外資系転職サイト比較口コミランキング

外資系の転職サイト

外資系の求人に強い転職サイトを利用者の口コミを元にランキングしているページです。初めての外資系での転職の方も、外資系から外資系の転職の方も是非確認をしてください。

外資系に転職する際の注意点は以下の通りです。

  • 外資系といっても形態は様々ある
  • 社内習慣や社風が会社によって全く違う
  • 英語が必須となる場合も多い

上記のような外資系に転職する注意点が上げれらます。外資系への転職が初めての方は必ず外資系の求人を保有している転職エージェントを選びましょう。

外資系求人が多い転職サイトランキング

1.外資系に向いている人材とは

外資系に向いている人材

様々な外資系会社の形態がありますが、外資系に向いている人材は以下の通りです。

  • 自分でやりたいことがある人
  • 自分のやりたいことが分かっている人
  • 自己責任で努力できる人
  • 愚痴やネガティブな思考ではない人

上記のような方が外資系に転職する人材としては当てはまります。

外資系企業の場合、上司にもよりますが、部下を積極的に育てるなどの気持ちはあまりありません。そのため努力できて自己責任の上で行動できる人材が適していると思われます。また、日本企業のように皆一緒の考え方がありませんので、自分のやりたいことなどが分かっていない場合は苦労します。

 

2.英語は基本的に必須となる場合が多い

英語が必須になる

  • メールが英語
  • 書類が英語
  • 出世するなら英会話が必要
  • もちろん1人での海外出張もある

など、外資系企業の場合上記の場合が多いため、英語が嫌いやできないと考えている場合は非常に苦労します。外資系企業に転職して英語の勉強をしても遅いわけではありませんが、ある程度できないと仕事にならない会社も多いので注意しましょう。

 

3.外資系企業の特徴

外資系の特徴

外資系といっても企業の国籍や資本状況、グループの中での日本法人の影響力の大きさなどによってその企業風土は様々です。ここでは一般的な外資系企業の特徴について説明します。

実力・成果主義

日本企業の場合、昔に比べれば少なくはなっていますが長時間労働、サービス残業、休日出勤が悪しき風習として今なお残っているのが事実です。日本企業では“改善”という言葉に代表されるように常により良いもの求めて探求し続ける姿勢や会社に忠誠心を持って少しでも貢献しようとする姿勢を良しとしていますが、外資系企業では与えられた課題をどれだけ効率よく成し遂げることが重要視されています。その為、長く働くということは仕事が出来ない人がやることだという感覚を持っており、如何に短時間で高い成果を生み出すかを追求しているのが特徴の一つといえるでしょう。

上司と部下、同僚との関係

外資系企業というと個人のパフォーマンスを重視した能力主義・成果主義のイメージがあり、人間関係はドライであると思われがちです。確かに日本企業に見られる上司と部下の社内営業的な関わりはあまりありませんが、週末に家族ぐるみでホームパーティーを開いたり、趣味を通じて交流を深めたりと互いのプライベートを尊重したお付き合いは良くあります。仕事は仕事、プライベートはプライベートとオン・オフをしっかり分けて関わることで互いの信頼関係が高まりますし、働き方の理想とされる仕事とプライベートのバランスがとれたライフスタイルを実現することができます。

自主性を重んじる

外資系企業では成果に対してシビアな面を持っている反面、それ以外の部分に関しては個人の自主性を尊重している企業が多いです。服装も必ずしもスーツでなければならないということもなく、ビジネスカジュアルが認められたり働く時間もフレックスを採用していたりと自由度が高くなっています。常に結果が求められるプレッシャーはありますがそういった働き方の自由度を求めて外資系に転職を希望する方も少なくありません。

 

4.外資系企業で働くメリット

外資系で働くメリット

外資系企業に転職をした場合、日本の企業で働くのと比べてどのようなメリットがあるのでしょうか。これは企業によって様々で一概には言えませんがここでは一般的によく言われるメリットについてご紹介します。

 給与が高い

外資系企業では日本のような年功序列型の賃金体系にはなっておらず成果をあげればそれに見合った報酬が支払われるケースが多いです。その為一般的な日本企業に比べて同じ職種であっても平均収入が1割〜2割ほど高い傾向にありますし、中には日本企業で働いていたのでは想像もつかない程の収入を得ている方もいます。

性別に関係なく評価される

日本の企業に比べて外資系企業の場合は会社のCEOや役員に対する女性割合が多いのでキャリアアップを目指す女性にはチャンスが多く能力を存分に発揮しやすい環境が整っていると言えます。

グローバルなキャリア形成が可能

グローバル展開している有名な一流企業の場合世界中から優秀な人材が集まってきています。グローバルな基準で自分の能力を推し量ることが出来ますし、そういった場で活躍することが出来れば国内だけでなく世界のマーケットに対して自信を持ってチャレンジすることが出来ます。

 

5.外資系企業で働くデメリット

デメリット

外資系企業への転職を考える時に給与面や働き方の自由度などのメリットが非常に魅力的に感じられます。転職を決める時には反対のデメリットもしっかりと把握しておくことが大切です。

雇用が安定していない

成果主義は結果を出すことが出来れば見返りは大きいですが、その分成果を出すことが出来なければ厳しい状況に追いやられます。収入が極端に下がり最悪の場合は解雇になります。この辺りは日本企業と違いかなりシビアな部分です。

会社が日本から撤退する

会社全体としては業績が伸びていても日本市場での成果が認められない場合、本社の判断で撤退するケースもあります。これは個人にとってはどうすることも出来ずやむを得ない事情にはなりますが新規参入してきた企業や業績が芳しくない企業に転職を考える場合はリスクの一つとして覚悟しておく必要があります。

 

6.外資系企業への転職で求められるスキル

求められるスキル

外資系に転職を考える場合はどのようなスキルが求められるのでしょうか。

専門性の高い能力

外資系企業の場合採用するにあたって即戦力を求めるケースがほとんどです。同業種で既に高い成果を上げていたり特別なスキルや資格を有していたりする場合は採用に繋がる可能性が高いでしょう。

語学力

外資系といっても営業職や販売職で顧客が日本企業や国内の一般消費者である場合は社内で関わるスタッフも日本人の場合が多く英語を使う機会はほとんどありません。ただし、多くの外資系企業では基本的に英語でのコミュニケーションを主としている為最低限の英語力は必要になってくるでしょう。また、どの国籍の企業なのかによって必要とされる語学も様々ですし、求められる語学力も変わります。自分が希望する職種や企業の国籍、転職後に目指しているキャリアステップなどに応じてコミュニケーションを意識した生きた語学の習得が大切です。

 

7.外資系企業の求人を探す時の注意点

探すときの注意点

外資系企業の求人を探す時にはどのようなことに注意すれば良いのでしょうか。

企業文化を理解する

一言で外資系企業といってもその企業の特徴は様々です。アメリカの企業とヨーロッパの企業でも違いますし、同じヨーロッパの企業でも国によってその特徴は異なります。近年ではアジア圏の企業への転職も増えておりどの会社が自分の能力を一番発揮しやすいのか、その企業の文化や報酬体系、人事制度などもしっかりと理解した上で転職する先を判断しなければなりません。

資本状況を確認する

転職先の資本状況や日本での位置付けを把握しておかなければいきなり日本市場からの撤退や経営方針の変更などが起きた場合に急なリストラや異動を命じられて動きが取れなくなってしまいます。外資系企業特有のリスクもしっかりと把握しておきましょう。

外資系企業専門の転職サイトを利用する

一般的な転職サイトでも外資系の求人を掲載しているものはありますが外資系に特化している求人サイトは持っている情報量に圧倒的な差があります。また、そこに所属している転職エージェントは外資系企業に関する多くの情報を把握しているだけでなく、求人情報に掲載されない内部の情報や企業体質についても把握していることが多いので転職時にも有利です。自分が何に重きを置いて外資系に転職しようと考えているのかを伝えれば自分一人では見つけられなかった思いもよらない企業を紹介されることもあります。

 

外資系転職お役立ちブログ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト