医師の転職で失敗しない退職からの王道ステップ

医師の転職で失敗しない退職からの王道ステップ

このページでは、医師の転職で失敗しない王道ステップについて説明していきます。

下記のポイントを押さえ、転職サイトや転職エージェントを活用することでより良い求人を探しましょう。

 

1. 医師が退職するまでのステップ

退職

転職を目的にした退職でも、大きく分けると、リストラや倒産、病院の都合で辞めさせられるケースと、転職者自身の意思によって辞めるケースなどがあります。

最近の一般企業のデータでは、若い人は、自分の都合で、退職する人が多く、中高年となると会社都合の場合が多くなっています。
そんな中、医療業界、特に医師の場合は、全く逆の現象が起きていると言っていいでしょう。
キャリアやスキルを持つ、中高年の医師の大半が、自分の都合で転職するケースが増えているようです。

しかし、自分の都合、病院の都合いずれの退職でも、フリーになると何から何まで自分ですることが、義務付けられるのは避けられません

そこで、退職から転職活動を経て、転職先へ就職する流れを知っておく必要があります。つまり、転職行動計画が不可欠となりましょう。

1. 退職の意思表示

この退職の意思表示をする前に、深く考慮しなければならないのは、仕事しながら転職活動するのか、退職してから転職活動するのかの二つです。
どちらもメリットデメリットがあります。

前職に就いたままですと、経済的には安定しますが、転職活動する自由な時間が取れないと言う悩みがあります。
そして仕事中でも私的な時間を使うことになり、気まずい雰囲気になることもありましょう。

意思表示をした後では、かなり自由に動けますが、経済的な面や不安が付きまとうことになりましょう。
また早く決めたいばかりに、条件面で条件面で妥協せざるをえなかったりすることにつながる恐れもあります。

自分のライフワークに合わせて慎重に検討すべきでしょう。

2. 病院側の了承

病院側が退職を了承した場合、年金、健康保険、雇用保険は、今後も大事な事項ですので、その手続きを早めにやることが肝心です。
これは退職前と退職後その手続きが必要になりますので、しっかりとやる必要があります。
この手続きに関しては後の項で詳しく述べます。

3. 後任者への業務手続

最終出勤日までに、自分の後任者に業務の引き継ぎを行います。

これは、患者さんの治療経過や今後の治療計画など、すべてが含まれます。
医師の転職の場合、一般企業の業務引き継ぎより、さらに大事なことと言えましょう。
患者さんの生命が掛かっているのですから、慎重にやらなければなりません。

4. 退職

最終日を迎えて退職ということになります。

 

2. 転職活動する際の注意点

医師の転職注意点

転職を決意したら、こうした退職から再就職への入社までの流れを把握しておくことは重要なことです。

特に大切なのは、退職理由を明確にすることです。
退職理由は、雇用保険の基本手当に影響を及ぼすだけでなく、採用面接等で必ず出る質問です。

退職理由が保険支給日や支給回数に影響する

この退職理由は、退職した後に、公共職業安定所(ハローワーク)より公布される雇用保険被保険者離職票に記載されます。
その内容は公共職業安定所に提出される書類に基づいており、離職票に、「自己都合退職」か「会社都合退職」のどちらに記載されているかによって、雇用保険の基本手当の支給日や、支給回数が変わることとなります。こうしたことも退職に欠かせない事項です。

転職をスムーズに行い、より良い転職を成就させましょう。

 

3. 医師が転職活動を行う流れ

医師の転職

大半の人は、退職してから転職活動に入ると言えましょう。
中にはそれ以前に活動している人もいます。
どちらも言えることは、転職活動は常に前向きであってほしいと言うことです。

1. 求人を見つける

ここでは、求人雑誌や新聞、ハローワーク、人材紹介会社、人材銀行、インターネットの求人サイトなど、多くの選択肢があります。
どれを活用するか、自分に合った紹介所を選択することが大切です。

医師の場合は、これに加えて、知人の紹介や、医師仲間の紹介など多岐に渡ってあるでしょう。
こうした求人情報の入手と同時に、病院、診療所の情報入手も大切です。

自分で探すのが難しい場合は、医師に特化した転職サイトや転職エージェントを活用してみましょう
担当コンサルタントが丁寧にサポートしてくれるので、安心して転職に臨むことができます。

2. 応募書類の提出

これは履歴書と職務経歴書の二つの書類が必要不可欠となります。
この2つのうち、医師の転職でもっとも重要な書類は、職務経歴書と言えましょう。
この書き方については後の項で詳しく述べます。

3. 面接

応募書類の選考が行われ、それに合格したならば、面接日の通知が来ることになります。ここで大切なのは、面接日までに、応募書類に書いた内容をしっかり把握しておくことです。
なぜなら、面接で応募書類と違った答えを行った場合、マイナスイメージは必至となってしまうためです。
何度も読み返し、しっかり覚えておくことが肝心です。
面接は、第一印象が大切ですから服装に気を付け、良い印象を与えるよう工夫してください

4. 内定

この書類が送られてくるのは、最近の不採用は郵送で、内定通知は電話でというのが一般的です。

早めに知らせて、他に行かないようにするのが、採用する側の意図ですから、その仕事先に行こうとの意思があるならば、早めに返事をする方がベターと言えましょう。
返事が遅れれば、他の返事を待っているのだろうとか、入社の意思がないのではと、内定取り消しと言うこともありますので注意しましょう。

5. 入社

入社前に雇用条件などの詳しい説明があるが一般的です。

そこで、契約事項が記載された雇用契約書などが交わされることもあり、遵守事項などが記載された書類を渡されることもあるでしょう。
それらをよく読んで、不明な点があれば質問し、すべて納得して入社したいものです
前の病院から渡された「雇用保険被保険者証」「年金手帳」「源泉徴収票」などの書類を準備しておくことも大切です。

医師・ドクターの転職サイト口コミランキング



ランキングをもっと見る

関連ページ

開業医の転職で知っておきたい6つのポイント

開業医の転職で知っておきたい6つのポイント

このページでは、開業医の転職で知っておきたい5つのポイントについて説明していきます。 下記のポイ […]

続きを見る
医師の転職|履歴書・添え状を書くのに大事な4つのポイント

医師の転職|履歴書・添え状を書くのに大事な4つのポイント

このページでは、医師の転職において、履歴書・添え状を書くのに大事な4つのポイントについて説明して […]

続きを見る
医師の転職|医師専門転職サイトの正しい選び方とは?

医師の転職|医師専門転職サイトの正しい選び方とは?

このページでは、医師専門転職サイトの正しい選び方について説明していきます。 合わせて、医師が転職 […]

続きを見る
開業医の転職で知っておきたい6つのポイント開業医の転職で知っておきたい6つのポイント

医師転職サイト最新の口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト