エグゼクティブ転職で気をつけたい4つのポイント

エグゼクティブ転職で気をつけたい4つのポイント

最近多くの企業の経営者が自社の管理体制の見直しや組織体制の立て直し・新たな事業を立ち上げたいなどの目的のために、エグゼクティブ層の積極的な採用を行っています。そういった背景を元に、エグゼクティブ転職のニーズが非常に高まってきています。

しかし、エグゼクティブの転職は一般的な転職とは異なるため、注意点をしっかり理解して転職活動を行う必要があります。がからこそ、エグゼクティブ層の転職活動にはエグゼクティブ専門の転職サイトを使うと良いのです。

この記事ではエグゼクティブ転職で気をつけたいポイントを4つにまとめ、それぞれ詳しく説明してゆきますので是非参考にしてください。

1.エグゼクティブ転職には専門の転職サイトを利用する

エグゼクティブ転職転職サイト利用

エグゼクティブ転職を成功させる大きなポイントのひとつとしては、どんな転職活動を行うのかという点があります。エグゼクティブ転職は全て自分の力では難しいため、エグゼクティブ専門の転職サイトを利用することが必要です。

多くの企業がエグゼクティブな人財を募集しているのですが、さまざまな事情で求人を公表していないことが多いです。その公表できない理由はエグゼクティブ専門の転職サイトと共有し、転職サイトが適した人材を厳選し企業へ紹介しています。

  • エグゼクティブ転職サイトのタイプと特徴
  • エージェント型転職サイトの上手な使い方
  • 転職サイトの情報がすべてではない
  • 担当エージェントの話を鵜呑みにしない

エグゼクティブ転職サイトを利用する上で大事なことは上記の4つです。さっそくその理由を順番にお話しします。

 

エグゼクティブ転職サイトのタイプと特徴

エグゼクティブ専門の転職サイトには登録後に担当エージェントが転職活動をサポートしてくれるタイプと、担当エージェントがつかない代わりに自分のプロフィールに興味を持った転職サイトの担当からスカウトされるヘッドハンティング型のタイプがあります。

  • エージェント型:履歴書作成・面接対策などサポートしてもらえる
  • ヘッドハンティング型:じっくりと腰を据えた転職活動ができる

それぞれのメリットは大きく異なっていますので、理想的な転職活動を行うためにも自分に合った転職サイトへ登録しましょう。

 

転職サイトごとに扱う求人は異なる

転職活動に利用する転職サイトはそれぞれ保有している求人が異なります。知名度が高い転職サイトが優良であると決めつけずに、まずはそれぞれのエグゼクティブ転職サイトへ登録をして、自分の希望とする求人が見つかるのかなどを実際に確認してみると良いでしょう。

 

エージェント型転職サイトの上手な使い方

担当エージェントがサポートしてくれるタイプのエグゼクティブ転職サイトの利用では上手に利用しないと転職失敗に繋がる可能性があるため注意が必要です。そのため、担当エージェントへ自分のキャリア・実績・知識・スキルはしっかりと伝えることが大事です。

 

担当エージェントの話を鵜呑みにしない

エグゼクティブ転職サイトの担当エージェントから自分の考えとは別の視点で意見をもらったり、考えてもいなかった意外な企業の求人を紹介されることもあります。しかし、自分の転職への気持ちを第一に考えペースを乱されないように無理なく利用することをおすすめします。

 

転職サイトの情報がすべてではない

転職サイトに掲載されている企業情報はほんの一部だと心得てください。色々な状況の中、エグゼクティブとしての転職活動をすると思います。特に多忙な中で転職活動をすると転職サイトの情報を確認するだけで、実際は企業のことを自分で調べないという方が非常に多いです。調不足は転職失敗の元です。

 

2.ヘッドハンティングで気をつけるポイントとは

エグゼクティブヘッドハンティング気をつけるポイント

エグゼクティブへの転職活動を行っていると、突然ヘッドハンティングの担当者から連絡が届くことがあります。前触れなどは一切ないので、驚く方も多いと思います。このエグゼクティブ転職方法のひとつであるヘッドハンティングでは気をつけたいポイントがいくつか存在するので紹介します。

  • どこまで自分の情報を知っているのか
  • 紹介案件はどこまで具体的なのか
  • 自分の情報は詳細に話さない
  • ヘッドハンティングされたことで有頂天にならない

この4つのポイントを説明してゆきたいと思います。

 

どこまで自分の情報を知っているのか

ヘッドハンティングにはスカウト型と、アプローチをかけてくる形式の2つに分けることができます。スカウト型であれば企業を紹介、繋げるためにも自分の詳しい情報をもってオファーをしてくれます。しかしスカウト型ではない場合は自分の情報を持っていないので、具体的なオファーではなく現状の確認などの場合が多いので気をつけましょう。

 

紹介案件はどこまで具体的なのか

ヘッドハンティングされたら、紹介される企業についてどこまで具体的な話なのか確認すると良いでしょう。もちろん企業名だけでなく、部署や企業にとってどのようなポジションを募集しているのかなど出来るだけ詳細に確認することが大事になります。

 

自分の情報は詳細に話さない

ヘッドハンティング会社には質の悪いものも数多く存在します。優良なヘッドハンティングであるのか確認する方法としては、実際に会って詳しい話を聞くことです。中身のない話の場合は自分の情報は一切渡さず、その縁だけは大事にするとよいでしょう。

自分の情報を簡単に渡すということは、企業の情報を渡すことでもあるのです。

 

ヘッドハンティングされたことで有頂天にならない

ヘッドハンティングをされて悪い気はしないと思いますが、有頂天にならないように気をつけましょう。気分が舞い上がるとしっかりとした判断がしにくくなります。持ちかけられた話が本当に自分にプラスになるのか、冷静に判断してください。

 

3.エグゼクティブ転職では履歴書や面接に気を付ける

エグゼクティブ転職履歴書面接気を付ける

エグゼクティブの転職活動にも履歴書や職務経歴書の作成、そして面接があります。エグゼクティブ層の方ですと転職活動の意味や目的を頭でわかっていても、いざ自分が転職者の立場になると必要書類や面接の受け答えで小さなミスを起こしてしまうこともあります。

  • 履歴書で起こしがちなミスについて
  • 職務履歴書は非常に重要な書類
  • 面接で注意するべきこと

エグゼクティブの転職活動でミスを犯さない為にも、上記3つのポイントに注意する必要があります。実際どのようなことに注意が必要であるか具体的に説明してゆきたいと思います。

 

履歴書で起こしがちなミスについて

基本的なことになりますが、履歴書は応募している企業へ提出する正式書類であることを忘れないでください。つい略称で記入をしてしまう、という方も多いです。特に履歴書では添付する写真にも気をつかうようにしましょう。スーツにネクタイを締める、正装をして写真館で半年以内に撮影したものを使うことがベストです。

写真が与える印象は想像以上に重要です。きれいなカジュアルな服装でも良いだろうという安易な考えは見る相手によってはマイナスなイメージを与えかねません。

 

職務履歴書は非常に重要な書類

エグゼクティブの転職活動で重要なのが職務履歴書の作成です。今までの経歴や自分の経験やスキルを応募先の企業でどう活かせるのかなどを簡潔かつ、十分に伝えなければなりません。自分の過去をプレゼンテーションすることが目的ではないことをきちんと理解していないと、魅力の少ない職務経歴書になってしまいます。

別の記事でエグゼクティブ転職のための職務経歴書の書き方をまとめている記事がありますので、是非参考にして頂きたいと思います。「エグゼクティブ転職で知っておきたい職務経歴書作成の注意点とポイント

 

面接で注意するべきこと

エグゼクティブ転職を望む方というのは今までの自分の仕事や経歴にも自信をもっているため、面接で緊張をしてしまい受け答えができない、という方は少ないです。しかし自信があるからこそ、面接時の自己PRなどで自分の考え方や価値観などを離し過ぎるというミスをしてしまいがちなのです。面接では注意することとしては「謙虚な姿勢」をもつことです。

 

事前に面接対策を練ることが必要

面接はお互いの必要性や相性などがきちんとマッチングするかを確認し合う大切な場所です。面接が全てということではありませんが、自己PRは適度で適当であるのかなど、事前に対策を練ることは必要であると言えます。

 

4.エグゼクティブ転職の内定前後に注意する

エグゼクティブ転職退職内定前注意

エグゼクティブが転職するにあたり内定の前後にも注意するポイントが2つあります。

  • 退職
  • 転職先の契約書

企業にとってハイクラスな職を任されるだけの人財であるからこそ、問題が発生しやすい2点ですのでしっかり押さえておく必要があります。

 

退職手続きはしっかりする

エグゼクティブ層の方は企業にとっても希少価値が高いと言えます。転職をする決意や意図がしっかり固まっていれば、転職を考えている旨を早めに伝えることが良いでしょう。普通の転職とは異なるので引継ぎにも時間がかかりますし、いくら自分のための転職だとしても、今まで働いた企業を中途半端な状態にして退職をしてしまうと信頼を失うなどの問題が発生してしまいます。

 

転職先の契約書の内容に注意する

エグゼクティブ人財として企業から内定を頂いたら契約書の内容に注意しましょう。就業規則含めて契約内容に間違いがないのか確認が必要です。中には「こんな話は聞いていない」という内容が記載されている場合もあります。転職先が見つかったから転職が成功、というわけではないのです。

 

まとめ

エグゼクティブの転職は少しずつ認知度も上がってきていますが、いまだ手探り状態な状況とも言えます。通常の転職とは違い、企業そのものに良い影響を与えるのか、悪い影響をもたらすのかは自分の能力次第で決まる、という非常にプレッシャーの大きい役割をもつ転職になります。

慌てずしっかりと自分のビジョンを持ち、エグゼクティブとしての転職をしましょう。こちらの記事が少しでもお力添えができれば幸いです。

 

エグゼクティブが利用する転職サイト口コミランキング


ランキングをもっと見る

関連ページ

エグゼクティブへの転職のメリット・デメリットとは?

エグゼクティブへの転職のメリット・デメリットとは?

平均年収が1,000万円と言われるエグゼクティブクラスの転職では、ハイクラスな職だからこそのメリ […]

続きを見る
エグゼクティブ転職の面接でよく聞かれる質問とは?

エグゼクティブ転職の面接でよく聞かれる質問とは?

F企業の大事な経営を任される、自分の決断が企業の今後を左右するかもしれない。そんなエグゼクティブ […]

続きを見る
エグゼクティブの平均年収と転職の注意点

エグゼクティブの平均年収と転職の注意点

エグゼクティブの転職活動で最も注意するべき点は、キャリアコンサルタント選びです。企業がエグゼクテ […]

続きを見る
エグゼクティブ転職で知っておきたい職務経歴書作成の注意点とポイント

エグゼクティブ転職で知っておきたい職務経歴書作成の注意点とポイント

ITからトップセールスマン、企業にとって重要であり重大な役割担うエグゼクティブへ転職を考える方は […]

続きを見る
エグゼクティブへの転職のメリット・デメリットとは?エグゼクティブへの転職のメリット・デメリットとは?
エグゼクティブ転職の面接でよく聞かれる質問とは?エグゼクティブ転職の面接でよく聞かれる質問とは?

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト