外資系の転職

外資系の転職

外資系は給与が良いは嘘?外資系で働く人の給与が高い4つの理由

日経企業と比較すると外資系企業の給与は高いイメージが強いです。実際に日経企業から外資系企業へ転職をして収入が増えたという方も多くいます。

単純に考えても外資系企業は、日本でも展開ができるほどビジネス事業の拡大に成功している会社であり、自国においては大企業であることがほとんどです。こうした理由もあり、給与水準が高いというイメージが持たれがちになります。

事実、外資系企業の給与は日系企業と比較すると良いということが本当です。その理由は外資系の労働基準と労働についての考え方が日系企業と違う点にあります。

この記事では、外資系企業の給与が高い理由についてポイント4つに焦点を当ててお話ししてゆきたいと思います。

目次
1.外資系の給与について
2.外資系の給与が高いのは退職金が無いから?
3.外資系は実力主義・成果主義で対価を支払われる
4.優秀な人材確保のためにも給与が高い外資系

続きを読む

外資系企業に向いている人と向いていない人の特徴とは?

外資系企業と呼ばれる企業にはこれといった定義はありませんが、基本的に「海外の企業が国内企業の株式を保有しているか否か」とされています。ですが、具体的に何パーセント株式を保有していれば外資系企業と呼ぶのかは曖昧です。

今回は、「外資系株主の影響が大きい企業」の外資系企業について、向いている人と向いていない人の特徴をご紹介したいと思います。

目次
1. 外資系企業の特徴
2. 外資系企業に向いている人の特徴
3. 外資系企業に向いていない人の特徴

続きを読む

外資系への転職で失敗しないために知っておくべきポイント

今は日本中どこででも外国人を見かけることが出来るようになり、それらの外国人の存在を無視して国家が発展していくことは現在ではほぼ不可能な世の中であるとも言われています。グローバル化に伴い、外資系企業に憧れを持ち、実際に自分も働きたいと思って転職を目指す人達が男女を問わずに増えてきています。

このページでは、外資系への転職で失敗しないために知っておくべきポイントを紹介していきます。

目次
1. 外資系企業の探し方
2. 外資系企業応募時のポイント
3. 外資系企業の面接での注意点

続きを読む

内資系から外資系への転職で起こるリスク

内資系の会社から外資系の会社に転職する際には会社としての文化に大きな違いがあることに理解が必要です。

日本の企業文化と海外の企業文化とには違いがあり、それが会社の経営方針だけでなく基本的な待遇にも違いが生じていることがよくあります。メリットが得られる場合もありますが、当然と思っていても当然ではないことが多数あるため、そのリスクを把握しておくことが転職の準備には欠かせません。

目次
1. 福利厚生・退職金制度について
2. ロックアウト型退職勧奨とは
3. 内資との大きな違い

続きを読む

外資系から内資系へ転職する3つのリスク

何らかの事情で外資系企業から内資系企業、すなわち日系企業に転職をすることになる人は多いものです。しかし、外資系から内資系に転職する場合にはそれなりのリスクが伴いますので、十分に注意をしておく必要があります。

このページでは、外資系から内資系へ転職するリスクを3つ紹介していきます。

目次
1. 文化の違い
2. やりがいを感じにくくなる
3. 外資と内資での人間関係の違い

続きを読む

外資系企業に転職するための3つの秘訣

外資系企業への転職を考える人の多くは、自分の英語力はもちろんのこと、職業スキルにも自信があり、人並み以上の実力があると自負している人だと考えられます。日本企業とは全く異なる文化を持つ外資系企業で、グローバルに活躍する意欲のある人は、転職スキルも、かなり高いと考えられます。
 
このページでは、外資系企業への転職の際に知っておきたい3つのポイントを紹介します。

目次
1. 外資系企業へ転職するための秘訣
2. 外資系企業の転職面接時の自己PRポイント
3. 外資系企業の転職求人の探し方

続きを読む

外資系企業が転職採用したい・したくないと思うポイント

このページでは、外資系企業に採用したいと思われるポイントと採用したくないと思われるポイントを紹介していきます。

外資系企業は日本以上に実力主義、個人主義が徹底しています。このため、日本企業よりも採用に関する基準はシビアです。といっても、自分の能力以上に見せようなどと、無理をする必要はありません。

こんな人物は雇いたい・雇いたくないというポイントをしっかりと把握して、それを参考にすれば採用される確率は高くなります。

目次
1. 企業が採用したいと思う第二新卒のポイントとは
2. 企業が採用したくない第二新卒のポイントとは

続きを読む

外資系企業に転職できる人とできない人の特徴

このページでは、外資系企業に転職できる人と転職できない人の特徴を紹介していきます。

一口に外資系企業と言っても、その社風は様々です。大手企業の日本支社の場合はトップの経営者が外国人で、働いている人の大半が日本人であるケースも多いので、ある程度は日本企業と同じような感覚で働けます。

また一方で、若い会社の場合は、日本を含めたアジア地域を戦略的に開拓しようとしますから、日本人だけでなく、欧米やアジア各国から人材が集まるため、それこそ生き馬の目を抜くほどの個人主義でハードワークとなることもあります。

いずれにせよ外資系企業での仕事を希望する人は、日本だけに照準を絞って仕事をするわけではありませんので、仕事に対する自分なりの価値観を持っていないと、長続きしません。

目次
1. 外資系企業に転職できる人ってどんな人
2. 外資系企業に転職できない人ってどんな人

続きを読む

転職前に知っておきたい日本企業と外資系企業の4つの違い

長らく続いた終身雇用の体制が崩れ始め、日本でも成果主義を打ち出す企業が増えてきました。それに伴い、社内での評価に不満を持つ人や、より高みを目指す意識の高い人は転職を計画するようになっています。

一概に転職と言っても同系統の職種へ転職するのか、別職種に転職するのかで変わってきますが、ここではもっと大きな括りで、日本企業と外資系企業の違いを紐解き、どちらに就職するのが良いのかを考えてみましょう。

多くの部分で日本企業は外資系企業の良いところを取り入れ、今や日本企業という括りも曖昧になってきています。しかし、違う国なので文化や思想は当然異なります。根底にある違いを知ることは、大切な初めの一歩です。

目次
1. 新人に対する扱い方の違い
2.評価される部分の違い
3. 仕事に対する責任意識の違い
4. 会議の意味合いの違い

続きを読む

外資系企業への転職で知っておきたい6つのポイント

転職を一つのチャンスと捉え、会社員として自身のキャリアアップを求める方も多いこの頃。選択肢の一つとして、高い年収や、裁量が大きく自由度が高い仕事を求め、外資系企業の求人に目がいくのは当然のことでしょう。

今回はそんなあなたのために、外資系企業への転職を希望する場合に注意すべきことを、6つにまとめました。

目次
1.早期に判断せず、まずは情報収集を
2.外資系企業には2種類ある
3.外資系の仕事観の違いを理解する
4.外資系の面接は交渉の場でもある
5.外資系企業は雇用の流動性が高い
6.外資系への転職は情報収集と冷静な判断を

続きを読む

外資系に強い転職サイトランキング

転職エージェント最新の口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト