医師の転職|医師専門転職サイトの正しい選び方とは?

医師の転職|医師専門転職サイトの正しい選び方とは?

このページでは、医師専門転職サイトの正しい選び方について説明していきます。
合わせて、医師が転職サイトに登録してから再就職までの流れと転職注意点について紹介します。

ポイントを押さえて、より良い転職活動に臨みましょう。

 

1. 医師専門転職サイトの選び方

医師専門転職サイトの選び方

求人情報収集には、ハローワークや人材紹介会社、転職エージェントなど多岐にわたってありますが、転職サイトは情報量が多く、早くて簡単に、希望に合った再就職先を見つけ出してくれます

ですが、最初はどのサイトを選んだらよいのか迷うことでしょう。
医師専門の転職サイトを選ぶポイントは3つあります。

  • 優秀なキャリアコンサルタントを擁しているサイト
  • 大手企業グループ会社が運営しているサイト
  • 厚生労働大臣の許可があるサイト

とりあえずこの3つをクリアしているかどうか、調査することが大切です。

キャリアコンサルタントを擁している

キャリアコンサルタントを重要視するのは、医師の転職の場合、それだけのキャリアとスキルを持っているのですから、当然求める企業も多く、マッチングする割合は、一般のサラリーマン比較にならないほど高いためです。

しかし、これまで医師の転職で失敗した例には、キャリアコンサルタントとのミスマッチが原因というものが数多くありました。
医師の見識は驚くほど高く、一夜漬けで勉強したキャリアコンサルタントでは、ミスマッチもいいところです。

大手企業グループ会社が運営している

大手のグループが運営するサイトは、この面でも安心です。

大手が運営するサイトは、ポイント3つは必ずクリアしているはずです。
大手の良い所は、全国にネット網がある事と、非公開求人情報を数万件の単位で保有していることです。
従ってどのような過酷な条件でも、必ず複数の企業を見つけ出してくれますので安心できます。

厚生労働大臣の許可がある

3つ目は、大手の運営サイトでは保有していますが、中にはいかがわしいサイトもありますので注意してください。

下記の項目もサイトを選ぶ上で重要な項目となります。

  • 非公開求人企業情報と保有数
  • 転職者実績・満足度
  • 地域
  • サポート体制

転職サイトは驚くほど多数の会社があり、そのサイトは玉石混合あります。
こうした中、出来るだけ自分に合ったサイトを選択することが、何より大切なのです。

非公開求人企業情報と保有数を確認する

非公開求人企業情報というのは、事情があって、一般に公開できませんが、非公開で人材募集を行っている企業の事です。

ここには大手、中小の病院や診療所など数多くあります。
医師の募集においては、学会を始めとして横の関連が強く、秘匿するケースが多く、転職においても、この傾向はさらに強いのが現実です。

したがって非公開の方が良い案件が多いと言われています。
大手のサイトでは、数万件以上保有しているサイトが大半です。

転職者実績・満足度を確認する

転職者実績とは自社のサイトで、転職希望者と求人企業がマッチングし、成功した件数です。
サイトによって公開するものと,非公開のものがありますので、注意しましょう

地域について確認する

地域ですが、大手では大半のサイトが北は北海道から南は九州まで、ネット網は張り巡らしていると言っていいでしょう。

サポート体制を確認する

極端な例を挙げれば、東京から「沖縄の病院に転職したい」とキャリアコンサルタントに相談するだけで、直ぐに転職者の条件に合った病院を複数見つけてくれます。それを選択すればよいのです。

まさに居ながらにして、日本全国の病院に好条件で転職できると言う訳です。

 

2. 転職サイトの登録から再就職までの流れ

転職サイトの登録から再就職までの流れ

医師専門サイトの流れを知り、上手な活用の仕方のポイントを覚えてください。

1. サイトを複数社選ぶ

ここで注意したいのは1社でなく複数選ぶというのが肝心です。

条件の良い企業を数社選び、比較検討するのが良いと言えましょう。
Wブッキングでも構いません。平均4~5社選んでいるようです。
費用は一切かかりません。すべてキャンセルは自由です。

2. 決定したら数社に登録する

登録料は無料です。

3. 担当のキャリコンサルタントから連絡が来る

電話なりメールが届き、合う日時を決めます。
キャリアコンサルタントに会う前に、希望条件等の整理をしておいた方が良いでしょう。

4. 転職における条件を伝える

希望条件 年収、勤務地、勤務形態、休日、勤務時間、職種など出来るだけ条件を付けてください。

この条件を付けたら採用されないだろう、など思わず最高の条件を付けることが肝心です。
どのような過酷な条件を付けても、非公開企業を数万件持っているので、必ず複数社、希望の条件に合った求人が見つかります。売り手市場なのです。

5. 条件の検討

数日後キャリアコンサルタントから連絡が入り、先方の条件の検討に入ります。

6. 書類選考

企業とマッチング出来たら履歴書、職務経歴書(次項で詳しく解説します)を送付することになります。

7. 面接

面接に関しては、「面接で必ずされる質問と回答例|面接官に好かれる面接の必勝法は?」を確認してみてください。

8. 内定

内定後の退職については、「医師の転職で失敗しない退職からの王道ステップ」を確認してみてください。円満に退職するためのヒントが見つかるかも知れません。

 

3. 医師の転職注意点

医師の転職注意点

医師専門転職サイトのキャリコンサルタントは、全ての相談に乗ってくれます。
医師の転職の場合、このキャリアコンサルタントが鍵を握っていると言っても過言ではないでしょう。

優秀なコンサルタントは親身になって相談にのってくれる

転職希望者の身になって熱心に話を聞き、適切なアドバイスをくれる、行動が早く丁寧、自分の意見を押し付けない、仕事先の情報をその社風から将来性まで把握している、これが優秀なキャリアコンサルタントです。

こうした人に出会えば、転職の成功する確率は高いと言えましょう。

自分の意見に固執するコンサルタントに注意

逆に、連絡が遅く、求人企業はこうだから合わせた方が良いなど、自分の意見に固執するキャリアコンサルタントは敬遠したほうがよさそうです。

キャリコンサルタントとの意思の疎通がうまくいかないときは、運営サイトと相談して、その理由を言って交代してもらう、と言ったケースもあります。

医療業界に特化した、優秀なキャリアコンサルタントに出会いたいものです。
大手の運営会社のサイトでしたら、そうした優秀な人材がそろっているため安心であると言えるでしょう。

希望条件の提示は出来るだけ高度に

転職サイトで一番重要なことは臆することなく、自分の希望条件を提示すると言うことです。

転職理由の一番の案件は、収入の事だと思います。

少なくとも現在の職場より、高い収入のところに決めなければまったく転職の意味がありません
医師専門転職サイトでは、年収2000万円を謳っているところが数多くあります。
勤務医の平均は現在1500万円というのが相場です。少なくともその線は下回らないようにしましょう。

勤務時間は、病院の規模によって違いはありますので、一概には言えません。
診療所では一般のサラリーマンと同じ10時~6時の勤務時間で残業はほとんどないと言うのが一般的です。

いずれにしても、自分のライフスタイルに合った仕事先を選ぶことが重要です。

医師・ドクターの転職サイト口コミランキング



ランキングをもっと見る

関連ページ

医師の転職|履歴書・添え状を書くのに大事な4つのポイント

医師の転職|履歴書・添え状を書くのに大事な4つのポイント

このページでは、医師の転職において、履歴書・添え状を書くのに大事な4つのポイントについて説明して […]

続きを見る
医師の転職で失敗しない退職からの王道ステップ

医師の転職で失敗しない退職からの王道ステップ

このページでは、医師の転職で失敗しない王道ステップについて説明していきます。 下記のポイントを押 […]

続きを見る
開業医の転職で知っておきたい6つのポイント

開業医の転職で知っておきたい6つのポイント

このページでは、開業医の転職で知っておきたい5つのポイントについて説明していきます。 下記のポイ […]

続きを見る
医師の転職|履歴書・添え状を書くのに大事な4つのポイント医師の転職|履歴書・添え状を書くのに大事な4つのポイント

医師転職サイト最新の口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト