プログラマーから異業種へ転職する前に注意するポイント4つ

プログラマーから異業種へ転職する前に注意するポイント4つ

プログラム言語を用いてコンピュータープログラムを組み、多種多様なシステムやソフトウェアをつくるプログラマーは現代においてなくてはならない仕事です。ですが、作成したプログラムについて何か月もの期間を費やし「使用バグ」を見つけるためのテストを行ったり、仕事によって繁忙期や納期の時期は残業続きで帰宅できない日もあるなど忍耐力や高度な集中力が必要です。

また、独立して一人前のプログラマーになるためには年数に関係なく、求められるプログラムを構築できることはもちろんのこと、マーケティングや営業・企画・計画・立案・管理、など会社経営に必要な知識や技量を身につける必要があります。

このように実力が常に試される技術職だからこそ、忙しさや将来のビジョンがうまく浮かばないなどの理由でプログラマーから離れた異業種への転職を考える方はたくさんいるのです。

転職することは決してマイナスな事ではありませんが、技術職のプログラマーが異業種へ転職するには注意点を押さえることが必要です。この記事では、異業種への転職を検討しているプログラマーに向けて、転職する前に知っておきたい注意点を紹介していきます。

 

 

1.プログラマーの異業種転職に必要なスキル

プログラマー異業種転職必要なスキル

プログラマーという技術職については、主に一任された開発工程のミーティングやプログラムを組むことが1日の仕事の流れになります。そのため異業種で必要とされるスキルが身についてない・知らないということもあります。例えば異業種として一般企業に勤めるにあたり必ず必要になるスキルは以下になります。

  • ビジネスマナー
  • 事務作業
  • コミュニケーション力

一見すると仕事にするにあたり当たり前のことだと感じるでしょう。しかし同じ社会人マナーに対しても、異業種を一般企業とした場合はプログラマーなどの技術職とは考え方が異なるのです。

つまり、これから説明する上記に挙げた一般企業で必要な基本的なスキルを身につけていれば、異業種でも働きやすくなるということでもあります。

 

必要なビジネスマナーをしっかり押さえる

ビジネスマナーは挨拶・身だしなみ・会話・電話の取り方とさまざまあります。例えば「ビジネス的な挨拶」と言っても、場面ごとの挨拶の方法やお辞儀の仕方のように細かなルールがあるのです。プログラマーの場合はビジネスマナーの中でも会話に対しての言葉づかいについて確認が必要です。

  • すみません(謝罪)→申し訳ありません
  • 了解しました→かしこまりました

正しい言葉づかいは相手に好印象を与えます。しっかり身に着けておくようにしましょう。

別のページで押さえておくとさまざまな職場で有利になるビジネスマナーを簡単に例を踏まえて説明しています。是非参考にしてください。「一般企業への転職に必要な基本のビジネスマナーは4つ

 

事務作業は簡単・単純ではない

仕事における事務作業はあらゆる職場で使えるスキルです。事務作業というとパソコン操作による資料作成・ファイリング・管理や来客の対応・データ入力と仕事に直接関わる業務的なものから、職場の雑用も任されています。事務作業の目的は、一緒に働く同僚やスタッフが円滑に仕事をこなせるように気を配りサポートをするというものです。

任された仕事以外にも必要な雑務に気が付き対応できるスキルは大事です。

 

プログラマーは高いコミュニケーション力を持つべし

仕事柄、プログラマーは独特な世界での仕事だと言えます。必要以上仕事では会話をしないという方が多いでしょう。コミュニケーションスキルが高いと、どのような仕事でもどのような場面でもとても役立ちます。

聞く力(傾聴力)や話す力・理解力ももちろんですが、相手を敬う気持ちを忘れずに相手と真摯に向き合うことを常に心がけることもコミュニケーションには必要です。

 

2.プログラマーから異業種へ転職するメリットはある?

プログラマー異業種転職メリット

どうしてもプログラマーから異業種の転職は難しいという意見が強い傾向にあります。異業種はまんべんなく仕事をするのではなく、ひとつの仕事に特化しているため、いざ異業種へ転職しようと思ってもスキルや知識が不十分により、すんなり転職が成功するとは限らないからです。

しかし、技術職のプログラマーが異業種へ転職するからこそ得られるメリットはありますので紹介します。

 

仕事によっては忙しさから解放される

繁忙期や納期が近づくにつれ残業が強いられることが多いプログラマーですが、転職先によっては残業も少なく、忙しさから解放されて自分の時間を持つことができます。時間的余裕は自分のライフスタイルを充実させますので、仕事に追われてできなかったことに積極的に挑戦してみるのも良いでしょう。

 

自分のスキルアップに繋がる

異業種に飛び込むことでたくさんの経験を積むことができます。大変な思いをすることも多いと思いますが、無駄な経験はありません。もともと持っているプログラマーの知識や経験の他に異業種の知識をあわせれば、将来的に更に仕事のステップアップできるフィールドが広がります

 

新ためて自分の適性を発見できることも

不満を抱えている時は誰しも視野が極端に狭くなりがちです。しっかり自分と向き合い思い切った転職をすることにより、改めて自分の適性を確認できます。もしかしたら、自分にとってプログラマーが適職だと再確認するかもしれません。またはもっとやりがいのある適職を見つける可能性もあります。

 

3.プログラマーが異業種へ転職するデメリット

プログラマー転職異業種デメリット

プログラマーが異業種へ転職する場合、しっかしとした転職活動をしないとブラック企業などに転職をしてしまうなどのリスクが高いと言われています。最近は転職サイトの掲載に「未経験歓迎」と記された求人を多く見かけます。一概に未経験歓迎求人のすべてがブラック企業とは言えませんが、注意は必要です。

 

給料が下がることもある

プログラマーの平均年収は350万円~500万円といわれています。異業種へ転職をした場合、転職先や雇用条件によっては年収が300万円前後へと下がってしまう可能性もあるのです。収入が減る場合は生活水準を見直さなければ生活がままならないという問題も懸念されます。

 

今までのスキルが発揮できない場合も

これはプログラマーが異業種へ転職する最大のデメリットともいえるでしょう。培ってきた技術を活かすことができないというのは退屈を感じやすいのです。併せて、一から覚えることが多いため安易な転職をしてしまうと後悔が大きくなってしまいます

 

やりがいを感じられないこともある

異業種へ転職しても新天地でやりがいを感じられないこともあります。毎日繰り返す仕事にやりがいがないと憂鬱になってしまう問題も起こりえます。

 

4.プログラマーにおすすめの異業種転職先について

プログラマーおすすめ異業種転職先

プログラマーが異業種へ転職する際に、販売や営業などプログラマーからかけ離れた業種よりも、パソコンを使う業種が一番おすすめです。

  • Web業界
  • 経理処理

ここで紹介しているのは、それぞれ独自のプログラムを使用した仕事です。これからWeb業界と経理処理の仕事がなぜおすすめなのか説明します。

 

Web業界はプログラマーの経験が活かせる

Web制作の会社は自社でサービス・デザイン・アプリやゲーム開発と幅広く行っています。パソコンを使っての仕事がメインになるため、プログラムの知識が豊富なプログラマーは重宝されますし、経験も活かせることに加え新しい仕事に触れられるので仕事にも早く慣れることができます。

 

経理処理に使う会計ソフトは覚ええてしまえば使いやすい

経理処理なんてわからないという方もいるかと思いますが、経理処理は会計ソフトというプログラムを使っての仕事なので、慣れてしまえば仕事はこなせるでしょう。一般企業にはこうした独自のプログラムを使って仕事をする部署が存在するため、経理意外にもパソコンを利用した事務や営業職であれば異業種でも仕事に感じる抵抗は少ないかもしれません。

まとめ

プログラマーは技術職の中でも更に特殊な職業といえます。たしかに今まではプログラマーが異業種へ転職することはかなりリスクが高いと言われ続けてきましたが、最近は転職サイトも展開する転職サービスも充実してきました。

転職サイトはそれぞれに掲載求人や紹介している業界が違います。転職の希望が強い場合は、自分に合った転職サイトを見極め、転職活動を行うことが秘訣です。

転職サイトについては詳しく紹介をしている記事を用意しておりますので、是非ご一読ください。「検索型転職サイト・エージェント型転職サイトの転職サービス有効活用法

 

IT・Web・エンジニア転職サイト口コミランキング


IT転職サイトランキングをもっと見る




IT・Webエンジニアが転職で利用した転職サイトを口コミを頂いてランキングしています。求人の質や対応の内容が違うので、複数登録して見比べ比較することが鉄則です。


関連ページ

IT企業マーケティング職への転職のメリット・デメリット

IT企業マーケティング職への転職のメリット・デメリット

このページでは、IT企業マーケティング職に転職するメリットとデメリットについて説明していきます。 […]

続きを見る
WEBプログラマーへ未経験で転職する際に知っておきたい5つのこと

WEBプログラマーへ未経験で転職する際に知っておきたい5つのこと

インターネットが発達し、IT・WEB関連の会社へ転職を考える人も増えてきました。その中でも、最近転 […]

続きを見る
ITアーキテクトへ転職する際に知っておきたいポイント

ITアーキテクトへ転職する際に知っておきたいポイント

現在プログラマやエンジニアとして働いている皆さんは、どのようなキャリアプランをお考えでしょうか? […]

続きを見る
サーバーエンジニアの転職で知っておきたい6つのポイント

サーバーエンジニアの転職で知っておきたい6つのポイント

このページでは、サーバーエンジニアの転職で知っておきたい6つのポイントについて紹介します。 ポイ […]

続きを見る
WebアプリケーションSEの転職で知りたい3つのポイント

WebアプリケーションSEの転職で知りたい3つのポイント

このページでは、WebアプリケーションSEの転職において知っておきたい3つのポイントについて説明 […]

続きを見る
IT・Web関連へ転職する際に知っておくべき3つのポイント

IT・Web関連へ転職する際に知っておくべき3つのポイント

このページでは、先ずIT・Web関連の仕事をいくつか紹介した後、IT・Web関連への転職を考えて […]

続きを見る
スマートフォンエンジニアの転職で知っておきたい6つのポイント

スマートフォンエンジニアの転職で知っておきたい6つのポイント

このページでは、スマートフォンエンジニアに転職するにあたって知っておきたい6つのポイントについて […]

続きを見る
業務アプリケーションSEの転職で知っておきたい6つのポイント

業務アプリケーションSEの転職で知っておきたい6つのポイント

このページでは、業務アプリケーションSEの転職で知っておきたい6つのポイントについて紹介します。 […]

続きを見る
プロジェクトマネージャーへの転職のメリット・デメリット

プロジェクトマネージャーへの転職のメリット・デメリット

このページでは、プロジェクトマネージャーへ転職する前に心得ておくべきメリットとデメリットについて […]

続きを見る
プログラマー専門の転職サイト活用に押さえておきたいポイント4つ

プログラマー専門の転職サイト活用に押さえておきたいポイント4つ

プログラマーの転職活動には専門の転職サイトを利用する方法が一番ポピュラーであり、推奨されている方 […]

続きを見る
ブラックIT企業の特徴!ホワイトIT企業の違いと見分け方とは?ブラックIT企業の特徴!ホワイトIT企業の違いと見分け方とは?
プログラマー専門の転職サイト活用に押さえておきたいポイント4つプログラマー専門の転職サイト活用に押さえておきたいポイント4つ

転職サイト最新口コミ

最新の口コミ

転職サイトランキング

転職エージェントランキング 転職サイトランキング

中高年の転職サイトランキング 女性の転職サイトランキング

第二新卒転職サイトランキング IT・Web・エンジニア転職サイト

看護師転職サイトランキング 薬剤師転職サイトランキング

保育士転職サイト 介護士・介護職転職サイト