外資系企業への転職で知っておきたい6つのポイント

外資系企業への転職で知っておきたい6つのポイント

転職を一つのチャンスと捉え、会社員として自身のキャリアアップを求める方も多いこの頃。選択肢の一つとして、高い年収や、裁量が大きく自由度が高い仕事を求め、外資系企業の求人に目がいくのは当然のことでしょう。

今回はそんなあなたのために、外資系企業への転職を希望する場合に注意すべきことを、6つにまとめました。

1.早期に判断せず、まずは情報収集を

情報収集

転職において重要なのは情報量です。情報量が少ない段階で外資系企業を検討する方は、往々にして憧れが先行していたり、ぼんやりと年収が高いイメージを抱いていたりと、実態が伴っていない場合が多くあります。

情報が少ない状況では正しい判断はできない

大事なことなので繰り返しますが、情報が足らない状況で正確な判断はできません。『裁量が大きくて自由にできそう』という理由で、外資系のコンサルティング会社に転職を希望した方が、実際に複数社の面接を受けて話を聞き、社員の方からも情報収集をした後、厳しい成果主義の実態に驚くといった話は、枚挙に暇がありません

転職において多くの場合、イメージと実態は異なります。特に外資系企業となると日本企業以上に転職者が少ないので、相対的に情報が少なく、誤ったイメージを抱くことが多いでしょう。この点は、注意が必要です。

2.外資系企業には2種類ある

外資系企業には2種類ある

実は一口に外資系企業という言葉で括ってしまうと、ある種の思考停止状態に陥ります。日本企業と言っても様々な形態があるように、外資系企業と言っても様々な会社があるのは当然のことなのです。数ある外資系企業を一つ一つ研究するのは、いくら候補が絞られていても時間がかかりますが、外資系企業が2種類に分かれることは覚えておいたほうが良いでしょう。

企業研究の時点でどちらのパターンか調べておく

1つは、海外の企業が日本支社を作った場合。この場合は当然、社内は母国の文化を色濃く反映している場合が多いです。一方で、海外の企業が日本企業を買収したり、母国のサービスを日本で展開するために、合弁会社や子会社を立ち上げたりした場合、実質的には日本人が経営している会社も存在します。

後者の場合、資本関係から判断すると外資系企業ですが、中身はいたって一般的な日本企業と変わらないので、前者を想像して入社した方はイメージと現実のギャップに頭を抱えることになります。企業研究の時点で、その点を入念に調べておくことが必須です。

3.外資系の仕事観の違いを理解する

外資系の仕事観を理解する

外資系企業から日本企業に転職した方に理由を聞くと、「外資系企業では、自分の仕事は完璧にこなそうとする。でもそれ以外の仕事は、自分の仕事じゃないと人に押しつける。」と語る方が多くいます。当然、その人自身のフィルターを通したネガティブな一意見ですが、外資系企業の仕事に関する考え方が伝わる内容です。

日本の大企業と海外の企業の考え方は異なる

日本の大企業は戦後、終身雇用を前提に社員を家族のように扱ってきました。そのような環境下では、全員で仕事をこなしていく必要があり、誰のものかわからない仕事は、全員で分担することが当然とされてきました。一方で、成果主義と言う言葉に代表されるように、海外企業は仕事を個人に紐づけ、成果に応じて報酬を支払う文化が背景にあります。なので、基本的には自分の仕事を完璧にこなすことが求められ、その仕事の成果が高ければ、当然のように報酬が上がるようになっています

外資系企業と言っても、その文化は会社によって様々です。しかし、上記のような異なる仕事観を理解していないと、入社してからそのギャップに苦しむことになるでしょう。

4.外資系の面接は交渉の場でもある

外資系の面接は交渉の場

日本企業の面接では、募集条件の詳細や社内で約束されるポジション・年収など、条件面の話は後回しにしがちです。採用担当者も、あまり積極的に条件面について話す人に対して、なかなか好印象は持ちません。しかし一方で、外資系企業の面接傾向としては、相手の質問を待ってから答えるような受け身の姿勢よりも、積極的に疑問を解決する姿勢を好みます。その疑問の対象が条件面であっても、能動的に質問をすることは好印象につながります。

実際に商談をしている姿を面接でアピールする

また姿勢を見せる意味ではなく、実利面でも面接の場で条件面や入社後のポジション・年収について質問することは良いことです。入社が決まった後に条件が異なっていても、抗議しようがありません。面接は交渉の場でもあると割り切って、能動的な姿勢で臨むことが大切です。

グローバル企業において、商談は常に交渉の場だという認識は、日本人の認識よりも遥かに高い現実があります。上記のような姿勢を見せることで、あなたが入社後、商談の場で有利にビジネスを運ぶイメージを、採用担当者に具体的に抱かせることができるでしょう。

5.外資系企業は雇用の流動性が高い

外資系企業は雇用の流動性が高い

外資系企業に転職することは、ある意味、ハイリスク・ハイリターンです。成果を出せば、より裁量が大きく自由度の高い仕事をこなすことができ、高い年収やステータスを得ることができます。しかし一方で、外資系企業における雇用の流動性は高く、成果が上げられないと、常に異動やリストラの危機が待っています。日本の大企業に長年勤めた方は、特にこの点を注意した方が良いでしょう。頭で理解することと、実際に異なる文化を体感することは違います。

雇用の流動性の高さについて認識しておく

最近ではレイオフという言葉も一般的になってきましたが、グローバル企業に比べて、実際に施行されるケースは少数です。またグローバル企業におけるレイオフは、個人の能力いかんではなく、時に不必要だと判断された部署ごと行うケースもあります。特に母国の文化を色濃く残す外資系企業の場合、上記したような雇用の流動性の高さは、しっかりと認識していなくてはなりません。メリットと同様にデメリットを把握することが、あなたのキャリアを成功に導く秘訣となります。

6.外資系への転職は情報収集と冷静な判断を

情報収集と冷静な判断

冒頭でも述べましたが、まずはしっかりと情報収集をしましょう。その上で、メリットとデメリットを冷静に判断することが大事です。

転職活動をする時間がないと言う方もいますが、例えば30分でも転職サイトを見ることで、想像以上の情報を得ることができます。時間が無いことを言い訳にしていたら、外資系企業のハードワークはこなせないでしょう。

自分の中で判断軸ができたら、あとは行動するのみです。皆様の転職活動がより良いものになるよう祈っております。

外資系転職サイト比較口コミランキング



関連ページ

外資系企業に転職できる人とできない人の特徴

外資系企業に転職できる人とできない人の特徴

このページでは、外資系企業に転職できる人と転職できない人の特徴を紹介していきます。 一口に外資系 […]

続きを見る
内資系から外資系への転職で起こるリスク

内資系から外資系への転職で起こるリスク

内資系の会社から外資系の会社に転職する際には会社としての文化に大きな違いがあることに理解が必要で […]

続きを見る
外資系企業に向いている人と向いていない人の特徴とは?

外資系企業に向いている人と向いていない人の特徴とは?

外資系企業と呼ばれる企業にはこれといった定義はありませんが、基本的に「海外の企業が国内企業の株式 […]

続きを見る
外資系は給与が良いは嘘?外資系で働く人の給与が高い4つの理由

外資系は給与が良いは嘘?外資系で働く人の給与が高い4つの理由

日経企業と比較すると外資系企業の給与は高いイメージが強いです。実際に日経企業から外資系企業へ転職 […]

続きを見る
外資系の転職注意点と平均年収について

外資系の転職注意点と平均年収について

一口に外資系企業といっても、さまざまな国の会社があるので、社風や就業規則もそれぞれ異なります。 […]

続きを見る
外資系の転職で求められる5つの能力

外資系の転職で求められる5つの能力

外資系企業で求められる人材は、まさに外資系企業の事業姿勢に由来します。逆に言えば、日本的経営や日 […]

続きを見る
外資系から内資系へ転職する3つのリスク

外資系から内資系へ転職する3つのリスク

何らかの事情で外資系企業から内資系企業、すなわち日系企業に転職をすることになる人は多いものです。 […]

続きを見る
外資系企業の面接で気をつけたいポイント

外資系企業の面接で気をつけたいポイント

このページでは、外資系企業への転職を考えている方へ向けて、面接時に気をつけたいポイントを紹介しま […]

続きを見る
転職前に知っておきたい日本企業と外資系企業の4つの違い

転職前に知っておきたい日本企業と外資系企業の4つの違い

長らく続いた終身雇用の体制が崩れ始め、日本でも成果主義を打ち出す企業が増えてきました。それに伴い […]

続きを見る
外資系企業に転職するための3つの秘訣

外資系企業に転職するための3つの秘訣

外資系企業への転職を考える人の多くは、自分の英語力はもちろんのこと、職業スキルにも自信があり、人 […]

続きを見る
キャリアアップを目指す外資系転職 | 企業選びの6つのポイントキャリアアップを目指す外資系転職 | 企業選びの6つのポイント
転職前に知っておきたい日本企業と外資系企業の4つの違い転職前に知っておきたい日本企業と外資系企業の4つの違い

転職エージェント最新の口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト