新卒向け就活サイト評判・口コミ

新卒向け就活サイト口コミランキング

新卒向けの就活サイトで一番に思いつくのはリクナビやマイナビではないでしょうか。ただ、ものすごい勢いで新卒向けの就活サイトは増えつつあります。SNSを使ったりOB・OG訪問を重視していたり、質の高いセミナーを行っていたり様々です。

どの新卒向けの就活サイトを利用したら良いか不明確な方は是非、新卒向け就活サイト口コミランキングを参考にしてください。利用した大学生の口コミを元にランキングを行っております。また、利用した口コミ・評価の投稿も大募集しています。

新卒向け就活サイト口コミランキング

 

口コミガイドライン 違反を通報する

【口コミの注意】 これらの口コミは、利用された方の主観的なご意見・ご感想であり求人サイトの価値を客観的に評価するものではありません。あくまでも意思決定の選択の1つの参考としてご活用ください。

 

「初めての就活なのでどういった活動をしたら良いのかわからない」「就活サイトがありすぎてどれを利用すればよいのかわからない」新卒者であれば誰しもがそんな不安や悩みを抱えて就職活動を始めます。よく100社以上応募しないと内定はもらえないという意見を聞きますが、下手な鉄砲は数撃っても無駄になるだけです。

実は新卒向けの就職サイトは注意点を押さえれば、自分がどのような仕事に向いているのかなど自己分析がしっかりとできてとても充実した就職活動を行えます。さっそく新卒向けの就職サイトを利用する注意点とポイントを見ていきましょう。

 

新卒向け就活サイトを利用する注意点

>新卒向け就活サイトを利用する注意点

新卒向けの就職サイトは大きく分けると2つのタイプに分かれます。これから紹介する2つを上手に利用することで就職活動もしやすくなります。

  • 検索型の就職サイト
  • キャリアアドバイザー型の就職サイト

検索型の就職サイトは掲載されている企業を自分で調べて自分でエントリーをする形式です。キャリアアドバイザー型はその就職サイトに登録するとキャリアアドバイザーと呼ばれる担当者がつき、就職活動をフルサポートしてくれる就職サイトです。

 

就職サイトをひとつしか利用しない

初めての就職活動で起こしがちなミスとして「ひとつの就職サイトだけ」「大手企業の就職サイトだけ」を利用して就職活動を行うことです。就職サイトごと保有し掲載している企業が違います。ひとつの就職サイトでの就職活動は自分の可能性を狭めるためおすすめはできません。

 

安易な考えでエントリーをしない

就職活動中の新卒者に多いエントリー方法に「この会社に興味を持った」「働いてみたい」という興味だけでのエントリーは絶対にやめましょう。

  • なぜこの会社に興味を持ったのか
  • どうしてこの会社で働きたいのか
  • 自分のどんなスキルが会社で活かせると感じたのか

具体的な自己分析ができてない場合やエントリー理由が明確でないのであればチャンスを自分からつぶすことと同じです。

 

エントリーする際の自由記述欄は空白にしない

検索型の就職サイトでは企業へエントリーする際に自由記述欄や質問、自己PR欄など自分が自由に書き込める欄が設けられていることがあります。実は採用担当者はこの自由記述欄を見ているのです。ここが空欄の場合は「やみくもにエントリーしている」「他の企業にもエントリーをしている」と良い印象がありません。

 

エントリーシートの自由記述欄には意欲を書く

例えば就職サイトのエントリーシートに自己PRと自由記述欄が設けてある場合、自由記述欄には自分の熱意やその企業でどんなことをしたいのかなどを書き込むと採用担当者の目にもとまりやすいです。

 

就活サイトの情報だけに頼らない

新卒向けの就活サイトには企業の理念やPRなど詳細に記載されていると信じてはいけません。間違いは書かれてはいませんが、掲載されている内容は大まかな企業の特徴や内容なのです。

気になる企業を就職サイトで見つけて、更に自分で企業のサイトや説明会があれば参加して調べることが大事です。

 

キャリアアドバイザーの話だけを信じない

初めての就職活動を面接対策から自己分析方法までふるサポートしてくれるキャリアアドバイザー型の就職サイトを利用する時も注意が必要です。キャリアアドバイザーは自分と変わらない年齢の方が多く提案力もあり相談もしやすいのですが、就職活動は自分のためのものです。キャリアアドバイザーの話は半分参考にするくらいの気持ちを持ち、客観的な判断ができるようにしましょう。

 

新卒向け就活サイトを利用するポイント

新卒向け就活サイトを利用するポイント

就活サイトのタイプは大きく2つに分けることができますが、掲載している企業の業種で考えると就職サイトごとで特化している紹介企業の業界が異なる点が就職サイトを利用するポイントになります。

  • 総合型
  • 業界特化型
  • 就職活動の情報収集
  • ノウハウを紹介しているサイト

大手のマイナビやリクナビは総合型で豊富な業種の企業を掲載していますが、業界特化型はIT業界やデザイン業界など業種別に掲載企業が偏っています。自分が興味がある業種が明確な場合は業界特化型の就職サイトの登録は必須です。

 

新卒向けの就職サイトのサービスを利用する

それぞれの新卒向けの就職サイトには就職活動に活かせるサービスが無料で利用できるようになっています。自己分析シートや適職診断、さまざまあるので利用できるサービスは積極的に使いましょう。

 

タイプの違う複数の新卒向けの就職サイトに登録する

良い就職活動を行うためにはタイプが異なる新卒向けの就職サイトを複数利用することをおすすめします。

  • 検索型の就職サイト
  • キャリアアドバイザー型の就職サイト
  • 大手の総合型サイト
  • 興味のある業界特化型の就職サイト

組み合わせは自由ですが、キャリアアドバイザー型の就職サイトは2~3社登録して担当のキャリアアドバイザーの提案力や自分との相性などを比較してみると良いでしょう。

新卒向け就活サイトランキング

新卒向け就活サイト口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト