第二新卒が就活で気をつけるべき4つの注意点

第二新卒が就活で気をつけるべき4つの注意点

「第二新卒」が転職市場で注目を浴びています。「第二新卒」とは、大学を卒業し、就職をした後、数年以内に離職し、転職活動を行う若手求職者のことを指します。

「第二新卒」の応募者は、社会人経験も少なく、実績やスキルといった部分はさほど期待はできませんが、社会人としての基礎はできており、仕事への順応性も高いことから、短期間での戦力化が見込まれ、大変重宝されています。

また年齢も若く、給与も高くないため、使い勝手も非常に良く、第二新卒への企業のニーズは高まり、求人数も増加の一途を辿っています。

好況にある「第二新卒」ですが、転職活動に油断は禁物です。本稿では、「第二新卒」の転職活動で大切にすべき4つの注意点について解説します。

1.前職についてネガティブな発言は厳禁

ネガティブな発言は禁止
前職についてネガティブな発言を行うことは、絶対に避けるべきです。面接の際には、ほぼ間違いなく、前職を退職した理由について質問されますが、前職の批判などもってのほか。

 

ネガティブではなくポジティブな理由を伝える

必ず、自身の将来ビジョンを示した上で、前職ではなく、御社でキャリアを築くことがベストだと判断した、というようにポジティブな理由を語るべきです。

もちろん、新卒で入った企業が、いわゆる「ブラック企業」で、本音を語るとネガティブな意見しか出てこない場合もあるかもしれません。しかし、話をしている本人は、前職が「ブラック企業」だと思っていても、話を聞いている面接官の側からすれば、応募者の前職は、「ブラック企業」でもなんでもなく、ただ仕事の厳しさから逃げているだけと捉えるかもしれません。

面接官からすれば、そのような応募者は、前職と同じように、今回もすぐに退職してしまうのではないかと考えてしまいます。必ずポジティブな理由で転職に踏み切ったと伝えることを心掛けましょう。

 

2.職種ではなく「仕事内容」を知る

職種ではなく仕事内容をしる
当然のことですが、仕事内容について情報収集するのは非常に重要です。「第二新卒」の場合、多くの場合はキャリアチェンジを目的としているため、まったく「畑違い」の業界に飛び込むケースも多く、実際の「仕事内容」について、完全に理解しない状態で入社を決めてしまうケースも多いようです。

さらに、近年では、転職市場は完全な「売り手市場」で、むしろ企業からラブコールを送る場合も多く、企業側も、実際の姿よりも過大に自社の魅力をアピールしてしまうケースも見受けられます。

 

具体的な仕事内容を把握しよう

営業・マーケッター・WEBディレクターなど、これらは職種にすぎません。職種を聞いただけで、仕事内容まで理解した気になっていませんか?大事なのは、職種ではなく仕事内容にあります。

「第二新卒」での転職を目指す場合、現在の仕事から一刻もはやく抜け出し、新たなキャリアをスタートさせたいと考える応募者も多いようですが、企業調査や面接を一つのチャンスだと捉え、具体的に仕事内容を知るよう努めましょう。

 

3.「戦力化」への道筋をわかりやすく示す

筋道をわかりやすく示す
多くの企業が「第二新卒」の人材を求めていますが、「第二新卒」の場合、多くの場合が異業種へのチャレンジとなりますし、同業種への転職だった場合も、「実務経験」が3年に満たないことから、「第二新卒」を即戦力とみなす企業は多くはありません。

 

面接官は「戦力化」への道筋を知りたがっている

そのため、「戦力化」への道筋を把握すべく、面接官は応募者に対し、様々な切り口から質問を投げかけてきます。

この点を理解していれば、こちらから先手を打って、「戦力化」への道筋について明示的に示すことで、面接官に「わかっているな」という印象を与えることができ、アピールにつなげることができます。

また、「できるだけはやく御社に貢献できる人材になるために、すでにこの勉強をはじめています」といった言い方ができると、さらにアピール度は高まるでしょう。とにかく、面接官に「戦力化」への道筋をわかりやすく説明し、面接官に「安心感」を与えることが重要です。

 

4.前職とは円満退職を心掛ける

円満退社を心がける
第二新卒に限らないことですが、退職の際は、必ず「円満退職」を心掛けるべきです。上司にはできるだけ早めに「相談」しておくべきですし、「引継ぎ」「残務処理」も抜かりなく行いましょう。「立つ鳥跡を濁さず」です。

さらに、これからの時代、FacebookなどのSNSで人間関係の「つながり」が、半永久的に「保存」されることから、前職の人間関係が退職後もついてまわることが多くなります。(「終身雇用」よりも、「終身関係」の時代にシフトしていると言えるでしょう。)

そういった観点からも、前職との人間関係は良好に保ったままで、退職すべきです。転職する際は、前職との「円満退職」を必ず心掛けてください。

 

「第二新卒」は絶好のチャンス

絶好のチャンス
現状、転職市場は活気づいていて、なかでも「第二新卒」は戦力として高いニーズがあります。

「売り手市場」のぶん、多くの企業からラブコールを受けるケースも大いにあるでしょうが、そのなかでも、長期的なキャリアビジョンを考えた上で、自身の「市場価値」を高める転職を行うよう、常に心がけるべきです。

「第二新卒」は絶好のチャンスです。このチャンスを生かして、自律的なキャリアを築くことで、充実した仕事人生を実現していきましょう。

第二新卒向け転職サイト口コミランキング




第二新卒とは:学校を卒業後1~3年で、転職または就職を志す若年を指す(25歳前後)」第二新卒が転職で利用した転職サイトを口コミを頂いてランキングしています。求人の質や対応の内容が違うので、複数登録して見比べ比較することが鉄則です。


関連ページ

第二新卒の転職 | 転職の流れとキャリアプランを立てる5つの注意点

第二新卒の転職 | 転職の流れとキャリアプランを立てる5つの注意点

第二新卒者は、新卒と比較して一定のビジネススキル・社会経験を備えていますし、キャリアのある転職者 […]

続きを見る
第二新卒が転職する際の履歴書の書き方

第二新卒が転職する際の履歴書の書き方

近年、新卒者が就職後数年以内に離職する割合が増加しています。厚生労働省によると、大学新卒者が3年 […]

続きを見る
第二新卒が転職面接で失敗しないための退職理由の答え方

第二新卒が転職面接で失敗しないための退職理由の答え方

近年、新卒で入社した会社を3年以内で退職する新入社員の割合は大変高くなっています。 また、一度社 […]

続きを見る
第二新卒で転職できる人とできない人の特徴

第二新卒で転職できる人とできない人の特徴

学生時代に苦労して就職活動をした結果、やっと就職できたのに、いざ働いてみると思っていたイメージと […]

続きを見る
第二新卒の転職面接で魅力的に感じる志望動機とは?

第二新卒の転職面接で魅力的に感じる志望動機とは?

第二新卒の転職面接の際にも必ず聞かれるのが、「なぜ当社を志望したのですか。」というような志望動機で […]

続きを見る
第二新卒で一般企業からベンチャーへ転職する際のメリット・デメリット・注意点

第二新卒で一般企業からベンチャーへ転職する際のメリット・デメリット・注意点

最近では大企業からベンチャー企業へ転職する第二新卒の方が沢山いるため珍しい話では全くありません。 […]

続きを見る
第二新卒が転職時に求人を探すオススメの方法4つ

第二新卒が転職時に求人を探すオススメの方法4つ

第二新卒として転職先をお探しの方の中には、前の会社よりもやりがいのある仕事への転職を目指している […]

続きを見る
第二新卒の男性が転職する注意点とメリット・デメリット

第二新卒の男性が転職する注意点とメリット・デメリット

大学を卒業後就職したけれど、1~3年以内に退職して転職を試みる20代前半の男性が近年多くなってき […]

続きを見る
第二新卒の転職面接で知っておきたいポイント

第二新卒の転職面接で知っておきたいポイント

このページでは、第二新卒の転職面接時の自己PRを考える際に心がけるべきポイントと、面接でよく聞か […]

続きを見る
第二新卒の退職理由ランキング

第二新卒の退職理由ランキング

第二新卒が退職する際には、どんな理由をあげる人が多いのでしょうか。このページでは、第二新卒の退職 […]

続きを見る
第二新卒の転職 | 転職の流れとキャリアプランを立てる5つの注意点第二新卒の転職 | 転職の流れとキャリアプランを立てる5つの注意点
第二新卒が転職で成功するための会社の選び方第二新卒が転職で成功するための会社の選び方

第二新卒転職サイト口コミランキング

第二新卒転職サイト最新口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト