ミドル層がとっておきたい転職の際に有利になる資格とは?

ミドル層がとっておきたい転職の際に有利になる資格とは?

近年の求人動向は、ミドル層の求人募集が増加していることが特徴です。理由としては、「企業が若手社員の確保に苦戦している」・「即戦力になる人材を確保したい」などが挙げられます。

企業がミドル層の人材を求めているのは事実ですが、ミドル層だからと言って自分が希望する企業に就職しやすいという訳ではありません。

企業は即戦力で仕事ができるミドル層の人材を求めているだけで、企業に利益とならないミドル層の人材は求めていません。

即戦力で仕事ができる人材とは、「入社後任せる仕事に対して、経験や知識がある」ことです。このページでは、ミドル層が取得しておくと転職に役立つ資格の中で、特に求人数が多い資格をご紹介いたします。

1.日商簿記検定

お金の計算をする男性

数ある資格の中で、取得しておいて損がないのが日商簿記検定です。日商簿記検定は圧倒的に求人数が多い他、取得する級によってはかなり転職に有利に働く資格です。

経理部署に有利に働くのはもちろん、経理以外でも大いに有利に働きます。

実際、簿記資格を持つミドル層の転職者は、簿記と直接的な関わりのない職種への転職の際、「財務会計系に明るいこと」・「原価計算ができること」をアピールすることができたようです。

 

日商簿記検定は全ての業界に有利

日商簿記検定は、企業の経理課への転職や会計法人への転職に有利に働くだけではありません。日商簿記検定の資格は、全ての業界に有利に働きます。

なぜなら、日商簿記検定資格取得のための勉強を通して、経理的な考えを頭の隅に置きながら仕事にとりかかることができるようになるからです。

どんな職業もお金は切り離すことはできず、常につきまといます。日商簿記検定を取得することでお金の流れや仕組みが理解でき、企業・自身共にメリットがあります。

 

最低でも2級以上の資格取得が必要

転職の際、全ての業界に有利に働く日商簿記検定ですが、最低2級以上の資格取得を目指しましょう。

簿記3級の内容は、個人事業主(自営業)を想定した商業簿記がメインとなっています。転職の際何の役に立たないこともないですが、簿記の基礎の基礎を知っている、というレベルです。

一方、簿記2級の内容は簿記3級の基礎知識をベースとし、中小企業にも対応できる経理実務を学びます。また、簿記2級は商業簿記だけでなく、製造業の簿記、「工業簿記」の知識も学ぶことができます。

企業はミドル層の転職者に基礎以上の能力を求める傾向にあるため、簿記検定取得でアピールをするなら2級以上の取得が必須です。

 

2.TOEIC

トイック

近年、企業のグローバル化が進み、従業員の英語力を重視する企業が増えています。英語力を測る指標として多くの企業で活用されているのがTOEICとなります。

外資系の企業をはじめ、日本企業、それも事務系・技術系問わずTOEICは転職に有利に働き、高得点であればあるほど選択肢が増えると言って良いでしょう。

 

ミドル層が転職で有利に働くのは700点以上

企業により若干異なるものの、TOEIC700点以上は「優秀な人材」と判断されることが多いです。それは、700点以上あれば、最低限の英語力が備わっており、英語での日常会話や英文を読み解くことができる、という認識からです。

日常的に仕事で英語が必要とされない職場であっても、海外と少しでも関わりのある職場ではかなり重宝されます。

また、規模が大きい企業は毎年従業員にTOEICを受験させている場合があるため、TOEIC700点以上をとる難しさを理解しています。TOEIC700点以上とは、英語力だけでなく努力家な面や地頭の良さもアピールすることができます。

 

600点以下なら履歴書に書かない方が得策

TOEICは絶対的に就職に有利になる資格ですが、有利になるか否かは点数で決まります。もし、あなたがTOEIC600点以下なら逆に就職に不利になるでしょう。

年度にもよりますが、TOEICの平均点は570点程度です。平均にも及ばない点数を履歴書に書いてしまうことは、自身の英語力のなさをアピールしているのと同じです。よって、600点以下の点数であれば、まず採用に有利に働く事がありません。

 

3.マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

グラフでパソコンを作成

何に関してもPCを使用する現代、採用担当者はPCスキルを重視する傾向にあります。よって、PCの操作を必要とする職業であれば、MOSはかなり転職に有利な資格となります。

この資格を資格欄に書くことで、企業側にPCスキルがあることをアピールすることが可能です。

様々な管理や数字の把握などに大活躍するスキルのため、仕事の効率もよくなり、自身もスムーズに仕事を行うことができます。必ず実務で活かすことができるスキルなので無駄になりません。

 

Word・Excelは必須科目!

マイクロソフトオフィススペシャリストの試験科目には、「Word」・「Excel」・「PowerPoint」・「Access」・「Outlook」などがありますが、MOS検定を受けるのであれば「Word」・「Excel」は必ず取得してください。

最近では、「Word」・「Excel」を使いこなせるということを条件としている会社も多いです。

履歴書や面接で「Word・Excelを使いこなすことができます。」と言っても、採用担当者にはどのレベルか全く伝わりません。資格を取得することで信憑性が増し、採用に一歩近づくでしょう。

 

「マイクロソフト オフィスマスター」で更にスキルアップ

マイクロソフトオフィスマスターとはマイクロオフィスの同一バージョンの中で、決められた4つの試験に合格した人だけに送られる称号です。ミドル層だと、基礎ではなく上級を求められることもあるので挑戦する価値は十分にあるでしょう。

 

4.宅地建物取引士

建築物

宅地建物取引士の資格は、不動産会社だけでなく、以下の職場でも活かすことができます。

  • 建築関係
  • 金融関係
  • 駐車場関係
  • 不動産管理会社

宅地建物取引を行う際に行う3つの業務、「重要事項説明書面への記名と押印」・「重要事項説明書面の内容の説明」・「37条書面(契約書面)への記名と押印」は宅地建物取引士しか行ってはなりません。

また、宅地建物取引業を行う事業所は「5人に1人宅地建物取引士を配置しなければならない」と法律で定められているため、このように多くの業界で資格を活かせるのです。

 

宅地建物取引士の資格は年収アップしやすい

ミドル層が転職するとなれば、やはり年収アップを希望する人も多いでしょう。宅地建物取引士は求人数が多いだけでなく、年収もアップしやすい大変価値のある資格です。

なぜなら、宅地建物取引士の資格を取得しているだけで手当てを貰うことができる場合が多いからです。

 

他の資格取得で更なる年収アップが見込める!

宅地建物取引の知識を活用し、更なるステップアップをすることも可能です。宅地建物取引の知識にプラスして活用できる資格は以下の通りです。

  • マンション管理士
  • 管理業務主任者
  • 簿記検定
  • FP(ファイナンシャル・プランナー)
  • 不動産鑑定士

これらの資格も取得することで、昇進・昇給が期待でき、更なる年収アップに繋がるでしょう。

 

5.1級・2級建築士

国家資格である建築士の資格を取得すると、建設会社・ハウスメーカー・官公庁・CADオペレーターなど、求人の幅が広がります

建築士として活躍するには実務経験を必須とする求人が多いようですが、ハウスメーカーの営業などは未経験者でも積極的に採用を行っているため、現在は他業界だが建築に興味がある、といった人にはお勧めです。

また、今後日本では老朽化した施設の補修・建て替えのニーズ、都市開発などで新規建物の建設の機会が増えることが予想されます。そのため、必然的に求人数が増え、有資格者が重宝されるでしょう。

 

ミドル層なら1級建築士が転職に有利

建築士の資格は「1級建築士」・「2級建築士」・「木造建築士」の3種類があります。木造建築士は木造建築物しか扱うことができませんが、1級・2級建築士の資格を取得していれば、木造・鉄筋コンクリート造などの建築物も扱うことが可能です。

2級建築士でも不動産会社・建築会社・工務店・住宅系の会社でも需要が高いですが、2級建築士の需要が高いのは20代の場合です。経験によりますが、ミドル層が転職できたとしても大幅な給与アップなどは見込めないでしょう。

また、2級建築士では小規模な建物しか申請を出すことができないため、やはりミドル層が建築士の資格を取得して転職する場合は1級建築士を目指すことがお勧めです。

 

受験資格に注意!

1級・2級建築士の資格には受験資格が存在します。

学歴により一定期間の実務経験が必要など細かく規定があるため、これまで建築関係で働いてきた方や、定められた科目を修めた上で大学・高校などを卒業している方以外は、受験資格を得るまでに時間を要します。

思い立ってすぐに取得できる資格ではないことを念頭に置いておきましょう。

 

6.まとめ

ミドル層の転職では、専門性をもっているかが重要な採用基準となります。給与アップのため、今より良い労働環境獲得のために、自分の転職したい業界に合った資格取得をお勧めします。

現在働いている業界が転職したい業界と全く違っても、資格を取得している=能力があると見なされ、経験がなくても転職が成功する可能性が高いです。

難易度の高い資格であればある程、採用担当者に「頭の良い人」・「目標に向かって努力できる人」とアピールすることができますし、年収アップも見込めるでしょう。

ミドル層で転職を考えている人はぜひ資格取得をし、ステップアップしていただきたいと思います。

関連ページ

中高年の転職!今話題の嫁ブロックとその対処法とは?

中高年の転職!今話題の嫁ブロックとその対処法とは?

最近になって色々な新語や造語と呼ばれる言葉が聞かれるようになりました。その中でも中高年の転職希望 […]

続きを見る
中高年の転職面接で知っておきたい2つのポイント

中高年の転職面接で知っておきたい2つのポイント

近年、中高年でも転職を志す人が増加傾向にあります。しかし、中高年での転職は20代や30代での転職 […]

続きを見る
中高年の転職で知っておきたい3つのポイント

中高年の転職で知っておきたい3つのポイント

中高年の中途採用では、転職先ですぐに成果を上げることが期待されます。売り上げ増であれ、社内の業 […]

続きを見る
企業が中高年を転職採用したい・したくないと思うポイント

企業が中高年を転職採用したい・したくないと思うポイント

このページでは、企業が中高年を採用したいと思うポイントとしたくないと思うポイントを紹介していきま […]

続きを見る
ミドル層が管理職として転職する際に知っておきたいポイント

ミドル層が管理職として転職する際に知っておきたいポイント

35歳転職限界説はすでに過去のもの。昨今はミドル層の採用が活発だといわれています。景気の上昇も反 […]

続きを見る
中高年で転職できる人とできない人の特徴

中高年で転職できる人とできない人の特徴

中高年の転職戦線は、とても厳しいといわれています。しかし、40歳以上でも転職に成功している人は、 […]

続きを見る
ミドル層の転職が家族へ与える影響について

ミドル層の転職が家族へ与える影響について

近年ミドル層、30代半ばから40代の転職が活発となっています。 この年代はいわゆるファミリー層と […]

続きを見る
ミドル層が転職の際に知っておくべき中途ニーズの変化について

ミドル層が転職の際に知っておくべき中途ニーズの変化について

中途採用というとかつては第2新卒をはじめとする若年層の採用活動が活発でした。しかし、近年はその動 […]

続きを見る
中高年の転職注意点と平均年収の現実について

中高年の転職注意点と平均年収の現実について

40歳以上の中高年の転職は、とても厳しいのが現状です。中高年の人は家庭を持っている人が大半ですか […]

続きを見る
中高年の転職で成功するために知っておくべき3つのポイント

中高年の転職で成功するために知っておくべき3つのポイント

終身雇用制が廃れて久しく、転職市場は年々活発になっています。20代や30代といった比較的若い人達 […]

続きを見る
中高年の転職!今話題の嫁ブロックとその対処法とは?中高年の転職!今話題の嫁ブロックとその対処法とは?

転職サイト最新の口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト