営業職の転職サイト比較ランキング

営業職の転職サイト比較ランキング

営業職の求人が多く、営業職の転職に力を入れている転職サイトを利用者の口コミをもとにランキングしているページです。口コミは個人差があるので2社~3社程度利用し必ず比較してみてください。利用はすべて無料の転職サイトとなります。


営業職の転職サイト口コミランキングTOP10

営業職の転職時に知っておきたい3つのこと

  • 1.営業職への転職する際のアピールポイント
  • 2.未経験から営業職へ転職する場合の注意点
  • 3.営業職の求人を探す際の注意点

営業職の転職を考えたときに知っておきたい上記3つのポイントについて説明します。

 

1.営業職へ転職する際のアピールポイント

アピールポイント

自分の力を試してみたい、人と関わる仕事がしたい、頑張り(成果)が給料に反映される仕事がしたいなど、営業職への転職を希望する場合その理由は様々です。年中募集があり求人数も豊富なので職種として転職には困りませんが自分にぴったりな企業を見つけるのはなかなか難しいものです。そんな中でより良い条件の企業に転職を希望し採用されるにはどのような点をアピールすると良いのでしょうか。

 

個人向けの営業の場合

個人向けの営業の場合人に対する積極性や顧客との信頼関係構築の上手さなど当たり前ですが対人のコミュニケーション能力が問われます。過去に営業の経験がある場合はどんなマーケットでどんな成果を出したかを数字を用いて具体的にアピールすると良いです。また、成果をあげるにあたってどんな工夫をしたのか、その経験を転職先企業でどう生かすことができるのか、企業側の求める人物像やメリットに沿うようにアピールするのが良いでしょう。

 

法人向けの営業の場合

法人向けの営業の場合は個人向けのスキルがベースとなった上でさらにプレゼン能力や資料作成のスキルが問われることが多くなります。また取り扱う製品も馴染みの無いものが多いので製品に対する知識も付けなければなりません。

過去に法人営業の経験があればその実績を元にアピールをし、経験が無くても新しい事を学ぶ姿勢を見せると好印象になります。

プレゼンが成功し受注が取れれば大きな金額が動くので見返りも多いですがその分高いスキルが求められます。

 

2.未経験から営業職へチャレンジする注意点

未経験からのチャレンジ

営業職に転職を考えている方には過去に営業経験が全くないという方も少なくありません。営業経験がない方が営業職に転職を希望する場合どのような点に注意すれば良いのでしょうか。

 

未経験者を求める企業もある

一般的に転職というと採用する企業側は即戦力となり得る人材を求めるものですが、こと営業に関しては敢えて営業未経験の人を採用する場合があります。それは過去の営業経験が邪魔をして返って新しい勤務先でのやり方に馴染めない場合があるからです。未経験だからと消極的にならずに素直な気持ちで思い切ってチャレンジしてみたいという情熱伝えると思いの外採用担当者には良いアピールになるものです。

 

対象のマーケットを確認する

営業職への転職を考える場合、対象が個人か法人かも大きな違いですが行き先がある既存マーケットか新規開拓を要する未開拓マーケットを攻めるのかでも内容が大きく変わります。例え相手が法人であっても既に顧客がいる既存マーケットに対してフォローをしながわ回るルート営業であれば経験が無い方でも比較的早く慣れることができます。個人でも法人でも新規開拓をするというのはコミュニケーション能力などのスキルはもちろんのこと何より強い精神力が求められるので営業スタイルについてもしっかりと確認をしておく必要があるでしょう。

 

給与体系について

営業職の大きな魅力の一つが収入でしょう。外資系の保険会社や不動産の営業など月に数百万の収入を取っている方がいるのは事実です。ただ、その一方でなかなか結果を出せずに転職前よりも給料が下がってしまい1年も経たずに次の転職を余儀なくされる場合や収入が足りず他の仕事と掛け持ちでダブルワークをやっているというのも良くあるケースです。企業によっては慣れるまで研修期間を設けて一定額の給与保証を行っているところもあるのでそのあたりのフォロー体制も確認しておくと安心でしょう。

 

3.営業職で求人を探す際の注意点

探す注意点

営業といっても対象とする顧客、扱う商品、成果に対する賃金体系など企業によって千差万別です。営業職は求人数が非常に多い為自分にあった企業を見つけるのは特に難しいでしょう。最後に具体的に求人を探す時の注意点についてご紹介します。

 

自分の得意分野を把握する

営業経験がある方もない方も自分は何が得意なのかを把握しておくことが転職後に成功する第一の秘訣です。同じ営業でも個人向けか法人向けかで必要なスキルは変わりますし、扱う商品も自分が興味のあるものとないものでは同じセールストークでもお客様への伝わり方が変わります。また興味のある分野であれば商品に対する知識を深めることも苦になりませんがそうでないと新商品が出たり改良が加えられたりする度にストレスを感じてしまいます。自分が得意なマーケットや持っているスキルを整理し、企業や製品の将来性などと照らし合わせて戦略的に転職を行うと成功の確率が高くなります。

 

募集内容をしっかり確認する

営業という仕事の場合「頑張ったら頑張った分反映される」「給料は天井知らず」「マネジメントは自分自身で」など募集内容では魅力的な言葉が並んでいても実際入ってみると現実は思っていたのと違い非常に厳しいというのが良くあります。実際に働いている方の話を直接聞くことが出来ればベストですが、それが難しい場合は営業職専門の転職エージェントに相談しましょう。募集要項に記載されている内容だけでなく実際の社内風土や働いている人の声まで把握しているケースがあるので転職先を決める時には非常に役立つ情報が得られます。

 

転職求人サイトを利用する

求人サイトには転職に役立つノウハウ記事や検索に便利な機能があるだけでなくそこでしか持っていない非公開求人というものがあります。これは個人で情報を得ることは出来ない隠れた求人なので自分の可能性を広げる為にも一度専門のコンサルタントに相談してみると良いでしょう。

 

営業職の転職お役立ちブログ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト