スマートフォンエンジニアの転職で知っておきたい6つのポイント

スマートフォンエンジニアの転職で知っておきたい6つのポイント

このページでは、スマートフォンエンジニアに転職するにあたって知っておきたい6つのポイントについて紹介していきます。

下記のポイントを踏まえて転職エージェントを活用し、転職に臨みましょう。

 

1. スマートフォンエンジニアの仕事とは

スマートフォンエンジニアの仕事とは

スマートフォンエンジニアは、スマホ向けのアプリ開発を行う仕事がメインの業務になります。
スマホ向けのアプリは、雑誌と連動した女性向けのアプリや動画を視聴するためのアプリ、ソーシャルゲームのアプリなど多岐に渡り、それぞれ必要な技術も異なります。

スマホは、iPhoneやiPadに搭載されたiOS、apple社以外の端末に搭載されたAndroid(アンドロイド)の2つのOSがありそれぞれ特有の特徴があります。
使用する言語もiOSでは、Objective-C、アンドロイドではJavaと異なるためiOSならiOS専門のエンジニア、アンドロイドならアンドロイド専門のエンジニアというように、どちらかを1つのOSを専門とするスマートフォンエンジニアが多い傾向にあります。

 

2. スマートフォンエンジニアの平均年収・平均給与

スマートフォンエンジニアの平均年収・平均給与

スマートフォンエンジニアの平均年収は、約460万円です。
一番多いのが年収400万円台でスマートフォンエンジニア全体の約40%を占めます。
続いて多いのが年収300万円台で全体の約25%となっており、スマートフォンエンジニアの大半は年収300~400万円台だということが分かります。

技術力に加えてプラスアルファの要素があると転職しやすい

IT系のエンジニアは総じて年収が高い傾向にありますが、スマートフォンエンジニアがやや低いのはスマホアプリの開発事業そのものの歴史が浅く実務経験の長く管理職に就いているスマートフォンエンジニアが少ないからだと考えられます。
一方で、実務経験があり、iOSもアンドロイドの両方のアプリが開発できる能力の高い方は人材が不足しているため、転職して年収が上がることも少なくありません。
アプリ開発の技術力に加えて、企画力やプロジェクトリーダーの経験があるなどプラスアルファの要素があれば転職しやすい上に、スマートフォンエンジニアではトップクラスの年収600万円以上を得ることも可能です。

力があれば自分の好きな働き方で高収入を得られる

また、スマートフォンエンジニアの場合は、経験者で都内まで働ける方は派遣社員のほうが毎月の給与が高くなるという特徴があります。東京都内で募集しているスマートフォンエンジニアの時給は2200~2500円と高く残業を1日2時間すれば月収50万円以上となることも珍しくありません。このようにスマートフォンエンジニアはアプリ開発の技術力や経験があれば自分の好きな働き方で高い報酬をもらえる環境が整っています

 

3. スマートフォンエンジニアに転職する注意点

スマートフォンエンジニアに転職する注意点

スマートフォンエンジニアに転職する際に注意しておきたいポイントは1つだけです。

給与とやりたいことのバランスを考える

それは、自分のやりたいことと給与のバランスが悪くならないように注意するということです。
なぜかというとエンジニアは、自分のやりたいことや理想を追い求めて転職をするケースが多いのですが、転職した後に本当にやりたいことができなかったり、やりたいことはできても給与が少なくて後悔することが多いからです。
憧れのスマホアプリ開発の仕事に就けたとしても、給与が低く上がる見込みが少ない場合は、せっかく転職してもまたすぐに転職することにもなりかねません。

転職する前に最低限欲しい給料を明確にしておきましょう。あいまいにしておくと判断に迷い、最終的に納得できないまま働き始める恐れもあります。

IT系に特化した転職エージェントを活用する

また、面接のときには自分のやりたいことができると聞いたのに実際に転職してみると自分の好きなスマホアプリの開発以外の業務が多く思っていたのとは違ったということもよくあります。
このようなミスマッチを防ぐには自分で転職活動をするのではなく、転職エージェントを活用することです。
とくにスマートフォンエンジニアの転職実績の多いIT系に特化した転職エージェントを活用するとミスマッチが少ないです。

転職希望者と求人募集を出す企業の仲介を行う転職エージェントは企業の味方でもあり、転職希望者の味方でもあります。
何千、何万人というエンジニアの転職サポートを行った大手の転職エージェントであればどうすれば転職に成功するのか、あるいは失敗するのかということを熟知しています。
自分の希望と転職希望先の企業が合っているのかプロとしてアドバイスをしてくれますし無料で利用できるのでスマートフォンエンジニアの転職で失敗したくない方は利用しましょう。

 

4. スマートフォンエンジニアに転職するメリット

よりよい転職活動をするあスマートフォンエンジニアに転職するメリットために、早めに行動

スマートフォンエンジニアに転職するメリットは2つあります。

未経験でも転職しやすい

ある転職サイトでスマートフォンエンジニア未経験でも応募できる求人を探してみたところ50件以上ありました。転職サイトは数多くありますし、非公開の求人も多いので実際には何百という数の求人があるでしょう。

IT系のエンジニアの転職は未経験では不利なのですが、スマートフォンエンジニアは未経験でも多数の求人があるということがメリットです。
実務経験がなくても独学で知識や技術を身につけた方であれば、スマートフォンエンジニアとして転職するチャンスはたくさんあるのです。
なぜ未経験でも求人募集が多いのかというと、スマートフォンエンジニアは基礎となる技術があれば通用する仕事だからです。

例えば、アンドロイドのアプリ開発経験があれば、iOSのアプリ開発未経験でもiOSアプリ開発に必要な言語であるObjective-Cなら早くて1週間、遅くても数ヶ月で習得することができます
このようにアプリ開発に必要な基礎となる技術があれば、未経験の分野でも実務をこなしながら技術を習得することが可能です。

必要最低限のプログラミングスキルやアプリの知識を持ってさえすれば、人材不足のため未経験でも転職しやすい状況です。

成長している分野なので将来性がある

総務省のデータによるとスマホの保有率は60%を超え、これからさらに保有率が伸びると言われています。まだまだ成長段階にある分野です。

したがって、スマートフォンエンジニアの需要もこれからさらに増えますし、スマホの保有率が伸びることで市場規模も拡大し将来性も期待できます。
さらにiOSやアンドロイドのアプリの技術は進化していきますし、スマホの性能も進化しています。新しいことにチャンレンジできる楽しみも出てくるでしょう。

 

5. スマートフォンエンジニアに転職するデメリット

スマートフォンエンジニアに転職するデメリット

スマートフォンエンジニアに転職するデメリットは以下の3つが挙げられます。

年収が下がる可能性がある

スマートフォンエンジニアの実務経験がない場合は、転職した際に年収が下がることがあります。
なぜなら、スマートフォンエンジニアで未経験で採用された場合の年収は300~400万円が相場で他の職種と比べても高いとは言えないからです。
ですが、スマートフォンエンジニアとして続けていけば年収600万円以上になる可能性もあるので一時的に下がっても転職したほうが生涯年収が高くなる可能性もあります

技術力アップは必須

アプリ開発に必要な、JAVAが使いこなすことができれば問題ないと言われています。
ですが、アプリ開発の技術は日々進歩しており、半年後には今使っているプログラミング言語は古くて使えなくなるということも珍しくありません。
ですので、常に新しい分野に興味を持ち、自ら進んでプログラミングを学び実務で生かせるように努力しなければスマートフォンエンジニアとして働き続けることは難しいでしょう。

正社員で採用されないこともある

スマートフォンエンジニアはフリーのエンジニアが多いですし、派遣や契約社員として働く方も多いため未経験の中途採用の場合は、正社員よりも契約社員からスタートするケースもあります。
ですので、正社員として働きたいという方にとってはリスクがあると感じる方もいらっしゃるかもしれません。

裏を返せば、スマートフォンエンジニアとしての技術力があれば、自分の好きな働き方を選べるということになります。
未経験の場合は雇用形態にとらわれず、まずはスマートフォンエンジニアとしての技術力の習得や実務経験を積むことのほうが重要です。

 

6. スマートフォンエンジニアの求人の探し方

スマートフォンエンジニアの求人の探し方

スマートフォンエンジニアの求人は、IT系のエンジニアの求人が多い転職サイトや求人募集をしている企業と転職希望者を仲介してくれる転職エージェントで見つけることが一般的です。

自ら求人を見つけて応募するよりも転職サイトや転職エージェントを利用したほうが採用される可能性は高くなります。
なぜなら、転職サイトや転職エージェントは担当者がつき転職のサポートをしてくれるからです。
とくに転職エージェントは、履歴書の書き方から面接対策まで徹底的なサポートをしてくれますし、希望条件だけでなく個人の特性や能力にあった求人も紹介してくれます
自分では気づかない長所や適正もエージェントが見つけてくれることがあるので、転職に迷いや不安がある方は活用しましょう。

IT・Web・エンジニア転職サイト口コミランキング


IT転職サイトランキングをもっと見る




IT・Webエンジニアが転職で利用した転職サイトを口コミを頂いてランキングしています。求人の質や対応の内容が違うので、複数登録して見比べ比較することが鉄則です。


関連ページ

IT・Web関連へ転職する際に知っておくべき3つのポイント

IT・Web関連へ転職する際に知っておくべき3つのポイント

このページでは、先ずIT・Web関連の仕事をいくつか紹介した後、IT・Web関連への転職を考えて […]

続きを見る
IT・Web関連の転職での面接時と雇用契約書上の注意点

IT・Web関連の転職での面接時と雇用契約書上の注意点

このページでは、IT・Web関連の面接時の注意点・雇用契約書上のチェック項目と注意点について説明 […]

続きを見る
HTMLコーダーの転職注意点と平均年収・平均給与

HTMLコーダーの転職注意点と平均年収・平均給与

このページでは、HTMLコーダーの転職注意点と平均年収・平均給与について説明します。 HTMLコ […]

続きを見る
WebディレクターとWebプロデューサーの仕事内容と違いについて

WebディレクターとWebプロデューサーの仕事内容と違いについて

WebディレクターやWebプロデューサーなどは、Web関係の求人を見かけるとよく目にすると思います […]

続きを見る
Webディレクターへの転職の注意点とメリット・デメリット

Webディレクターへの転職の注意点とメリット・デメリット

このページでは、Webディレクターに転職する前に心得ておくべきメリットとデメリットや注意点につい […]

続きを見る
プログラマーから異業種へ転職する前に注意するポイント4つ

プログラマーから異業種へ転職する前に注意するポイント4つ

プログラム言語を用いてコンピュータープログラムを組み、多種多様なシステムやソフトウェアをつくるプ […]

続きを見る
サーバーエンジニアの転職で知っておきたい6つのポイント

サーバーエンジニアの転職で知っておきたい6つのポイント

このページでは、サーバーエンジニアの転職で知っておきたい6つのポイントについて紹介します。 ポイ […]

続きを見る
ブラックIT企業の特徴!ホワイトIT企業の違いと見分け方とは?

ブラックIT企業の特徴!ホワイトIT企業の違いと見分け方とは?

せっかく転職したらブラック企業だったなんて事になったらもったいないですよね。 そして、ブラック企 […]

続きを見る
Webプロデューサーの転職注意点と平均年収・平均給与

Webプロデューサーの転職注意点と平均年収・平均給与

このページでは、Webプロデューサーの転職注意点と平均年収・平均給与について説明します。 Web […]

続きを見る
IT・Web関連の転職面接に向けて知っておきたい3つのコツ

IT・Web関連の転職面接に向けて知っておきたい3つのコツ

IT・Web関連は非常に入れ替わりが多い業界です。そのためIT業界で働くなら、転職のコツを掴んで […]

続きを見る
Webプロデューサーの転職注意点と平均年収・平均給与Webプロデューサーの転職注意点と平均年収・平均給与
ネットワークエンジニアの転職で知っておきたい6つのポイントネットワークエンジニアの転職で知っておきたい6つのポイント

転職サイト最新口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト