40代保育士が転職をする際に心得ておくべきポイント

40代保育士が転職をする際に心得ておくべきポイント

40代というのは世間的に見ても仕事の上から見ても、ある程度成熟した大人の判断が出来る年代です。なのでそういった40代の人達が転職活動をする場合、企業側からも落ち着いた対応が出来る人だと思われることが多くなりますので、それに見合う人材になることが大切です。

このページでは、40代保育士が転職をする際に心得ておくべきポイントを紹介していきます。それぞれのポイントをしっかりとおさえた上で転職活動に臨みましょう。

 

1. 40代保育士の転職事情

40代保育士の転職事情

40代で転職を考えるのは、スキルアップをさらにしたいと思う時と、少しゆっくりめに働きたいと思う時とがあります。

保育士の仕事は子供の保育だけでなく、保護者への対応、書類の作成と整理、様々な研究などがあり、実質休憩時間がないことが多いです。特に保育園の場合は子供がお昼寝をしている間にも保護者にお渡しする連絡帳を書いたりするので、子供が降園する4時以降にならないと、一息つけないことがあります。

 

転職しやすい

40代の場合、子供が何を望んでいるか、どのような言葉がけをしたら興味をもつのかなどある程度わかってくる頃です。保育士になってから20年以上経過していることもあり、経験が豊富で保護者への対応も柔らかくなります。保育園の中では中間に位置しますが、園によっては主任など責任のある立場になることもあります。そのため転職しやすい状況になることがあります。

 

転職を希望する保育園の見学をすることが重要

転職を考えた場合、まず転職を希望する保育園の様子を自分の目で見ることが大切です。

転職なので一から先生や子供、保護者と関係を築かなければならないですし、保育園の行事も把握しなくてはなりません。暗黙のルールのようなものも存在するので、そういったことも理解する必要があります。そのため人からの評判をうのみにせず、そっと見に行くと良いでしょう。日中だけでなく、夕方や夜間の様子、近隣との関係なども見ておくとさらに安心です。

時間に余裕がある場合は、散歩や行事の様子を見ておくと転職先の園に関して理解を深めることができます。

 

面接ではマイナスな物言いは控えることが大切

面接においては、どうして転職を希望したのか明確に話すことが大切です。ゆとりをもって仕事をしたい時は子育て中ということを伝えても良いでしょう。体が疲れた、精神的に辛いといった理由は伝えないようにします。こういったマイナスととられる理由は不採用になってしまう可能性が高くなってしまいます。家庭も両立したいし、自分の仕事も大切にしたい、というように話すと良いです。

 

正社員ではなくパート勤務が一般的

40代の転職はパート勤務となることが一般的です。正社員として雇用することはまれですのでお給料の額もさがりますし、主任などになることも少なくなります。突然休んでほしいと言われることもあるので、収入はあまり安定しません。

また、パート勤務となった場合は、年齢が上がるにつれ早朝や休日などに出勤になることが多いです。ですが仕事と家庭と両立しやすい働き方になるため、正社員の時よりもゆとりをもって生活をすることができます。

 

 

2. 40代保育士に求められるもの

40代保育士に求められるもの

保育士の求人が全国的に増えてきています。何故なら慢性的に保育の仕事に従事する人が少なくなってきているからです。その為どの保育所でも、基本的には年齢制限をあまり設けることなく、資格と経験とそれから何よりも大切な子供が好きだという気持ちさえあれば、誰でもウエルカムという状況になっています。

ところで若い保育士には若いなりの良さがあり、ある程度年齢のいった保育士にはそれなりの良さがあります。なので20代の人には20代の人にしか出来ない転職活動の方法があり、40代の人には40代の人にしか出来ない転職活動があるのです。

それでは40代の保育の現場に転職しようとする人に保育施設側が求めているスキルとは、一体何なのでしょうか。

確かに保育施設では沢山の小さな子供がいて、小さな子供は常にじっとしてはいられずに遊んだり動き回るので、若い従業員がいればそれに越したことはありません。何故なら一般的に若い人の方が体力がある為、多少は子供に振り回されても疲労困憊してしまうということにはなりにくいからです。

 

精神的な強さ

確かに40歳代の人の体力は20代の人の体力とは比べ物になりませんが、精神的なタフさは40歳代の人の方に軍配が上がります。一般的に40歳代の人というのは20代の若者に比べ、人生経験も子育て経験も豊富です。なのでちっとやそっとのことでは驚かず、何があっても達観した態度で接することが出来るのです。

つまり保育の現場においては若い人もある程度年齢のいった人もどちらも重宝されるのです。若い人の場合は体力的な面で保育の仕事をカバーし、ある程度年齢のいった人は精神的支柱のような役割で子供や若い保育士達を支えていくのです。

若い人もそうでない人も、それぞれが役割分担をして楽しく保育の仕事に関わっていくことが出来るのです。そういったことから40歳代の保育施設への転職希望者に求められるものとは、何事にも動じないタフさにあると言っても過言ではないでしょう。

 

若い従業員にもきちんと敬意を払う事が大切

そして40歳代の人は子育て経験がある人も多いので、新しく保育の現場に転職してきたとしても、若い保育士に尊敬されることがあります。子育て経験があるということで、全くの未経験者ではないと評価されるからです。

しかしもちろんいくら若い従業員であったとしても自分より先輩であることには変わりがないので、40歳代の人も若い従業員へ尊敬の念を持つことが大切です。お互いがお互いを尊敬しあえたならば、こんなに素晴らしいことはないのです。

 

 

3. 40代保育士の面接でのポイント

40代保育士の面接でのポイント

保育士というのは慢性的な人材不足の影響もありますが、それでなくとも基本的には年齢制限のない仕事です。そのため40代であるということが採用面接において有利に働くこともあります。

 

40代保育士ならではのメリットをアピールする

40代保育士が転職面接をする際に何よりも大切なポイントとして、40歳代という年齢を活かした落ち着いた対処が出来るということを面接官に伝えていくということが挙げられます。

と言いますのも保育の仕事は毎日が何が起こるか分かりません。何しろ小さな子供を相手にしている仕事ですので、パターン化されたことしか起こらないという方が不思議なのです。なので小さな子供から目を離すことは出来ないのです。ベテランの保育従事者ならともかくとして、入社してすぐに若い保育士の場合、そんな小さな子供の予想外の行動に日々翻弄されてしまい、自信を失ってしまう人も多いことでしょう。しかし40歳代というある程度人生経験を積んできた人というのは、例え転職して保育の仕事に就いたばかりでも若い人ほど取り乱すことはしません。

 

自信を持って面接に臨むことが重要

なので40歳代の人が保育の現場に転職したいと思う場合、このような自信に満ちた態度を面接官にアピールしていけば良いのです。そうすれば良い結果が出ることでしょう。

介護職求人転職サイト口コミランキング



介護職の転職サイトを利用する場合は必ず3社程度複数登録をして、求人の質や担当者(コンサルタント)の質などを自分でチェックしましょう。自分のライフスタイルと企業の福利厚生と教育制度も欠かさずチェックしてください。




ランキングをもっと見る



関連ページ

保育士が保育コンシェルジュ転職!子育て支援を行うために必要な知識

保育士が保育コンシェルジュ転職!子育て支援を行うために必要な知識

近年、「保育コンシェルジュ」を設置する市区町村が増えてきているのをご存知でしょうか。保育コンシェ […]

続きを見る
保育士のキャリアアップに必要な資格!5つの項目別に紹介

保育士のキャリアアップに必要な資格!5つの項目別に紹介

保育士の仕事は子どもたちのお世話ではなく大人になっていく過程の基礎となる、性格や人格、集団行動の […]

続きを見る
保育士がアルバイトやパートとして働く際のメリットや注意点など

保育士がアルバイトやパートとして働く際のメリットや注意点など

保育士の資格を持っていれば、結婚後などで保育園を辞めていても、パート保育士として勤務することがで […]

続きを見る
復職したい保育士が求人を探す3つのコツ

復職したい保育士が求人を探す3つのコツ

保育士はどうしても女性が多いためか、結婚や出産を機に一度退職し、子供がある程度大きくなってからあ […]

続きを見る
保育士の転職で注意すべき4つのポイント

保育士の転職で注意すべき4つのポイント

保育士への転職をお考えの方に役立つ、募集要項の注意すべき4つのチェックポイントをご紹介します。 […]

続きを見る
保育士転職で人間関係がいい職場を見極める4つの方法

保育士転職で人間関係がいい職場を見極める4つの方法

保育の現場はスタッフたちのチームプレーが必要とされています。その上残業が多く1日あたりの就業時間 […]

続きを見る
オープニング保育園の保育士の転職注意点と平均年収・平均給与

オープニング保育園の保育士の転職注意点と平均年収・平均給与

このページでは、オープニングの保育園の保育士の転職注意点と平均年収・平均給与について説明します。 […]

続きを見る
【保育士転職成功の秘訣】転職会社「保育エイド」コーディネーターインタビュー

【保育士転職成功の秘訣】転職会社「保育エイド」コーディネーターインタビュー

保育士さん専用の転職会社であり、「保育エイド」の転職サイトを運営している株式会社サクシードさんに […]

続きを見る
公立保育園への保育士転職メリット・デメリット

公立保育園への保育士転職メリット・デメリット

このページでは、公立保育園への保育士転職のメリット・デメリットについて紹介していきます。 公立保 […]

続きを見る
認可保育園の保育士転職で知っておきたい6つのポイント

認可保育園の保育士転職で知っておきたい6つのポイント

このページでは、認可保育園の保育士転職で知っておきたい6つのポイントについて紹介します。 下記の […]

続きを見る
男性保育士への転職面接でアピールしたい3つのポイント男性保育士への転職面接でアピールしたい3つのポイント
保育士転職で育児と仕事を両立させるための3つのポイント保育士転職で育児と仕事を両立させるための3つのポイント

保育士転職サイトランキング

保育士転職サイト最新口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト