業務アプリケーションSEの転職で知っておきたい6つのポイント

業務アプリケーションSEの転職で知っておきたい6つのポイント

このページでは、業務アプリケーションSEの転職で知っておきたい6つのポイントについて紹介します。

下記のポイントを押さえて、転職サイトや転職エージェントを活用して転職に臨みましょう。

 

1. 業務アプリケーションSEの仕事とは

業務アプリケーションSEの仕事とは

業務アプリケーションSEとは、企業の業務効率化や高度化を支援するアプリケーションの開発を行うシステムエンジニアです。
ネットワークやサーバーなど業務アプリの稼動が正常に行われるように仕組み作りを行う基盤(インフラ)系SEとよく比較される職種です。

業務アプリケーションSEの仕事内容は、クライアントの要望を聞き、課題をクリアできる解決策を提案を行うところからスタートします。
企画や提案が通ったら予算が組まれ、企画書の内容をシステムに落とし込む設計やプログラミング、テストなどの開発業務を行います。
アプリケーションの開発が終わっても、基盤(インフラ)系SEとチームを組んでトラブルに対応したり、運営や保守などの業務も行います。

 

2. 業務アプリケーションSEの平均年収・平均給与

業務アプリケーションSEの平均年収・平均給与

業務アプリケーションSEの平均年収は、約540万円です。
平均月収は約37万円で、年間のボーナスは約90万円となっております。
世代別で比較すると、20代で約350~400万円、30代で約500万円、40代で約600万円前後とIT業界の他の職種と比べても平均以上の水準ですし、各世代とも平均を下回ることはありません
プログラマーの平均年収は、約420万円ですから年収が100万円以上高く、月収ベースでは毎月10万円ほど業務アプリケーションSEのほうが高い計算になります。

また、業務アプリケーションSEの年収の特徴は、20代の若い頃はそれほど年収に差がないものの40代以降になると年収が高い人と低い人の差が大きくなるということが挙げられます。

年収が1000万円を超える業務アプリケーションSEも少なくありません。
派遣の時給も高く、時給で2500~2800円で募集しています。
仮に1日に8時間労働だとしても20日働いて月収40万円もらうことができます。
業務アプリケーションSEで残業なしという会社は、ほとんどありませんので、派遣社員でも月収50万円で働くことが可能です。
実務経験があり、将来独立を考えているのであれば、2、3ヶ月ごとの契約更新で働くことのできる派遣社員でも問題ないでしょう。

業務アプリケーションSEの中でも、金融系関連で働く業務アプリケーションSEの年収が高いため人気がありますが、転職の競争も厳しく未経験ではまず採用されることはありません。

 

3. 業務アプリケーションSEに転職する注意点

業務アプリケーションSEに転職する注意点

業務内容が会社によって大きく異なる

業務アプリケーションSEの仕事内容は、大きく分けて2つに分かれていることをご存知でしょうか?

主にプログラムや設計などの特定業務を日々行っている業務アプリケーションSEとプロジェクトの進行や管理がメインの業務になり、ほとんどPCで仕事をしない業務アプリケーションSEの2通りのパターンがあります。

特定業務に携わる業務アプリケーションSEでも、特定のプログラミング言語だけを使った業務というのはほとんどありません。
特定のプログラミング言語を使えることよりも、プロジェクトに必要なプログラミング言語を案件が終わるまでに概要をすばやく覚えてクライアントに説明できる能力のほうが重視されます。

つまり、アプリケーションの設計や開発だけでなく、クライアントの要望を聞きだし問題解決の方法を提案したり、分析したりする能力も求められる仕事だということです。
ですので、PCに向かってアプリケーションの開発だけをやりたいという方には業務アプリケーションSEは向かないでしょう。
業務内容が会社によって大きく異なるので転職の際には、応募する前に転職エージェントに相談するなどして転職後のミスマッチを防ぎましょう。

TOEICが基準を超えていないと応募できないことがある

業務アプリケーションSEの求人内容をよく読んでみると、TOEICの点数の記載があることに気づくはずです。
基本的に規模の大きな会社の業務アプリケーションSEの求人は、ビジネス英語が使えるTOEIC730点以上というように明確に記載されているケースが多いです。
プロジェクトの予算によっては、人件費の安い海外に外注に出す場合もあるので、仕事で使える程度の英語力がある方が採用されやすい傾向にあります。

 

4. 業務アプリケーションSEに転職するメリット

業務アプリケーションSEに転職するメリット

業務アプリケーションSEに転職するメリットは、以下の2つが挙げられます。

出世が早い

日本のIT業界は実力主義といっても、実際には年功序列に毛が生えた程度で、実力があってもなかなか昇進できないということも少なくありません。

ですが、業務アプリケーションSEの場合は他のIT業界の職種と比較しても、実力が正当に評価される仕事です。
アプリケーションの設計、開発だけでなく、プロジェクトの管理まで行えるようになれば20代で管理職なることも可能です。
とくに中小企業の場合は、そもそも業務アプリケーションSEの人数が少ないため、仕事の成果次第ですぐに管理職に昇進できる可能性が高いです。

年収アップが見込める

業務アプリケーションSEの年収は、プログラマーやサーバーエンジニアよりも年収が高水準なので、転職して年収があがる可能性は極めて高くなります
インドなどプログラマーやエンジニアなど能力の高い人間が多い国で安く外注業者に仕事を依頼するようになるため、日本人の業務アプリケーションSEの需要が少なくなると言われています。
そのため、年収が下がると心配する声もあります。
ですが、クライアントとのコミュニケーションやプロジェクトチームのメンバーとのコミュニケーションは当然のことながら日本人のほうが向いています

また、業務アプリケーションSEは常に人材不足で今後も劇的に人数が増えることもないでしょう。
ですので、今後もしばらくは業務アプリケーションSEの年収は高水準が続くことが予想されます。
未経験での求人募集があるので転職のチャンスはまだ続いています。
年収アップを希望する方は、業務アプリケーションSEの転職することを選択肢に入れておきましょう

 

5. 業務アプリケーションSEに転職するデメリット

業務アプリケーションSEに転職するデメリット

業務アプリケーションSEに転職するデメリットも残念ながらあります。以下の2つのデメリットを頭に入れて転職活動を行ってください。

退職者が多い

プログラマやデザイナーなど他のIT業界の職種も長時間労働が当たり前ですが、転職する会社によっては、残業が少ないというケースもあります。
ですが、業務アプリケーションSEの場合は人数が少ないからかもしれませんがほぼ100%のSEが1日12時間など長時間労働で頑張っています。
とくに不具合など予期せぬトラブルが発生した際には、残業や休日出勤で問題解決のために働くことになります

そのため、激務を理由に退職する方が多く、仲間(上司、同期、後輩)と一緒に成長できる環境が少ないことがデメリットとして挙げられます。
一緒に仕事をしていた仲間が退職していき、チームのメンバーが短期間で変わることはプロジェクトを管理していく業務アプリケーションSEにとってはマイナスになります。
業務アプリケーションSEに転職する場合は、応募したい企業の労働についての実態を知っておく必要があります。

クライアントへの対応がストレスになることもある

業務アプリケーションSEは、クライアントの悩みを聞き問題を解決に導く仕事です。
悩みを聞き解決したくても予算に合わない場合は、きちんとできないということを伝えなくてはいけません。

また、アプリケーションの開発には、トラブルや不具合から避けられません。

トラブルが発生した場合にクライアントに説明し、迅速に問題解決の方法を伝えることはもちろん、誠意をもって謝罪する必要もあります。
人と話すことが苦手だったり、クライアントと接触することが負担に感じる方は業務アプリケーションの仕事はデメリットがある業務だと感じることでしょう。

 

6. 業務アプリケーションSEの求人の探し方

業務アプリケーションSEの求人の探し方

業務アプリケーションSEの求人は、エンジニアの求人の取り扱いの多いIT専門の転職サイトかエージェントがつき転職をサポートしてくれる転職エージェントで探す方法があります。

転職サイトは、働きながらでも空いた時間を使って転職活動ができるというメリットがあります。
一方の転職エージェントは、エージェントが企業との交渉にも参加してくれるため自分では交渉が難しい給与の交渉なども代理で行ってくれるというメリットがあります。
ただし、転職エージェントは年齢制限もありますし、テストもあります。
誰でも転職エージェントを利用できるわけではありませんので注意してください。

また、インターネットを使わずにハローワークで探すという方法もありますが、地方では業務アプリケーションSEの求人は少ないので、ネットで首都圏の求人を狙うほうがよいでしょう。

IT・Web・エンジニア転職サイト口コミランキング


IT転職サイトランキングをもっと見る




IT・Webエンジニアが転職で利用した転職サイトを口コミを頂いてランキングしています。求人の質や対応の内容が違うので、複数登録して見比べ比較することが鉄則です。


関連ページ

ネットワークエンジニアの転職で知っておきたい6つのポイント

ネットワークエンジニアの転職で知っておきたい6つのポイント

このページでは、ネットワークエンジニアに転職するにあたって知っておきたい6つのポイントについて紹 […]

続きを見る
Webプログラマの転職注意点と平均年収・平均給与

Webプログラマの転職注意点と平均年収・平均給与

このページでは、Webプログラマの転職注意点と平均年収・平均給与について説明します。 Webプロ […]

続きを見る
グラフィックデザイナーの転職で知っておきたい6つのポイント

グラフィックデザイナーの転職で知っておきたい6つのポイント

このページでは、グラフィックデザイナーの転職で知っておきたい6つのポイントについて紹介します。 […]

続きを見る
IT企業マーケティングの転職で知りたい3つのポイント

IT企業マーケティングの転職で知りたい3つのポイント

このページでは、IT企業マーケティングへの転職で知っておきたい3つのポイントについて説明していき […]

続きを見る
WebアプリケーションSEの転職で知りたい3つのポイント

WebアプリケーションSEの転職で知りたい3つのポイント

このページでは、WebアプリケーションSEの転職において知っておきたい3つのポイントについて説明 […]

続きを見る
IT企業マーケティング職への転職のメリット・デメリット

IT企業マーケティング職への転職のメリット・デメリット

このページでは、IT企業マーケティング職に転職するメリットとデメリットについて説明していきます。 […]

続きを見る
サーバーエンジニアの転職で知っておきたい6つのポイント

サーバーエンジニアの転職で知っておきたい6つのポイント

このページでは、サーバーエンジニアの転職で知っておきたい6つのポイントについて紹介します。 ポイ […]

続きを見る
IT・Web関連の平均年収と転職3つの注意点

IT・Web関連の平均年収と転職3つの注意点

IT・Web関連の業種に転職するときは、業務体制が整っているか、業務目標にムリはないか、組織がI […]

続きを見る
ITアーキテクトへ転職する際に知っておきたいポイント

ITアーキテクトへ転職する際に知っておきたいポイント

現在プログラマやエンジニアとして働いている皆さんは、どのようなキャリアプランをお考えでしょうか? […]

続きを見る
Webプロデューサーの転職注意点と平均年収・平均給与

Webプロデューサーの転職注意点と平均年収・平均給与

このページでは、Webプロデューサーの転職注意点と平均年収・平均給与について説明します。 Web […]

続きを見る
グラフィックデザイナーの転職で知っておきたい6つのポイントグラフィックデザイナーの転職で知っておきたい6つのポイント
WebアプリケーションSEの転職で知りたい3つのポイントWebアプリケーションSEの転職で知りたい3つのポイント

転職サイト最新口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト