ミドル層の転職求人が多い転職サイト口コミ比較ランキング

ミドル層の転職

ミドル層(30代・40代)の転職者の口コミをもとに、ランキング形式でミドル層の転職に強い転職サイトをご紹介しています。ミドル層の転職では、転職コンサルタントに協力してもらうことが転職成功のための大きな鍵となります。

また、スムーズな転職を実現するためにはいくつかポイントがあるのでしっかりチェックして転職を成功させましょう。

ミドル層の転職ポイント

  • 応募先企業情報を人材紹介会社から収集すること
  • 志望動機は論理的に説明すること
  • スキルがあるほど好条件で転職できる

ミドル層の転職サイト口コミ比較ランキング

 

口コミガイドライン 違反を通報する

【口コミの注意】 これらの口コミは、利用された方の主観的なご意見・ご感想であり求人サイトの価値を客観的に評価するものではありません。あくまでも意思決定の選択の1つの参考としてご活用ください。

 

ミドルの転職をスムーズに成功させるためのポイント

ミドルの転職は若い世代と比べて難しく、成功するケースと失敗するケースは半々くらいの確率です。失敗する原因としてあげられるのが「応募先企業の選定」です。応募先企業の選定を間違うと、転職期間が長引くもしくは失敗に終わる可能性があります。

転職が難しいと言われているミドル層の転職でも、ポイントさえ押さえればスムーズに転職を成功させることが可能です。そのポイントを以下にご紹介いたします。

 

転職コンサルタントに求人先情報を聞く

気になる企業の情報はウェブサイトなどから収集することができますが、ウェブサイトに書かれていることはほんの日握りであるため実際のところまでは分かりません。そこで活用して欲しいのが転職コンサルタントです。転職コンサルタントは求人先企業の内部事情を把握しているので、ウェブサイトなどからでは知りえない情報を教えてくれます。

応募前に内部事情を聞きだすことで、企業に対し思い描くイメージとのギャップが生じずらくなり、転職成功に1歩近づくことができます。

失敗の多くは「求職者の希望条件と求人内容のギャップ」

転職コンサルタントの7割近くが「ミドル層の転職希望者は、自分の希望条件と企業の仕事内容や条件にギャップが生じていることが失敗に繋がっている」と回答しています。このような失敗をしないためには、企業のイメージを勝手な思い込みで決め付けずに企業研究してから応募することが必要です。

 

ミドル層の求職者が面接で気をつけたいこと

企業の採用担当者は面接の際、年齢や応募職種によって評価するポイントを変えています。ミドル層の転職の面接では、以下のような箇所が重要視
されます。

  • 志望動機
  • 転職・退職理由
  • 経験・スキル

面接を受ける際は紹介した事項をしっかり説明できるように考えをまとめ、堂々とアピールできるようにしましょう。

志望動機は論理的に説明することが必要

企業は特に志望動機を重視しているので、転職希望者は他者と志望動機で差をつける必要があるでしょう。志望動機は以下のポイントをおさえた上で考えましょう。

  • 自己分析をして自分のキャリアに対する軸を明確にし、将来のビジョン・なぜ応募先企業でないとダメなのかを考える
  • 志望動機は使いまわさずに企業ごとに毎回変える

こうすることで応募先の採用担当者に熱意が伝わり、あなたが働く姿を想像してもらいやすくなります。

失敗の多くが「志望動機が明確でないこと」

求職者が面接で失敗する理由の多くは「志望動機が明確でないこと」と、転職コンサルタントは指摘します。抽象的な志望動機は採用担当者を退屈させるだけですし、なんの魅力も感じません。必ず志望動機を明確にしてから面接に挑んでください。

転職・退職理由は素直に伝えることが大切

ネガティブな転職・退職の理由を言ってはいけないという強い思いからか、必要以上に気張ってしまい逆に採用担当者に不信感を与えてしまうケースは少なくありません。多少の嘘は必要な場合もありますが、基本的には素直な考えを伝えて信頼を得たほうが面接に有利に働くでしょう。

スキルがある人はしっかりアピールすること

同業種に転職する場合は、今まで培ってきた経験やスキルがあるはずです。企業がミドル層の採用をする際、即戦力を求めている場合が多いので、アピールできる経験やスキルがある人は積極的にアピールしましょう。

そこで大切なのが、ただ経験やスキルを伝えるだけでなく、必ず「このような経験やスキルを持っているから御社でこのような活躍ができる」といった具体的なビジョンも合わせて話すことです。

異業種へ転職の場合はスキルが評価されない

いくら専門的なスキルをもっていたとしても、異業種へ転職する場合は残念ながらそのスキルは評価されないでしょう。ですがミドル層で異業種への転職に成功している人も多数存在します。多くは大手企業から中小企業・ベンチャー企業への転職ですが、チャンスがないなんてことはありません。

 

ミドル層の転職で年収アップするためのポイント

ミドル層の転職後の年収は上がる人の方が多く、具体的な金額では51万~100万円年収がアップする人が多いというデータがあります。
しかし、年収が転職により年収が下がる人も存在するのが事実です。

ミドル層の転職で年収アップしやすい人の特徴や職種は以下の通りです。

  • 高い専門スキルを持っている人
  • 30代後半(35~39歳)
  • 経営・経営企画、事業企画系の職種
  • IT・インターネットの業種
  • メーカーの業種

年収アップのために転職を考える人はぜひ参考にしてください。

専門性がある人が年収も上がりスムーズに転職できる

ミドル層の転職ではスキルを重視される傾向が強く、企業が求めるスキルに専門性があればあるほど好条件で転職できるでしょう。長年同じ領域で専門性を積んできた人が転職する場合、できれば30代後半に転職したほうが給与がアップする可能性が高いと言われています。

しかし、こればかりは応募する企業によりますので一概には言えません。

年収アップしやすい業種を受ける

転職で年収アップしやすい職種・業種とそうでない業種が存在します。年収アップしやすい職種・業種は、経営・経営企画・事業企画系や営業・マーケティング系であり、IT・インターネットやメーカーが年収アップしやすいと言われています。

年収アップを目指す方は、応募する職種・業種を考えたほうが良いでしょう。

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト