中高年の転職で成功するために知っておくべき3つのポイント

中高年の転職で成功するために知っておくべき3つのポイント

終身雇用制が廃れて久しく、転職市場は年々活発になっています。20代や30代といった比較的若い人達だけでなく、中高年の中にも職を変える人が増えているのです。40代や50代になってから他社に採用してもらうのは簡単なことではないとよく聞きますよね。

柔軟にキャリアを変更できる若手と比べて、40代や50代が転職するのは厳しいといわれています。しかし必ずしも世間でいわれていることは正しくはありません。実際、40代以上の人材を求める企業も少しずつ増加しているのです。

このページでは、中高年の転職を成功に導くための、転職の際に知っておくべきポイントを紹介して行きます。それぞれのポイントを踏まえた上で転職活動に臨みましょう。

1.スキルや経験が重視される

必要とされるスキル・経験

以前は求人の応募条件に「30歳まで」などと記述されていることが多かったのは事実です。今でも記述している企業はあります。

しかし激動するビジネスシーンにおいて即戦力を求める企業が増えているため、年齢よりスキルや経験を重視するケースが見受けられるようになったのです。

 

スキルや経験を上手くアピールすることが大切

若手を採用した場合、企業の望むカラーに染めることは可能ですが、そのために多くの投資をする必要があります。多額の研修費を捻出したり、教育のための時間や機会を確保しなければなりません。しかし実績豊富な中高年を採用した場合は、そのような投資は必要ありません。

それどころか、そういう人材にマネージャーとして活躍してもらうことにより、若手社員への投資を効率的に行えるようになる可能性もあるのです。

このようにスキルや経験をしっかりと評価してもらえれば、他社に採用してもらうことは不可能ではありません。

 

これまでの働きが重視される

役職につくように交渉すれば、給与や待遇を転職によってアップさせられるケースもあるでしょう。 そういわれるとマネージャーとしての経験が必須用のように感じられるかもしれません。

確かに若手の転職と違い、部下を指導するノウハウやチームを引っ張っていく力は高く評価されます。しかし、マネージャーというポジションについていたことは別に必須ではないのです。

これまでの職場で実際にどのような能力を活かして仕事をしていたか、ということが重視されます。自分がその力を発揮して貢献できることをアピールすれば良いのです。

 

率先して業務を遂行できる人は企業にとって魅力的

もちろん開発力や営業力などの業務に関する能力についても、しっかりアピールするのを忘れてはいけません。マネージメント能力だけでなく、率先して業務を遂行できる人は、企業にとって非常に魅力的だからです。

 

2. 差のつく履歴書の書き方

履歴書の書き方

近年では、中高年でも待遇の改善やスキルアップを目指して、転職を志望する人が増えています。

しかし、雇用する側から見れば、勤務できる期間がどうしても短くなってしまいますので、即戦力として仕事できるかどうか、短期間でも業績を上げることができるだけの才覚があるかどうかを重視しがちです。

そのため、転職を成功させるためには、履歴書の書き方が大切になってきます。

 

企業が望む人材であると判断できる項目に力を入れる

一般的に、転職をするときにはまず書類審査を行い、そこで残った相手と面接という流れになります。書類審査では主に履歴書と職務経歴書を見ることになりますが、中高年が記載する場合には、これまでのキャリアや実績を十分にアピールできるものにする必要があります。

とはいえ、実績だけをアピールすればよいというものではなく、記載内容に社会人としての常識が見られるか、募集している業種に関しての実績があるか、転職を希望する理由が納得できるものであるかなどが重要になりますし、手書きの場合には丁寧に書かれているかどうかも見られます。

そのため、まずは転職希望する企業の募集条件をチェックして、そこが望む人材であると判断できる項目に特に力を入れます。内容は簡潔で客観的な記載にすることで、人事担当者も読みやすくなります。

 

若い年代の転職希望者が持っていない強みを出す

中高年の場合には、新卒や若い年代の転職希望者が持っていない強みを出すことが大切です。これまでの仕事で培ってきた人脈やスキル、過去の実績などはそれを裏付けるのに役立ちますし、新たな職場でもその能力を活かせると判断されれば、年齢に関係なく採用される可能性も高まります。

 

職務経歴書はわかりやすく且つ手短に

職務経歴書は決まったひな形がありませんが、人事担当者が短時間でチェックできるように、わかりやすく表などを取り入れるのもよいでしょう。あまり長すぎるものは担当者もチェックが負担になりますので、1~2枚程度に収めることも大切です。

 

具体的な書き方は転職サイトの担当者に相談しよう

具体的な書き方については、転職サイトの担当者に相談してみるとよいでしょう。

幅広い年代の転職者の相談に乗ってきた実績がありますので、企業ごとの対策も立ててもらえます。記載した履歴書等をチェックしてもらったり、就職希望の企業についての情報を教えてもらうことができますし、面接が決まった時の日程調整や雇用条件の交渉など、面倒な手続きも代行してもらうことが可能です。

このサービスは無料で利用できますので、現在仕事をしていて、合間を見て就職活動をする人に特にお勧めです。

 

3. 中高年の転職面接で好印象を与える方法

面接で好印象を与える方法

中高年の転職 においては採用は、書類審査で80%以上は確定していると言えます。面接で行うことは、確認作業で、採用、不採用の最終確認だと言えるでしょう。ですから採用可能性のある中高年の転職者は履歴書に沿った確認作業であり、不採用者は、不採用の理由の確認作業と言うことになります。

 

履歴書は中高年の転職においてきわめて重要なもの

悲しいことかもしれませんが、不採用者であればあるほど丁寧に時間をかけて行いがちで本人に不採用がばれないように行われるわけです。ですが履歴書が良くても面接のために20%で失敗する場合もありますし、逆に履歴書が悪くても残りの20%で逆転することもあり得ます。

期待しすぎはいけませんが、きわめて重要なものであることを認識する必要があります。

 

第一印象を良くすることが大切

まず担当官との面談における良しあしは、会場でドアを開いてから担当官の前に座るまでの印象で決まると言われるほど第1印象は大切です。有名な「メラビアンの法則」と言うものがあります。コミュニケーションの研究者、メラビアンの実験仮説です。メラビアンは、他人を判断する場合、視覚、聴覚、言葉のどこで判断するかという実験です。

結論だけ言えば、目からの判断が55%、耳からの判断が38%、言葉からの判断は7%でした。この結果には驚かされます。頑張って話をしてもほとんど無意味(7%)に近く、逆に視覚という第1印象で決まってしまうという結果だからです。

また耳からの判断も結構重要ですが(38%)、どういうものかと言うと、これは「声のトーン」や「話のテンポ」「言葉の抑揚の付け方」などを意味しており話す内容より「誠実さ」や「一生懸命さ」を聞いていると言うことになります。

 

面接で第一印象を良くするためのポイント

さて第1の視覚、つまり第一印象を良くするためのポイントをいくつかあげてみましょう。

  • 新卒と同じようなリクルートスタイル
  • 背筋を伸ばしイスは浅めに腰かける
  • 人事担当官の目をみて話す
  • 質問には即答せずに考えながら答える
  • 語尾がしっかりと聞こえるように喋る
  • 履歴書との齟齬がないよう注意する
  • 後ろ向きな退職理由は避ける
  • 新卒とは違うものと理解する

 

服装はリクルートスタイル

まず服装は、中高年でも新卒と同じようなリクルートスタイルで臨み、装飾品を避け、Yシャツの襟と袖口、靴、ベルトは必ずチェックされます。

 

質問には即答せずに考えながら答える

姿勢はしっかり伸ばし、イスは浅めに腰かけます。視線は人事担当官の目を見て話し、質問には即答せず考えながら答えるほうが好印象だと言えましょう。

語尾がしっかり面接官に聞こえるように話すことがポイントです。

 

履歴書との齟齬に注意

人事担当官は、履歴書の内容をさまざま角度を変えて質問してきますが、答えるコツはあります。まず履歴書と発言に齟齬がないように、また退職理由が後ろ向きではないようにしましょう。

 

新卒とは違うものと理解して臨む必要がある

中高年の転職者において管理職の応募の場合、かなり深く確認していきます。例えば指導力、先見性、対人折衝能力などです。

また経営層との関係や、顧客との関係、労働組合との関係など関わる人たちとどういうスタンスで関係を作るのかをさまざまな事例を出して質問してきます。中高年の転職において新卒とは違うものと理解して望む必要があるでしょう。

関連ページ

ミドル層が管理職として転職する際に知っておきたいポイント

ミドル層が管理職として転職する際に知っておきたいポイント

35歳転職限界説はすでに過去のもの。昨今はミドル層の採用が活発だといわれています。景気の上昇も反 […]

続きを見る
ミドル層の転職が家族へ与える影響について

ミドル層の転職が家族へ与える影響について

近年ミドル層、30代半ばから40代の転職が活発となっています。 この年代はいわゆるファミリー層と […]

続きを見る
中高年の転職で知っておきたい3つのポイント

中高年の転職で知っておきたい3つのポイント

中高年の中途採用では、転職先ですぐに成果を上げることが期待されます。売り上げ増であれ、社内の業 […]

続きを見る
中高年で転職をして成功する5つのポイント

中高年で転職をして成功する5つのポイント

中高年の転職は一般的に難しいと言われますが、自身の売り方と存在意義を間違えないことと、志望先の求 […]

続きを見る
ミドル層が転職の際に知っておくべき中途ニーズの変化について

ミドル層が転職の際に知っておくべき中途ニーズの変化について

中途採用というとかつては第2新卒をはじめとする若年層の採用活動が活発でした。しかし、近年はその動 […]

続きを見る
中高年で転職できる人とできない人の特徴

中高年で転職できる人とできない人の特徴

中高年の転職戦線は、とても厳しいといわれています。しかし、40歳以上でも転職に成功している人は、 […]

続きを見る
ミドル層がとっておきたい転職の際に有利になる資格とは?

ミドル層がとっておきたい転職の際に有利になる資格とは?

近年の求人動向は、ミドル層の求人募集が増加していることが特徴です。理由としては、「企業が若手社員 […]

続きを見る
中高年の転職!今話題の嫁ブロックとその対処法とは?

中高年の転職!今話題の嫁ブロックとその対処法とは?

最近になって色々な新語や造語と呼ばれる言葉が聞かれるようになりました。その中でも中高年の転職希望 […]

続きを見る
中高年の転職面接で知っておきたい2つのポイント

中高年の転職面接で知っておきたい2つのポイント

近年、中高年でも転職を志す人が増加傾向にあります。しかし、中高年での転職は20代や30代での転職 […]

続きを見る
企業が中高年を転職採用したい・したくないと思うポイント

企業が中高年を転職採用したい・したくないと思うポイント

このページでは、企業が中高年を採用したいと思うポイントとしたくないと思うポイントを紹介していきま […]

続きを見る
中高年が転職で失敗しないためにおさえておくべきポイント中高年が転職で失敗しないためにおさえておくべきポイント
中高年の転職!今話題の嫁ブロックとその対処法とは?中高年の転職!今話題の嫁ブロックとその対処法とは?

転職サイト最新の口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト