種へ転職する場合のポイント
4. 20代保育士が異業種へ転職する場合の注意点

続きを読む

初めての保育士転職で失敗しないために考えておきたいこと

保育士の転職率は、他の職業に比べて高くなっています。その理由としては、仕事の割に給与が低いというのが一番大きな理由のようですが、他にも転職の理由は様々です。

転職というのは、人生の重要なターニングポイントであり、転職に悩む方は多いでしょう。何度か転職を経験してきた人にとっても、転職に悩む人は多いのですが、初めての転職はなおさら悩み、不安でいっぱいです。

そこで今回は、保育士が初めての転職で失敗しないために知っておきたいことをご紹介します。

保育士で転職をお考えの方は、参考にしてみてください。

目次

1.本当にいいの?保育士が転職する前に考えたいこと
2.初めての保育士転職で失敗しない求人の探し方
3.初めての保育士転職で失敗しない面接対策

続きを読む

保育士がアルバイトやパートとして働く際のメリットや注意点など

保育士の資格を持っていれば、結婚後などで保育園を辞めていても、パート保育士として勤務することができます。 では、実際にパートやアルバイトとして資格を活かしながら勤務する場合、どのようなメリットやデメリット、注意点などがあるのでしょうか。 保育士としてパートやアルバイトで勤務したいという方は是非参考にしてみて下さい。

目次
1.保育士のパート・アルバイト労働の仕事内容とは
2. 保育士アルバイト・パートの待遇とは
3. 保育士アルバイト・パートのメリット
4. メリットだけじゃない?注意点もチェックしておこう

 

続きを読む

保育士アルバイト(保育補助)の仕事内容・平均時給・メリットデメリット

保育士の不足により、日本は待機児童問題が深刻になっています。そのため、最近では保育士の資格を保持していなくても、保育園で働ける保育士のアルバイト(保育補助)という雇用形態での募集を行う保育園が増えています。

しかし、保育士のアルバイトという雇用形態の認識はまだまだ薄く、人材が足りていないのが現状です。そこで今回は、保育士のアルバイトについて仕事内容などの特徴と平均時給、メリット・デメリットを説明します。

保育士資格はもっていないけど保育士として働いてみたい方や、潜在保育士、保育士として復職を考える方などに保育士アルバイトはオススメです。ぜひ、参考にしてみてください。

目次
1.保育士アルバイト(保育補助)の仕事内容とは?
2.保育士アルバイト(保育補助)の平均時給とは?
3.潜在保育士にオススメ!保育士アルバイトのメリット
4.軽い気持ちで始めるのはNG!保育士アルバイトのデメリット

続きを読む

深夜保育を実施する夜間保育所で働くメリット・デメリット

まだ数は少ないですが、夜間保育所という施設があるのをご存知でしょうか。園によって異なりますが、基本的には22時までが保育時間です。中には24時間保育を行う施設もあります。

日中子どもを預かる保育園とは違い、夜間の保育では園児の1日の疲れを癒してあげなくてはいけません。日中の保育とまた違った仕事内容ですので、保育士としてのスキルアップにも繋がるでしょう。

転職を考えている人は、新たな働き方の1つとして深夜保育園で働くことを考えてみてはいかがでしょうか。以下に深夜保育に関しての情報をまとめているので、ぜひご覧ください。

目次
1. 深夜保育(夜間保育所)とは
2. 夜間保育所での保育士の仕事内容
3. 夜間保育所で働く保育士の心構え
4. 夜間保育所で働くメリット
5. 夜間保育所で働くデメリット

続きを読む

保育士の資格!運動保育士に求められることとメリット・デメリット

保育士のスキルアップ資格で、「運動保育士」という資格が存在するのはご存知でしょうか。近年子どもの運動能力や体力が低下しているために運動保育士という資格が設けられました。

運動することの大切さや、運動を通じて子ども達のお世話をしたい!と考える保育士にとってはもってこいの資格です。運動保育士について説明いたしますので、興味のある保育士はぜひご覧ください。

目次
1. 運動保育士とは?
2. 運動保育士に求められることとは
3. 運動保育士の資格について
4. 運動保育士になるメリット
5. 運動保育士になるデメリット

続きを読む

保育士が英語教育を実施する保育園に転職する時に知っておきたいこと

2013年に文部科学省が小学校3年生から英語の授業を取り入れる計画を発表したのを知っていますか。この計画は、近年グローバル化が急速に進んでいるため国際的に活躍できる人材を育てるための政策です。

国は小学校3年生から英語教育を始めるとしていますが、一部の保育園は英語教育を取り入れ始めています。保育士が英語教育を取り入れている保育園に転職した時のメリット・デメリットや注意点をご紹介したいと思います。

目次
1. 保育園児に英語教育する目的とは
2. 保育園が英語教育を取り入れる理由とは
3. 保育園での英語教育内容とは?
4. 英語教育をしている保育園に転職するメリット
5. 英語教育をしている保育園に転職するデメリット
5. スムーズな転職をサポートする「英語保育検定」とは?

続きを読む

保育士が保育コンシェルジュ転職!子育て支援を行うために必要な知識

近年、「保育コンシェルジュ」を設置する市区町村が増えてきているのをご存知でしょうか。保育コンシェルジュは各区のこども家庭支援課に配置され、保育を必要とする保護者にとってなくてはならない存在となっています。

保育コンシェルジュは、保育士資格をもった人が多数活躍しています。今回は、保育コンシェルジュの特徴と、保育士が保育コンシェルジュに転職したときのメリットや注意点など、役に立つ情報をお届けしたいと思います。

目次
1. 保育コンシェルジュとは?
2. 保育コンシェルジュの仕事内容
3. 保育コンシェルジュになるメリット
4. 保育コンシェルジュになるデメリット

続きを読む

助産施設で求められる保育士の役割りと施設の特徴 

近年、助産施設が保育士を採用する事例が増加しています。その理由として、助産施設は産婦人科医・助産師などの専門医不足のため、それらの専門医の時間を医療を伴わない乳児のお世話に割かれることを嫌うからです。

乳児1人1人に合ったケアを充分に行うために育児のプロフェッショナルである保育士を採用し、医療を伴わないお世話を保育士に任す施設が増えてきています。このページでは、助産施設の特徴と保育士の役割などをご紹介していきます。

目次
1. 助産施設とは
2. 助産施設で保育士が求められる役割
3. 助産施設で働くメリット
4. 助産施設で働くにあたっての注意点
5.助産施設で働くためには?

続きを読む

保育士転職サイトランキング

保育士転職サイト最新口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト