営業・コンサルタントへの転職で知りたいポイントと注意点

営業・コンサルタントへの転職で知りたいポイントと注意点

営業・コンサルタント系の仕事は人気が高く、転職を希望する人も多くなっています。

その業界全体として実力主義の状況があり、成果を上げるほど出世や昇給が実現できるためやりがいがあるからです。成果が上がれば年収も高くなることから、給与に不満を抱えている人も仕事のやりがいに困っている人も希望を抱いて転職する傾向があります。

このページでは、営業・コンサルタントへの転職の際に知っておきたいポイントと注意点を紹介していきます。

 

 

1. 営業・コンサルタントの仕事とは?

営業・コンサルタントの仕事

営業・コンサルタントは顧客を相手にする仕事であり、商品やサービスを提案することが主な業務となるのが共通点です。営業・コンサルタント系で働くことになると顧客が抱えている問題や解決したい課題についてヒアリングを行い、それに対してソリューションを与えていくのが仕事になります。

営業系の場合にはそのソリューションとして自社製品や自社サービスを提供していくことになり、コンサルタント系の場合にはより広い視野に立ってソリューションを提示していくのが基本です。

転職する際には実務経験が重要視されることが多いものの、営業・コンサルタント系の仕事では必ずしもそれだけが必要な能力ではありません。

 

営業・コンサルタント系で評価される能力

  • 年齢的な若さと体力
  • 十分な思考能力
  • その産業での知識や人脈、資格

 

常に顧客の抱える問題解決に挑み続ける姿勢が必要であり、そのために日夜を問わずに努力することが欠かせないのが一般的です。

そのため、年齢的に若いことや体力が十分にあること、学歴から判断して充分な思考能力があることが高く評価されます。

 

経験や学歴があることで転職がしやくすくなる傾向にある

また、特定のターゲットが定まっている場合には、その産業での職務経験や学歴があることで知識に豊富であることや人脈があることが期待されて転職がしやすくなる傾向があります。

特にその産業に関わる資格を持っている場合には客観的な指標として高い評価を受けられます。

これは実際に営業活動やコンサルティングを行う際に顧客からの信頼を得るにも有用だからであり、信頼関係から全てがスタートするこの業界だからこその特徴とも言える点です。

 

モチベーションの高さを維持することが大切

一方、モチベーションの高さを維持していくことが求められるのが特徴であり、転職の際には心しておく必要があります。

基本的には働き通しになることが多いため、仕事に対してやりがいを持てることが仕事を続けていく上で必要不可欠です。

顧客の満足を得ることに高いプライドを持つと共に、成果を上げて出世したり高年収になったりしたいという野心があることもモチベーションとなることも留意しておくことが重要になります。

 

 

 

2. 未経験でも転職できるのか

未経験でも転職できるのか

営業・コンサルタント業界は高い人気を集めており、ビジネスに興味がある人からは特に高い支持を得ています。仕事の重要さの影響を受けて給料も高くてやりがいもあることがその魅力であり、ニーズに応えられる営業を行えたり、効果的なコンサルティングができたりすることで明確な形で評価が行われることも人気の理由です。

そのため、仕事にやりがいを求めて転職したいと考える人も多いのが実情ですが、未経験でも転職をして活躍していくことができるのかを疑問として抱く人も多数います。

 

能力があれば未経験でも採用される

営業・コンサルタントの仕事は企業にとって生命線になっていることが多いため、経験があることに越したことはないのが事実です。しかし、活躍できる能力があると判断する材料が揃っていれば経験がなくても速やかに採用される場合もあります。

 

営業・コンサルタントへの転職で有利になるキャリア

営業・コンサルタントが活躍する業界としてITや医療、健康や美容の業界は典型的なものであり、この業界で働いていた経験がある場合にはそのキャリアが注目されることがよくあるのです。

営業活動をするにもコンサルティングをするにもその業界についての詳しさは不可欠であり、現場で働いた経験があることは生きた知識があると評価を受けて採用する候補になりやすくなっています。

また、その業界で働いていることによって業界内に人脈があることも期待されることであり、人脈を活用することによって新しい顧客層の獲得を実現してくれる可能性があると考えられるからです。

こういったキャリアがある場合には未経験でも営業・コンサルタント業界への転職に成功することがよくあります。

 

 

 

3. 営業・コンサルタントへ転職する際に有利になる資格とは?

有利になる資格

 

営業やコンサルタントへ転職をする場合、どうしても経験値や人柄などが重要になってきます。そのため、まずは自分に営業やコンサルタントという仕事があっているかを確認しておく事が重要です。しかし、未経験の方でも営業やコンサルタントの転職面接に有利に働く資格があります。

  • MBA
  • 普通自動車免許第一種
  • TOEICなどの語学系資格
  • ファイナンシャルプランナー
  • セールススキル検定
  • ITパスポート
  • 簿記(日商簿記検定)
  • 公認会計士・USCPA、中小企業診断士などの士業系資格
  • ベンダー資格

上記に挙げた資格を取っていると営業やコンサルタントへの転職で有利に働く可能性があります。ここでは、特に代表的な資格のみピックアップして説明していきます。

 

MBAMaster of Business Administration

営業やコンサルタントへの転職で有利になる資格の1つにMBAが挙げられます。ここでは資格として紹介していますが、MBAは、ビジネス系のスクールで一定の単位を取得した人に与えられる学位のことです。

これまで日本人がMBAを取得する際には、海外のビジネススクールで取得されることが多かったのですが、近年では国内でもMBAを取得することが可能になっています。ただし、国内でのMBA取得の場合と海外でのMBA取得の場合では、国内の方がMBAの価値が下がってくることが多くなっています。そのため、MBAを取得する際には注意が必要です。

 

TOEICなどの語学系資格

大手企業や外資系企業の多くでは、グローバル化が進んでいるため、そこに勤務する営業やコンサルタントにも一定の語学力が求められます。そのため、TOEICや語学系の資格は、転職の際に有利になる資格といえます。

 

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーとは、簡単に言うと世の中に出回っているお金のエキスパートです。そのため、資格取得の試験では学科試験と実技試験が行われ、ライフプランニングと資金計画、金融資産運用、リスク管理、不動産、相続・事業承継などの分野から出題されます。これらの知識は、営業やコンサルタントの仕事で有効な知識であるため、ファイナンシャルプランナーの資格を持っていると転職の際に有利に働く可能性があります。

 

公認会計士

公認会計士とは、一般的に会社の監査、会計の専門家のことを指します。そのため、コンサルタントの中には、経営コンサルタントなど財務会計知識が求められることも少なくありません。そのため、公認会計士の資格を保有していると転職の際に評価が上がりやすくなっています。

 

 

4. 営業・コンサルタントへの転職注意点

営業系への転職注意点

営業・コンサルタント系で働きたいと考えて転職を試みるときには注意が必要な点が多数あります。人気の職種となっているからこそ転職を考える人も多くなっていますが、その門戸は決して広くはありません。

採用する企業側としてはその人材の能力に企業生命がかかっているとも言えるためであり、少しでも有能な人材を確保しようと躍起になることが多いのです。そのため、営業・コンサルタント系に転職するためには覚悟と準備が必要になります。

営業・コンサルタントの仕事は給料が高いことが魅力に感じられる人が多く、それが転職する主な理由になっていることもよくあります。しかし、その裏側には責任と実態の理解が必要であることは否めません。

 

勤務時間はあってないようなもの

基本的な就業の実態として勤務時間はあってないようなものであり、朝から深夜過ぎまで働くのが一般的であり、常に仕事のことを考え続けることになりがちです。

仕事とプライベートをうまく分けて生活をしていきたい人には不向きであり、仕事をすることに集中していきたい人に向いているのが事実でしょう。

 

努力を惜しまない気概を持っていることが重要

仕事の作業内容も多岐にわたり、フィールドワークをして情報収集に努めたり、関係者との交流を深めたりすることもあれば、オフィスにこもってプレゼンテーションの用意をすることもあります。

そして、上肢や顧客の前でプレゼンテーションを行うトレーニングも積む必要があり、その効果が発揮されることでようやく成果につながります。

この成果が得られることこそが営業・コンサルタント系で働く上での醍醐味であり、そのためになら努力を惜しまないと言い切れる気概を持っているかどうかを今一度確認してから転職することが重要になるのです。

 

働きたい業界がある場合は資格を取得しておくのが得策

実際に仕事に就く以前から注意しなければならないこともあります。

基本的には有能な人材が求められていることから経験が重視されがちです。しかし、転職を希望する人には未経験の人もいるものであり、その場合には営業・コンサルタント系として活躍できることを示せる客観的な指標を持っていることが採用の可否を大きく分けます。

前職の業界で働くのが最も単純な方法であり、前職の勤務中に身につけた知識や経験が生かされると考えられて採用される可能性が見出されます。

それ以外の業界での仕事を望む場合には関連する資格を取得するのが有用な選択肢であり、働きたい業界がある場合には取得しやすい資格を探して取得しておくのが得策です。

有能さが求められるからこそ周到な準備を怠らないことが必要となっています。

 

まとめ

営業やコンサルタントの仕事は体力を使う仕事であるため、年齢的に若い人、または、体力のある人が求められる傾向にあります。また、お客様への提案や経営戦略をその場の反応を見て判断したりすることも多くなっているため、十分な思考能力と経験も必要です。また、営業やコンサルタントの場合、その業界の知識、人脈、資格があると転職で有利になります。そのため、営業やコンサルタントに転職をお考えの方は、事前に自分が働きたい業界について熟知しておきましょう。

関連ページ

営業職が転職で必ず聞かれる面接時の質問

営業職が転職で必ず聞かれる面接時の質問

営業職で転職する時、志望先の会社が知りたいのはその人の営業力です。営業力を推し量るため、面接官は […]

続きを見る
営業職が面接で合格するために必要なスキルとノウハウ

営業職が面接で合格するために必要なスキルとノウハウ

営業職の転職において、面接は自己アピールの重要な場です。面接で合格するには、今まで培ってきたスキ […]

続きを見る
年代別でみる異業種から営業・コンサルタントへの転職のポイント

年代別でみる異業種から営業・コンサルタントへの転職のポイント

このページでは、現在の業種とは全く異なる業種として、営業・コンサルタントへ転職する際に知っておく […]

続きを見る
営業・コンサルタント平均年収と転職確認事項

営業・コンサルタント平均年収と転職確認事項

営業、コンサルタントへの転職ではコミュニケーション能力をはじめ、多角的な視点から論理的に答えを導 […]

続きを見る
未経験から営業へ転職を成功させるために押さえておきたいポイント5つ

未経験から営業へ転職を成功させるために押さえておきたいポイント5つ

営業職と聞くと、男性が活躍しているような仕事というイメージが大きいかと思います。しかし、実際は営 […]

続きを見る
一般営業職への転職で採用されやすい人の特徴

一般営業職への転職で採用されやすい人の特徴

一般営業職は、どんな会社にも必要とされる職種です。しかし、実際の業務はハードできついというイメー […]

続きを見る
一般営業職への転職で採用されやすい人の特徴一般営業職への転職で採用されやすい人の特徴
年代別でみる異業種から営業・コンサルタントへの転職のポイント年代別でみる異業種から営業・コンサルタントへの転職のポイント

転職エージェント最新の口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト