第二新卒が転職する際の履歴書の書き方

第二新卒が転職する際の履歴書の書き方

近年、新卒者が就職後数年以内に離職する割合が増加しています。厚生労働省によると、大学新卒者が3年以内に離職している割合は約30%にも及ぶそうです。

日本は同じ勤務先に長く勤めることが良しとされている風潮があるので、就職後数年で辞めてしまうことはあまり印象が良いことではありません。そこで今回は、第二新卒が転職する際の上手な履歴書の書き方をご紹介したいと思います。

第二新卒で履歴書の書き方に困っている人は、ぜひ参考にしてください。

 

1.採用担当者が履歴書でチェックする箇所

履歴書 チェック 箇所

第二新卒とは一般的に初めての就職から数年という短い期間で離職しているため、転職希望先の採用担当者はハナから第二新卒者に対して充分な実績があることを期待していません

企業が第二新卒者に求めている点は以下の通りです。

  • 社会人としての基礎があるかどうか
  • 長期的なビジョンが明確にあるかどうか
  • 前向きでストレス耐性が高かどうか
  • 何においても柔軟性があるかどうか

企業が第二新卒を求める理由をきちんと理解し、第二新卒だからこそアピールできる部分を見つけましょう。前の職場をすぐに辞めてしまったという後ろめたさから言い訳などをしてしまうと、ネガティブな印象を与えてしまいます。

 

教育の手間が省けるかどうか

新卒を採用すると、社会人としてのマナー研修などを受けさせなければなりません。もちろん費用は会社持ちですので、少なからず会社の負担になります。

ですが第二新卒ですと社会人の基礎的なマナーが身に付いているはずなので、企業にとっては教育の手間が省けることが第二新卒採用のメリットとなります。

 

将来会社に利益を与えてくれる人材であるかどうか

第二新卒なので、企業側は即戦力になることを期待していません。そこで重要視されるのは、長期的なビジョンが明確であるかつ前向きな姿勢で何事にも取り組めるかどうか、という所です。ここをクリアしないと将来性は見込めないと判断されてしまいます。

また、企業に勤めるにあたりストレス耐性が高いかどうかは重要になってきます。入社前にストレス耐性テストを実施する企業もあるそうです。こればかりは元々の性格もあるので難しいですが、何事もスルーできる力をつけておいたほうが良いでしょう。

 

前の会社に染まっていないかどうか

社会人歴が長いと、どうしても今まで勤務した会社の風習に染まってきてしまいます。第二新卒者は「前の会社ではこうだったのに…」などと比較される心配が少なく、先入観がないため何に関しても素直に受け入れてくれる傾向があります。

教育する人にとって先入観がないのは指導しやすいですし、衝突するリスクを回避できる可能性が高いです。そのような点で第二新卒者を採用します。

 

2.履歴書でアピールするべきこと

履歴書 アピール

第二新卒者が履歴書を書くときのポイントは、1の項目でご紹介した「企業の求める第二新卒者像」を理解した上で履歴書を作成することです。以下のポイントを必ずおさえましょう。

  • どのように会社に貢献できるのか
  • 前職での失敗談から得たこと
  • 入社したいという熱い思い
  • 自分の持っているビジネススキル

このような項目を履歴書に書いてアピールする必要があります。採用担当者に魅力的な履歴書だと感じてもらうことができないと、面接を受けさせてもらうことすらできません。

 

具体的にどのように貢献できるかということ

企業はもちろん会社に利益をもたらしてくれるであろう人材を探しています。「頑張ります」など抽象的な表現は何も採用担当者の心に響きません。具体的な仕事に対するビジョンを持ち、どのように行動すれば会社に貢献できるかをアピールしましょう。

自分がこの会社でやりたいことや夢を持っていると、採用担当者は会社の利益になる人材ではないか、と考えてくれる可能性が高いです。

 

失敗から学んだエピソードを書くこと

第二新卒ということは、少なからず前職で社会経験があり、失敗も1つくらいはあるはずです。失敗から学んだエピソードから企業はその人がどのような人であるのか見極めます。

ここでのポイントは、失敗をどのように捉え、2度と同じ失敗を繰り返さないようにどのような工夫や改善策を練ったかを中心に作成しましょう。具体的な原因や理由などを書くとなお良いでしょう。

 

この会社でなければいけない理由をかくこと

採用担当者は、数ある企業の中からなぜうちの会社を受けたのか、を重要視する傾向があります。同じような事業をしている企業はたくさんある中で、なぜここを選んだのか明確にする必要があります。

いくらスキルがある人材であろうと、やる気がなく会社に貢献したいという強い意思がない人には入社してほしくないと考えるのが普通です。履歴書にどうしても入社したいという熱い思いをぶつけましょう。

 

自分の習得しているビジネススキルをかくこと

前職で得たビジネススキルをアピールすることはとても重要です。このようなスキルを持っているから、もし入社した際にここに関しては即戦力になることができると思ってもらえる可能性があり、評価が高くなります

ですがここで注意してほしいのは、自分のスキルを飾り過ぎないということです。もし過大に書いてしまうと、入社に至った場合に自分が困るほか、会社の人にも迷惑をかけてしまうことになります。

 

3.第二新卒者が履歴書を作成する際の注意点

履歴書 注意点 第二新卒

履歴書作成にあたり、誤字脱字がなくきっちり必要な情報が記載されているのは当たり前のことです。その当たり前をクリアした上で、第二新卒者が履歴書を作成する際に気をつけてほしいことは以下の通りです。

  • 履歴書でも謙虚さを忘れない
  • 前職の退職理由に言い訳をしない
  • 証明写真はプロに撮ってもらう

第二新卒の履歴書は、通常の履歴書よりも注意点が多いです。このようなポイントに気をつけて、すぐに前職を離職してしまったというマイナスな印象を撤回できるような魅力的な履歴書を作成しましょう。

 

自分の経験を過大評価しない

履歴書に前職での経験を強くアピールしすぎると、「所詮数年で辞めたくせに何を知っているんだ」などとマイナスな評価に繋がってしまうケースがあります。前職での経験をアピールすることも大切ですが、謙虚さを忘れてはいけません。

前職での経験をアピールする際は、「まだまだ学ぶことは多いとは思いますが~」などど謙虚な姿勢で履歴書に経歴をアピールしましょう。

 

離職理由の言い訳は不信感を与えるためしない

第二新卒者は、短期間で仕事を辞めたという負い目から、離職理由について言い訳をしなくてはいけない、と考えてしまいがちです。どんなに上手い言い訳を考えても、企業の採用担当者の目はごまかせません。

逆に言い訳をする人間なんだと解釈されるでしょう。誠実な人間であることをアピールするために、絶対に言い訳はしないようにしましょう。

 

人の印象は見た目で決まることを心得る

人は見た目が9割と言われるように、採用担当者はまず初めに履歴書の写真を見ます。そして、この人は真面目そうだとか前向きそうだとかを判断します。写真うつりにより、随分印象が変わることは事実です。

町中にある証明写真機は使用せず、きちんとした写真屋で証明写真を撮ってもらうことをオススメします。写真屋では肌を明るくしてくれるので元気で清潔な印象になります。

 

4.履歴書はパソコンで作成するのがオススメ

履歴書 パソコン 作成

一昔前は手書きで履歴書を書くことが一般的でしたが、今はパソコンを使用して履歴書を作成する方が一般的になっています。手書きの方が熱意が伝わる、など言いますがパソコンの方が採用担当者にとって良いやすいです。

また、字が汚いと雑なイメージがついてしまいますし、今の時代パソコンで履歴書も作成できないのか、とパソコンスキルを疑われてしまう結果となる可能性があります。ですので履歴書はパソコンでの作成をオススメします。

 

採用担当者の96%は手書きの必要性を感じていない

ワークポートが調査した結果によると、採用担当者の96%が「履歴書に関して手書きである必要はない」と回答しています。よってパソコンで履歴書を作成したからといってマイナス評価に繋がることはまずないと思って良いでしょう。

 

きれいな履歴書の方が読んでもらえる

人事部には、毎日たくさんの履歴書が送られてきます。パソコンできれいに整えられた履歴書は読む気になりますが、汚い字で書かれた履歴書は当然読む気になれません。きれいな字であれば良いですが、字に自身がない人はパソコンを使用しましょう。

 

パソコン作成の方が楽

読む側にとってもメリットがあるパソコンで作成された履歴書ですが、作成する側にもメリットがあります。手書きに比べ、パソコンで履歴書を作成するほうが断然楽です!

手書きの場合、誤字脱字があると修正液を使うことができないのでまた新たに書き直す必要があります。労力を使いますし、コストもかかります。パソコンでは簡単に誤字脱字を訂正できるのでとても楽です。

 

履歴書はネットでダウンロードできる

パソコンで履歴書を作成する際は、インターネットから履歴書をダウンロードしましょう。ハローワークのHPからもダウンロードできますし、「履歴書」と検索すると様々なフォーマットをダウンロードすることができます。

 

まとめ

第二新卒者が転職活動の際に知っておきたい履歴書の書き方をご紹介いたしましたが参考になりましたか。採用担当者があなたのことを知る術は履歴書しかありません

面接をしてもらうためには、まず履歴書選考を通過する必要があります。ポイントをおさえている魅力的な履歴書を作成し、面接をしてもらえるようにしましょう!

第二新卒向け転職サイト口コミランキング




第二新卒とは:学校を卒業後1~3年で、転職または就職を志す若年を指す(25歳前後)」第二新卒が転職で利用した転職サイトを口コミを頂いてランキングしています。求人の質や対応の内容が違うので、複数登録して見比べ比較することが鉄則です。


関連ページ

第二新卒が転職面接で失敗しないための退職理由の答え方

第二新卒が転職面接で失敗しないための退職理由の答え方

近年、新卒で入社した会社を3年以内で退職する新入社員の割合は大変高くなっています。 また、一度社 […]

続きを見る
第二新卒が就活で気をつけるべき4つの注意点

第二新卒が就活で気をつけるべき4つの注意点

「第二新卒」が転職市場で注目を浴びています。「第二新卒」とは、大学を卒業し、就職をした後、数年以内 […]

続きを見る
第二新卒の男性が転職する注意点とメリット・デメリット

第二新卒の男性が転職する注意点とメリット・デメリット

大学を卒業後就職したけれど、1~3年以内に退職して転職を試みる20代前半の男性が近年多くなってき […]

続きを見る
第二新卒の転職面接で知っておきたいポイント

第二新卒の転職面接で知っておきたいポイント

このページでは、第二新卒の転職面接時の自己PRを考える際に心がけるべきポイントと、面接でよく聞か […]

続きを見る
第二新卒(20代前半)の転職平均年収と転職の注意点

第二新卒(20代前半)の転職平均年収と転職の注意点

20代前半で退職をした人や、新卒で就職をしてから3年以内に会社を辞めた人は、第二新卒と呼ばれてい […]

続きを見る
20代前半の第二新卒女性が転職する注意点とメリット・デメリット

20代前半の第二新卒女性が転職する注意点とメリット・デメリット

20代前半の女性が転職をするときは、目の前の好条件だけでなく、トータルなライフプランを念頭に置い […]

続きを見る
第二新卒が転職時の求人選びで見るべきポイント

第二新卒が転職時の求人選びで見るべきポイント

第二新卒として転職すした際にも起こるのが、会社とのミスマッチです。 せっかく入社した会社が自分に […]

続きを見る
第二新卒の転職面接で魅力的に感じる志望動機とは?

第二新卒の転職面接で魅力的に感じる志望動機とは?

第二新卒の転職面接の際にも必ず聞かれるのが、「なぜ当社を志望したのですか。」というような志望動機で […]

続きを見る
第二新卒が転職で成功するための会社の選び方

第二新卒が転職で成功するための会社の選び方

第二新卒とは、学校を卒業して数年会社に勤めたのち、転職を目指す若者のことを指します。 一般的には […]

続きを見る
第二新卒の転職で失敗しないためのポイント

第二新卒の転職で失敗しないためのポイント

このページでは、第二新卒者が転職に失敗してしまわないために、第二新卒の転職失敗事例とおすすめの転 […]

続きを見る
第二新卒が転職面接で失敗しないための退職理由の答え方第二新卒が転職面接で失敗しないための退職理由の答え方
第二新卒が転職時に求人を探すオススメの方法4つ第二新卒が転職時に求人を探すオススメの方法4つ

第二新卒転職サイト口コミランキング

第二新卒転職サイト最新口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト