職務動向調査2016!転職の決め手は給与・社風・仕事内容

職務動向調査2016!転職の決め手は給与・社風・仕事内容

2016年11月21日バイリンガル・スペシャリスト人材紹介会社のロバート・ウォルタース・ジャパン株式会社(東京都渋谷区)が、日本国内1459人のバイリンガルを対象に行った「職務動向調査2016」の結果を発表しました。

今回のアンケートは、現在の職場環境や転職時の決め手になるもの、転職後の職場環境の変化、職場での女性の活躍状況についての意識調査になっており、年齢や性別、職種別に比較された結果が発表されています。

今回の調査では、日系企業と外資系企業、また男女で評価するポイントの違いや差が目立ちました。

「現在の職場で最も改善して欲しい点」では、外資系に比べると日系の方が全体的な不安は少ないものの、「給与」だけで見ると外資系が17.3パーセント、日系では33.2%が給与に不安を抱えていることが分かり、日系の給与への不満が随所に結果に現れました。

「現在の職場で最も評価している点」では、男性が「給与」や「仕事内容」について、女性は「福利厚生」や「有給休暇の取得しやすさ」、「労働時間」への評価が高いことが分かりました。

また、転職の意向については、「チャンスがあればいつでも」と答える人が、男女問わず全体の3割で最も多い回答となっており、転職検討の理由については「給与」「社風」「仕事内容」が主な決め手となっています。

現在は、人材不足が深刻化しており各会社の人事担当が頭を悩ませることも多いようです。そのため、今回のアンケートを行った同社では、企業が人材確保のためにどのような労働条件を設定していくのかを考えるポイントを提示しているものです。

 

転職に最適な時期とは?

今回紹介したニュースの中では、転職に関して「チャンスがあればいつでも」と答えた人が全体の3割に及ぶことが分かりました。人材不足が叫ばれる現代ですが、企業側も「誰でも欲しい」というわけではなく、できるだけ優秀な人材が欲しいのは、当たりまえのことです。ですので、むやみに転職するのではなく、チャンスを狙って、日々準備しておくことが大切です。また、転職、退職者が多くなる時期に合わせて求人を出す企業も多くなっているため、転職の時期というのはとても大切です。

 

多くの求人から探したいなら2~4月、9~10月

自分の希望条件にあった求人を探したいのであれば、できるだけできるだけ多くの求人から探すのが良いでしょう。一般的に企業の求人ニーズが高まるのが、2~4月、9~10月になっているため、その時期に転職活動を行うのが最適といえます。ですが、この時期は転職者も増えますので、求人倍率も高くなりやすく、人気の求人では競争率がかなり高くなる場合がありますので注意が必要です。

 

20代は2~3年、勤続実績を積んでからがおすすめ

20代の方で同じ業界での転職を考えている方であれば、入社から最低でも3年は勤続実績を積んでから転職されることをおすすめします。20代では第二新卒であるか、フリーターとみられるかも大きなカギとなっており、ある程度勤続年数が前職である場合には、採用側も即戦力、または教育コストがある程度削減できるため、採用が有利になる可能性が高くなっています。

 

30代はいつでも転職できるように準備を!決めたらできるだけ早めに

30代になると、即戦力としての中途採用枠になってきます。そのため、転職を考えているのであれば、いつでも転職ができるように、計画を持って準備しておくことが重要です。また、転職すると決めたら、できるだけ早めに転職することをお勧めします。年齢が若ければ若いほど有利になる場合が多くなっていますので、注意しましょう。

 

40代以上はまず転職のプロに相談しましょう

40代以上になると、家庭を持っている方も多く、またある程度役職に就いている方もいらっしゃるかもしれません。そのため、転職をしようと考えた際には、ある程度スキルと体力、実績がなければ、今以上の条件の職場への転職が難しくなってきます。そのため、まずは、転職のプロである転職サイトや人材会社のキャリアコンサルタントに相談してみることをお勧めします。

 

まとめ

転職というのは、人生の重要なターニングポイントになり、決断するのは中々勇気がいることです。ですが、転職をすることで自分が成長できる環境を見つけることができたり、人生をプラスに変えることもできます。そのため、条件が今以上に良ければ、いつでも転職したいという人も多くいます。ですが、転職時には、しっかりと労働条件を見極めることが大切です。転職してから、こんなはずではなかったという人も多苦いるのが現状です。

また、転職をするタイミングについても、年齢や性別、職種、人それぞれに適した転職時期があります。その時期をきちんと見極めてチャンスを逃さないようにしましょう。

転職をする際には、転職のプロであるキャリアコンサルタントに一度相談されることをおすすめします。

関連ページ

2016年、中小企業の冬季賞与の実態!アンケート調査結果を発表

2016年、中小企業の冬季賞与の実態!アンケート調査結果を発表

2016年12月14日、人材採用などを営むエン・ジャパン株式会社が運営する、人事のための総合支援 […]

続きを見る
医療機関による敷地内薬局誘致に断固反対!?日薬の都道府県会長協議会

医療機関による敷地内薬局誘致に断固反対!?日薬の都道府県会長協議会

年10月8日、愛知県名古屋市内で日本薬剤師会による都道府県会長協議会が開かれ、各都道府県の薬剤師 […]

続きを見る
2017年1月の求人倍率発表!26ヶ月連続の「売り手市場」

2017年1月の求人倍率発表!26ヶ月連続の「売り手市場」

2月13日CMでおなじみの「DODA(デューダ)」を運営する株式会社インテリジェンスは2017年 […]

続きを見る
女性の転職ファッションで気をつけたいポイントは「清潔感」!日経ウーマンオンライン

女性の転職ファッションで気をつけたいポイントは「清潔感」!日経ウーマンオンライン

2017年1月16日、日経BP社の女性誌である「日経ウーマン」・「日経ヘルスプルミエ」・「日経ヘ […]

続きを見る
厚生労働省が高額がん治療薬「オプジーボ」の緊急的な薬価改定を提案

厚生労働省が高額がん治療薬「オプジーボ」の緊急的な薬価改定を提案

2016年8月24日に開催された中央社会保険医療協議会・薬価専門部会において、厚生労働省が高額な […]

続きを見る
規制緩和により敷地内薬局の開局が可能に!医療機関と薬局の独立性は今後

規制緩和により敷地内薬局の開局が可能に!医療機関と薬局の独立性は今後

厚生労働省は今まで医療機関と同じ建物や敷地に薬局を併設することを禁止していましたが、2016年1 […]

続きを見る
見た目が似た薬剤の取り違え24件!内服薬はすべて調剤中の薬剤師ミス

見た目が似た薬剤の取り違え24件!内服薬はすべて調剤中の薬剤師ミス

公益財団法人、日本医療機能評価機構(以下:機構と記載)は、2010年1月から今年3月までに、医師や […]

続きを見る
女性の求人状況は右肩上がり!?転職時、妥協できる点とできない点とは?

女性の求人状況は右肩上がり!?転職時、妥協できる点とできない点とは?

大手求人情報サイト「エン・ジャパン」が運営する女性向けの正社員転職・求人情報サイト「エン・ウィメ […]

続きを見る
舞鶴薬剤師会が京都府薬剤師会と共同で処方薬の無駄を無くすため残薬バッグ事業開始!

舞鶴薬剤師会が京都府薬剤師会と共同で処方薬の無駄を無くすため残薬バッグ事業開始!

京都府薬剤師会と舞鶴薬剤師会は、「残薬(残った処方薬)」を有効活用するために残薬バック事業(ブラ […]

続きを見る
薬剤師のお薬手帳問題は電子お薬手帳「harmo」薬局商用化スタート

薬剤師のお薬手帳問題は電子お薬手帳「harmo」薬局商用化スタート

ソニー株式会社は2011年以降、地域限定で電子お薬手帳のharmo(ハルモ)の試験サービスを行って […]

続きを見る
既婚女性も年収150万までに?アベノミクス配偶者控除見直しに新たな展開既婚女性も年収150万までに?アベノミクス配偶者控除見直しに新たな展開
OpenStackの勉強会!エグゼクティブセミナー「OPCELビジネスサミット2016」をLPI-Japanが開催OpenStackの勉強会!エグゼクティブセミナー「OPCELビジネスサミット2016」をLPI-Japanが開催

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト