第二新卒が円満退職するためのコツと退職理由とは?

第二新卒が円満退職するためのコツと退職理由とは?

今の会社を辞めると決めたけれども、何から始めていいのかわからないという人は少なくないと思います。

どのような理由があったとしても、あなたが会社を辞める事によって影響を受ける人は必ず存在します。そのため、会社を辞めるまでにしっかりと引き継ぎを行い、後任者や職場になるべく迷惑をかけずに退職することは社会人としてのマナーです。そして、できる事ならば円満に退職したいですよね。

そのため今回は、第二新卒が円満退社するためのコツや具体的な退職理由についてご紹介致します。

 

1.そもそも、なぜ円満退社をした方が良いのか

なぜ円満退社をした方が良いのか

会社を辞める時は、円満退社が良いと言われていますよね。でも、そもそもなぜ円満退社をする必要があるのでしょうか。辞めたいんだから本音を言って辞めてしまえば良いという考えの方もいらっしゃるかもしれません。しかし、まずはなぜ円満退社がおすすめなのか一緒に見ていきましょう。

 

円満退社とは?後を濁す事無く職を離れる事

円満退職じゃないとまずいという言葉をよく耳にします。円満退社とはどういう事なのかおさらいすると、労働者と使用者の双方が納得して、スムーズな仕事の引き継ぎとともに、後を濁す事なく職を離れることです。

 

会社を辞める理由が転職活動に影響するから

会社を退職する際、定年退職でなければほとんどの人が転職活動を行う事になります。その際に必ず聞かれることが「なぜ、前職を辞めたのか」という事です。その質問に対して「人間関係が合わなかった」、「仕事がつまらなかった」などと言ってしまうと採用側は、「新しい会社でもトラブルを起こすのではないか」と不安に思ってしまいます。

 

面接官に嘘はばれてしまう

面接の際に、仮に円満退社をしたように装っていても面接官にはばれてしまいます。そのため、面接の際に胸をはって円満退社でしたと言えれば転職活動も前向きな気持ちで行う事ができるため、退職前には円満退社になるよう意識しましょう。

 

前職の人達とは退職後も繋がりがあるから

実は、円満退社をしておくべき理由の中に前職の人とはどかかで繋がりがあるという事が言えます。意外にも、同一業界で転職した場合はもちろん、業界内外問わず退職後に前職の人と再開したという人は多いという値が出ています。

 

立つ鳥跡を濁さずの精神が大切

仕事を辞める理由が、職場の不満によるものだと、どうしても最後にガツンと言ってやると思う人が多いです。しかし、すっきりするのはその瞬間だけです。前職の人達とまた出会った時に円満退社であれば仕事の付き合いでなくてもきっと素敵な出会いができます。

 

 

2.第二新卒が円満に会社を退職するためのコツ

円満退社するためのコツ

転職をしたいこの会社を辞めたいと考える理由には、人間関係のトラブルや待遇の悪さなど人それぞれ理由は様々あると思います。しかし、せっかく退社するなら円満に退社したいですよね。それでは円満退社をするためのコツを紹介します。

 

円満退社は引き止められない理由にしよう

円満退社をする時には、本音でぶつかっていってしまうのは辞めた方が良いです。かといって建前で言えるような退職理由だと必ず引き止められてしまいます。そのため、引き止められないような退職理由で攻めていきましょう。後ほどオススメの退職理由をご紹介します。

 

退職理由では本音と建前を使い分けよう

転職や退職をする事は、決して例外的なものではありませんが、同僚や仲間が退職するという事を聞けばネガティブな反応を見せる人も少なからずいます。そのため、本音と建前を分けて火種を残さないように円満退社をする事がマナーとなってきます。

 

退社理由の建前

退社理由で皆がよく使用している建前は、転職して「キャリアアップがしたかった」「仕事内容が面白くなかった」「労働環境が不満だった」「会社の経営方針・経営状況が変化した」というものがあり、聞いている限りでは納得のいくような退職理由が多くあげられました。

 

退職理由の本音

退職理由の建前をみると、よく耳にするものばかりでしたし、採用面接官側にとっても納得のできる内容ばかりでした。しかし、本音の退職理由は、「上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった」「労働時間・環境が不満」「同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった」「給料が低かった」などが挙げられました。先ほどと比べてみると人間関係でのトラブルや給与面の理由が多く正直には言えない内容である事がわかりました。

 

辞めるタイミングはいつが良いか

職場になるべく迷惑がかからない時期を選びましょう。例えば、人が不足している繁忙期の時期などに退職されてしまうと周りの方々に多大な迷惑をかけてしまいます。そのため具体的には、仕事のプロジェクトが終了した節目やボーナス後などの仕事の区切りの際に退職する方が良いです。

 

「退職します」と伝えるのはいつが良いか

法律上では、2週間前までに退職の申し出を行う事が定められています。しかし、会社の就業規定に退職申し出の期間が決められている場合も多くありますので事前に調べておきましょう。実際退社する際には、引き継ぎ、残務処理、人員調整などが発生するため一般的な正社員の場合は、1,2か月前に伝えるケースが多いです。そのため、余裕をもって早めに伝えるようにしましょう。

 

引き継ぎをスムーズに行うように準備しよう

退職が決まって一番大切になってくるのが、「引継ぎ」です。退職日までにどのように行うか、計画的に行います。スムーズに行えるように、前もって準備しておくと良いでしょう。

 

引き継ぎのポイント

引き継ぎのポイントは退職した後、いつも通り業務を行う事ができるかという事です。具体的に行う内容について以下に記載します。

  • 誰が見ても分かりやすい資料の作成
  • 取引先への挨拶と後任者の紹介
  • 転職先が決まっている場合は引き継ぎが進んでいる事の連絡
  • 返却物を事前にチェックする

というような事を行います。ただ、引継ぎ資料を作って後任者に渡すのではなく、後任者との認識を擦り合わせながら退職後にトラブルが起きないよう努める事が大切です。

 

 

3.第二新卒が円満退社にオススメの退職理由6つ

薬剤師転職サイトを利用するポイント

退職理由のコツや本音などをみてきましたが、やはり人間関係のトラブルや給料面の不満に関しては、退職理由としては避けた方が良いものでした。それでは、具体的にはどんな退職理由なら受け入れてもらえ転職活動の際にも不利にならないのでしょうか。みていきましょう。

 

理由1:キャリアアップがしたいため

今の会社や上司に何かしらの不満があって退職したとしても、退職後も仕事を続けていく以上転職先でも、今の上司や会社とのビジネスがあるかもしれません。そのため、退職理由を伝える時、上司には「適職がみつかりました」と伝えると良いです。他にも「~に興味があり、それに関わる仕事がしたい」「自分のステップアップのため、違う環境で働いてみたい」「仕事以外にもやりたい事を見つけたい」というような前向きな退職理由を伝えておけば上司とも良好な関係を保ったまま退職する事ができます。

 

理由2:一身上の都合のため

会社の一員として仕事をしている限りは、今まで関わってきた人達に礼を尽くし後始末をちゃんとして辞めていくのが大人としてのマナーです。そんな大人にふさわしい退職理由におすすめなのが一身上の都合です。個人的な理由であれば誰も口を出す事ができませんし、かつ前向きな姿勢の理由であれば円満に退職することができます。

 

理由3:結婚するため(寿退社)

女性の場合は寿退社の場合があります。その場合は、上司にはっきりとその事を伝えましょう。女性の中には、プライベートな話をあまり職場に明かしたくないという人もいらっしゃるかとは思いますが、下手にごまかすよりも開き直ってお祝いしてもらう事をおすすめします。

 

理由3:労働時間・環境に不満を感じたため

この点に関してはストレートに伝えると良いでしょう。そして、肉体的に体がついていかない、実際病院に通いながら仕事をしているなど、仕事をやめざるを得ない状況であれば理解を得る事ができるでしょう。

また、環境改善を求めていたがその兆しが全くみられなかったなどといった伏線があればある程理解を示してもらえる事が多いです。

 

理由4:経営方針や状況が変化し自分の考えと相違が出たため

会社に対する不安から退職を決意した場合の退職理由です。退職者は多いのに全くと言っていいほど人が入ってこないなどという不安を抱えるといつしかそれが、会社に対する不信に変化しいていきます。状況を考えれば会社側は退職を望む人に対して強く出る事はできないためすんなり辞める事ができるでしょう。

 

理由5:仕事内容が自分に合っていなかったため

仕事内容がつまらないなどと不満点をストレートに伝えるのではなく、私はこういいう仕事がしたいと思っていたのにその業務がなかなか回ってこないなど、自分にはどうする事もできないため退職を決意したという内容も多くみられますし、受け入れてもらえることの多い退職理由です。

 

理由6:雇用形態に満足できなかったため

社員登録前提で入社したのに関わらず、未だに社員になれていない。入社した際に言っていた事と違う、会社状況が悪化してきたなど会社側の理由が絡んでいたりする事が多く強く引き止められる事が少ない理由です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。円満退職をする際に使える退職理由の大きなポイントは「どうにもならない個人的な都合」を理由にするという事でした。

転職したい理由は人それぞれ様々な理由があると思います。転職するにも退社するにも一度関わりを持った人との縁はなかなか切れません。そのため、前向きな気持ちで次のステップに踏み出せるよう、余計な考え事をなくすという点においても円満退社をすることをおすすめします。

そして、そのためには本音と建前を使い分ける事が大事です。本音を言えない事を少し苦痛に感じるかもしれませんが、ストレスは仲の良い人だけに吐き出して会、社では建前で過ごす方が自分にも相手にとってもプラスです。

最後まで社会人としてのマナーを守り、新たな人生を歩んで頂けるよう応援しています。

第二新卒向け転職サイト口コミランキング




第二新卒とは:学校を卒業後1~3年で、転職または就職を志す若年を指す(25歳前後)」第二新卒が転職で利用した転職サイトを口コミを頂いてランキングしています。求人の質や対応の内容が違うので、複数登録して見比べ比較することが鉄則です。


関連ページ

第二新卒が転職時の求人選びで見るべきポイント

第二新卒が転職時の求人選びで見るべきポイント

第二新卒として転職すした際にも起こるのが、会社とのミスマッチです。 せっかく入社した会社が自分に […]

続きを見る
第二新卒が就活で気をつけるべき4つの注意点

第二新卒が就活で気をつけるべき4つの注意点

「第二新卒」が転職市場で注目を浴びています。「第二新卒」とは、大学を卒業し、就職をした後、数年以内 […]

続きを見る
20代前半の第二新卒女性が転職する注意点とメリット・デメリット

20代前半の第二新卒女性が転職する注意点とメリット・デメリット

20代前半の女性が転職をするときは、目の前の好条件だけでなく、トータルなライフプランを念頭に置い […]

続きを見る
第二新卒の転職面接で知っておきたいポイント

第二新卒の転職面接で知っておきたいポイント

このページでは、第二新卒の転職面接時の自己PRを考える際に心がけるべきポイントと、面接でよく聞か […]

続きを見る
企業が採用したい・したくないと思う第二新卒のポイント

企業が採用したい・したくないと思う第二新卒のポイント

このページでは、企業が採用したいと思う第二新卒の特徴と、採用したくないと思う第二新卒の特徴を紹介 […]

続きを見る
第二新卒の男性が転職する注意点とメリット・デメリット

第二新卒の男性が転職する注意点とメリット・デメリット

大学を卒業後就職したけれど、1~3年以内に退職して転職を試みる20代前半の男性が近年多くなってき […]

続きを見る
第二新卒の転職で失敗しないためのポイント

第二新卒の転職で失敗しないためのポイント

このページでは、第二新卒者が転職に失敗してしまわないために、第二新卒の転職失敗事例とおすすめの転 […]

続きを見る
第二新卒の転職面接で魅力的に感じる志望動機とは?

第二新卒の転職面接で魅力的に感じる志望動機とは?

第二新卒の転職面接の際にも必ず聞かれるのが、「なぜ当社を志望したのですか。」というような志望動機で […]

続きを見る
第二新卒が転職で成功するための会社の選び方

第二新卒が転職で成功するための会社の選び方

第二新卒とは、学校を卒業して数年会社に勤めたのち、転職を目指す若者のことを指します。 一般的には […]

続きを見る
第二新卒で転職できる人とできない人の特徴

第二新卒で転職できる人とできない人の特徴

学生時代に苦労して就職活動をした結果、やっと就職できたのに、いざ働いてみると思っていたイメージと […]

続きを見る
第二新卒が転職時に求人を探すオススメの方法4つ第二新卒が転職時に求人を探すオススメの方法4つ
第二新卒で一般企業からベンチャーへ転職する際のメリット・デメリット・注意点第二新卒で一般企業からベンチャーへ転職する際のメリット・デメリット・注意点

第二新卒転職サイト口コミランキング

第二新卒転職サイト最新口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト