介護職に転職する際の仕事内容・給与・注意点・探し方

介護職に転職する際の仕事内容・給与・注意点・探し方

少子高齢化に伴い、介護福祉士を始め、介護職の人手不足問題は、深刻です。しかし、逆に考えると、それだけ需要があるということなので、就職先に困らないというメリットがあります。ここでは、介護福祉士をはじめとする介護職への転職を考える方へ、介護職に転職する際の仕事内容・給与・注意点・探し方について説明しています。

 

 1.介護職の仕事内容

介護職について

介護と聞くと、「きつそう」「辛そう」と言った声がよく聞かれますが、具体的に、介護福祉士をはじめとする介護職の仕事内容とはどのようなものがあるのでしょうか。

介護職の主な仕事内容

  • 身体介護
  • 生活援助
  • 相談と助言
  • 社会活動支援

身体介護

介護職の仕事の中で、大きな割合になっているのが身体介護です。身体介護というのは、利用者が1人で行うことが困難なことに対して、介護者が直接、身体に触れたりして補助をするサービスで、具体的には、家や施設内での移動、入浴、外出、着替え、おむつ交換などが挙げられます。

生活援助

介護職の生活援助とは、利用者の生活の中で直接必要となる日常の家事を、介護者が代わりに行うといものです。例えば、掃除、洗濯、日常の買い物、食事の準備(調理、配膳、下膳など)、薬の受け取りが当てはまります。特に在宅介護では、生活援助が身体介護とともに主な業務内容となってきます。

介護保険の適用内でのサービス

生活援助は、介護保険の適用される範囲でのサービスが好ましくなっています。例えば、庭の手入れや、雪かき、家族の送迎などは保険適用外となるため、注意が必要です。

介護についての相談を聞き助言を行う

介護職では、利用者だけでなく、その家族にも配慮が必要となります。そのため、小まめに利用者や利用者の家族と連絡を取り、相談を聞いたり、行ったりながら、助言を行うことが大切です。介護者がいない時の介護を、利用者の家族にいかに効率よく行ってもらうか、どう対応してもらうかで、のちのちの結果が変わってきます。また、利用者からの、介護に関する質問にもはっきりと答える必要があります

社会活動支援

介護者を利用する人のほとんどが、一人暮らしの老人や重度の障害を持った方です。そのため、自分1人で移動することが少なく、1日中、室内にいたり、孤独になりがちな生活環境である場合が多くなっています。そのため、介護者は、地域の活動の紹介や、近くの公園への散歩など、利用者がより生活を楽しめ、生きがいを持って暮らせる環境づくりを提案、支援していくことが求められます

 

2.介護の職場

介護 職場

介護職に転職する際には、職場をまず考えなければなりません。介護を必要としている職場は、老人ホームや福祉施設だけではなく、また、それぞれの職場によって利用者の層も変わってきます。ここでは、介護職の職場について紹介します。

介護職の主な職場

  • ホームヘルパー
  • デイサービス
  • 病院
  • 特別養護老人ホーム
  • 認知症グループホーム
  • 軽費老人ホーム
  • 老人保健施設
  • グループホーム
  • サービス付き高齢者向け住宅
  • 健康型有料老人ホーム
  • ショートステイ
  • ケアハウス
  • 住宅型有料老人ホーム
  • 介護付き有料老人ホーム
  • 訪問入浴介護サービス
  • 身体障害者療護施設
  • 重症心身障害児施設

介護の職場は、主に入所型、通所型、訪問型に分かれています。今回ご紹介した、上記の職場でも、3つのうち、どの種類なのかは職場によって変わってきます。そのため、介護の転職面接では、求人先が3つの種類のうちどれに含まれるか確認が必要です。まずは、3つの種類について確認しておきましょう。

入所型

介護の職場の入所型というのは、常に介護が必要な利用者が入居する施設などの24時間体制で利用者のお世話する介護の職場を指します。具体的には、特別養護老人ホームや有料老人ホーム、ケアハウスなどが挙げられます。入所型は、24時間体制で介護を行うため、もちろん、夜勤のシフトもあります。また、重度な介護を必要とする方も多いため、常に緊張感を持って業務に取り組むことが大切です。

通所型

近年、介護の職場で増えてきているのが通所型です。通所型とは、利用者の自宅と施設の送迎を行い、日中のみ介護施設で介護を提供するというものです。具体的には、デイサービスや一部老人ホームが挙げられます。通所型は、入所型と比べると、家族と過ごす時間もあるため、利用者の不安感などが軽減される場合があり、介護者にとっても、24時間介護に比べ負担が軽減されます。

訪問型

自宅での介護を希望、自宅からの移動が困難、環境の変化や大人数での環境が厳しい、家族とできるだけ一緒に時間を過ごしたいと言った方の利用が多いのが、訪問型の介護です。訪問型で大切なことは、その人がこれまで生活してきた環境を理解した上で、介護を行っていくという点です。利用者だけでなく、利用者の家族とも信頼関係が必要となります。また、基本的には、一人で作業を行わなければならないため、ある程度の体力が必要となります。

 

3.介護職に資格は必要?

介護 勉強

介護職は、人の命にも関わる重要な仕事です。では、介護職に転職するためには、何か資格がいるのでしょうか。また、必要だとすれば、どんな資格が必要になるのでしょうか。確認しておきましょう。

介護職は資格がなくても大丈夫

資格を取らなければ、介護職はできないと考える人もいますが、実際には、介護職は資格がなくてもできる仕事です。実際に求人を見ても未経験で募集している施設は多くあります。ただ、ここで注意したいのが介護という仕事は、人の命を預かる仕事のため、無資格では介護をできる範囲が限られているということです。例えば、在宅看護の身体介護は、旧資格「ホームヘルパー2級」と該当する「介護職員初任者研修」修了者でなくてはできなくなっています。しかし、働きながら資格取得が目指せる職場もありますから、働きながらスキルアップを目指しましょう。

転職で有利となる介護職の資格とは

介護職は無資格でもできる仕事ですが、多くの介護求人では、ヘルパー2級以上の資格が必要なとなっています。また、この他にも介護職では、転職の際に有利となる資格がありますので、確認しておきましょう。

介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)

介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)は、介護職の資格の中で、一番人気の資格です。介護業界でキャリアアップを考えている人は、必ずこの資格の取得を行いましょう。勉強時間の目安としては1ヶ月〜3ヶ月ほどで、資格取得に必要な費用は5万円〜が平均的になっています。

実務者研修(ホームヘルパー1級)

実務者研修(ホームヘルパー1級)は、介護福祉士を目指す人にオススメの資格です。この資格を取っておくことで、介護福祉士へのステップアップがスムーズになります。また、将来的に現場でのサービス責任者にもなることができます。勉強時間の目安や資格取得に必要な費用は、現在持っている資格によって変わってきます。

介護福祉士

介護福祉士というのは、介護の国家資格です。取得には3年以上の実務が必要となり、2016年の1月からは、実務者研修の受講も必須となりました。勉強時間の目安としては、2ヶ月以上、資格取得に必要な費用は、8000円〜となっています。

ケアマネージャー(介護支援専門員)

ケアマネージャーの資格は、介護の中でも特に取得が難しく、合格率は20%となっています。勉強時間の目安は保有している資格によって人それぞれになります。また資格取得に必要な費用は約1万円となっています。

社会福祉士

この資格は、介護と福祉を組み合わせた高度な知識とコミュニケーション能力が必要になってきます。また、この資格に関しては、通学または通信での資格獲得をお勧めします。そのため、勉強時間としては、通学6ヵ月、通信7ヶ月が目安となっています。

転職に有利となる介護の資格には上記以外にも、以下のようなものが挙げられます。

  • 介護事務(ケアクラーク)
  • ガイドヘルパー(移動介護従事者)
  • 介護予防運動指導員
  • 福祉用具専門相談員
  • 福祉住環境コーディネーター
  • 高齢者コミュニケーター

介護護事務(ケアクラーク)、ガイドヘルパー(移動介護従事者)、介護予防運動指導員に関しては、最短3日以内で取得できます。資格のある無しでは、給与にも変化がありますので、介護職への転職を考えている方は、一度資格取得を目指してみてはいかがでしょうか

 

4.介護職の給与とボーナス

介護 年収

厚生労働省の調査によると、2014年の介護関連職の平均給与は24万円(平均年齢41.2歳)、年間ボーナスは53万8,200円でした。これを元に計算すると、介護関連の平均年収は341万8,200円になります。

年代 介護系の平均給与 年間ボーナス
20代前半 19万6,200円 34万2,600円
20代後半 21万6,400円 50万800円
30代前半 23万1,900円 50万9,300円
30代後半 24万6,900円 58万7,700円
40代前半 25万3,400円 59万7,100円
40代後半 25万2,100円 57万9,200円

年代別に見ると20代前半の平均給与が19万6,200円、年間平均ボーナスが34万2,600円。20代後半の平均給与が21万6,400円、年間平均ボーナスが50万800円。30代前半の平均給与が23万1,900円、年間平均ボーナスが50万9,300円。30代後半の平均給与が24万6,900円、年間平均ボーナスが58万7,700円。40代前半の平均給与が25万3,400円、年間平均ボーナスが59万7,100円。40代後半の平均給与が25万2,100円、年間平均ボーナスが57万9,200円となっています。(給与に関しては額面上の金額になります。)

介護業界は人手不足が予想されますが、給与・ボーナスともに他と比べても高額とは言えません

介護福祉士・社会福祉士の平均月収

また、求人情報サイトはたらいくの調査によると、2014年の介護福祉士・社会福祉士の平均月収は20万円、平均年収は280万円でした。

介護福祉士・社会福祉士 金額
平均月収 20万円
平均年収 280万円

平均月収は20万円から25万円未満の人が最も多く、全体の48.1%を占めています。次に15万円~20万円未満40.1%、25万円~30万円未満の7.2%と続きました。

平均月収 割合
20万円~25万円 48.1%
15万円~20万円未満 40.1%
25万円~30万円未満 7.2%

介護福祉士は、介護専門の学校の卒業者でなくても、3年以上の介護業務の経験があれば受験できる国家試験です。介護福祉士の資格があれば給与などで優遇されるケースも多いですから、事前に確認しておきましょう。

ボーナスは事業所によって異なりますが、求人情報などを見ると、夏と冬に基本給の2カ月分が支給されるケースが目立ちます。

 

4.介護職に転職する際の注意点

介護 注意点

超高齢化が進む日本では、政府が今後の高齢者の増加を見込んで、介護費を節約するために在宅介護を中心に地域包括ケアシステムの構築に取り組んでいます。この地域包括ケアシステムでは介護職が中心としなって、高齢者、医療機関の橋渡し的な役割を果たすことが求められています。

介護の仕事では、高齢者やその家族とのコミュニケーションはもちろんのこと、医療機関など異業種との連携が不可欠です。このため、人の気持ちを思いやり、相手と協力できるコミュニケーション能力が高くないと採用されにくいので注意しましょう。

介護職は女性が多く人間関係で悩みやすい

介護職は、女性が多い仕事です。そのため、女性ばかりの職場であると、女性特有のいじめや嫌がらせなどがある職場もあります。また利用者ととても距離の近い仕事となるため、利用者の方はもちろんのこと、利用者の方の家族とも人間関係を築くことが重要となってきます。しかし、人間関係というのは、近づけば近づくほど悩みも増えるものです。そのため、人間関係で悩んでやめてしまう介護者も多くいます。

体力的な仕事あり、奥が深いことを理解しておく

高齢者をベッドから抱き起こして車いすに乗せるなど、体を動かしますから体力が必要です。抱き起こし作業の連続で腰を痛める人も多く、身体面でも負担がかかります。介護職は奥が深くやりがいのある職種ですが、その反面心身ともに疲れることも多いものです。

求人数が多いからなど安易な気持ちで取り組むと、後で後悔することもあります。自分はなぜ介護士として働きたいのかを、確認しておくことが大切です。

求人は離職率と教育制度をチェックする

転職先を選ぶときは離職率の低く、教育制度が整っている施設を優先的に選びましょう。離職率の高い職場は、常に人手不足のため、一人で何人分もの仕事をしなければならないうえに、きちんとした教育を受けずに介護をしなければいけないので負担が大きいからです。

教育制度が整っていない職場は、今後のキャリアアップがあまり期待できません。長く介護現場で活躍するためには、常に勉強が必要です。従業員に積極的にセミナーに出席させている施設などを選びましょう。

 

5.介護職求人の探し方

介護 探し方

介護関連の職種に転職する際は、求人広告の募集項目をしっかりとチェックすることが大切です。職種によっては24時間体制で介護をしますから、夜勤や早朝出勤、サービス残業が多い職場では、健康を害してしまうことがあります。

正社員雇用は基本的に試用期間がある

正社員募集であっても、最初の数カ月は試用期間として雇う企業も多いので、いつから正社員として雇われるのかもチェックしておきたい項目です。

勤務時間もしっかりとチェックしよう

24時間体制で介護を行う施設の場合、具体的な勤務時間を確認しておきましょう。簡単に夜勤有りや三交代制勤務などと書かれているだけでは、何時から何時まで働けばよいのかはっきりしません。

早朝勤務、夜間勤務となどの場合は、終電や始発に間に合うのかといった問題もあります。労働時間をあいまいにしている企業は、しっかりとチェックをする必要があります。

従業員を大切にしている会社かどうか

採用企業のメッセージ欄もしっかりと読みましょう。従業員を大切にしている施設では、どのような介護理念で運営をしているのか、現場のスタッフはどのような心構えで介護サービスを行っているのかなどが伝わるように書かれています。何か不安があれば職場見学をして、現場の雰囲気を実際に確認することをおすすめします。

教育システムやキャリアアップ可能かもチェック

教育制度やキャリアアップ制度に関しても、確認が必要です。高齢者の中には介護度が高い人や、病気や薬依存度の高い人など、さまざまな心身状態の人がいます。専門知識が求められますから、教育制度が整っている企業でキャリアアップを目指しましょう。企業内で、資格を取得できれば、余計な費用もかからず、次の転職においても有利になります。

 

まとめ

近年、多くの介護施設で、人材の不足に頭を抱えています。人材不足の原因としては、少子高齢化で、お年寄りなどの介護をする人の数が増えたという点が、第一に挙げられますが、その他の理由では、介護職が3Kと呼ばれる、きつい、汚い、危険、といった労働環境でありながら、給与が安いといったことが挙げられます。

しかし、介護職でも、介護の資格を取ることで、労働環境の整った好条件の求人に転職しやすくなり、高収入を見込める場合もあります。そのため、介護職に転職する際には、まず資格の取得を目指してスキルアップしていく気持ちで転職することをお勧めします。介護職に転職を考えている方は、今回ご紹介したことをぜひ参考にしてみてください。

介護職求人転職サイト口コミランキング



介護職の転職サイトを利用する場合は必ず3社程度複数登録をして、求人の質や担当者(コンサルタント)の質などを自分でチェックしましょう。自分のライフスタイルと企業の福利厚生と教育制度も欠かさずチェックしてください。




ランキングをもっと見る



関連ページ

介護事務の転職注意点と平均年収・平均給与

介護事務の転職注意点と平均年収・平均給与

このページでは、介護事務の転職注意点と平均年収・平均給与について説明します。 介護事務に転職する […]

続きを見る
グループホームへの介護士・介護職の転職について

グループホームへの介護士・介護職の転職について

このページでは、介護士・介護職がグループホームへ転職する際に知っておきたい3つのポイントについて […]

続きを見る
訪問入浴介護職への転職注意点と平均年収・給与について

訪問入浴介護職への転職注意点と平均年収・給与について

このページでは、訪問介護職への転職注意点と平均年収・平均給与について説明します。 体力的にハード […]

続きを見る
介護職は働きやすい!?介護業界に転職するのをオススメする理由6選

介護職は働きやすい!?介護業界に転職するのをオススメする理由6選

介護というとどんなイメージを思い浮かべますか。一般的に介護の仕事は、残念ながら汚い・辛い・給与が […]

続きを見る
介護職に転職!入職前に必要な準備物とは?

介護職に転職!入職前に必要な準備物とは?

新しい業界、職場に転職する時に必ず必要なのが事前の準備です。転職先の仕事内容の知識を深めていけば […]

続きを見る
男性が未経験で介護職に転職する際の注意点とは?

男性が未経験で介護職に転職する際の注意点とは?

少子高齢化社会である日本では、介護職員は必要不可欠な人財であると言えます。実際に介護職の転職は注 […]

続きを見る
軽費老人ホームへの介護士・介護職の転職について

軽費老人ホームへの介護士・介護職の転職について

このページでは、介護士・介護職が軽費老人ホームへ転職する際に知っておきたい3つのポイントについて […]

続きを見る
介護未経験者が転職する際に初めての職場に選ぶべき施設

介護未経験者が転職する際に初めての職場に選ぶべき施設

介護業界はとても離職率が高いです。その理由は、介護の仕事は辛いからです。せっかく介護に興味を持っ […]

続きを見る
介護士のスキルアップ資格!介護福祉士資格の取得方法とは?

介護士のスキルアップ資格!介護福祉士資格の取得方法とは?

介護福祉士という資格は国家資格です。資格を持っていると、利用者やそのご家族からの信用度が高くなり […]

続きを見る
介護士が派遣として働くには?仕事内容・平均給与・メリットデメリットを解説!

介護士が派遣として働くには?仕事内容・平均給与・メリットデメリットを解説!

高齢化社会に伴い、介護士はとても需要がある職業です。介護士として働くといっても、正社員・契約社員 […]

続きを見る
ケアハウスへの介護士の転職メリット・デメリットケアハウスへの介護士の転職メリット・デメリット
年齢別!介護福祉士・介護職へ転職する際に知っておきたいこと年齢別!介護福祉士・介護職へ転職する際に知っておきたいこと

介護職・介護士ブログ新着一覧

介護転職サイト最新口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト