30代の保育士が転職をする際に心得ておくべきポイントと注意点

30代の保育士が転職をする際に心得ておくべきポイントと注意点

「転職したい」と思っても、スキルなど人と違った何かを持っていなければ年齢を重ねるにつれて転職するのが難しくなってくるものです。

ですが、30代になって転職したいと考えるのは珍しいことではありません。30代の保育士が転職するにあたって心得ておくべきポイントは以下の通りです。

  • 保育園は体力がある若い保育士を採用したがる傾向がある
  • 今のライフスタイルが崩れる可能性がある
  • 他業種への転職は厳しい傾向にある

このように、30代の保育士の転職は難しい問題が多いですが不可能ではありません。転職を希望する30代保育士が良い転職先に出会えるよう、ポイントをご紹介します。

 

1.30代保育士が同業種へ転職する場合のポイント

保育士 転職 30代 ポイント

まずは保育園から保育園に転職する場合のポイントをご紹介します。

  • 評判ばかりを気にせずに自ら足を運んでみる
  • 保育士向け求人説明会に出席する
  • スキルがあれば即戦力になれることをアピールする
  • 何が原因で今の保育園を辞めたのか考える
  • 最後の転職だと思い慎重に転職先を決める

30代の保育士が同業種である保育園に転職する場合、色々なことにポイントを置いていかなければ転職を成功させることは難しいかもしれません。具体的にポイントを確認していきましょう。

 

保育園の雰囲気は自分自身で確かめることが鉄則

現在保育園で勤めているのであれば、近隣の保育園の評判などが自然と耳に入ってくると思います。1つ頭に入れておいて欲しいのは、悪い噂は広まりやすいということです。

悪い噂をひとつでも聞いてしまうとなんとなくその保育園を転職先の候補から外してしまいたい気持ちは充分に理解できますが、参考程度にして全てを真に受けてはいけません

その悪口はあくまで悪口を言った人の主観であるため、事実を歪曲して伝えているかもしれません。

悪い噂があっても実際はとても働きやすい職場だったといったケースは充分にあるので、まずは保育園に自ら足を運んでスタッフ・子ども・親の雰囲気を自分自身の目で確かめてみることが大切です。

 

求人説明会では実際に働くスタッフから話しが聞ける

気になる保育園を1つ1つ見学している時間がない、という方には求人説明会に行くことをお勧めします。保育士は人材不足であるため、保育士向けの求人説明会が頻繁に開催されています。

大きな規模の求人説明会ですと100社以上のブースがありますし、実際に働くスタッフから色々な情報を聞くことができるのでとても効率の良い転職活動となるでしょう。

また、面接の際に求人説明会に行った時の話を織り交ぜると、一生懸命転職活動をしている人という印象を持ってもらえるため好印象です。

 

30代保育士に保育園が求めているのは即戦力

20代の保育士ですと、将来性を見越したり体力があるからといった理由で採用されやすい傾向にあります。ですが30代になると体力的な問題や、20代の保育士が30代の新人保育士(その園の中では)に気を遣ってしまうことから煙たがられる傾向があります。

そんな保育園の不安を払拭するためには、コミュニケーションスキルがあること・今までの保育経験を活かして得たスキルなどを存分にアピールし、あなたの働く姿を想像してもらうことが必要です。

逆にスキルがないと、30代の保育士を雇うメリットは保育園にとってあまりないので、採用がとても難しくなると考えたほうが良いでしょう。

転職する際は必ず自分の保育人生を振り返り、整理をしてアピールポイントをまとめておくことが必要なので、事前の準備は怠らないようにしましょう。

 

転職先の条件を明確にして失敗しないようにする

他の保育園に転職する時は、必ず「なぜ今の保育園を転職したいのか」を明確にして、嫌だったところを改善できるような保育園に転職しましょう。そうでなければせっかく採用されたのにも関わらず、またすぐに転職したくなる可能性があります。

30代保育士の転職は難しい場合が多くボーダーラインは35歳と言われているため、ここで転職失敗しているところではありません。転職する際は譲れない条件と妥協できる条件を紙に書き出して整理することが必要です。

せっかく転職するのですから、長く勤めることができるような居心地の良い転職先を見つけましょう。

 

2.30代保育士が同業種へ転職する場合の注意点

保育士 転職 30代 注意点

次に保育園から保育園に転職する場合の注意点をご紹介します。

  • 経験者でも転職すれば役職がない限り下っ端になる
  • 公立保育園への正社員入社はかなり厳しい

30代保育士が同業種へ転職する場合の注意点はいくつかありますが、以上に挙げた2つは特に注意点として頭に置いておいたほうがよいでしょう。

 

転職先の方針や先輩に文句を言わない

長年の保育士歴があったとしても、役職がない限りは転職先で1番下っ端になるということは避けられません。30代となると、もちろん20代の年下先輩保育士がたくさん働いているでしょう。

その年下先輩保育士に保育園の方針ややり方など様々な指導を受けると思いますが、そこが新人らしく素直に受け入れる姿勢が大切です。心機一転して1から学ぶ気持ちでいると関係が上手くいくでしょう。

決して前の保育園のやり方を持ち出してそれが正しい、なんて言ってはいけません。どうしても納得いかないことがあるなら言い方を考えて丁寧にお伺いするくらいの気持ちで意見しましょう。

 

公立保育園の正社員は年齢制限がある!?

ポイントを押さえれば、30代の保育士でも正社員として働くことが充分可能です。ですが公立の保育園だけは年齢制限があると言われており、多くの市町村では20代までをボーダーラインとしているようです。

ですが、ごく稀に30代でも求人が出ていることがあるようなので公立保育園の正社員を目指す30代の保育士は一度自分の住む近辺の市町村に問い合わせてみましょう。

ただし、公立保育園の正社員はとても人気が高い就職先ですので、なにか人と違うスキルやアピールポイントがないと正社員として採用されるのは難しいかもしれません。

 

3.30代保育士が異業種へ転職する場合のポイント

勉強 資格

30代になって元気いっぱいの子どものお世話をするのは体力的にしんどくなってきたため、転職を考える保育士は多いです。次の転職先を、保育関係ではない全くの異業種に転職したいと思った場合のポイントをご紹介します。

  • 必要なスキルを得てから転職活動を開始する
  • 基本的な社会人としての知識があることをアピールする
  • 保育士の経験を活かしてどんな役に立つことができるか考える
  • 未来を見据えて転職先を考える

未経験の30代を積極的に採用する企業はとても少ないです。ましてや保育士という全く別の業界で活躍してきた保育士は、どの程度戦力になるかが不明なので採用を避けられる傾向があります。

ですが上記に挙げたようなポイントをおさえることで、グンと採用される確率が増えるでしょう。

 

転職前に資格を取得しておくと有利

ずっと保育士をしていたのですから、他の業種に必要なスキルをもっていなくて当然です。ですが、それでは残念ながら採用は難しいでしょう。

30代の保育士が異業種に転職する時は、自分の希望する業種に必要なスキル(事務ならエクセル・ワードなど)を確認し、勉強や資格を取得してから転職活動を行ったほうが懸命です。

保育士の仕事をしながら勉強することは大変だと思いますが、30代となるとそれなりに能力が求められるため、1から教えてくださいでは通らないでしょう。採用されるためには努力が必要不可欠です。

 

基本的なビジネスマナーがあることは必須項目

勝手なイメージで、保育士は基本的なビジネスマナーができていないと思われることがあります。社会人1年目から保育士として働いてきた方はビジネスマナーを教えてもらう機会がなかったと思うので、応募前にビジネスマナー研修や本を読んで学習しておくことが必要です。

30代になっても基礎的なビジネスマナーができていない人が採用される可能性は低いでしょう。

 

今までの経験は無駄ではないのでアピールする

異業種に転職するからと言って、今までのキャリアがムダになるかと言ったらそうではありません。勝手にムダと決め付けずに、保育士として働いていた経験を活かして応募先企業ではどんなことに貢献できるか考えましょう。

臨機応変に対応できる能力や、人をまとめる仕事は得意分野に入らないでしょうか。そういったことをじっくり考えてみましょう。

 

転職先は慎重に選びましょう

異業種に転職してもう保育士として働かないと決めている場合、慎重に転職先を選んでください。

後々保育士に戻ることを考えているのであれば好きな企業に応募しても良いですが、ずっと異業種で仕事をしていきたい場合スキルアップできるような仕事でなければ意味がずっと働き続けるのは厳しいです。

将来のワークライフも考慮しながら転職先を決めることをお勧めします。

 

4.30代保育士が異業種へ転職する場合の注意点

異業種 注意点

30代保育士が異業種へ転職する場合のポイントをおさえて無事入社に至ったとき、「こんなはずじゃなかった…!」とならないように、以下に注意点をご紹介します。

  • 異業種は全く別の世界であることを理解しておく
  • やりがいを見出せない場合がある
  • プライドは捨てて謙虚な姿勢を貫く

ずっと働いてきた保育園から異業種に転職するということは、少なからずリスクがあることを忘れてはいけません。

 

仕事内容や環境、働く人の価値観が全く違う 

異業種へ転職するのですから、もちろん仕事内容や環境が変わります。保育士にとって1番の変化は「子どもがいない」と言うことではないでしょうか。子どもが大好きな人には辛い環境での仕事になるかもしれません。

また、働く環境により保育士とはまた違った価値観をもつ人がたくさん働いています。まずは同僚がどんな性格なのか探った上で自分を出していくことをお勧めします。

 

上から目線にならないように気をつける

保育士は今まで子どもを指導立場だったからか、無意識に指示するような言い回しになってしまいがちです。悪気はないかもしれませんが、新人が上から目線で発言するのは好ましくありません。

初めは人に教えてもらう機会が多いでしょうし、あくまで謙虚な姿勢を忘れずに一生懸命仕事をしましょう。

 

まとめ

30代の保育士が転職を希望するとき、同業種でも異業種でも難しいこと場合が多いです。年齢が上がるにつれて良い条件での転職はしにくくなるので、転職を考えている人は早めに行動を起こしたほうがよさそうです。

また、思い立ったらすぐに応募を開始するのではなく、30代の転職では事前の準備が必要なことがわかります。以上、転職の際のポイントや注意点に気をつけて転職を成功させてください。

保育士転職サイト口コミランキング


ランキングをもっと見る

関連ページ

母子生活支援施設で働く保育士の仕事内容と役割とは?

母子生活支援施設で働く保育士の仕事内容と役割とは?

保育士は保育園で働く、といったイメージの強い保育士の転職先ですが、保育園の他にも保育士が活躍して […]

続きを見る
40代保育士が転職をする際に心得ておくべきポイント

40代保育士が転職をする際に心得ておくべきポイント

40代というのは世間的に見ても仕事の上から見ても、ある程度成熟した大人の判断が出来る年代です。な […]

続きを見る
復職したい保育士が求人を探す3つのコツ

復職したい保育士が求人を探す3つのコツ

保育士はどうしても女性が多いためか、結婚や出産を機に一度退職し、子供がある程度大きくなってからあ […]

続きを見る
保育士の転職を失敗しないための4つのポイント

保育士の転職を失敗しないための4つのポイント

誰もが転職する際には、スムーズに転職したい、よりよい職場に転職したいと考えていることでしょう。し […]

続きを見る
20代の保育士が転職をする際に心得ておくべきポイントと注意点

20代の保育士が転職をする際に心得ておくべきポイントと注意点

保育士の転職・離職率は高く、20代で転職をする保育士はとても多いです。今転職を考えている保育士は […]

続きを見る
保育士が派遣会社を選ぶときの4つのポイント

保育士が派遣会社を選ぶときの4つのポイント

派遣社員とは、実際に働く職場先と直接雇用契約を結ぶのではなく、派遣会社と結んでそこから派遣されて […]

続きを見る
企業内保育の保育士転職で知っておきたい6つのポイント

企業内保育の保育士転職で知っておきたい6つのポイント

このページでは、企業内保育の保育士転職で知っておきたい6つのポイントについて説明していきます。 […]

続きを見る
保育士の資格!運動保育士に求められることとメリット・デメリット

保育士の資格!運動保育士に求められることとメリット・デメリット

保育士のスキルアップ資格で、「運動保育士」という資格が存在するのはご存知でしょうか。近年子どもの […]

続きを見る
20代の保育士必見!転職先の選び方と面接でのポイント

20代の保育士必見!転職先の選び方と面接でのポイント

現在、待機児童のニュースや、保育士の給料が少ないというトピックが話題になっています。現実にこの業界 […]

続きを見る
認可外保育園の保育士転職で知っておきたい6つのポイント

認可外保育園の保育士転職で知っておきたい6つのポイント

このページでは、認可外保育園の保育士転職で知っておきたい6つのポイントについて説明します。 下記 […]

続きを見る
20代の保育士が転職をする際に心得ておくべきポイントと注意点20代の保育士が転職をする際に心得ておくべきポイントと注意点

保育士転職サイトランキング

保育士転職サイト最新口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト