第二新卒の転職面接で魅力的に感じる志望動機とは?

第二新卒の転職面接で魅力的に感じる志望動機とは?

第二新卒の転職面接の際にも必ず聞かれるのが「なぜ当社を志望したのですか。」というような志望動機です。その際に、何を伝えるべきなのか、どう伝えたら意欲が伝わりやすいかなどを詳しく説明していきたいと思います。

第二新卒は転職市場において需要が高い存在のため、このタイミングを有効に活用して頂きたいです。そのため、第二新卒として転職面接を控えている方は、是非参考にしてみて下さい。

それではみていきましょう。

 

1.そもそもなぜ面接官は第二新卒に志望動機を聞くのか

面接官が第二新卒に志望動機を聞く理由

ではそもそも、面接官はなぜ毎回の面接の中で志望動機を聞くのでしょうか。何を目的に志望動機を聞かれるかを知っておくと、的はずれな答えをしなくてすむため面接前にここもチェックしておきましょう。

 

面接官が志望動機を聞く理由について

面接官が転職の際にも志望動機を聞く理由は、転職希望者の企業に対する認識を伺い、自社の仕事で自己実現をそてもらえるかを確かめることです。内容次第では、その会社では実現できないこともあるためそのミスマッチを防ぐことも目的の一つです。そして、転職希望者の熱意や意欲を確認し内定を出した後にも入社をしてくれるのかも見られています。

 

企業の採用活動には時間・費用・人件費が割かれている

もし、内定を出したのにもかかわらず内定辞退や選考辞退があると割いた時間やコストが無駄になってしまいます。そのため、内定を出した後にこの会社で働いてくれるのかはとても重要視されています。

 

 

2.第二新卒の転職面接で面接官が見る志望動機のポイント

人事が見る第二新卒の志望動機のポイント

社会に出て、1,2年のビジネスパーソンが十分な実績を挙げていないということは求人企業の人事も承知しています。では、採用側は第二新卒の応募者のどこを評価ポイントにしているのでしょうか。確認してみましょう。

 

第二新卒ならではの志望動機のポイント

転職希望者の場合は、面接官は新卒とは異なる志望動機の回答を求めています。それは、前職を辞めて転職活動を行う理由を知り、自社で活躍できる人材なのか見極めようとしているからです。そのため、面接の際には具体的な実績や活動内容を整理しておき面接の際に話すようにしましょう。

 

企業の狙いにマッチした志望動機とは

面接側にも必ず求める人物像のイメージがあり、志望動機を通じて自社の採用ニーズに合った人物なのかという事も判断しています。そのため、第二転職希望者は自分が企業の採用活動にマッチした人材であることをアピールする必要があります。

 

この会社でなければならないという熱意が必要

企業側は、第二新卒に対しても「この会社でなければならない」という熱意を求めています。採用側と応募者の間のミスマッチを防ぐことに加え、入社後のモチベーションや入社後どのような働き方をするのかを具体的にイメージできてるのかということが重要です。そのため、その企業ならではの理由を見つけて志望動機の内容に取り込むと良いです。

 

人事が第二新卒を見ている具体的な評価ポイント

人事が第二新卒を見る代表的な評価ポイントをみていきましょう。

  • 社会人としての基本が身についているか
  • 前向きで自律的な考え方をしてるか
  • 今まで実績があるなら、その再現性があるか
  • 今後に期待できる要素があるか
  • 自分が将来こうありたいという姿を描けているか
  • 転職先に馴染む柔軟性があるか

このように第二新卒の場合は、実績がメインに見られる訳ではなく今後どれだけ伸びそうかというポテンシャルを評価されています。

 

基本的なビジネススキルは必須

基本的なビジネススキルが備わっていたり、会社や組織で働くということを暗黙的に理解していることも重要です。この2つが備わっているとビジネスパーソンとして即戦力だということもアピールになります。実績だけでなくビジネススキルも身についていないなら新卒採用でいいと人事は考えます。

 

何をどのくらいできるか素直に答えよう

このアピール内容によって、人事担当は応募者が必要条件を満たしているかを判断します。できないことを背伸びしてできますと言うよりも、できていない部分を今後どう補っていくかを伝えた方が好印象です。今の自分を知ったうえで、今後の業務を具体的にイメージできている人と印象付けられると良いでしょう。

 

履歴書では企業へいかに貢献できるか伝えよう

面接官は、転職希望者から届いた履歴書をもとに「会ってみたい人」を絞り込みます。書類選考で自社のニーズに近い人だけを選び面接を行います。履歴書での志望動機は、過去の実績を端的に伝え、転職を希望する会社で今後どのように自分のキャリアを活かせるのかといことを書くのがポイントです。事実を伝えるだけでなく、自身がいかに企業に貢献できるかということをアピールしましょう。

 

具体的な数値やエピソードがある方が良い

志望動機の中にも具体的な数値やエピソードがあると読む側もわかりやすいです。面接官は、忙しい中で履歴書に目を通しているため読みやすく丁寧に書かれた文章の方が好感をもたれやすいです。字から気持ちも伝わるため、下手でも自分なりに一生懸命書くようにしましょう。

 

面接では提出書類と差異がないように注意

履歴書で志望動機を書いた後は、面接にて志望動機を伝える場がやってきます。そして、履歴書と面接でのギャップがあると嘘のように捉えられたりとマイナス評価になってしまう場合もありえます。そのため、あらかじめ面接用には別に志望動機の台本を作っておくことをおすすめします。

 

志望動機は論理的に伝えよう

面接でよくある失敗例として、伝えることが結果だけでその理由を述べずに終わるパターンです。採用側は、結論に対する根拠を聞きたがっているため結果と理由が伝わるような志望動機にしましょう。

 

 

3.第二新卒の志望動機を魅力的に見せるコツ | 就職タイプ別

第二新卒のタイプ別志望動機のコツ

面接で必ず聞かれる志望動機ですが、ただ単純に応募企業の魅力を伝えるだけでは不十分です。そのためタイプ別の面接官の心をつかむ志望動機のコツを見ていきましょう。

 

同じ職種を志望する場合

第二新卒として、同業種・同職種から転職する場合、採用側が気にするのは以下のポイントです。

  • なぜ現在の会社を辞めて、同業種・同職種を志望するのか
  • 前職ではどこが不満だったのか
  • この会社に入って何を実現したいか

転職をするということは、前職になんらかの不満があったからであると考えるのが普通です。そのため、何が不満だったのかという事は必ず聞かれます。

 

志望動機のポイントとは

退職理由は様々だと思いますが、人間関係、労働環境、給与など会社の非難を言ってしまってはマイナス評価をあたえてしまいかねません。採用側は、前職の不満ではなく前向きな姿勢の志望動機を望んでいます。

同業種・同職種から転職する場合の志望動機のポイントを見ていきましょう。

  • 前職場では努力しても実現不可能だったことが実現でき、それによってキャリアアップできること
  • 応募先の発展にどのように貢献できるのか

ただ単純に「スキルアップのため」などの言葉でまとめてしまうのではなく、明確な志望動機を伝えましょう。

 

志望動機で言わない方が良い事

志望動機を言う際に気をつけたい事が、余計なこと(マイナス評価になること)を言わないことです。以下の点は注意しましょう。

  • 貴社の社風の良さや業績の良さに魅力を感じた
  • 貴社の充実した社員教育制度を利用したい

上記の2点には注意しましょう。まだ入社しいていないため実際の社風はわかりませんし、業績の良さに魅力を感じるといことは裏を返せば業績が悪化した場合辞めてしまうのではないかと思われてしまいます。社員教育制度を利用したいというのも一見前向きですが、会社の制度に着たいしているという点でマイナスです。自分からスキルアップしていこうという姿勢が必要です。

 

未経験の職種へキャリアチェンジする場合

未経験の分野に挑戦する際、志望動機はどのように考えれば良いのでしょうか。未経験とはいえ、考え方や伝え方次第で内定に繋げることができます。ではいったいどのような点に注意していけば良いのかみていきましょう。

 

志望動機のポイントとは

第二転職面接の際に未経験の職種を希望する際は以下の注意点を参考にしましょう。

  • 志望動機を明確にする(なぜこの職種を選んだのか)
  • そのために何を学んでいるか
  • 未経験者を求めている理由を考え、自分にマッチしている能力をアピールする
  • 前職で活かせるスキルや経験を協調する
  • 社会人としての基礎力をアピールする

募集要項の「未経験可」「未経験者歓迎」の募集の意味を考え、企業が求めている人物像にマッチした能力を具体的にしましょう。また、新しい分野の職務を積極的に覚えていく姿勢をアピールすることも大切です。第二新卒として、未経験の分野に挑戦される方は是非参考にしてみて下さい。

 

志望動機で注意したい事

未経験の分野の場合は、上記のアピールポイントを伝えていくことが必要不可欠です。たまに見かけるのが、「精一杯がんばります」という内容だけでどのような経緯で企業に興味を持ってきたのか、どのよう企業に貢献できるのかが具体的に何も伝わらない志望動機です。そのため、内容の無い志望動機にならないように気をつけましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。第二新卒ならではの志望動機のポイントが沢山あったと思います。色々見てきましたが、最終的に面接で一番大切なことは仕事に対する自分の想いや考え方です。そのため面接の際は台本通りに言おうとがちがちにならず、自分で言葉を選び自分らしく会話をすることを心掛けましょう。

これから第二新卒として面接を受ける方、転職を悩まれている方に是非参考にして頂きたいです。

そして、面接では自信を持ちつつも謙虚さを忘れずに自分自身を最大限にアピールできることを祈っています。

第二新卒専用の転職サイト比較ランキング

関連ページ

第二新卒で一般企業からベンチャーへ転職する際のメリット・デメリット・注意点

第二新卒で一般企業からベンチャーへ転職する際のメリット・デメリット・注意点

最近では大企業からベンチャー企業へ転職する第二新卒の方が沢山いるため珍しい話では全くありません。 […]

続きを見る
第二新卒の退職理由ランキング

第二新卒の退職理由ランキング

第二新卒が退職する際には、どんな理由をあげる人が多いのでしょうか。このページでは、第二新卒の退職 […]

続きを見る
第二新卒が円満退職するためのコツと退職理由とは?

第二新卒が円満退職するためのコツと退職理由とは?

今の会社を辞めると決めたけれども、何から始めていいのかわからないという人は少なくないと思います。 […]

続きを見る
第二新卒の転職 | 転職の流れとキャリアプランを立てる5つの注意点

第二新卒の転職 | 転職の流れとキャリアプランを立てる5つの注意点

第二新卒者は、新卒と比較して一定のビジネススキル・社会経験を備えていますし、キャリアのある転職者 […]

続きを見る
第二新卒が転職面接で失敗しないための退職理由の答え方

第二新卒が転職面接で失敗しないための退職理由の答え方

近年、新卒で入社した会社を3年以内で退職する新入社員の割合は大変高くなっています。 また、一度社 […]

続きを見る
20代前半の第二新卒女性が転職する注意点とメリット・デメリット

20代前半の第二新卒女性が転職する注意点とメリット・デメリット

20代前半の女性が転職をするときは、目の前の好条件だけでなく、トータルなライフプランを念頭に置い […]

続きを見る
第二新卒が転職で成功するための会社の選び方

第二新卒が転職で成功するための会社の選び方

第二新卒とは、学校を卒業して数年会社に勤めたのち、転職を目指す若者のことを指します。 一般的には […]

続きを見る
第二新卒で転職できる人とできない人の特徴

第二新卒で転職できる人とできない人の特徴

学生時代に苦労して就職活動をした結果、やっと就職できたのに、いざ働いてみると思っていたイメージと […]

続きを見る
第二新卒が転職で大手企業に就職する方法と注意点

第二新卒が転職で大手企業に就職する方法と注意点

転職市場において、第二新卒は有望人材であると考える企業は、少なくありません。それは大手企業におい […]

続きを見る
第二新卒の転職面接で知っておきたいポイント

第二新卒の転職面接で知っておきたいポイント

このページでは、第二新卒の転職面接時の自己PRを考える際に心がけるべきポイントと、面接でよく聞か […]

続きを見る
第二新卒が転職時の求人選びで見るべきポイント第二新卒が転職時の求人選びで見るべきポイント
第二新卒の男性が転職する注意点とメリット・デメリット第二新卒の男性が転職する注意点とメリット・デメリット

第二新卒転職サイト口コミランキング

第二新卒転職サイト最新口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト