大手企業求人に強い転職サイト比較ランキング

大手企業求人に強い転職サイト比較ランキング

大手求人の掲載が多い、大手求人のを取り扱っている、求人検索型転職サイトと、エージェントサイトを合わせてランキングしています。大手求人に転職を考える場合は必ずチェック。

大手企業に転職する4つのポイント

  • 1. 大手企業への転職は個人では難しい
  • 2. 資格は最大のアピールポイント
  • 3. 第二新卒から大手企業への転職
  • 4. 大手企業に転職を考える人が今出来ること

上記の4つのポイントについて説明していきます。

 

1.大手企業への転職は個人では難しい

テレビCMなどで良くみる大手企業が一般の求人サイトに求人募集の掲載をしているケースはほとんどありません。ここでは大手企業に転職を成功させる為には必ず知っておかなければならない求人募集の仕組みについてご紹介します。

求人募集は非公開で行う場合も多い

新卒の採用とは違い、大手企業が中途採用の求人募集を大々的に行うことはほとんどありません。それはなぜかというと誰もが知る大手企業が好条件での募集を掲載すれば全国から応募が殺到し、その対応だけで通常業務に多大なる支障が出てしまうからです。

その為企業は特定の転職求人サイトに非公開で募集をかけたり信頼のおける転職エージェントに求める人物像を伝えたりして、その企業に適した素晴らしい人材の紹介があった場合のみ採用のプロセスを踏んでいます。

転職エージェントの力

プロの転職エージェントは大企業の求人募集情報を持っているだけではなく、その企業の採用担当者や人事部と繋がりを持っており求める人物像を把握し、転職成功に向けての強力なアドバイスを行ってくれます。

また、過去にその企業への転職を成功させた実績を持っているエージェントであれば企業側の信頼は厚く、この人の紹介であれば間違いないだろうと採用が進むケースも少なくありません。もちろん本人が企業の求める人物像にマッチしていることが大前提とはなりますが、良いエージェントに巡り合うことが大手企業への転職の鍵を握っていると言っても過言ではありません。

 

2.資格は最大のアピールポイント

資格では飯は食えないと良く言われますが大手企業への転職においてその成功確率を高める大きなポイントが資格です。なぜ資格が有効なのでしょうか?

効率良く選考を行う為の足切り制度

先ほど記載したように大手企業の求人には応募が殺到します。例え非公開での応募であってもその数は多く企業が最初から全ての人とじっくり話をする時間はありません。その為有している資格などで一定の基準を設けて効率良く選考を行っているのです。逆を言えば特別なスキルや資格を持っていればそれだけで採用される確率が高くなるということです。

大手企業の中途採用は即戦力

大手企業が中途の採用を行う場合、その多くは専門的なスキルや経験を必要とするIT系のエンジニアやプログラマー、経理職などが多いです。その為それに即した資格や経験を持っている場合は非常に有利に選考を進めることが出来ます。

 

3.第二新卒から大手企業への転職

近年、大企業でも第二新卒者を正社員として積極的に採用しているところが増えてきています。なぜでしょうか。ここでは大手企業が第二新卒の採用にあたって何を求めているのかがポイントになります。

教育コスト削減

どんなに優秀な学生を採用出来たとしても一人前の社会人に教育するにはコストがかかります。またせっかく育てた新人が辞めてしまってはそれこそ企業にとっては大きな損失です。その点、第二新卒で採用された人材は少なくとも社会人の経験を経て最低限のマナーを身につけている為、一から教育する必要がありません。

企業文化に馴染みやすい

長い期間と豊富な経験を有しているベテラン社を中途で採用する場合、企業としては即戦力として期待が出来ますが企業文化に馴染むことが出来るかという点ではどうしても不安が残ります。

一方で第二新卒者は戦力としてはまだ未熟かもしれませんが、前の職場に長く勤務していた訳でもないので転職後も企業の文化にそれほど抵抗なく馴染むことが出来ます。これは企業の未来を担う人材確保としては非常に有効なのです。第二新卒者で大企業への転職を目指す場合は、劣等感を持つことなくむしろ新卒採用された企業で得た経験を存分に活かして即戦力となり得る人材だというくらいの気合いでアピールをすることが大切です。

 

4.大手企業に転職を考える人が今出来ること

ここまで大手企業に転職を考える人が知っておかなければならない求人募集の仕組みや重要視されるポイントについて説明してきました。最後に大手企業への転職を考える人が今出来ることについて記載します。

今の仕事に集中する

どれだけ優秀な転職エージェントと巡り合っても企業に紹介するだけの魅力を兼ね備えていなければなりません。何か一つでも突出した武器を持っていれば可能性が広がります。今の職場で周りと同じように働くのではなく2倍、3倍と努力をしてアピールできる成果を出す、休みの時間を利用して資格の勉強をする、など違いを作ることが大切です。

その他大勢との大きな違いを作れば大手企業に限らず転職時には有利に働きますし、そのような姿が今の職場に認められ昇級をしたり、予期せぬところでヘッドハンティングにあったりするなど様々な方向で自身のキャリアアップに繋がることは間違いありません。

転職サイトに登録してみる

今は転職を考えていなくても転職サイトに登録をしてみることは非常に刺激になります。客観的に自分の市場価値がどのくらいなのかを知ることが出来ますし、情報が入って知識が増えれば将来の選択肢も広がります。転職を決断する前のキャリア形成相談を無料で受けてくれるコンサルタントもいますのでそういったサービスを利用してみるのも良いでしょう。

大手企業の転職注意点まとめ

  • 大手企業は起業によって仕事のやり方がかなり異なる
  • 社員数も多いため、人間関係が大事
  • 派閥が存在する可能性もある
  • チームプレイが何よりも優先される
  • プロパーと中途の壁がある可能性がある

など、大手企業への転職はハードルも高い上に、転職後も企業によって仕事のやり方にな時なければならいので非常に大変です。

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト