WebディレクターとWebプロデューサーの仕事内容と違いについて

WebディレクターとWebプロデューサーの仕事内容と違いについて

WebディレクターやWebプロデューサーなどは、Web関係の求人を見かけるとよく目にすると思います。

なんとなく違いは分かっても説明してと言われるとうまく説明できなかったり、どうしたらWebディレクターやWebプロデューサーになれるのか悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、WebディレクターやWebプロデューサーに転職を考えている方や違いを知りたい方に向けて、明確な違いについて説明していきたいと思います。

 

1.Webディレクターの仕事内容とは?

Webディレクターって何してるの?

Webディレクターとはどのような仕事なのでしょうか。Webディレクターの仕事内容と役割について詳しくみていきましょう。

 

webディレクターとは

Webディレクターとは、Webプロデューサーが策定した予算やコンセプトを実務レベルにブレイクダウンし、WebサイトのUIやデザイン、運用、改善施策を目に見える形にしていく人の事を指します。Webサイトが運用中であれば、アクセス解析を基にした改善提案や施策実行などを行います。Webサイトを新規で制作する場合は、ワイヤーフレームの作成やデザインを行ったり、制作スタッフやエンジニアに対するディレクションやマネジメントなどを行うことが多いです。

 

Webディレクターが活躍する4つの業界

Webディレクターが活躍する業界は大きく分けると4つの業界に分けられます。一つずつ見ていきましょう。

 

広告代理店

広告代理店では、Web制作・運用、企画提案、Webマーケティング、アカウントエグゼクティブ、メディアプランニングなどを主に行います。広告代理店自体は、各メディアの広告枠を販売することが主な業務ですが、近年では商品やサービスのプロモーション企画を含むサイト制作も重要な役割の一つになっています。

広告代理店に所属するWebディレクターは、クライアントの要望をヒアリングし、マーケティングや販促活動を行う中で、Webをどのように活用し、プロモーションをしていくかを企画・提案しています。

 

Web制作会社

Web制作会社では、Web制作全般を行います。具体的には、情報設計、サイト設計、ページ設計、スケジュール管理、更新、運用、保守などの事を指します。企画提案も行う事もあります。主に、広告代理店やくらいあんとから依頼された要件をもとに、Webサイトの構築を行っています。

サイトの構成や設計を位置から考え、Webコンテンツへと落とし込み、場合によっては大まかなシステム要件の仕様も作成します。また、Webデザイナーやプログラマー、ライターなどのスタッフ選定や、スケジュール管理、サイト構築後の校正や検収、公開後の運用、保守までを行う場合もあります。

 

システム開発会社

システム開発会社では、Web制作や動的ページの要件定義、仕様設計、開発進行管理などを行っています。主に、DBの構築や動的なページ制作のためのプログラミングを行っています。そのため、ここでのWebディレクターの仕事はシステム開発と連携したWeb側(フロントエンド側)のディレクションがほとんどです。

 

サービス事業会社

サービス事業会社では、コンテンツ企画提案やWebサイトの制作、プロモーションやプロジェクト進行管理、更新、運用などを行っています。サービス事業会社というのは、ポータルサイトやSNSメディアのサービス運営など、独自のWebサービスやメディアを自社で展開してるような企業であったり、Webサイトを活用して顧客獲得をはかっているような企業の事です。

ここでは、コンテンツ企画や販促プロモーションからサイト設計、制作進行管理、更新、運用などを行います。サイト構築のみならず、運用も行うため中長期的な目標を立てられる人材が求められます。

 

Webディレクターに求められる能力とは

Webディレクターという仕事は、Webページの制作工程を理解し、制作工程の基礎知識をまんべんなく持っている必要があります。それに加え、Web特有のリテラシーやアクセス解析についてのスキルも必要とされています。しかし、その中でももっとも重要とされているのがコミュニケージョン能力です。

 

Webディレクターに必要なコミュニケーション能力

Webディレクターの仕事は、社内外の人と話し合う機会、制作やマーケティングなどの企画を通すプレゼンテーションの機会、広報、IRなどの経営戦略の重要な機能として期待される機会というのが多いため必然的にコミュニケーション能力が求められます。

  • クライアントや社内責任者
  • 制作スタッフ

主に上記の方との交流や橋渡しを円滑に行っていく必要があります。そのため、常にゴールを明確化し軸をしっかり持ち目的を達成していくことがwebディレクターにおけるコミュニケーション能力とされています。

 

2.Webプロデューサーの仕事内容とは?

Webプロデューサーってどんな仕事?

今度はWebプロデューサーについて詳しく見ていきましょう。一見Webディレクターとはあまり違いがなさそうですが詳しくみていくと明確な違いが見えてきます。

 

Webプロデューサーとは

Webプロデューサーとは、企画制作から売り上げまでプロジェクト全体の責任を負う最高責任者のことを指します。具体的には、クライアントへのヒアリングや要件定義、企画書の作成、プレゼンなど、サイトの全体を管理する業務を行います。予算、コスト、納期の管理はもちろん、制作メンバーや外注スタッフの選定も行っています。業務の全体像を俯瞰して見ながら会社の売上や目標にコミットした施策を行っているのです。

 

Webプロデューサーに求められる能力

Webプロデューサーに求められるのは、専門的な知識や技術も含めた総合力です。具体的には、クライアントとの関係を良好に保ちながら要望を正確に把握するコミュニケーション力や予算内でプロジェクトを完了させる交渉力や管理能力、優秀な人材を集められるコーディネーション能力が必要です。経営の視点で物事を考えながらビジネスセンスを磨いていきましょう。

 

Webプロデューサーに必要な資格とは

Webプロデューサーになるために必要な資格はありません。しかし、その業界での経験と実績は必要です。一般的には、Webディレクターとして勤務した後Webプロデューサーへと昇格します。経験を積む中で、クライアントのニーズに応えられる企画を立てれるように、進化し続けるIT業界の情報を貪欲に収集するようにしましょう。

また、マーケティングの知識をつけたり仕事でのコミュニケーション能力を養うことも重要です。

 

3.WebディレクターとWebプロデューサーの違いとは?

WebディレクターとWebプロデューサーの違いって?

これまでWebディレクターとWebプロデューサーの各々の基本的な情報について確認してきましたが、具体的にはどんな違いがあるのでしょうか。項目別に確認していきましょう。

 

給与はWEBプロデューサーの方が高い

年収面に関しては、Webプロデューサーが上限711万円、下限428万円なのに対しWebディレクターは上限651万円、下限396万円となっています。上限で約60万円、下限で30万円Webプロデューサーが上回っています。Webディレクターが昇格したらWebプロデューサーになるということもあり、Webプロデューサーの方が全体的に年収は高めです。

同じWeb企業であっても、新人のWebディレクターとWebプロデューサーでは年収で数百万円違うということもあります。

 

求人数はWEBディレクターの方が多い

求人数は、平成28年10月時点でWebプロデューサーが184件、webディレクターが538件という風にWebディレクターの方が圧倒的に求人数は多くなっています。webプロデューサーの下にWebディレクターがいるため、求人数が少ないのは納得できます。

 

4.WebディレクターがWebプロデューサーに昇格する方法

Webディレクター Webプロデューサー 昇格

Webディレクターが昇格するとWebプロデューサーになるとお話ししましたが、昇格するためにはどうしてら良いのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

 

求められているものの変化に対応する

Webプロデューサーに必要となるのは、Webサイトでいかに収益を得るかという戦略を考えることと、収益を出すために何をすべきか考えることです。一方Webディレクターに必要となるのはクオリティが高く作業効率の良いサイトを制作し運営することとワイヤーフレームの作成やアクセス解析の能力を高めることです。このように同じような仕事に見えても求められるものが大きく変わってきます。そのため、考え方からも変化する必要があります。

 

必要な知識を積極的につける習慣を作る

Webディレクターがwebプロデューサーになるには、Webディレクターとして活躍し昇格するスタイルが一般的です。しかし、Webディレクターの業務をまっとうしていれば自然になれるものではありません。そのため、日頃から経営、マネジメント、マーケティングといった知識やスキルをつけるために積極的に学び続ける必要があります。

 

まとめ

今回は、WebディレクターとWebプロデューサーの違いについて説明してきました。いかがでしたでしょうか。仕事内容など細かくみていくと違いはわかるものの、Webディレクターの延長線上にWebプロデューサーが存在するため二つの職業を完全にわけることはできません。あくまで、webディレクターがステップアップするとWebプロデューサーになり仕事の範囲が広がるという風に理解すると良いでしょう。

Webプロデューサーという職種を設けていない企業もありますが、その企業ではWebディレクターがWebプロデューサーの仕事までを賄っている場合が多いです。そのため、職種名だけで判断せず、自分がやりたい仕事は何なのかという事をもつことをおすすめします。是非参考にしてみてください。

 

IT・Web・エンジニア転職サイト口コミランキング


IT転職サイトランキングをもっと見る




IT・Webエンジニアが転職で利用した転職サイトを口コミを頂いてランキングしています。求人の質や対応の内容が違うので、複数登録して見比べ比較することが鉄則です。


関連ページ

ブラックIT企業の特徴!ホワイトIT企業の違いと見分け方とは?

ブラックIT企業の特徴!ホワイトIT企業の違いと見分け方とは?

せっかく転職したらブラック企業だったなんて事になったらもったいないですよね。 そして、ブラック企 […]

続きを見る
プログラマーから異業種へ転職する前に注意するポイント4つ

プログラマーから異業種へ転職する前に注意するポイント4つ

プログラム言語を用いてコンピュータープログラムを組み、多種多様なシステムやソフトウェアをつくるプ […]

続きを見る
スマートフォンエンジニアの転職で知っておきたい6つのポイント

スマートフォンエンジニアの転職で知っておきたい6つのポイント

このページでは、スマートフォンエンジニアに転職するにあたって知っておきたい6つのポイントについて […]

続きを見る
Webデザイナーへの転職のメリット・デメリット

Webデザイナーへの転職のメリット・デメリット

このページでは、Webデザイナーへ転職する前に心得ておくべきメリットとデメリットについて説明して […]

続きを見る
HTMLコーダーの転職注意点と平均年収・平均給与

HTMLコーダーの転職注意点と平均年収・平均給与

このページでは、HTMLコーダーの転職注意点と平均年収・平均給与について説明します。 HTMLコ […]

続きを見る
ネットワークエンジニアの転職で知っておきたい6つのポイント

ネットワークエンジニアの転職で知っておきたい6つのポイント

このページでは、ネットワークエンジニアに転職するにあたって知っておきたい6つのポイントについて紹 […]

続きを見る
プロジェクトマネージャーへの転職のメリット・デメリット

プロジェクトマネージャーへの転職のメリット・デメリット

このページでは、プロジェクトマネージャーへ転職する前に心得ておくべきメリットとデメリットについて […]

続きを見る
IT・Web関連の平均年収と転職3つの注意点

IT・Web関連の平均年収と転職3つの注意点

IT・Web関連の業種に転職するときは、業務体制が整っているか、業務目標にムリはないか、組織がI […]

続きを見る
プログラマー専門の転職サイト活用に押さえておきたいポイント4つ

プログラマー専門の転職サイト活用に押さえておきたいポイント4つ

プログラマーの転職活動には専門の転職サイトを利用する方法が一番ポピュラーであり、推奨されている方 […]

続きを見る
WebアプリケーションSEの転職で知りたい3つのポイント

WebアプリケーションSEの転職で知りたい3つのポイント

このページでは、WebアプリケーションSEの転職において知っておきたい3つのポイントについて説明 […]

続きを見る
WEBプログラマーへ未経験で転職する際に知っておきたい5つのことWEBプログラマーへ未経験で転職する際に知っておきたい5つのこと
ブラックIT企業の特徴!ホワイトIT企業の違いと見分け方とは?ブラックIT企業の特徴!ホワイトIT企業の違いと見分け方とは?

転職サイト最新口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト