新卒採用で内定を勝ち取るための理想的な志望動機とは?

新卒採用で内定を勝ち取るための理想的な志望動機とは?

就職活動をする際は、どんな企業を受けるにも志望動機を考える必要があります。ひとくくりに志望動機といっても、年齢や雇用条件によって企業が求める志望動機は違い、新卒なら新卒の理想的な志望動機が存在します。

志望動機に頭を悩ませている就活生のために、基本的な履歴書の書き方・新卒の理想的な志望動機・ダメな志望動機などをご紹介します。ぜひ参考にしてください。

 

1.基本的な履歴書の書き方

履歴書 書き方 基本

志望動機を履歴書に書く前に、基本的な履歴書の書き方を知っておく必要があります。いくら魅力的な志望動機を考えられたとしても基本的な履歴書のルールが守られていなければ、企業の採用担当者に常識のない人と思われてしまうでしょう。

基本的な履歴書のルールは以下の通りです。

  • 証明写真の裏に名前を書く
  • 履歴書では基本的に算用数字を使用する
  • できるだけ余白は避ける
  • 略字や略語は使用しない

これらはPCで作成する場合も、手書きで作成する場合も共通する履歴書のルールとなります。

 

証明写真に名前を書くのは剥がれてしまった時のため

しっかり貼ったつもりでも、何かの拍子に証明写真が剥がれてしまうことが稀にあります。もし証明写真に名前が書いていないと、企業側は写真の人物が特定できず、あなたの履歴書は写真を貼っていない非常識な履歴書として扱われるかもしれません。

そうなることを回避するために、証明写真の裏に自分の名前を書き込んでおきましょう。その際は、必ず消えない筆記用具で書くようにしましょう。

 

きれいな証明写真の貼り方

そもそも剥がれてしまうような証明写真の貼り方をしてはいけません。きれいな証明写真の貼り方のコツは、以下の通りです。

  • 履歴書の証明写真欄のホコリや汚れを取り払う
  • 糊を使って証明写真を貼る場合は、四隅まできちんと糊付けする
  • 両面シールを使って証明写真を貼る場合は、貼りなおししたシールは2度使用しない

こうすることで、証明写真が剥がれてしまうリスクを減らすことができるでしょう。

 

元号や数字の表記は必ず統一しなければならない

履歴書では、基本的に算用数字を使用してください。算用数字とは、0.1.2.3.4.5などの私達がいつも使用している数字のことを指します。漢数字などを使用するのは一般的ではありませんので注意しましょう。

学歴・職歴欄では和暦と西暦を混在させるのは避け、採用担当者が見やすい履歴書作成を心がけることが大切です。

 

バランスが良く見える履歴書作成がベター

履歴書に余白がありすぎると、ぱっと見の印象で「内容が薄い」・「やる気がない」と思われてしまいます。逆にビッシリ書くのも読みづらくなってしまうため避けたいです。履歴書を書く際はバランスの良い履歴書を作成するよう心がけましょう。

また、自分で履歴書フォーマットを作成する場合、一般的に市販されている履歴書より明らかに項目が少ないと採用担当者に「あえてその項目を省いた」と思われてしまいます。志望度が低いと解釈される場合があるので、ある程度の項目は設置しましょう。

 

履歴書では何事も正式名称で記載すること

一般的に意味が通じる名称でも、履歴書では正式名称で記載することが基本です。略すと「楽をしたがる人」・「正式な名称を知らないのでは?」と悪印象を与えてしまいます

履歴書において、正式名称で書くことはなんのマイナスにもなりませんので、必ず正式名称を記載するようにしてください。

 

2.新卒が志望動機を考える際のポイント

新卒 ポイント 志望動機

新卒の就活生は、学生時代アルバイトなどはしていても社会人として働くことは未経験です。会社という組織をよく理解するのが難しいので、業界や企業を決める際は志望動機が漠然としがちです。

そんな新卒の就活生は、まず志望動機を考える際の以下のポイントを押さえることが必要です。

  • 初めに志望動機の構成を考える
  • 志望動機のベースを書き出し掘り下げる
  • 自分の性格と応募先企業の共通点を探す

これらを1つずつ確実に考えることで、きっと良い志望動機ができあがるでしょう。

 

文章の骨組みを理解することが大切

志望動機を考える際は、必ず以下の順番に沿って志望動機を作成してください。

  1. 結論
  2. 応募先企業の業界に対する志望動機
  3. 応募先企業に対する志望動機
  4. 入社後のヴィジョンと現在自分にできること
  5. 応募先企業への志望度のPR

特に、はじめに結論を書くことは後の言葉が頭に入ってきやすいのでお勧めです。

 

応募する理由をリストアップしてまとめる

自分自身の応募先企業へ入社したい意思が漠然としていては、思うように志望動機を書き進めることができません。そんな状況で初めからうまくまとめて志望動機を書くことはとても困難です。

まずは紙に自分が応募先企業に内定を貰いたい理由を書き出してみましょう。うまくまとめる必要は全くなく、箇条書きや殴りがきで構いません

ある程度書くことが出来たら、次は1つ1つなぜそう思うのか自分の本心を掘り下げていきましょう。それを繰り返し纏めれば簡単に魅力的な志望動機ができあがります。

 

自分の性格や価値観と企業のカラーを紐付ける

なぜ応募先企業に入社したいと思ったからを説明するには、「自分はこのような性格でこのような価値観の上で生きてきているため、御社とこのような共通点があり自分に合っているのではないかと思った」など、自分と企業が合う所を見つけましょう。

企業側もここまで説明すればあなたの働いている姿がイメージしやすいですし、格段に好感度がアップします。

 

3.採用担当者の心を掴む新卒の志望動機の特徴

面接官 心に響く 志望動機

採用担当者が見なければいけない応募書類の量は数え切れないほどです。そんなライバルが多い中で勝ち残った新卒の志望動機には以下のような特徴があります。

  • 業界や企業研究がしっかりされている
  • 全てにおいて必ず根拠がある

志望動機で採用担当者の心を掴むには、どれだけ企業研究に労力を費やしているかと、しっかりとした考えを持った上で応募してきているかをアピールする必要があるそうです。

 

意欲性が高い志望動機

業界や企業研究がしっかりされている志望動機とされていない志望動機は一目瞭然です。意欲性が高い志望動機は、応募先企業のウェブサイトだけでなく「会社説明会」・「OB・OG訪問」など企業を知るために様々な活動をしています。

様々な活動を経て書いた志望動機は、当然志望度が高いことが採用担当者に伝わります。採用を勝ち取りたいのであれば、ウェブサイトのみならず積極的に企業を知る努力をしましょう。

 

事柄と根拠が必ず紐付けられている志望動機

人間というものは、何をするにしても必ずその行動に根拠があります。それをうまく説明できない人は、しっかりとした考えがなくフワフワした気持ちで応募しているのか、と思われる原因になるでしょう。

必ず結果を書き、その後でその結果を具体的に説明する文章が必要です。

 

4.新卒のダメな志望動機の特徴

新卒 ダメ 志望動機

企業に届くたくさんの履歴書の中から面接に進めるのはごく僅かです。人気が高い企業ほど、その倍率は高くなるでしょう。採用担当者は履歴書でしか応募者の人柄を知ることができませんので、履歴書の特に志望動機はかなり重要な項目となります。

新卒がやってしまいがちな、ダメな志望動機の特徴は以下の通りです。

  • 書籍やインターネットから引用したような志望動機
  • どこの企業にも使いまわせるような志望動機
  • 受け身姿勢の志望動機
  • 応募先企業を褒めているだけの志望動機

このようなNG志望動機を書いてしまう就活生は意外にも結構存在します。余計な一言を書いてマイナスなイメージをもたれないように、NG項目を意識して志望動機を作成してください。

 

オリジナルではない志望動機

企業の採用担当者は、何百・何千人の履歴書や面接をしてきた採用のプロフェッショナルです。少し自分なりの文章にしたとしても、書籍やインターネットを基に考えた志望動機は一発で見抜かれます。

なにかを参考に志望動機を書きたい気持ちは分かりますが、基本的なマナーや書き方を学ぶくらいにして、あとは自分オリジナルの文章で勝負しましょう。そうしたほうが熱意が伝わりますし、あなたらしさも伝わります。

 

使いまわしの内容が薄い志望動機

就活生は、学業と平行して会社説明会などに行かなければならず、大変忙しい気持ちは分かります。受けようとする企業が多ければ多い就活生ほど多忙を極めるでしょう。

忙しいあまり志望動機を使いまわしたくなる気持ちは分かりますが、使いまわせるような内容の志望動機はどうしても内容が薄くなってしまいがちです。それでは採用担当者の心に届かず、内定を勝ち取ることは難しいでしょう。

同じ業界だとしても、企業によりカラーは違います。全てを作り直せとは言いませんが、その企業にしか通用しない志望動機を書くことが求められます

 

学生気分が抜けていない受け身の志望動機

新卒の志望動機でよく見かけるのが、「御社で学ばせてもらって将来に活かしたい」というような受け身姿勢の志望動機です。本人は良いと思って書いているのでしょうが、企業側からしてみたら受け身な社員は必要ありません。

社会人に求められるのは、自ら率先して仕事を獲得していく攻めの姿勢をもつ人材です。仕事ができる人というのは日ごろから目標のために勉強していますし、会社を学ばせてくれる場所だとは考えません。

 

褒めているだけで理由や経緯がない志望動機

志望動機を書く際のポイントとして「応募先企業の理念やカラーを研究する」ことはとても大事です。ですが、勘違いしてはいけません。理念を理解しろと言っているだけで、理念を褒めろと言っている訳ではありません。

新卒にありがちな志望動機で「御社の理念に共感し~」という文章がよく見られますが、この志望動機は大きな間違いです。これは、ただ単に企業の理念を褒めているだけで、褒められたからといって企業は採用しません

理念について志望動機を書く際は、なぜ理念に共感したのか・それに至った経緯や経験など具体的な説明を添えてはじめて良い志望動機ができあがります。

 

まとめ

新卒 まとめ

新卒の就活生のほとんどが悩む志望動機の魅力的な書き方をご紹介しましたがいかがでしたか。おさらいすると、新卒の志望動機で大切なのは以下の通りです。

  • 抽象的なことは書かずに全てにおいて具体的に書く
  • 企業研究を怠らない
  • 自己分析をして企業との接点を見つける

つまり、中途半端な気持ちで志望動機を書いてはいけないということです。企業も時間と労力をさいているのですから、応募するからには失礼のない志望動機を書きましょう。

関連ページ

新卒でベンチャー企業に就職するメリットデメリット

新卒でベンチャー企業に就職するメリットデメリット

ベンチャー企業に入社して自分の力を試したいという学生も多くいるのではないでしょうか。 新卒でベン […]

続きを見る
内定する新卒のエントリーシートの基本的な書き方についてポイント4つ

内定する新卒のエントリーシートの基本的な書き方についてポイント4つ

就活生の頭を悩ますひとつにエントリーシートの作成があります。エントリーシートは基本的に自分の能力 […]

続きを見る
就活生が新卒で大手企業に就職するメリット・デメリット

就活生が新卒で大手企業に就職するメリット・デメリット

大学3年、または大学4年になり、就職活動がいざ始まると、就活生のほとんどは大手企業の求人を1度は […]

続きを見る
就活で人事に好印象を与えるメール例文のマニュアル

就活で人事に好印象を与えるメール例文のマニュアル

就職活動をする際には、一般的に企業の人事部の人とのやりとりが必須になってきます。就職活動は、面接 […]

続きを見る
就活前に知っておきたい!企業が採用したい新卒の人物像とは?

就活前に知っておきたい!企業が採用したい新卒の人物像とは?

「新卒の就職活動」は、今後の人生を変えると言っても過言ではない程の人生の一大イベントです。その就 […]

続きを見る
新卒採用で自分に最適な業界と企業を見つける方法

新卒採用で自分に最適な業界と企業を見つける方法

就職活動を始めた時にまず最初の壁は、「自分が合う会社がどの会社かわからない」という事ではないでしょ […]

続きを見る
新卒採用で内定辞退するときの完全マニュアル

新卒採用で内定辞退するときの完全マニュアル

就職活動において内定を得るためには、多くの企業を同時に受けていく必要があるにも関わらず自分が行く […]

続きを見る
新卒採用面接の段階別の特徴や準備・意識しておきたいこと

新卒採用面接の段階別の特徴や準備・意識しておきたいこと

面接に向けて様々な準備をおこないますよね。しかし、何社も並行して受けていると準備が必要な所と不十分 […]

続きを見る
就活生が新卒人材紹介サービスを活用する際のメリット・デメリットとポイント

就活生が新卒人材紹介サービスを活用する際のメリット・デメリットとポイント

これから就職活動を始める人や就職活動途中の方もいらっしゃると思います。 就職活動をすればするほど企 […]

続きを見る
就活生が就活サイトを活用して就職先を見つける際の注意点

就活生が就活サイトを活用して就職先を見つける際の注意点

就職先を探す際に、就活サイトを活用することがあると思います。就活サイトを活用する事によって、効率的 […]

続きを見る
新卒でベンチャー企業を受ける際に必要な覚悟と考えておきたいこと新卒でベンチャー企業を受ける際に必要な覚悟と考えておきたいこと
内定する新卒のエントリーシートの基本的な書き方についてポイント4つ内定する新卒のエントリーシートの基本的な書き方についてポイント4つ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト