エグゼクティブ転職の面接でよく聞かれる質問とは?

エグゼクティブ転職の面接でよく聞かれる質問とは?

企業の大事な経営を任される、自分の決断が企業の今後を左右するかもしれない。そんなエグゼクティブと呼ばれる管理職への転職が最近活発になってきました。背景としては、企業のグローバル化の進行、企業の成長、M&Aが加速していることなどさまざまでしょう。

エグゼクティブクラスの転職ですから、仕事の経験や実績は豊富にある方が多いです。しかし、いざエグゼクティブ転職をしようとするとなかなかうまくいかないこともあります。例えば転職活動には履歴書、職履歴書、面接などがあります。自分は大丈夫、というように構えていると準備不足によって転職が失敗しやすいのです。

この記事ではエグゼクティブの転職面接でよく聞かれる質問に焦点を当てて、お話をしていきたいと思います。

1.エグゼクティブの面接対策について

エグゼクティブ面接対策

エグゼクティブが転職の際の面接で気を付けておきたいポイントを3つ紹介します。

  • 自分の経歴などを整理しておく
  • 企業のWebサイト・IR情報・SNS・雑誌・メディア掲載をチェックする
  • 面接企業への質問を考える
  • 面接官によって質問の意図が違うと理解する

基本的な事なのですが、面接に失敗しない為の大事なポイントです。これからそれぞれ何故大事なのかお話ししてゆきます。

 

面接前に自分の経歴などを整理しておく

エグゼクティブ転職の面接前に職務履歴書を作成したかと思います。その職務履歴書からでも大体の人物像は見えてきます。加えて面接では、さまざまな角度や視点から、自分をいう人間について見られる場所です。しっかりと自分の仕事の経歴を棚卸できていないと、十分な受け答えができずに終わってしまうということがあります。

 

企業のWebサイト・IR情報・SNS・雑誌・メディア掲載をチェックする

優秀な転職希望者は企業研究をしっかりと行っている方非常に多いです。転職先企業を調べることで、自分がどういった立場で仕事ができるのか、企業にとっての自分の価値を把握することができます。転職理由がブレないものにするためにも、企業をしっかり調べることは必須です。

 

面接企業への質問を考える

エグゼクティブクラスの面接でも、質疑応答などの時間が設けられています。大多数が面接の場で質問をせずに帰ってしまいますが、それは間違いです。面接では直接、相手企業のニーズが直接確認できる場所でもあるのです。「この企業におけるエグゼクティブなポジションで求められる人材とは」など、積極的に聞きましょう。

引き出せたニーズに合わせ、自分がどんなにマッチしている人間であるかという話につなげられると尚良しです。

 

面接官によって質問の意図が違うことを理解する

一般的にエグゼクティブ転職の面接も1度ではなく、複数回に分けて行われます。ここで注意したいのは、面接官によって質問の意図が違う点です。人事の面接官の場合は、自分の人物について・長期的に働けるのかということにもポイントをあてています。反対に役員などが面接官であれば自分のスキルや経験などに重点を置いていることが多いです。

 

2.質問1:なぜエグゼクティブ転職を考えているのか

なぜエグゼクティブ転職を考えている

「どうしてエグゼクティブ転職を考えているのか」言い換えれば「どうしてこの会社にエグゼクティブな人材として転職を考えているのか」ということです。シンプルな質問ですが、とても奥深く重要な質問でもあります。この質問への答えで「企業や自分をどの程度、把握しているのか」ということがわかります

 

漠然とした質問から人物が見えてくる

エグゼクティブクラスの転職では、一般的な転職面接の回答例では通用しません。自分の言葉で、自分らしく転職理由を伝えることで、自分という人物像を相手に見せましょう。この時に、相手企業が求めているスキルや人物であるというポイントを基準として話をすることを忘れないでください。

 

次の質問に繋げやすい内容にすると良い

なぜエグゼクティブ転職を考えているのかというスタンダードな質問については、次に繋げられる内容で返すと良いでしょう。例えば「企業のこんな考えに、自分のこうしたスキルをどう活かしたいと思っている」というような場合、その活かせるスキルについてもっと聞いてみたい、と感じる方は多いでしょう。

「ここで簡潔させる」のではなく、話題を膨らませることが良いのです。あくまでも自分の能力を誇示しないように注意も必要です。

 

3.質問2:今までの仕事の経験や実績について

エグゼクティブ面接質問仕事の経験実績

エグゼクティブの転職面接について、これまでの経験や実績についての質問は必ずあります。エグゼクティブな人材であれば経歴も実績も豊富な方が多いでしょう。しかし、伝え方次第ではせっかくの経験も実績も意味のない言葉になってしまします。

 

経験や実績は必ず具体的に話すことが大事

先に転職失敗に終わる例として挙げてみます。

【失敗例】

「前職の大きな海外プロジェクトに参加し、多様な方の力も借りながらプロジェクトを成功に導きました。そのため、責任のある仕事にも臆することなく挑戦する自信があります」

こうした答えが多い方が見うけられます。この答えでは具体性がなく、想像ができません。何がいけないか言えば、以下の4点にります。

  • 担当チームやプロジェクトの人数予算や規模を数字で表すこと
  • 具体的なエピソードについて
  • チームやプロジェクトのでの自分の立場や権限について
  • 経験をどう転職先企業で活かせるのか

この質問には「客観性」の有無も踏まえて見られているのです。相手の立場に立って説明ができる。エグゼクティブな職に立つ場合は必ず必要なスキルです。

 

状況を確認する能力があるか見られている

大きなプロジェクトを成功した場合、その苦労や達成したことなどを第三者に説明するというのは難しいことです。誰かに説明ができるくらいの理解力と状況把握の能力がなければできません。伝え方に至っては、先に結論を話し、後からエピソードなどを踏まえて話す結論先行型を使えないと、ダラダラとした印象を与えかねません。

 

4.質問3:仕事をするうえで心がけていることは

エグゼクティブ面接仕事心がけていること

エグゼクティブの転職面接で仕事をするうえでの心がけを効かれた場合、「仕事でこだわっているポイント」を聞かれていると思ってください。だからこそ、この質問はよく聞かれるのです。

  • 自分が仕事にどんな目的をもっているのか
  • その目的達成のためにどう仕事を実行しているのか
  • 結果として企業にどんなメリットを与えられているのか

この3つのポイントを押さえて話すと無駄もなくまとまりのある回答ができます。

 

エグゼクティブは部下への接し方を聞かれることが多い

エグゼクティブクラスになれば部下との良好な関係を築き、うまく扱うことはとても大事なことです。回答方法については、よほど上司として傍若無人な態度を取っていない限りは、具体的なエピソードを踏まえながら素直に自分自身の部下への接し方を答えることがベストです。

 

部下の成長も添えると印象も良い

例えば、基本となる具体的な数字を提示しながら、どんなプロジェクトを部下何人でどう実践し、最終的にこんなふうに部下の成長がみられた、というような話し方をすると印象が良くなります。

 

5.質問4:10年後のこの業界の展望についてどう考えるのか?

エグゼクティブ面接10年後業界の展望

エグゼクティブクラスは企業の経営を任される重要な役割です。「100年先を見据えて物事考えなさい」という言葉があるように、常に先の先を読まなければ企業は立ち行かなくなってしまします。10年後という未来を考えられるのか、企業の経営者としてきちんと視点をもっているのか問うために、今後の業界の展望を聞かれるでしょう。

 

情報に敏感であり分析力を問われる

業界の事情はめまぐるしく変化しています。その10年後を考えるのであれば、常に世の中の情報・ニュースに耳を傾けなければなりません。伴って、正しい判断力も必要になります。

 

将来の業界の展望は複数イメージをしておくこと

10年後の業界展望を考える時には、メインとなる考えがまとまっても他に複数違う考え方も考えておくことが大事です。答えはひとつではありません。どうしてそういう結果になったのか、考えの背景がしっかり考えられていることが何より大事になるのです。

 

まとめ

エグゼクティブの転職面接でよく聞かれる質問4つ、いかがでしたでしょうか。どの質問も自己分析と企業分析、調べることが基本になっています。自分を誇張せず、謙虚をわきまえ、質問には漏れもなく具体的に話すということは案外難しいことだったりします。

企業の管理職という役割はとてもやりがいがある仕事でしょう。転職成功させるためにも、面接対策はしっかりと練るようにしてください。

 

エグゼクティブが利用する転職サイト口コミランキング


ランキングをもっと見る

関連ページ

エグゼクティブ転職で知っておきたい職務経歴書作成の注意点とポイント

エグゼクティブ転職で知っておきたい職務経歴書作成の注意点とポイント

ITからトップセールスマン、企業にとって重要であり重大な役割担うエグゼクティブへ転職を考える方は […]

続きを見る
エグゼクティブ転職で気をつけたい4つのポイント

エグゼクティブ転職で気をつけたい4つのポイント

最近多くの企業の経営者が自社の管理体制の見直しや組織体制の立て直し・新たな事業を立ち上げたいなど […]

続きを見る
エグゼクティブへの転職のメリット・デメリットとは?

エグゼクティブへの転職のメリット・デメリットとは?

平均年収が1,000万円と言われるエグゼクティブクラスの転職では、ハイクラスな職だからこそのメリ […]

続きを見る
エグゼクティブの平均年収と転職の注意点

エグゼクティブの平均年収と転職の注意点

エグゼクティブの転職活動で最も注意するべき点は、キャリアコンサルタント選びです。企業がエグゼクテ […]

続きを見る
エグゼクティブ転職で気をつけたい4つのポイントエグゼクティブ転職で気をつけたい4つのポイント

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト