IT・Web関連の転職面接に向けて知っておきたい3つのコツ

IT・Web関連の転職面接に向けて知っておきたい3つのコツ

IT・Web関連は非常に入れ替わりが多い業界です。そのためIT業界で働くなら、転職のコツを掴んでおくことは大切であるといえます。

このページでは、IT・Web関連の転職面接に向けて知っておきたい3つのコツを紹介していきます。

1. 面接の前に準備しておきたいこと

準備しておきたいこと

IT・Web関連のスキルを持っていると、転職で有利になるのは当然です。逆にプログラミング言語を1つも習得していないと、不利になってしまう場合があります。2つ以上のプログラミング言語を使えることを面接でアピールできれば、採用してもらいやすくなると考えてよいでしょう。

 

専門用語を使うことが重要

SEを希望する場合は、必ずしもプログラミング言語は必要ありません。その場合、これまでにどのようなシステムに携わってきたのかを説明できるようにしておきましょう。面接前にしっかり確認しておくことが重要です。

専門用語を使って説明することが重要です。分かりやすさも大切ですが、技術的な専門用語を使わなければ、オペレータの経験しかないと思われてしまうかもしれません。一般的に面接官の中には1人は技術担当の人がいるはずなので、専門用語を使っても問題ないことが多いです。

ただし最終面接など、役員中心の面接では技術の話はあまりしません。もし役員相手に技術の話になりそうな場合は、専門用語の使用は控えた方が良いでしょう。

 

企業の要求を意識しすぎないようにする

このように技術的な面に関して準備しておくことは非常に大切です。しかし、その他にも転職の面接では重要なポイントがあります。それは、企業の要求を意識しすぎないことです。

短期の募集であれば、要求を最大限に意識した方が良いです。しかし、長期的に働いてもらうことを前提としている場合は、意識しすぎると逆効果であることがあるのです。

長期間働く場合は、今のプロジェクトが終わったら次のプロジェクトを手掛けることになりますよね。面接で現在のプロジェクトに関するアピールばかりをすると、他のプロジェクトで活躍できるかどうかを判断しにくくなるのです。

面接前の自己分析では、現在のプロジェクトに合わせた局所的な分析ではなく、自分のスキルの棚卸を実施するイメージで取り組むべきです。「この企業であればこのスキルが喜ばれるだろう」というような先入観を持たないように注意しましょう。

 

汎用的なスキルをアピールすると効果的

これまではWebだけを手掛けている企業であっても、翌年からはインフラを手掛けようと計画しているかもしれません。そのような場合、面接でWebプログラミングの実績だけを語るより、幅広く持っているスキルをアピールしておいた方が使える人材であると思ってもらえるでしょう。

IT・Web関連の会社が手掛ける業界は流動的であることが多いです。転職の面接では、汎用的なスキルを持っていることをアピールすると効果的です。

 

2. 面接当日の心構え

面接当日の心構え

IT・Web関連というと、面接での印象もかなりの割合で見られることになります。転職を成功させるためには、当日の心構えを考えておきましょう。

面接当日はまずは清潔にすることが何よりも大事です。

 

服装はオフィスカジュアルかスーツが無難

IT・Web関連の中には普段からカジュアルでジーンズでもいいという会社が多いので平服でお越しくださいという案内を出している会社もあります。

ただし、まだあなたはその会社の社員ではありませんから、平服といってもせめてオフィスカジュアルか、ファッションとしてはやはりスーツが無難です。

 

髪型や見た目は万人受けするものを心がける

また、髪や見た目は何よりも万人受けすること、ノーマルであることを心がけましょう。身だしなみに最低限必要なお洒落をするのはかまいませんが行き過ぎはよくありません。

 

あまり緊張しすぎないようにする

次に、あまり緊張し過ぎないことです。

転職の面接ではやはり緊張するものですが、この時に例えばスキルチェックとして専門職ならわかっていることの質問をすることがあります。実はこの質問はとても重要で、特に経験者であればあるほど採用される可能性を左右するポイントです。

このため、うまく答えられるかどうかよりも基礎基本的なところがどうなっているか、転職の時にはどういうことをすればいいのかということをしっかり答えられるようにしましょう。

 

ポートフォリオの説明が出来るようにしておく

IT・Web関連の場合、先にポートフォリオを送っている事があるでしょう。実はポートフォリオによってある程度その人のスキルは見られていることがあります。

この時、ポートフォリオについてのアピールやプレゼンテーションを行う場合も出てくるかもしれません。説明やどういうポイントを考えて作ったかということもしっかりアピールできるといいでしょう。

 

スキルチェックを行う

スキルに関しては、転職を見越してマルチに使えるポータブルスキルを見られることよりも、本人がどういう仕事をしてきたのか、という職歴・キャリアや、どういうことをしたいのかという希望の方に重点が置かれることが多いのです。これは仕事がそもそも専門的で、ある程度適職かどうかを見極めるために大事なことです。

また、その人が何をしたいかによってパフォーマンスも左右されるため、そういうスキルを重視されることが多いのです。スキルチェックはかかさず行うようにしましょう。

ただし、ポータブルスキルがないからということは必ずしもマイナスにはなりませんし、ポータブルスキルがあるというのはプラスになりやすいので、その点をアピールするのも方法でしょう。

 

3. 面接中のタブー

面接中のタブー

IT・Web関連での転職はあまり珍しいことではないため、面接でもいろいろなことが起こります。とはいえ、面接中にやってはいけないこと、タブーとされることは多いでしょう。

 

情報漏えい

ひとつは情報漏えいです。これは今の会社でどのようなことをしているか、というようなことをアピールする際に行われます。

この時、例えば取引先名を出したりシステム名を出したりすると、情報漏えいに繋がることがあります。同業他社ならなおのこと意識しておきたいところでしょう。

 

今の会社内での専門用語を使う事

次に会社内での専門用語を使うことです。これは今の会社で通じている言葉でも、転職先で通じる言葉とは限らないためです。もちろん特定の部署内で使っている言葉でも良くありません。

これらを使うと面接官は何を言っているのかわからなくなったり、同時に何を言いたいのかわからず不採用となることがあります。

このため、そのような専門用語は一切使わないという心がけも大事でしょう。なんというのかわからないのなら説明をインターネットで調べ、うまい言い回しを探すようにしましょう。

 

その職種でしか通用しない言葉を使う事

また、その職種でしか通用しないような言葉を使うのも良くありません。

これはIT・Web関連でありがちな職種が細かく分かれていることのデメリットで、特に同じ会社で働いている人たちでも専門とする分野は全く違うため、専門用語を出されてもわからないことが多いのです。WebエンジニアにHTMLのことを話してもネットワークエンジニアには通用しません。

ついでに転職の時に必ず上司となる人がいるとは限らないことも多いのです。人事関係を行う人が面接官となっている場合、専門用語を駆使して仕事ができるアピールをするのはむしろ鼻につくことでもあります。用語が間違っていればなおのこと恥をかくでしょう。

 

専門性以外のことは必ず業務と結びつける

最後に、専門性以外のことをアピールするのはかまいませんが、それは必ず業務と結びつけましょう。専門外のことというと趣味やポータブルスキル、あるいはいろいろなスキルのことで、幅広くいろいろなことをアピールできる、あるいは幅広くいろんなことに興味が有るのだとアピールできます。

ただし、転職で特に人柄重視の企業では趣味がアピールとなることもあります。このため、聞かれたことはアピールするようにするとベストです。

また、中には業務とは関係なくプライベートで作ったものや学習したことが評価されることもありますので、その点も聞かれれば応えるというのが大きなポイントでしょう。

IT・Web・エンジニア転職サイト口コミランキング


IT転職サイトランキングをもっと見る




IT・Webエンジニアが転職で利用した転職サイトを口コミを頂いてランキングしています。求人の質や対応の内容が違うので、複数登録して見比べ比較することが鉄則です。


関連ページ

Webプログラマの転職注意点と平均年収・平均給与

Webプログラマの転職注意点と平均年収・平均給与

このページでは、Webプログラマの転職注意点と平均年収・平均給与について説明します。 Webプロ […]

続きを見る
WebアプリケーションSEへの転職のメリット・デメリット

WebアプリケーションSEへの転職のメリット・デメリット

このページではWebアプリケーションSEへの転職のメリットとデメリットについて説明していきます。 […]

続きを見る
IT・Web関連の平均年収と転職3つの注意点

IT・Web関連の平均年収と転職3つの注意点

IT・Web関連の業種に転職するときは、業務体制が整っているか、業務目標にムリはないか、組織がI […]

続きを見る
ITアーキテクトへ転職する際に知っておきたいポイント

ITアーキテクトへ転職する際に知っておきたいポイント

現在プログラマやエンジニアとして働いている皆さんは、どのようなキャリアプランをお考えでしょうか? […]

続きを見る
Webエンジニアの転職注意点と平均年収・平均給与

Webエンジニアの転職注意点と平均年収・平均給与

このページでは、Webエンジニアの転職注意点と平均年収・平均給与について説明します。 Webエン […]

続きを見る
Webデザイナーへの転職のメリット・デメリット

Webデザイナーへの転職のメリット・デメリット

このページでは、Webデザイナーへ転職する前に心得ておくべきメリットとデメリットについて説明して […]

続きを見る
IT・Web関連の転職での面接時と雇用契約書上の注意点

IT・Web関連の転職での面接時と雇用契約書上の注意点

このページでは、IT・Web関連の面接時の注意点・雇用契約書上のチェック項目と注意点について説明 […]

続きを見る
IT企業マーケティング職への転職のメリット・デメリット

IT企業マーケティング職への転職のメリット・デメリット

このページでは、IT企業マーケティング職に転職するメリットとデメリットについて説明していきます。 […]

続きを見る
プログラマー専門の転職サイト活用に押さえておきたいポイント4つ

プログラマー専門の転職サイト活用に押さえておきたいポイント4つ

プログラマーの転職活動には専門の転職サイトを利用する方法が一番ポピュラーであり、推奨されている方 […]

続きを見る
IT・Web関連へ転職する際に知っておくべき3つのポイント

IT・Web関連へ転職する際に知っておくべき3つのポイント

このページでは、先ずIT・Web関連の仕事をいくつか紹介した後、IT・Web関連への転職を考えて […]

続きを見る
ITアーキテクトへ転職する際に知っておきたいポイントITアーキテクトへ転職する際に知っておきたいポイント
WEBプログラマーへ未経験で転職する際に知っておきたい5つのことWEBプログラマーへ未経験で転職する際に知っておきたい5つのこと

転職サイト最新口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト