2017年はミドル層の求人増!「ミドルの求人動向」アンケート調査結果

2017年はミドル層の求人増!「ミドルの求人動向」アンケート調査結果

大手総合人材採用会社「エン・ジャパン株式会社」が運営する、ミドル層専門の転職求人サイト「ミドルの転職」を利用している計134名の転職コンサルトから「ミドルの求人動向」についてアンケートを行いました。

「2017年は35才以上のミドルを対象とした求人募集は、どのように変化するとお考えでしょうか。」との設問に対し、78%の転職コンサルタントが「増加する」と答えました。この数値は、2016年と比べて5ポイント増加しています。

「増加する」と答えた転職コンサルタントの意見は以下の通りです。

  • 労働人口不足のため、35歳以上のミドルを対象とした採用需要が伸びると思う。
  • 起業は若手人材の確保が困難。そのため、採用ターゲットの年齢層を35歳以上に設定する企業が増えてきている
  • 20代の若手社員は多いものの、マネジメント候補が不足している傾向にある。そういった企業は中堅層の人材を必要としている。
  • 就職氷河期に新卒採用をやめた企業は、現在30~40代の社員が空洞化しているため。

このように、「増加する」と答えた理由は、きちんとしたデータから予想したことが分かります。

また、「ミドルを対象とした求人募集のトレンドとして、今後増えそうなものは何ですか?」という設問に対する転職コンサルタントの解答は以下の通りです。

  • 「首都圏の企業」から「地方企業」への転職(51%)
  • 「同業種」への転職(43%)
  • 「異業種」への転職(31%)
  • 「日系企業」から「外資系企業」への転職(23%)
  • 「外資系企業」から「日系企業」への転職(17%)
  • 「地方企業」から「首都圏の企業」への転職(15%)

「首都圏の企業」から「地方の企業」への転職と回答した転職コンサルタントが多い理由は、地方創生・保育園不足などの都心での子育て問題のため、Uターン希望者が増加すると考えたためです。

「ミドルの転職希望者に対して「採用企業が求めるスキル」の上位3つを教えてください」という設問に対しては、「高いレベルでの実務遂行力(66%)」・「目標や課題を自ら設定し、解決策を考える能力(42%)」・「臨機応変に物事に対応することができる能力(32%)」・「様々なタイプの部下の育成・指導が的確にできる能力(32%)」などと、ミドルの転職では、高レベルの仕事ができることとマネジメント能力が必要になってくることが分かりました。

 

ミドルを対象とした求人募集が増加する企業タイプ・業種・職種・役職・年収

2017年にミドルを対象とした求人募集が増加すると見込まれる企業タイプ・業種・職種・役職・年収についても転職コンサルタントから回答を得ることができました。その結果をそれぞれ発表いたします。

 

ミドルを対象とした求人募集が増えると見込まれる「企業タイプ」

ミドルを対象とした求人募集が増えると見込まれる「企業タイプ」ベスト3は以下の通りです。

  • 中堅、中小企業(83%)
  • ベンチャー企業(52%)
  • 日系のグローバル企業(31%)

その他、大手企業・外資系企業・上場企業といった意見もありました。

 

ミドルを対象とした求人募集が増えると見込まれる「業種」

ミドルを対象とした求人募集が増えると見込まれる「業種」ベスト3は以下の通りです。

  • メーカー(54%)
  • 建設・不動産(44%)
  • IT・インターネット(41%)

その他、流通・小売・サービス、コンサルティングとの意見も目立ちました。

 

ミドルを対象とした求人募集が増えると見込まれる「職種」

ミドルを対象とした求人募集が増えると見込まれる「職種」ベスト3は以下の通りです。

  • 経営、経営企画、事業企画系(44%)
  • 営業・マーケティング系(44%)
  • 技術系(機械・メカトロ・自動車)(41%)

その他、技術系(IT・Web・通信)、技術系(建築・設備・土木)と答えた転職コンサルタントも多かったです。

 

ミドルを対象とした求人募集が増えると見込まれる「役職」

ミドルを対象とした求人募集が増えると見込まれる「役職」ベスト3は以下の通りです。

  • 課長クラス(70%)
  • 主任、係長クラス(47%)
  • 部長、次長クラス(38%)

その他、役職無しのスペシャリスト、本部長・事業部長クラスの回答も目立ちました。

 

ミドルを対象とした求人募集が増えると見込まれる「年収」

ミドルを対象とした求人募集が増えると見込まれる「年収」ベスト3は以下の通りです。

  • 500万円~599万円(51%)
  • 600万円~699万円(47%)
  • 700万円~799万円(35%)

その他、800~899万円(22%)、~499万円と答えた転職コンサルタントもいました。

 

まとめ

このアンケート結果から、2017年はミドルの求人数は増えるものの企業はスキルや経験をミドルの転職希望者に要求するため、求められる経験やスキルがない転職希望者は厳しいかもしれない、ということが分かりました。

逆に、求められている経験やスキルがあればすんなり希望の転職先に転職することができるでしょう。

ですので、転職をする際は事前に自己分析をして、今の自分に見合った企業選びをすることがスムーズに転職活動を終わらせることができるポイントになるでしょう。

関連ページ

舞鶴薬剤師会が京都府薬剤師会と共同で処方薬の無駄を無くすため残薬バッグ事業開始!

舞鶴薬剤師会が京都府薬剤師会と共同で処方薬の無駄を無くすため残薬バッグ事業開始!

京都府薬剤師会と舞鶴薬剤師会は、「残薬(残った処方薬)」を有効活用するために残薬バック事業(ブラ […]

続きを見る
医療機関による敷地内薬局誘致に断固反対!?日薬の都道府県会長協議会

医療機関による敷地内薬局誘致に断固反対!?日薬の都道府県会長協議会

年10月8日、愛知県名古屋市内で日本薬剤師会による都道府県会長協議会が開かれ、各都道府県の薬剤師 […]

続きを見る
転職した女性は働きずらさ等から約4割が産休復帰後に離職!離職せずとも収入は減

転職した女性は働きずらさ等から約4割が産休復帰後に離職!離職せずとも収入は減

人材派遣業を営む「株式会社VSN(東京都港区)」は、出産後に復職したことのある経験を持つ10代~ […]

続きを見る
薬剤師派遣時給が1番高い地域を大手薬剤師求人サイト発表

薬剤師派遣時給が1番高い地域を大手薬剤師求人サイト発表

株式会社フォーチュンが運営する、日本最大級の薬剤師専門求人サイト「薬剤師求人.com」が、薬剤師が […]

続きを見る
アトピー性皮膚炎の新薬が国内外で続々と開発 中等症・重症患者の治療に有効

アトピー性皮膚炎の新薬が国内外で続々と開発 中等症・重症患者の治療に有効

今、国内外の様々な製薬会社がアトピー性皮膚炎の新薬開発に力をいれています。アトピー性皮膚炎に対する […]

続きを見る
第1類医薬品アレグラFX等 第2類医薬品へ、6商品が薬剤師なしでも販売可

第1類医薬品アレグラFX等 第2類医薬品へ、6商品が薬剤師なしでも販売可

厚生労働省の薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会の製造販売後調査を終え、今まで第1類医薬品とし […]

続きを見る
薬局での患者管理にタブレット端末を使用した新システムが登場

薬局での患者管理にタブレット端末を使用した新システムが登場

ヘルスケア事業に関するコンサルティングなどを行う「株式会社HMCエデュケーション(所在地:東京都 […]

続きを見る
残業時間が業種・職種とは?コンサルティング関係は残業80時間超え!

残業時間が業種・職種とは?コンサルティング関係は残業80時間超え!

国内最大級の就職・転職サイトである「ヴォーカーズ(Vorkers)」は、サイト内に投稿された約6 […]

続きを見る
「かかりつけ薬剤師指導料」、賛成の薬剤師は7割超え

「かかりつけ薬剤師指導料」、賛成の薬剤師は7割超え

今年4月に「かかりつけ薬剤師指導料」・「かかりつけ薬剤師包括管理料」が診療報酬改定で新設されました […]

続きを見る
厚生労働省が29製品の新薬を医薬品として承認

厚生労働省が29製品の新薬を医薬品として承認

厚生労働省は2016年9月28日に新薬29製品を承認したと発表しました。29製品の中には抗がん剤で […]

続きを見る
女性の求人状況は右肩上がり!?転職時、妥協できる点とできない点とは?女性の求人状況は右肩上がり!?転職時、妥協できる点とできない点とは?
2017年1月の求人倍率発表!26ヶ月連続の「売り手市場」2017年1月の求人倍率発表!26ヶ月連続の「売り手市場」

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト