年代別でみる異業種から営業・コンサルタントへの転職のポイント

年代別でみる異業種から営業・コンサルタントへの転職のポイント

このページでは、現在の業種とは全く異なる業種として、営業・コンサルタントへ転職する際に知っておくべきポイントを20代、30代、40代と年代別でご紹介します。

今現在、異業種から営業・コンサルタントへの転職を考えている方は参考にしてみて下さい。そして、ポイントをしっかりと踏まえた上で転職活動に臨みましょう。

1. 20代での営業・コンサルタントへの転職

20代での営業

まだ社会経験の少ない20代が未経験で異業種への転職をする場合、企業からはいったいどのようなところを評価されるのでしょうか?

 

可能性や潜在的な能力を重視する傾向にある

20代での転職は、企業があなたにポテンシャル(可能性や潜在的な能力)を感じたら採用をしてくれます。つまり、未経験でも、あなたの人柄や今まで従事してきた仕事に対しての姿勢や評価などから総合的に判断し採用をしてくれる場合があります。

 

未経験で異業種への転職は20代が有利

20代を過ぎて30代、40代になると転職市場の自分の価値が変わってきて、採用基準のポテンシャルに対するウェイトは低くなります。

例外もありますが、年齢を重ねれば重ねる程、多岐にわたる能力と経験が求められてきます。この事から、未経験で異業種に挑戦したい気持ちがあるのであれば、20代のうちに挑戦した方が良いといえます。

 

2. 30代での営業・コンサルタントへの転職

30代での営業

30代での転職は、あなたが今まで培ってきた経験や知識を企業が求め、それにマッチした時が採用に繋がります。つまり、あなたが未経験である場合、異業種であっても、あなたが今までに重ねてきた経験や知識などが、転職先で有用なものであれば採用のチャンスはあります。しかし、30代を過ぎると転職市場で求められる能力は技術的なものからマネジメント能力に変わってきます。

 

年齢に見合った能力が求められる

転職市場において、年齢は経験値を判断する重要なファクターなのです。この為、あなたが未経験で異業種にチャレンジしたいのであれば、年齢に見合った能力が必要であるといえます。

まず、現在就業中である、あなたの企業において、30代はどのような役割を担っているでしょうか。恐らく、入社して10年以上の中堅どころの社員になっているはずです。昇進が早かった人であれば、部下を持っていくつかのプロジェクトを任されているなんて方もいると思います。

このように、企業におけるこの年代は、非常に重要な年齢層なのです。この年代が企業の中核を担って、実際に利益に繋がる部分を任されている実行部隊という存在なのです。

 

「営業力」「統括力」「実行力」が必要

あなたが他企業の営業・コンサルタント職として転職をするなら「営業力」「統括力」「実行力」が求められます。営業力は、もちろん部下への手本となるような営業を行わなければなりません。

 

営業力

営業力というのは、ノウハウが無くても、「人に伝える力」が備わっていれば、経験が無くても営業はできます。

 

統括力

統括力とは、部下を統率する力です。これには、「営業力」という実績が伴っていれば、より説得力があって良いのですが、あなたの性格や仕事に対する姿勢だけでも部下は付いてきてくれますので、実力については、あまり気にする事は無いでしょう。

逆に、いくら実績があっても性格や部下に対する態度が悪ければ部下は付いてきません。大事なのは、「1人で仕事をしているのではない」という事です。チームで仕事をしている認識を持ちましょう。

 

実行力

最後の実行力は、組織の目標はもちろん自分が部下に課した事は、自分でも出来なければなりません。言うだけでやらないのでは、部下達もあなたから離れていくでしょう。つまり、実行力は統率力と対になっていると考えた方が良いでしょう。

このように、営業の経験が無くても、あなたが培ってきた経験は、組織を運営する上では活かせるはずですので、経験が無い事をネガティブに捉えず、出来る事を強調する事が大事です。

 

3. 40代での営業・コンサルタントへの転職

40代での営業

転職活動をおこなう場合、年齢に関係なく、異業種からの転職というのはどの業界でも厳しいものです。とくに、未経験だったり、年齢が40代にさしかかっていますと、新しいことを覚えたり、臨機応変に物事に対処する能力が衰えたりしてきますので、転職活動もむずかしくなるわけです。

 

40代で未経験だからといって転職出来ないわけでない

40代という年齢でも、異業種から営業・コンサルタントの仕事に就くという方はたくさんいますので、未経験だからといって、あながち不可能というわけでもありません。

 

忍耐力と精神力を持っていることが重要

異業種からの営業・コンサルタントの転職をするうえで、いちばん必要なことはやる気です。すでに年齢が40代になっている場合、体力的には衰えを実感することもあるわけですが、精神的にはまだ若いというのが現実ですから、未経験であってもやる気さえあればなんとかやっていけるという現状があります。

その証拠として、営業・コンサルタントのような仕事は、商品やサービスなどを売るためのセールスをしなければなりませんので、とにかく打たれ強いということが求められます。いちど断られたからといって、すぐにあきらめたり、へこたれてしまうようでは、勤まらない職種だと言えるわけです。

ですから、忍耐力と精神力を持っている方でしたら、これまで営業などをした経験がなくても、できる仕事だと言えるでしょう。つまり、やる気がもっとも必要とされる職種ですから、年齢が40代以上だとしても問題はないと言えるわけです。

関連ページ

一般営業職への転職で採用されやすい人の特徴

一般営業職への転職で採用されやすい人の特徴

一般営業職は、どんな会社にも必要とされる職種です。しかし、実際の業務はハードできついというイメー […]

続きを見る
未経験から営業へ転職を成功させるために押さえておきたいポイント5つ

未経験から営業へ転職を成功させるために押さえておきたいポイント5つ

営業職と聞くと、男性が活躍しているような仕事というイメージが大きいかと思います。しかし、実際は営 […]

続きを見る
営業・コンサルタントへの転職で知りたいポイントと注意点

営業・コンサルタントへの転職で知りたいポイントと注意点

営業・コンサルタント系の仕事は人気が高く、転職を希望する人も多くなっています。 その業界全体とし […]

続きを見る
営業職が面接で合格するために必要なスキルとノウハウ

営業職が面接で合格するために必要なスキルとノウハウ

営業職の転職において、面接は自己アピールの重要な場です。面接で合格するには、今まで培ってきたスキ […]

続きを見る
営業・コンサルタント平均年収と転職確認事項

営業・コンサルタント平均年収と転職確認事項

営業、コンサルタントへの転職ではコミュニケーション能力をはじめ、多角的な視点から論理的に答えを導 […]

続きを見る
営業職が転職で必ず聞かれる面接時の質問

営業職が転職で必ず聞かれる面接時の質問

営業職で転職する時、志望先の会社が知りたいのはその人の営業力です。営業力を推し量るため、面接官は […]

続きを見る
営業・コンサルタントへの転職で知りたいポイントと注意点営業・コンサルタントへの転職で知りたいポイントと注意点
未経験から営業へ転職を成功させるために押さえておきたいポイント5つ未経験から営業へ転職を成功させるために押さえておきたいポイント5つ

転職エージェント最新の口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト